スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
644 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:29:13 ID:MyasoYpwO



( ><)ゴンドラ開くまであと少し。のようです

【No.5】
http://blog-imgs-34-origin.fc2.com/s/o/g/sogomatome/rano05.jpg





 夢だな、と。
 ビロードは、その光景を前にして思った。

( ><)

 高い高い壁。灰色の塀の向こうにあるのは遊園地だろうか。
 これまた灰色のジェットコースターや観覧車といったアトラクションが見える。
 それらはぐにゃぐにゃと揺れ、歪み、一瞬だけ元の形を取り戻しては、また揺れた。

 空も地面も灰色だ。
 濃淡の違いこそあれ、他の色は存在しない。

 勿論、ビロードも。


645 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:30:14 ID:MyasoYpwO

( ><)「……」

 ――何ともいえぬ寂しさがあった。

 ここから見る限り、アトラクションはどれも動いているし、
 軽快な音楽――といっても所々で奇怪な雑音が混じるのだが――も流れている。

 それでも尚寂しく感じるのは何故だろう。
 首を傾げ、すぐに原因に思い至った。

 誰もいないのだ。
 ビロード以外に、誰も。
 姿、声、他人の気配が一つもない。

( ><)

 ここで、彼はようやく震え上がった。

 ビロードは小学3年生である。
 他の子供に比べてあまり頭が良くない――「鈍い」彼は、
 この状況に恐れを抱くのに、結構な時間を要したのであった。

 しゃがみ込み、起きろ、起きろ、と念じ続ける。


646 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:30:46 ID:MyasoYpwO


「――坊や、こんなところにいても仕様がないよ」


( ><)「!」


 唐突にかけられた声に、ビロードは肩を跳ねさせた。
 後ろから腕を引っ張られて、無理矢理立たされる。

 慌てて振り返ると、奇妙な男が目に入った。

( ФωФ)「入らないといつまで経っても終わりゃしないさ」

 猫のような面を着けた男。灰色の。

 困惑するビロードの眼前に手を差し出す。

( ><)「? ?」

"(*‘ω‘ *)"

 男の手にあったのは風船だった。

 丸っこい猫の形をした風船。
 ぷかぷか、ゆらゆら、紐の先で揺蕩っている。

 ――灰色の世界の中、これだけが鮮やかな桃色に染まっていた。


647 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:31:15 ID:MyasoYpwO

( ФωФ)「さあさ、しっかり持って。お客様の『目印』だから」

( ><)「……?」

 言われるがまま、右手で紐を握る。

"(*‘ω‘ *)"

( ФωФ)「持った? 持ったね? ようし、始まりだ」

 くぐもった声で確認し、男はビロードの左手を掴んだ。
 少々早足で歩き始める。

 ある程度進むと、塀が途切れている場所に差し掛かった。
 開け放しの門。遊園地の中へ通じる入口。


( <●><●>)


 その入口の脇に、少年が立っていた。

 年頃はビロードと同じか、少し上。

 ぞくり、悪寒が走る。


648 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:31:45 ID:MyasoYpwO

(;><)

( <●><●>)

 目が。
 黒目が、異様に大きい。

 真ん丸な目の殆どが黒色に覆われている。
 灰色を塗り潰す漆黒。
 じいっと、ビロードを見つめる。

 瞬きはしない。
 視線を逸らしもしない。

 ただ、ただ、じいっと。
 
 
( ФωФ)「追いかけっこだよ。朝になるまで『あれ』から逃げ続けられれば、君の勝ち。
       捕まって、風船を割られたら、君の負け」

(;><)

( ФωФ)「負けたらどうなるか気になる?」

(;><)

( ФωФ)「うん。そうか。そうだよね。――でも、なあに、難しいこっちゃない。
       起きれなくなるだけだ」

(;><)「?」


649 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:32:41 ID:MyasoYpwO

( ФωФ)「君はどんな風にされちゃうのかなあ。
       ばらばらかな? すりつぶしかな? お腹を開かれるかな?」

(;><)

 不穏な言葉に、ビロードは眉根を寄せる。
 訝しんでいるのを察したか、男は両手を広げて首を振った。

( ФωФ)「だあいじょうぶ。捕まらなきゃいいんだから。
       逃げ切れば、無事に目覚められるよ」

 さあ行って――そう呟き、ビロードの背中を叩く。

 ビロードはしばらく躊躇っていたが、男がカウントを始めたのを合図に駆け出した。

( ФωФ)「じゅーう、きゅーう……」

(;><)「……!」

 鈍いビロードにも意味は分かった。
 「0」を迎えた瞬間、あの少年は動き出すのだろう。

 少年の横を通り、遊園地の中に入る。

( <●><●>)

「……はーち、なーな……」

rano05.jpg


650 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:33:12 ID:MyasoYpwO



 メリーゴーラウンドが回る。歪む。回る。
 コーヒーカップが、ゴーカートが、無人のままに動いている。

 お化け屋敷や巨大迷路は素通りし、ビロードは、ひたすら奥へ奥へと走った。

 ぜろ、と、聞こえる筈もない男の声が、耳の中で谺する。

(;><)

 ジェットコースターの乗り場の陰に座り込んだ。

 不安と恐怖が迫り上がる。
 足が震えた。


651 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:33:47 ID:MyasoYpwO



 ――どれくらいの時間が過ぎただろう。

 例の少年が近付いてきているのかどうかも分からないビロードには、
 ここから離れればいいのか、じっとしていればいいのかの判断もつかない。

 心ばかりが疲弊していく。

(;><)

 ふと、顔を右上に向けた。

"(*‘ω‘ *)"

 男から貰った風船が揺れている。
 灰色に包まれた中で、唯一鮮やかな――

(;><)「……!!」

 ぎょっとして、ビロードは手を開いた。

 こんなものを持っていては、簡単に見付かってしまうではないか。


652 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:34:08 ID:MyasoYpwO

(;><)

(;><)「?」

 ――今、手を、開いたのだ。
 いや。開いた「つもり」だった。

 なのに、ビロードの右手は、依然として握りしめられたまま。

(;><)「!?」

 力を込める。開かない。
 どころか、ますます指は内側へ内側へと丸まっていった。

 爪が掌に食い込む。ずきり、痛みが走った。

(;><)「……っ」

 風船を手放すことは諦め、左手で風船を抱え込む。
 ぎゅう、と、風船が小さく音をたてた。

(;><)

 ほっと息をつく。


653 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:34:53 ID:MyasoYpwO


 瞬間。

( <●><●>)


 何の前触れもなく、隣から、少年が顔を覗き込んできた。


(;><)「――」

 あまりにも唐突な登場に固まるビロード。
 真っ黒な目が視界を埋める。

(;><)「……っ!!」

 横へ倒れるように転がり、少年から離れた。
 急いで立ち上がる。

 振り返らずに、再び駆け出した。

(;。><)「っ! ……っ!」

 涙がこぼれる。

 早く目が覚めないだろうか。
 そもそもこれは夢なのだろうか。

 分からない。
 分からないけれど――怖くて怖くて、仕方がない。


654 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:35:50 ID:MyasoYpwO


( ФωФ)「坊や!」

(;。><)「!」

 観覧車乗り場の前に、あの男がいた。

 手招きする彼のもとへ走り寄る。

( ФωФ)「ここに逃げるといい。ほら、さすがに中まで追い掛けてはこれないでしょ」

 男がレバーを引くと、観覧車のゴンドラが開いた。
 早く、と急かされ、ビロードは風船を抱えながら乗り込んだ。

( ФωФ)「高いところからなら、あいつがどこにいるかも見えるしね」

(;><)"

 たしかにそうだとビロードが頷くと、面の向こうから、篭った笑い声がした。

 男がレバーを上げ、ゴンドラの扉を閉める。
 それと同時に、ゆるりと観覧車が動き出した。


656 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:36:33 ID:MyasoYpwO





( ФωФ)「……だーれが邪魔しないっつったよ」

( ФωФ)「馬鹿な子だなあ」

 見送る男の呟きは、ビロードには聞こえない。

( ФωФ)「ね。ワカッテマス」

( <●><●>)



*****


657 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:37:04 ID:MyasoYpwO



 ビロードは小学3年生である。
 他の子供に比べてあまり頭が良くない――「鈍い」彼は、
 果たしていつ頃気付くだろう。


( ><)


 彼の乗るゴンドラがてっぺんに到達したら、気付くかもしれない。


( <●><●>)


 乗り場の前でじっと待ち続けている少年を見たら、気付くかもしれない。


658 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:37:38 ID:MyasoYpwO





 ゆっくりゆっくり。

 自ら捕まりに行っていることを。





"(*‘ω‘ *)"





( ><)ゴンドラ開くまであと少し。のようです 終






659 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:39:47 ID:MyasoYpwO
終わりです
イラストまとめページ眺めてたら、ついムラムラきて書いてしまった

今回の祭ワカッテマス多いなwwww


660 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 01:43:07 ID:vpRcCf0k0
乙!
そういえば観覧車ってすごくオープンなイメージがあるけど
よくよく考えたら閉所だよな


661 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 03:32:13 ID:Z891ifTsO
ギャアアアア


乙…やだ何よこれこわいよう

観覧車のてっぺんから、昇降口で待つワカッテマスを見つけたらっていうのを想像してゾッとした。
逃げられないのに追い詰められる感覚……本当に今回の祭りはワカッテマス無双だなぁ
もはやワカッテマス無双祭じゃないか


663 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 09:28:41 ID:9kd60PJE0
ビロードォオオオオオオオオ!!
ホラー多いな・・・みんな、夏にはまだ早いぜよ・・・


664 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/08(日) 11:01:49 ID:8.M1o31QO
乙!ワカッテマス怖えええええええええ
ビロード飛び降りるんだ!



 
総合短編(シリアス・鬱・ホラー) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。