スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
311 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:18:09 ID:lZVrCK2o0


ガァン

固いボールが鉄に当たり、投げた俺の後ろまで飛んでいく

(;,,゚Д゚)「はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ……クソッ」

押し殺した悪態は、誰もいない体育館に小さく木霊した


312 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:18:51 ID:lZVrCK2o0

Case 2:根個ギコ


313 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:19:32 ID:lZVrCK2o0

コート内ギリギリを半周してシュート
フォームを変えてシュート
角度を変えてシュート

何度も何度もゴールに向けてシュートするも、全くネットを通らない

(,,゚Д゚)「クソッ……クソッ……クソッ、くそっ……!!畜生!!!!」

鬱憤が溜り、堪忍袋の緒が切れる
右手で力いっぱい投げられたボールは体育館の壁に当たり、だぁんと大きな音を響かせる
そのまま転がっていくボールを眺めながら、その場に腰を落とした

俺は焦っていた

高校三年
引退試合も受験も、間近に控えていた

部活では今までレギュラーを落としたことはなく、成績もそこそこ
このままなら推薦を取れるレベルだった
しかし、ここ最近調子がよろしくない
得意だった遠距離からのシュートも、今では見る影もない

推薦の為にレギュラーの座を死守しようとそちらに注力した結果
スランプに陥り、しかも成績まで落ちてしまった

何度投げても入らないし、何時間勉強しても頭に入らない

苛立ちだけが、募っていった


314 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:21:19 ID:lZVrCK2o0

(*゚―゚)「ギコ、君」

呼ばれる
男バスマネージャーの羽生しぃだ

(,,゚Д゚)「……」

正直、放っておいてほしかった
こんな姿を見せるのは、男としてのプライドが許さないからだ
しかし相手はマネージャー  選手のコンディションの管理も、彼女の仕事だ
仕方がないので、適当にあしらって帰すことにした

(,,゚Д゚)「……しぃか。どうしたんだ?部活なんかとっくに終わったろうに」

(*゚―゚)「体育館から、明かりが見えたから……
    ほ、ほんとはもっと前から気になってたんだけど……」

(,,゚Д゚)「あぁ、それ俺だわ。自主練だから気にしないで帰っていいんだぞ」


315 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:22:11 ID:lZVrCK2o0

(*゚―゚)「ごめんなさい。部長から鍵預かってるんです」

……あの野郎

(,,゚Д゚)「ジョル公仕事しやがれよったく……俺が鍵預かるぞ?」

(*゚―゚)「いえ、そういう訳には……終わるまでお手伝いします」

(,,゚Д゚)「いやいいよ」

(*゚―゚)「マネージャーの、仕事ですから☆」

(,,゚Д゚)「……………」

しぃはそのまま、遅くまで自主練に付き合った
俺としては一人の方がやりやすかったのだが、仕方がない

練習を終える頃には外はすっかり暗くなってしまっていたので、仕方なくしぃを送っていくことにした

 
 
316 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:23:14 ID:lZVrCK2o0

(*゚―゚)「ギコ君は、どこの大学志望だっけ?」

(,,゚Д゚)「……シベリア」

(*゚―゚)「シベリア文大?」

(,,゚Д゚)「教師目指してんだ」

(*゚―゚)「すごぉい!!」

(,,゚Д゚)「すごくねぇよ 推薦取れるかもわかんねーし、なれるかもわかんねーし」

(*゚―゚)「受験生の言葉じゃないなぁ」

(,,゚Д゚)「……うまくいかねーんだよ」

(*゚―゚)「?」


317 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:24:04 ID:lZVrCK2o0

俯いてしまう
下を向いてしまうと、垂れ出すように弱音がたらたらと出てきてしまう

(,,゚Д゚)「部活……レギュラー落ちしそうだし、それ逃したら推薦ねーし……」

上を 向かなければ

(,,゚Д゚)「レギュラーに拘って練習ばっかしてたら、成績落としちまうし……」

弱音なんか 零してたら

(,,゚Д゚)「勉強時間増やしても、頭に入んねぇし…………」

(*゚―゚)「…………」

(,,;Д;)「俺……」

……不安が止まんなくなっちまうんだよ


318 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:25:13 ID:lZVrCK2o0

ぼろぼろとこぼれ出してきてしまった『弱虫』

(,,つД;)「……すまね なにも見なかったことにしてくんねぇか」

袖で乱暴に目元を擦る
しぃは気を使ってか、視線を逸らしてくれていた
情けないと思いつつ、その優しさを甘受する

沈黙の中に 呼吸を整えようとする自分の息遣いと、二人分の足音だけが小さく響いている

(,,゚Д゚)「……」

(*゚―゚)「大丈夫?」

(,,゚Д゚)「おう もう大丈夫だ。ごめんな」

(*゚―゚)「ううん 私、何もしてないよ?
     それより    ……ギコ君」

しぃが足を止める
疑問に感じて振り返ると、しぃは何やら思いつめた顔をしていた


319 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:25:57 ID:lZVrCK2o0

(,,゚Д゚)「……しぃ?」

(*゚ -゚)「……」

沈黙

沈んだしぃの面持ちは、暗くなった路地にそのまま融けてしまいそうなほどに重かった
やがて深呼吸すると、しぃはにこりと笑って見せた

(*^―^)「――― なんでもない!勉強も部活も、お互いに頑張ろうね!!私、ギコ君のこと応援してるから!!」

しぃはそれだけを捲し立てると、「私、家こっちだから」と言って手を振り、近くの路地に走って行ってしまった

(,,゚Д゚)「……?」

何だったのだろう
そもそも、送る話だったはずなのに……
ギコは首を傾げつつ、来た道を戻っていった


320 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:26:43 ID:lZVrCK2o0

時計を見れば、0時を回っていた

(,,゚Д゚)「……やべ」

帰宅後、戸棚からカロリーメイトをひと箱取り出して部屋に入った
それだけで空腹を誤魔化しつつ勉強をし、気付けばこんな時間だ
大会の選抜も近い 明日も朝練で朝は早い
もう夕食をとって風呂に入り、すぐに就寝しなければならない時間だ

辞書や参考書 問題集を閉じ、居間で冷めているであろう夕食に思いを馳せた
最後にノートをぱしんと閉じ、部屋を後にした

視界の端に何か黒い影が映ったのは、きっと気のせいだ
疲れているのだろうか  早く寝よう





( ・∀・)


322 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:27:58 ID:lZVrCK2o0

夕食のシチューを味わって食べた
温かい濃厚なシチューが食道を通る度に、体中がじんわりと温まっていき、心地良かった
その後少し熱めの風呂にじっくり浸かり、軽くマッサージして筋肉をほぐした

身体から湯気が出るほど温まってから部屋に戻り、そのまま消灯してベッドに入る
ケータイを開くとジョルジュからメールが来ていたので、それへの返信に『仕事しろや部長』と付け加えて送信
アラームを確認して枕元に置き、そのまま重くなっていた瞼に全てを託した



***

かつん かつん
音がする
何か固いものが落ちる音
角のあるものが転がる音

あれは 何の音だろうか


323 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:29:02 ID:lZVrCK2o0

視界は薄暗い
心地良い闇と静寂
ここは何処だろうか
誰もいないのだろうか


( ・∀・)「いらっしゃいませ☆」

(;,,゚Д゚)「うおっ!?」

目と鼻の先に突如現れた、黒いベストを羽織った青年
立てた襟に黒いリボン おどけた仕草でお辞儀をする彼は、ディーラーか何かに見えた

( ・∀・)「僕の名前はモララー しがない魔法使いです」

前言撤回 魔法使いだそうだ

(,,゚Д゚)「……えー…はじめまして ギコといいます」

( ・∀・)「初めまして
君が行き詰っているように見えたのでね、少々スパイスを加えに」

(,,゚Д゚)「はぁ……」


324 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:29:50 ID:lZVrCK2o0

自称魔法使い()のモララーさんは、スパイス と言って、賽子を何処からともなく取り出した
手品師か

( ・∀・)「さて、今君は何処に座っているかな?」

座っている?
今まで自分の姿勢を把握していなかったが、どうやらどこかに座っているようだ
目で確認しても、薄暗くて判別出来ていないが

モララーさんがぱちんと指を鳴らすと、世界は反転した


(,,゚Д゚)「っ!?」

光が溢れ 色彩が踊り出す
黄色い光に、赤や黒 黄色や白が整然と並んでいる
此処は何処だ


325 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:30:56 ID:lZVrCK2o0

モララーさんは、黒い台を挟んで向こう側に居る
もはやただのディーラーにしか見えない

( ・∀・)「この台は本来、クラップスというギャンブルに使われる台です」

(,,゚Д゚)「モロディーラーじゃないですか」

( ・∀・)「僕は魔法使いさ この台も、単なる雰囲気だしね」

(,,゚Д゚)「他意はない、と」

( ・∀・)「全くないわけじゃないよ。ちょっとした賭け事をしようじゃないか」

(,,゚Д゚)「ルールなんて知りません」

( ・∀・)「僕が考えた簡単なルールさ」

手の中にある二色の賽子を、ころころと回していた


326 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:32:47 ID:lZVrCK2o0

どちらがいい?と差し出された賽子から、透き通った青の賽子を選んで手に取った
モララーさんは掌に残った赤い賽子を、台の上に転がした
出目は4

( ・∀・)「僕より多い数を出したら君の勝ち。君が勝てば、僕は願いを叶えよう
      ただし、僕が叶えてあげられる範囲は、君が賭けてくれたものの価値によって変動する」

(,,゚Д゚)「持ち合わせならありませんよ」

( ・∀・)「そんなことはない。金なんかいらない 君の持っている モノ を賭ければいい
      君のモノなら、なんでも賭けられる
      例えば成績や、思想ですらね」

意味を、理解しかねた

(,,゚Д゚)「…?」

( ・∀・)「一度、試してごらん 何を何を賭けて、何を望むのかを言って」


327 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:34:09 ID:lZVrCK2o0

(,,゚Д゚)「…………じゃあ、『理科の成績』を賭け物に『部活のレギュラー』」

( ・∀・)「そうそう  ……で、だよ。理科は推薦の受験科目じゃないね。でも一般では必須だ 充分賭ける価値はある。
      こうして天秤にかけた時に対等な条件であった時、賭け事は成立する。勿論、賭けるものの価値が高ければ高いほど、勝つ可能性も上がっていく
      その辺はその賽子が判断してくれるよ」

現実ではあり得ないゲームの説明が、すらすらと流れていく
そして俺はモララーさんに促され、自分の賽子を振った

( ・∀・)「君の勝ちなら、願いを叶えて 君が賭けたものは君に帰っていく」

かつん

( ・∀・)「君が負けたら、僕は君の賭け物をもらっていく」

かつん かつん  かららら……

( ・∀・)「このゲームは」


328 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:35:51 ID:lZVrCK2o0

出目 5

( ・∀・)「君の勝ち」

( ・∀・)「週末の選抜試験、期待しているといいよ」

(,,゚Д゚)「え?」

( ・∀・)「さて、この賽子は君に貸してあげよう 好きな時に使うと良い
      責任は取らないけどね」

(,,゚Д゚)「は?」

( ・∀・)「最後に一つ  君に近しい女の子、気をつかってあげたほうがいいよ
      彼女は無理をしはじめたようだからね」

(,,゚Д゚)「近しい?」

( ・∀・)「じゃ、そゆことで☆」

彼は台を、ちゃぶ台のように俺に向けてひっくり返してきた


329 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:36:28 ID:lZVrCK2o0

(;,,゚Д゚)「うおおおおっ!?」

がばりと上体を起こす
視界は見知った景色で埋め尽くされる

(,,゚Д゚)「…………夢?」

自室のベッドの上で、固いものを握り締めて冷汗をかいている


……固いもの?

(;,,゚Д゚)「どっちなんだよ」

掌には、あの赤と青の賽子が握られていた
机の上には、ご丁寧に説明書まで置いてあった


330 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:38:10 ID:lZVrCK2o0

朝練でジョルジュを小突き、しぃと女バスの子に挨拶をした
しぃの態度は普段通りで、昨日の面影などどこにもなかった

(,,゚Д゚)「……」

( ゚∀゚)「どうしたんだよ」

(,,゚Д゚)「……なんでもない」

( ゚∀゚)「さいですかい んじゃっ、俺は旦那にレギュラーから蹴落とされないよう頑張りますかぁ」

(,,゚Д゚)「お前はレギュラー確定だろ」

( ゚∀゚)「んなこたねぇさ 気ぃ抜けば蹴落とされる  後輩も粒揃いだしなぁ
      でももう最後になるしよ、大人になった時にガキに自慢出来るくらいの功績は残してぇなぁ」

(,,゚Д゚)「えらく先を見るんだな」

( ゚∀゚)「そりゃそうさ  部活も 大学選びも、将来の為だもん」


331 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:39:11 ID:lZVrCK2o0

(,,゚Д゚)「狼だっけか」

( ゚∀゚)「そっ  だから何としてもレギュラーとって、試合も勝ち進まなきゃなんねぇ」

(,,゚Д゚)「難儀だな」

( ゚∀゚)「お前も推薦に賭けてんだろ」

(,,゚Д゚)「俺は、どうだかな……」

( ゚∀゚)「なに 旦那鬱期?」

(,,゚Д゚)「さぁな」

( ゚∀゚)「いけねぇな うん、いけねぇよ
      なんならしぃちゃんに相談してみれば? 優しくしてくれるぜ?きっと」

(,,゚Д゚)「しぃ……か」

( ゚∀゚)「ん?」

(,,゚Д゚)「なんでもねぇ  早く練習戻れよ部長」


332 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:39:49 ID:lZVrCK2o0

ジョルジュとの雑談を打ち切り、ボール練習を始める

(,,゚Д゚)(負けられねぇんだ)

少し、驚いてしまった
あのジョルジュでも先を見据えている
少し、恥じた
こんなところで立ち止まってはいけないと

今日は調子がいい
保持出来れば、レギュラーはかたいくらいに


練習試合では、敵チームの中の現在のレギュラーメンバー ジョルジュをあしらい、
連携プレイが抜群の流石兄弟を出し抜いて、ランニングシュートを決め込んだ

このまま
このままやっていいけばいい
視界を覆う霧が 晴れた気がした


333 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:40:57 ID:lZVrCK2o0

インターハイ レギュラー選抜
結果を言えば、合格だった
無事メンバーに選ばれ、一緒に合格したジョルジュと拳を合わせた

しぃとも喜びを分かち合った
一時あった気まずさも消え失せ、しぃは満面の笑みで祝福の言葉をくれた
その目元には濃い隈があったのを 俺はまだ知らなかった

(*^―^)「ギコ君、ジョルジュ君、兄者君に弟者君、それにショボン君 みんなおめでとう!」


今回のメンバーには、二年のショボンが食い込んできた
しなやかな強さがある、去年からの有力者だった


334 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:41:49 ID:lZVrCK2o0

( ゚∀゚)「じゃ、レギュラーだけ特別メニュー課すぞ」

( ´_ゝ`)「面接練習の時間よこせよ」

(´<_` )「小論の方が優先だろう」

( ゚∀゚)「試合に勝ち進まなきゃ、推薦の予行なんて意味はねぇんだぜ
      我らがしぃマネージャーが、受験対策を用意してくれるらしい
      だから、今は気合入れて試合に打ち込め」

(´・ω・`)「……って、しぃ先輩隈すごいじゃないですか 大丈夫ですか?自身も受験生なのに」

(,,゚Д゚)「ぇっ…………」

(*゚-゚)「…………」

言われて振り返ると、しぃは困ったように笑ってみせた

(*゚―゚)「……大丈夫だよ。  みんなの方こそ、頑張ってね」


335 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:43:34 ID:lZVrCK2o0

焦っていた
正直 目の前が見えないくらい
がむしゃらになって模索していた
不可能を可能にする為に

皆の分と、自分の分

あれだけ折れていたギコ君も
あの日を境に立ち直って、無事レギュラーの座を死守した

自分も、立ち止まってはいられない
ハードルを上げたのは自分だ
背伸びしたのは、自分だ


志望校を、VIP学院大学から シベリア文科大学に引き上げた

普通に考えれば手の届かない学校
学院すら精一杯だった私が、背伸びした先
ギコ君と並んで歩けるようになりたい
ただそれだけで
ただ、その一心で


336 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:44:29 ID:lZVrCK2o0

インターハイ優勝を目標に掲げ、日々の練習は激しさを増した
地区予選・県予選突破で鼓舞しあい


ニチャン圏大会
準決勝戦  VIP高校 vs 新速大付属高校
試合では圧倒的な勝利を見せた
大きく広げた点差の殆どを、ギコによるものが占めていた

(;^ω^)「根個、絶好調だったおね」

(‘A`)「あいつ去年からこんな奴だったっけなぁ」


( ゚∀゚)「旦那、絶好調だったじゃねぇか」

(,,゚Д゚)「こんなところでへばってられないからな」

( ´_ゝ`)「このまま俺ら出番ないんじゃね?」

(´<_` )「そうしたいのは山々だが、男が廃るだろう兄者よ」


338 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:45:44 ID:lZVrCK2o0

無事決勝へと駒を進めた
優勝すれば、次はいよいよ全国大会だ


(,,゚Д゚)「……なーんて、実は実力でもなんでもねーんだけどなぁ」

帰宅しすぐ、制服のポケットから二つの賽子を取り出し机に投げた
自身の身はベッドに投げ、その弾力を甘受する

実はもう、この賽子によって 全国大会の道のりまでは約束されていた
あとはそれに見合うだけの技術を身につけるべく、練習を強化してきただけだった

(,,゚Д゚)「これって卑怯だよなぁ……」


339 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:47:04 ID:lZVrCK2o0

自らのこれまでの素行・成績を全て賭け物にし、圏大会の優勝を願った
結果賽子は自分に味方し、優勝を投げてよこした
結果が解っているせいかリラックスして試合にも臨めるし、勉強の方にも手を出す余裕が出た
必然的に成績もまだまだ向上の兆しを見せている
何もかもが快調だった
いやむしろ、快調過ぎた

挑むことの刺激を失くした世界はとても平坦で、とても退屈だった

(,,゚Д゚)「…………」

これを使えば、うまくいけば全国大会もものにできる
いや、受験さえも
だからこそ、決めた

(,,゚Д゚)「やっぱ、自分の力で勝ち取ってこそ男だよな」

賽子を机の引き出しに入れ、鍵をかけた
もう自分の為には使わない  そう決めて


340 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:48:30 ID:lZVrCK2o0

全国大会を見据えて、自主練に励んだ
ボールを手の延長のように、ジャンプを足の延長のように体になじませ、
確実に、どこからでも・どんな体制でもシュートできるよう、徹底的に研究をした

ジョルジュがよくやる 女バス対自分 で多数の追跡から逃れシュートをきめられるようになったら、今度は 男バス対自分 にも挑戦した
一人で流石兄弟の連係プレイを出し抜いてボールを奪った時は、顧問すらも唸らせた

蒸し暑い季節にも、しぃと共に体調管理にも気を遣い、一度も体調を崩さなかった

決勝も勝ち進み、皆がお祭り騒ぎをしているときも、調子には乗り過ぎないよう心掛けた


341 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/21(土) 19:49:32 ID:UXKMF4W.0
努力家だな


342 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:49:41 ID:lZVrCK2o0

八月の始め
狼スポーツ公園第二アリーナ

全国大会四日目 準々決勝
第二試合  VIP高校 vs ラウンジ工業高校
第三クォーター終了時 48 ? 57

試合は劣勢のまま佳境を迎えた

  _
(;゚∀゚)「次で最後だ!まだまだ逆転狙えるぞ!!」

(;´_ゝ`)「ラウンジを超えるんだ!」

(´<_`;)「俺達はまだまだいける!」

(;´・ω・`)「全国制覇果たして帰るんだ!絶対に!!」

(*゚―゚)「VIPは止まらない!」

(,,゚Д゚)「俺達はここで止まってちゃいけない」

( ゚∀゚)「……しまっていこう」

(#,,゚Д゚)(#´_ゝ`) 「オ―――――ッス!!」(´<_`#)(・ω・`#)


343 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:51:05 ID:lZVrCK2o0

円陣を解いて観客席を見やる
そこでは男バス 女バス 吹奏楽及び応援部 生徒会や父兄達が、必死に声援を送ってくれていた

負けるわけにはいかない
そう思い、観客席から視線を外す  その時だった

見渡した時には見えていなかったはずの、黒服の男が見えた気がした

( ・∀・)

忘れもしない ニヤけ面で

(,,゚Д゚)「っ!?」

咄嗟に視線を戻すも、そこには何もいない

( ゚∀゚)「どうしたよ 旦那」

(,,゚Д゚)「……いや」

途端 気になりだしたポケットの違和感
一瞬考え、無視することにした

(,,゚Д゚)(自力でやるって決めたんだ)

第四クォーターが始まる ――


344 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:51:56 ID:lZVrCK2o0

これまでの得点の殆どをジョルジュが占めていた
負けてはいられないと、自分もボールを持って積極的にゴールに向かっていく
得意のジャンプシュートで相手選手をスルーして得点を稼いだり
流石兄弟と連携してランニングシュートをキメたり
ショボンの活躍で相手選手をファールに追い込んだりと、試合展開はこれまで以上に白熱した

残り15秒を切った時 点差は二点になるまでの追い込みを見せた
ジョルジュが遠方からパスを回してくる
流石兄弟が相手を牽制する
ドリブルしながら走る自分を、ショボンが並走して援護する

あと一回 スリーポイントラインの外側からシュートすれば、逆転勝ちとなる
バスケット左側 ライン直前でジャンプし、左腕でフックシュートを放つ



会場全体が息を?む

全員の動きが、ボールの動きがコマ送りのように遅く見える

自分の鼓動の音ばかりが大きく聞こえる

電光掲示板が、タイムリミットが1秒をきったことを知らせる

体勢を直しもせず、ボールを見つめる


345 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:53:26 ID:lZVrCK2o0

ピ―――――ッ

試合終了の笛が鳴る



ボールはバスケットを通らず、ばぁんと音を立ててコートに落ちた

会場は一瞬静寂に包まれ、次いで、相手側応援席から歓声が沸きあがった


(,,゚Д゚)「…………」


自分たちは負けたのだ

膝の力が抜け、体が浮遊感に包まれる
崩折れる直前に抱き止めてくれたのは、逞しい顔をした流石兄弟だった

( ´_ゝ`)b「ギコ、流石だったぞ」d(´<_` )



試合終了
ラウンジ工業高校 vs VIP高校
88 ? 86
準決勝進出 ラウンジ工業高校


346 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:54:31 ID:lZVrCK2o0

あれから二ヶ月
部活も引退の時期を迎え、夏休みも終わり、二学期が始まった
三年は全体的に受験モードに染まり、
ちらほらと推薦入試の合格通知をちらつかせる者が出て来た

自分やジョルジュも、例に洩れず推薦で大学の合格通知を手にしていた

( ゚∀゚)「しっかしまぁ……」

( ゚∀゚)「しぃちゃんが受験対策作ってくれてなかったら、俺達今頃真っ暗だったよなぁ」

(,,゚Д゚)「まったくだな。しぃには感謝しないと」

(*゚―゚)「そんなことないよ 」

( ゚∀゚)「いんや、だって結局しぃちゃんが大変な思いしてるじゃん」

(,,゚Д゚)「そ。だから、俺達に出来ることは 全部やらせてほしいんだ」


347 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:56:14 ID:lZVrCK2o0

そう
部員の殆どが推薦入試に成功し、功労者であるしぃが 推薦入試で合格をもらえなかったのだ

受験先はシベリア文科大学 初等教育学科

学科は違うが、受験校は一緒だった
以前しぃが目指していた学校よりも、一回り程ランクが高い
しぃは直前になって志望校を変えた

(,,゚Д゚)「けど、なんでまたシベリアにしたんだ?」

(*^―^)「え?えへへ……どうせ大学へ行くなら、公務員の方がいいかな、なんて……」

笑ってみせたしぃだが、その表情は確かに疲弊していた

(,,゚Д゚)「…………」

何故だろう
二つの賽子が脳裏をよぎったのは


348 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/21(土) 19:57:29 ID:.Tn74H66O
よくがんばった!
つか注釈wwwww


349 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:57:31 ID:lZVrCK2o0

帰宅後、テーブルにガムテープで張り付けられていた賽子を剥がした
インターハイの時もそうだったが、何かしらの分岐点に立たされた時、この賽子はポケットの中に現れた
何度引き出しに戻しても出て来る為、勝手に動かないようにガムテープで固定していた

それを自分で剥がすということ
自分の意志で、使うということ


(,,゚Д゚)「久しぶりに使うなぁ……自分の為じゃないし、いいよな」

自分達の為に頑張ってくれた彼女に 今度は自分からしてあげられること

(,,゚Д゚)「俺の学力を賭け物に、しぃのシベリア合格を……!」


賽は投げられた


350 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 19:59:59 ID:lZVrCK2o0

二月

駅に赴き、切符を買った
シベリア行きだ

VIPから電車で一時間半  私鉄に乗り換えて一時間  更にバスで30分
シベリアは、VIPよりずっとずっと北にある

今日は下宿先のアパートを選ぶために、シベリアまでの長旅だ
黒いコートの襟を立てて、ホームで電車を待っていた


(*゚―゚)「……ギコ、君?」

(,,゚Д゚)「?」

振り返れば、そこにはしぃがいた

(,,゚Д゚)「おう。しぃもお出かけか?」

(*゚―゚)「うん シベリアまで」

(,,゚Д゚)「シベリア?」

(*゚―゚)「報告遅れてごめんね うかったよ、シベリア文大」


351 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 20:01:19 ID:lZVrCK2o0

しぃはそう言って、満面の笑みを見せた
しぃは無事、シベリア文科大学を合格した
感極まって、周囲の視線も忘れてしぃの両手を握る

(,,゚Д゚)「しぃ、本当に良かった!おめでとう!!」

(*゚―゚)「ギコ君、ありがとう」

(,,゚Д゚)「おう ていうか、おれの合格もしぃのお陰だし、むしろこっちがありがとう」

(*゚―゚)「ギコ君、そのことじゃなくてね。別件で、ありがとう」

(,,゚Д゚)「別件?」

(*゚―゚)「合格発表を聞く、前の日にね、変な夢を見たの
     黒いベストを着た男の人が、私にトランプを一枚差し出してこう言ったの」

(*゚―゚)「 『この男に礼を言いなさい  彼は君の為に、己の努力の結晶を賭けた』  」

(*゚―゚)「起きてから、そのカードの意味を調べたの
     ……でね、ここからは私の偏見なんだけど、カードを見た時に思ったの
     あれは、ギコ君だって」

しぃは力説する
あのニヤけ面はしぃの夢にも出たのか


352 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 20:02:40 ID:lZVrCK2o0

(*゚―゚)「男の人がね、笑って言ってたの。
     『僕もそう来るとは思わなかったけどね でも、彼が気付いたならそれでいい』
     ギコ君が何をしたのかはわからない。でも、私の文大合格に大きく影響することをしたことはわかった
出来れば知りたいけど、あの男の人は秘密って言って教えてくれなかった
だから私は、ギコ君にお礼だけ言わせてもらうね
ありがとう」

しぃが深々と頭を下げる
前髪が垂れ、肩口で切りそろえられた髪が さらりと揺れた

(,,゚Д゚)「……あっ、いや、しぃ 頭上げてくれよ
     お互い様なんだ  俺は、部活も、受験も、しぃに助けられてきた
     だから、恩返しも込みで、少しだけ『お願い事』をしただけなんだ」

(*゚―゚)「お願い事?」

頭をあげて、見つめてくるしぃ
恥ずかしい こそばゆい
長く目を合わせていると、顔にまで出てしまいかねなかった


353 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 20:04:41 ID:lZVrCK2o0

少しだけ 視線が泳いでしまう

(,,゚Д゚)「えっと……お願い事   『しぃが文大受かりますように』」

言うべきか、否か
答えは、決まっている
あとは腹を、括るだけ

(,,゚Д゚)「…………と、」


(,,//Д/)「『これからもしぃと仲良くできますように』」



(*゚ -゚)「……………………!!」


354 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 20:05:08 ID:lZVrCK2o0

『自分の学力』を賭け物に、『しぃのシベリア合格』を
『大学生期間の恋愛の可能性』と『現在持ちうるスペック』を賭け物に、『しぃに近付けるように』


結局 自分の為に使ってしまった
卑怯者
でも、進むきっかけが欲しかった
だから今度は、俺が頑張る番


(,,゚Д゚)「俺、しぃが、好きだから
     その……大学行っても、一緒に居たいなって」

でも、薄々気づいてることも、ある

(*゚―゚)「…………ギコ君、あのね……」


――――――――――


356 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/21(土) 20:06:53 ID:.Tn74H66O
ヒュウーーーッ!甘酸っぺえ!


355 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 20:06:47 ID:lZVrCK2o0

( ・∀・)「気付いたんだね  『勝ち』しか出ないことに」

( ・∀・)「でもそれは僕の力じゃなくて、『実力から測った憶測』だということ」

( ・∀・)「だから本当は 負けても賭け物は失わないし、勝てる努力を彼がしたから、賽子の結果通りになっただけ」

( ・∀・)「魔法って、便利だなぁ…………」


試合に勝てると思った彼は、結果に見合う為の努力をした
彼女が彼を好いていたから、彼は彼女に近付けた

結果を知っていれば、リラックス出来る
知っていれば、自分からきっかけすらも作り出せる

( ・∀・)「『先見賽子』 ってな」


357 : ◆zynqho4iRI:2011/05/21(土) 20:07:31 ID:lZVrCK2o0

もう彼らは大丈夫だろう
さぁ、次へ行こう
僕も暇じゃない

(  ∀ )「――― ……早くしないと、『あの子』に会えない」

僕も賽子を振ってみようか
やめておこう
僕達の未来なんて、僕自身の力じゃ左右出来ないのだから

(  ∀ )「実れ 実れ 『恋』 実れ 」


収穫祭まで、時間がない



( ・∀・)恋実れ!のようです          Case 2:根個ギコ 了


 
総合短編(恋愛) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。