スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
359 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:31:49 ID:dW8z9vKwO
そんじゃ拙いですがやってみます

rano19.jpg

【お題絵】No.19

「('、`*川素晴らしくもくだらない人生のようです」


360 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:33:23 ID:dW8z9vKwO

 人生なんて、結局は客観的判断が全てです。

 例え今際の際に「いい人生だった」と思って事切れても、
 自分以外の全てが「あの人の人生はろくでもなかった」と思えば、その人生はろくでもない物になります。

 つまりは生きている間にどれだけ人に好印象を与えられるか。人生の価値はそれで決まります。



('、`*川「……」



 まぁ、その点から考えると。



('、`*川「……今度は映画化かぁ……どうなってんねん私」



 くだらなかった私の人生は、とても素晴らしかったようです。


362 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:35:34 ID:dW8z9vKwO

 ここは空と宇宙の真ん中らへん。平たく言えば天国です。
 人の魂は生前の行いにより様々なルートへと分配されます。
 悪人ならば地獄道で罰を受け、善人ならば天国で転生を待ちます。

 ちなみに以上のことは『餓鬼でもわかる! 死後マニュアル(サンズ書房)』に書いてあります。
 死ぬ予定のある方は是非お買い求めを。余力振り絞り書店へダッシュ。

('、`*川「はぁ……地上の民は他に語ることが無いんかねぇ……」

 そんでもって私は、なんと例外として善人すっ飛ばして「天使」に就任させられました。パネェ。

 天使のお仕事は転生の手助けや死後のケア、あと老いた神様の下の世話とかです。ただ働きです。
 なんでもこれから長い間天使の職務をやってれば、いずれ「神」になれるそうです。ライト涙目。

|゚ノ ^∀^)「あらペニサスさん、また地上を覗いているのですか?」

('、`*川「あ、レモナさん。ちぃーっす」

 そうこうしてたら、温和な笑顔を浮かべた絶世の美女が私の肩を叩きました。
 彼女はレモナさん。その背には私の片翼とは比にならない大きさの両翼が悠々と生えています。


363 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:36:43 ID:dW8z9vKwO
|゚ノ;^∀^)「ちぃーっすって……私、自分で言うのもなんですが、偉いんですよ?」

('、`*川「そうそう偉い偉い、流石レモナさん校長より遥かに偉いぜパフパフー」

|゚ノ ^∀^)「やだ、現世に置いてきたはずの殺意が」

 レモナさんは簡単に言えば「大天使」で、この天国を総括する役割を担っているそうです。
 ちなみに便宜上「彼女」と言いましたが、大天使ともなると性別の概念は無くなるそうです。ふたなりですね。

|゚ノ ^∀^)「それにしても……貴女は時間があればすぐに地上を眺めますね。
      もっと他の住人との交流に勤しんでも良いのではありませんか?」
('、`*川「他の住人っつっても大半はじーちゃんやらばーちゃんじゃないっすか。
     私もう飽きましたよ、年寄りのボケ混じりの誇張武勇伝は」


365 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:37:52 ID:dW8z9vKwO
 天国というものは、思いの外退屈な物です。
 人を堕落させる要因が一切無いと言いますか、地上にありふれていた娯楽が皆無なのです。
 様々なエンターテイメントに寄生していた私のような現代っ子には辛い物があります。

|゚ノ;^∀^)「そんな言い方しちゃダメですよ……彼らは善良に天寿を全うした……」

('、`*川「はーいはーい、そっすねそっすねわーわーはいパッパラパー」

|゚ノ ^∀^)「神よ……グーでいっちゃっていいですか? いいですよね?」

 大天使は怒りんぼです。そんなんだからジジィやババァに好かれないんです。

('、`*川「まぁ、とにかくいいじゃないっすか、今日は私オフなんですから。
     趣味に没頭する時間くらいあってもいいっしょ」

 そう言って私は再び空の下の更に下、生者の行き交う人間界に目を凝らしました。
 ほんの10年ちょい前までは、私もあの細々しい軍勢に飲み込まれていたんですから感慨深いものです。
 
 
366 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:39:12 ID:dW8z9vKwO
|゚ノ ^∀^)「地上ですか……まぁ無理もありませんね、貴女は地上で大人気ですから」

('、`*川「……大人気、ですか……」

 レモナさんが、嫌みの無い声でそう呟きました。
 大天使ともあられる方です、良からぬ思想は一切無いのでしょう。

 心の汚れた天使なんて、きっと私くらいです。

('、`*川「……何度も言ってるじゃないすか、私の人生はくだらなかったって」

|゚ノ ^∀^)「そんなことありません。貴女の人生は素晴らしい物でした」

('、`*川「私は天使になんてなる資格無いんですよ」

|゚ノ ^∀^)「いいえ。貴女は天使と呼ばれるに相応しい聖者です」

('、`*川「私はむしろ地獄に堕ちるべきだったんです」

|゚ノ ^∀^)「貴女は天国にいるべき方なのです」

('、`#川「だったら!!」


367 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:40:08 ID:dW8z9vKwO
 私は声を荒げます。こんなの私のキャラじゃないのですが、抑えることが出来ません。

('、`*川「……だったら……」

|゚ノ ^∀^)「だったら?」





('、`*川「……だったら何故、私の心はこんなに醜いのですか」





 嗚呼、ほら、くだらない回想が始まる。


368 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:41:03 ID:dW8z9vKwO





('、`*川「5歳くらいの時、泣いている級友がいました」



ミセ*;ー;)リ



('、`*川「玩具を年長組に取られたというので、私はボコボコにされながらも玩具を取り返しました」

|゚ノ ^∀^)「素晴らしい正義感です。幼いながらそれは非常に立派な心掛けです」

('、`*川「いいえ、彼女の親はテレビにも出ている社長でした。
     彼女に恩を作っておけば将来楽だとおもったのです」



ミセ*゚ー゚)リ『ぺにちゃん、ありがとー!!』



('、`*川「私は、自分のために彼女を助けました」


369 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:42:28 ID:dW8z9vKwO





('、`*川「小学3年生の時、とある男子がクラス全員に苛められていました」



(´;ω;`)



('、`*川「彼を庇ったため私も苛められましたが、先生の理解を得て苛めは止みました」

|゚ノ ^∀^)「己を盾にして弱き者を救う。まさしく慈愛に満ちています」

('、`*川「いいえ、彼は成績優秀で将来大成しそうな感じの人でした。
     恩を着せておくことで将来のための人脈が欲しかったのです」



(´・ω・`)『ごめんね、本当にありがとう……』



('、`*川「私は、自分のために彼を助けました」


370 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:44:05 ID:dW8z9vKwO
('、`*川「中学2年生の時、川で溺れている少年と、泣き叫んでいる親を見かけました」



(=;ω;)ノ

川;д川



('、`*川「私は川へと飛び込み、少年を助けましたが、岩に体をぶつけてしまい入院してしまいました」

|゚ノ ^∀^)「自らの命を懸けてまで小さな命を救う行動。目頭が熱くなります」

('、`*川「いえ、母親の方の身なりから彼女達はなかなか裕福であることは読めました。
     今彼を救うことで得る恩赦は私が入院するより大きいと考えたのです」



(=゚ω゚)ノ『お姉ちゃん、本当にありがとうだょぅ!』

川д川『息子を助けていただき、なんと御礼を言ったらいいか……』



('、`*川「私は、自分のために親子を助けました」


371 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:45:42 ID:dW8z9vKwO
('、`*川「高校の修学旅行で、生徒が乗っていた飛行機がハイジャックに合いました」



爪#'ー`)y=-



('、`*川「私は彼に馬鹿な真似はやめるよう、時間をかけ、全力で説得しました」

|゚ノ ^∀^)「その勇気、博愛精神。天使になるべき美しい心です」

('、`*川「いいえ、長年損得勘定をして生きてきた私ですから、彼が何人か殺すつもりなことはわかりました。
     死体は見たくありませんでしたし、死の対象にもなりたくありません。
     口車には自信があったので、彼を絶対に説得出来るつもりでした」



爪'ー`)y=-『……姉ちゃん、あんたすげぇ奴だな……俺みたいなクズのためによ……』



爪 ー )y=-『……もっと……あんたにもっと早く出会えたら……』



('、`*川「……私は、最期まで自分のために生きていました」

 嗚呼、なんてくだらない。


372 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:46:51 ID:dW8z9vKwO





 ハイジャック犯は、私を撃ち殺した後、自らの脳天を撃ち抜いて自殺しました。

 私の葬式には、私が17年間で関わった、ほぼ全ての人が参列してくれました。
 なかには、私の知らない人もたくさん参列してくれました。
 みんながみんな、私の死を心の底から悲しんでくれました。

ミセ*;ー;)リ
 幼稚園の時の級友も。


(´;ω;`)
 苛められていた男子生徒も。


川;д川(=;ω;)ノ
 裕福そうな名も知らぬ親子も。

 みんながみんな、私が助けた時よりもずっと泣き喚いていました。
 こんな、自分のことしか考えていなかった私のために。


373 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:47:57 ID:dW8z9vKwO
(;、;トソン

 葬式の時、私の母親は美しい目元を腫らしてもまだ泣いていました。
 母親の涙もまた、参列者の涙をさらに誘発しました。
 母は、嗚咽に言葉をせき止められながらも、必死に声を出して言いました。

(;、;トソン『娘は……いつも人のことを第一に考える子でして……』

 違います。お母さん、それは違います。

 私は何よりも第一に自分のことを考えていました。

 私は、全ての人を踏み台にして生きていこうとしていました。

 私に、誰かに死を悲しんでもらう資格なんて無いのです。


375 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:49:04 ID:dW8z9vKwO
 『情けは人の為ならず』。私の僅か17年間の人生を表すのに、これほど相応しい言葉はありません。


 いつか何かをしてもらうため、何かをしよう。

 年を取ると不便だから、若いうちに恩を売っていよう。

 いずれ助けてもらえるように、今の内にたくさんの人々に好かれておこう。



('、`*川「もしもあの時死んでいなかったら、私はきっとまだまだ恩を売り続けていたでしょう」

('、`*川「そしていずれ、今まで売っていた恩を全て徴収していたはずです」

('、`*川「幼稚園の級友の父が経営していた会社はさらに業績を伸ばし、今や世界に名だたる大会社です」

('、`*川「苛められていた彼は東大医学部に現役合格し、若き医師界のホープとして活躍しているようです」

('、`*川「私が助けた少年は私に感化されたとかで、ボランティアとして各国を回っています」

('、`*川「私と関わった人間は、みんな世界にとって必要な存在になっていきます」

('、`*川「……とうの私が、こんなに歪んでいるのに」


376 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:50:59 ID:dW8z9vKwO
 『17年という短い生涯を全て人の為に使った少女』。
 私の生涯は美談として語り継がれ、大袈裟になりました。
 私と関わった人達の大成も、私の名を上げることに拍車をかけました。

 はじめは書籍化、そしてドラマ化、映画化。このままだと私の名が教科書に載る勢いです。

('、`*川「でも、それは私が本性を誰にも見せなかったから」

('、`*川「私の腐りきった心を見たら、きっとたくさんの人が幻滅するでしょう」

('、`*川「いや、むしろ私なんて幻滅された方がいいんです」

('、`*川「……だから、私は天使になる資格なんか無いんです……」

 私は自分の背に生えた美しい片翼をさすりました。
 多くの人を救い、悲しまれた私は『天使』になりました。
 死んで、私に生えた翼はとても綺麗で、潔白で、私に相応しくなくて。
 余計、私の『罪悪感』が怖く、憎らしく、汚らしく思えるのです。


377 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:51:56 ID:dW8z9vKwO
|゚ノ ^∀^)「……それでも」

 レモナさんは、その気高い微笑みを崩さずに言葉を紡ぎ出しました。
 彼女のその清廉さは絵本に載っていた天使様そのもので、とても美しくて、大嫌いです。

|゚ノ ^∀^)「それでも、私は貴女は天使に相応しいと思います」

 ほら、こうやって彼女は私の罪悪感をつつく。

|゚ノ ^∀^)「確かに、貴女は利己的な意志を持って行動していたかもしれません」

|゚ノ ^∀^)「ですが、貴女のその行動にたくさんの人が感謝しています」

('、`*川「もしも私が生き続けていたら、そんな感謝は無かったでしょうが」

|゚ノ ^∀^)「でしょうね。ですが、それでも貴女は天使足る人物です」

|゚ノ ^∀^)「なぜなら、貴女は罪悪感を抱いているから。自分の心を恥じているから」

|゚ノ ^∀^)「それで充分です。貴女は素敵な天使になれますよ」

('、`*川「……」


378 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:52:52 ID:dW8z9vKwO
 大天使ともあろうお方のおっしゃることは私には理解出来ません。
 こんな歪んだ私のどこが天使に相応しいというのでしょう。
 こんな根性曲がりの天使、反面教師にしかならないというに。

('、`*川「……私、やっぱりレモナさん嫌いです。貴女は綺麗過ぎるから」

|゚ノ ^∀^)「私はペニサスさんが好きですし、貴女も綺麗ですよ?」



 レモナさんは私の隣に腰を降ろし、私と一緒に生者を見下ろしました。
 私のどこが好きなんでしょう。いつもなんやかんやいじり倒してるのに。
 何もわかりません。生きている間は大抵のことはわかったのですが。

('、`*川「……向いてないと思うんですけどねー……天使なんか……」

|゚ノ ^∀^)「いつか、わかりますよ。必ず」

 レモナさんの横顔が美しすぎて、私はチラッとズラした視線を下に戻しました。
 私がいない世界、なのにあの世界には私が息づいている。
 それがどこか切なくて、申し訳ない。それでも私は毎日人々を眺めます。


379 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:54:25 ID:dW8z9vKwO

 私は、利己的です。自分のことしか考えていないまま死んだ、用は勝ち逃げです。
 それでもいいんでしょうか。良くは無いと思うんですが、いずれわかるんでしょうか。
 この悩みも「くだらない」のか「素晴らしい」のか、きっと主観ではわからないのでしょう。

('、`*川「……映画化かぁ……ハリウッドレベルのスターじゃないと認めないよあたしゃ」

|゚ノ ^∀^)「とりあえずその特徴的な口を再現出来る女優であることが最低条件ですね」

('、`*川「おぉこら痛いトコ突いてんじゃねぇぞカマ野郎がチ○コもぐぞ」

|゚ノ ^∀^)「付いてねぇよそんなもんかかってこいや大天使ナメんなひょっとこ」

 とりあえず世間話に花を咲かせながら、私達は空に腰掛け続けます。
 これから悠久の時の中で、私はずっと悩み、天使として育つのでしょう。
 それがちょっと切なくなって、片翼が少し疼きました。



 やはり天国は、くだらない私には綺麗過ぎます。



('、`*川素晴らしくもくだらない人生のようです おわり





380 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2011/05/05(木) 01:56:22 ID:dW8z9vKwO



短編とか生まれて初めて書きました。

普段ばぬぅとかアホみたいなこと書いてるんで、シリアスに挑んだらこの始末ですよ。ワロス。

とりあえず素敵なイラストの世界観を少しでも表現出来ていれば幸いです。

絵師様、素晴らしい絵題ありがとうございました。

後の方々の素晴らしい作品を期待しています。

 




 ←プチラノベ祭りまとめページへ戻る

 
総合短編(シリアス・鬱・ホラー) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。