スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
444 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 02:48:38 ID:zbilsh0s0
誰もいないうちに投下するお
rano02.jpg

【お題絵】No.2

「( ^ω^)特別な存在のようです」


445 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 02:49:08 ID:zbilsh0s0

( ^ω^)「お?」

あまり広くはない場所で暮らしていた
手を伸ばせば壁にぶつかってしまうし、上は怖いし下には底があった

毎日怖いやつらに囲まれて、変な物をつけられた
痛い思いもたくさんした
毎日が、つらかった

ある日、怖いやつらとは違うのが現れた

ちっこくて、クルクルしてた

そいつは、僕のことを恐るおそる眺め、外からつついてきた

コンコン

僕もつついた

コンコン

(*^ω^)「おっおっ」

嬉しくなって僕が泳ぎまわると、そいつも嬉しそうにニコニコしていた


毎日そいつはやってきた

いつもちょこんと座って、僕のことを眺めている

僕は嬉しくなって、やっぱり泳ぎまわった

明日も、その次も、そのまた次の日も

小さい小さい世界で、僕は恋をした


446 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 02:50:19 ID:zbilsh0s0
――初めて彼に出会ったとき、彼はコップの中にいた

( ^ω^)「」ニコニコ

意味がわからなかった

ξ゚⊿゚)ξ「え・・・なにこれ?」

(´<_` )「深海で見つかった新しい生き物です」

(´<_` )「たくましく水さえあればどのような環境でも適応して生きていけるようです」

ξ;゚⊿゚)ξ「え・・・いや、これ人間じゃ」

(´<_` )「新しい生き物です」

ξ;゚⊿゚)ξ「そうなの」

(´<_` )「はい」

彼は言葉を話すことはなかった
いつもにこにこと笑っているだけ

私を見ると飛ぶように、泳いだ
嬉しそうに何度も何度も

毎日毎日通い詰める
ひとりで座り込み、彼を眺めるのが日課となった

彼がくれた始めての感情

それはとろけるような甘い恋心で、こんな素晴らしい気持ちをもらえる私は、 きっと特別な存在なのだと感じました。

今では、私も立派な乙女。彼にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル

なぜなら

彼もまた、特別な存在だからです

―完―





448 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 02:51:19 ID:zbilsh0s0
反省はしていない。おやすみ


449 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 02:52:42 ID:srhJd8KM0
>>448
なんだそのオチwwwww 乙!


450 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 02:56:20 ID:sU4cJ4yA0
くそwwwww笑っちまったwwww乙wwwww


451 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 03:00:19 ID:Q6U5OcNMO
>>448
てめぇwwwwww



 



 ←プチラノベ祭りまとめページへ戻る

 
総合短編(ギャグ・カオス) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。