スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
839 :('∀`)鬱ナせぇるすまん:2011/01/31(月) 22:00:59 ID:0X0kSqdE0
ギリギリ!じゃないと僕ダメなんだよォ!!

というわけで投下します


840 :('∀`)鬱ナせぇるすまん:2011/01/31(月) 22:02:43 ID:0X0kSqdE0


|www
|ェ´)  投下するなら今のうち
と  ノ  
| /

ブーン系小説総合スレ 【 イラスト+α 】 まとめさん
http://sogomatome.blog104.fc2.com/blog-entry-467.html
まとめさんありがとうございます、では投下しますお


841 :('∀`)鬱ナせぇるすまん:2011/01/31(月) 22:04:10 ID:0X0kSqdE0
私の名前は喪鬱毒造、人呼んで鬱ナせぇるすまん

ただのせぇるすまんじゃございません

私が取り扱う品物は“ココロ” 人間のココロでゴザイマス・・・

この世は老いも若きも男も女もココロの寂しい人ばかりそんなみなさんのココロのスキマお埋めします

いえお金は一銭もいただきませんお客様が満足されたら、それがなによりの報酬でゴザイマス・・・

さて今日のお客様は・・・

ミ,,゚Д゚彡 「ダルい……」

ミ,,゚Д゚彡  総擬古 修人  23歳  ニュー速ビッパーズFW

      【移籍志願者】

オーホッホッホ・・・・・・


842 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:05:23 ID:0X0kSqdE0
  ニュー速ビッパーズクラブハウスにて

ミ,,゚Д゚彡 ポケ~…

( `v´)「なにボケっとしてるんだよ」

ミ,,゚Д゚彡 「ああ喜多さん…」

総擬古が室内練習場のベンチに座っているとチームキャプテンである喜多が話しかけてきた

( `v´)「練習もいいけどそろそろ寝ろよ、明日試合だぜ」

ミ,,゚Д゚彡 「そうっすね…」ガタッ

総擬古は立ち上がりその場を後にする

ミ,,゚Д゚彡 「ハァ…」

明日は試合だというのに総擬古の足取りは重かった


843 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:10:04 ID:0X0kSqdE0
   ヌルポスタジアムにて

(φp゚)ピィー!!

審判の笛がキックオフを告げた、両チームのサポーターの大歓声が上がった

ミ,,゚Д゚彡 「……」

総擬古は今日もベンチスタートだった、開幕してから5試合すべてスタメンからは外れている

ミ#,,゚Д゚彡 (くそお…)

総擬古は忸怩たる思いで試合を見つめていた
彼がビッパーズに加入したのは去年の夏ごろ
シベリアFCでの活躍が認められシーズン途中ながら鳴り物入りで入団したのだった
入団してすぐにスタメンに抜擢され総擬古に対する期待の大きさをうかがわせた
総擬古もその期待に応え5試合連続ゴールを決めチームに貢献した

ミ,,゚Д゚彡 「……」

総擬古の活躍でチームも波に乗り一時はリーグ首位に踊り出る
そして彼も同時期に初の代表入りを果たし充実した時を過ごしていた
しかし好調は長くは続かなかった、代表戦でケガをしてしまったのだ
 
 
844 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:12:30 ID:0X0kSqdE0
ミ;,,゚Д゚彡 「ううう…」

ケガは大したほどでもなかったがリーグ戦、代表、カップ戦と過密日程で十分に治療に要する時間が取れなかった
疲労の蓄積でプレイに精彩を欠き、さらにゴシップ誌に恋人との密会現場を撮られてしまい余計に調子を落としてしまった
総擬古の失速とともにチームの順位も下降線を辿っていった
そして最終的にリーグ6位で去年はシーズンを閉じたのだった

ミ;,,゚Д゚彡 (オレがもっと頑張っていれば…)

今シーズン、ビッパーズは開幕から1勝1敗3引き分けといまいち波に乗ることが出来ていない
総擬古も出場3試合でノーゴールでチームと同じくかつてのようなキレが見られなかった
そして今日は同じVIP市にホームを置くビップスターとのダービー戦だった

ミ;,,゚Д゚彡 (ダービー戦だというのにベンチとは情けない…)

総擬古は時間を見る、試合が始まってから20分が経過していた

ミ;,,゚Д゚彡 「……」


845 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:15:38 ID:0X0kSqdE0
そのまま両チーム無得点のまま前半を終了し、ハーフタイムを経て後半に突入した

( ´ 3`;)「総擬古、黒田よ」

ミ;,,゚Д゚彡 「なんでしょう監督」

監督の柳沢から声を掛けられる、去年から監督を務めているがここ最近は不調のため解任の噂が取りざたされている

( ´ 3`;)「アップしとけ、すぐ行くぞ!いいな」

(・↓・)「はい!」

ミ,,゚Д゚彡 「……」

ビッパーズは1トップを採用している、総擬古は去年まであそこで得点を量産していたのだ

 ( ・∈・:) 「ハァ…ハァ…」

FWのロッキーは明らかに調子が悪そうだった、決定機を何度も外しすでに肩で息をしている


846 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:19:13 ID:0X0kSqdE0
ミ,,゚Д゚彡 (ここは俺が…!)

出場に備え軽くアップを開始する

ミ,,゚Д゚彡 タタタタッ

短いダッシュを何回か繰り返す、ここ2試合は新人の黒田に出番を取られているため今日こそは出場したかった
それに加え今日はダービー戦のためなおさらだ

ミ,,゚Д゚彡 (ふぅ…)

ほどよく体が温まってきた、これならもう出れると総擬古は思った、が

( ´ 3`;)「黒田、出番だ」

(・↓・)「はい!」

呼ばれたのは総擬古ではなく黒田だった

ミ;,,゚Д゚彡 「くっ…」

その後総擬古はいつ出番が来てもいいように準備をしていたが結局この試合も出場する機会はなかった
チームも0-3となすすべなく完敗しリーグ14位に転落してしまった


847 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:22:18 ID:0X0kSqdE0
  スナック「ホンダ」にて

ミ;,,゚Д゚彡 「くそお…ううう…」

( ´◎`) 「おいおいそう気を落とすなよ、今はただ悪い時期なだけだよ」

総擬古は試合が終わった後、寮には帰らずに行き付けのバーへと直行した

ミ;,,゚Д゚彡 「マスターもう一杯くれ…」

( ´◎`) 「ダメだ!スポーツ選手なんだし少しは自分のからだのことを考えろよ、このままからだ壊すぞ…」

ミ;,,゚Д゚彡 「いいんだよ別にもう壊れたって…どうせ俺はもうダメだし…」ゴクッ
  つ□と

今日の試合で総擬古のココロは折れてしまった、コップに残っていたウィスキーを一気に呷る

( ´◎`) 「たかだか数試合結果が出なかったぐらいで嘆くなよ、気持ち切り替えて頑張れよ」

ミ;,,゚Д゚彡 「無理ッス、俺はもうダメっすわ…」


848 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:23:49 ID:0X0kSqdE0
ミ;,,゚Д゚彡 「ハァ…ホントだったら今頃ゴールを量産してチームを勝利へと導いてるハズなのに…」
  つ□とチビリ

ウーロン茶を一口すする、酒では無いので味気なかった

ミ,,-Д-彡 「そんでもってスカウトの目に留まり欧州のビッグクラブへ電撃移籍です
       その欧州のクラブでも大量にゴールを奪ってチャンピオンズリーグでも大活躍ですよ」

( ´◎`) 「お前の中じゃそういうシナリオだったのか」

ミ,,゚Д゚彡 「ええ、バロンドールを獲得して世界的スターになるハズだったのに、なんでこうなっちゃったんだろうなぁ」

( ´◎`) 「頑張りゃ出来るよお前だって」

ミ,,-Д-彡 「無理っす、もう俺は自分の限界を知ってしまいました、とどのつまり俺はサッカーに向いてないんすよ…」

( ´◎`) (ダメだこいつ…)

ミ,,-Д-彡 「ハァ…チャンピオンズリーグに出たい…」


849 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:27:34 ID:0X0kSqdE0
ミ*,,-Д-彡 「うう…頭痛い…」

その後店を出た総擬古は何軒か居酒屋をハシゴした

ミ*,,゚Д゚彡 「俺はビッパーズのエースストライカーやぞこらァ」フラフラ

酒を浴びるように飲んだためグデングデンに酔っぱらっていた

ミ*,,゚Д゚彡 「ちくしょう俺はもうダメなんだよ馬鹿野郎!!うぃぃ…」

VIP市の繁華街に居るために人の数は多い、あきらかに酩酊状態の総擬古を誰もが避けて通って行く

ミ*,,゚Д゚彡 「あああ…」フラ

もう立っていられなくなり、その場にへたり込んでしまった

ミ*,,-Д-彡 「あああ俺は天才なんや…天才なんや…」

その時、道端で酔い潰れている総擬古にある男が話しかけてきた

('A`) 「そんなとこで寝てたら風邪引きますよぉ」


850 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:31:31 ID:0X0kSqdE0
ミ*,,゚Д゚彡 「なんだおっさん、俺になんか文句あんのか?」

('A`) 「いえいえ、ワタシはただ老婆心で忠告しただけですよ」

ミ#,,゚Д゚彡 「うるせェ余計なお世話だ!!」ガタッ

総擬古は男に胸倉をつかむ、しかし男は表情ひとつ変えなかった

('A`) 「オーホッホッ、穏やかじゃないですねぇ」

ミ#,,゚Д゚彡 「俺は今むしゃくしゃしてんだよ!黙らねェと痛い目に遭うぞ!」

m9('A`) 「落ち着いてください総擬古さん、ほらワタシの指を見てください」

ミ#,,゚Д゚彡 「あぁっ!?」

男は人差し指を総擬古の顔の近くに持ってきてぐるぐる回し始めた

m9('A`) 「オーホッホッホ」クルクル

ミ#,,゚Д゚彡 「ううう?」

ミ;,,@Д@彡 「あれ?ううう…」フラフラ

総擬古は目を回しその場に倒れ込んだ


851 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:38:05 ID:0X0kSqdE0
ミ;,,゚Д゚彡 「はっ!ここは?」

総擬古が目を覚ますとそこは公園の中だった

ミ;,,-Д-彡 「痛てて…頭痛ェ…なんでここに居るんだろ…」

('A`) 「やっと目を覚ましましたね」

ミ;,,゚Д゚彡 「うわっ!なんですかあなたは!?」

('A`) 「実はですね…」

男は総擬古にこれまでの経緯を話した、総擬古が泥酔状態だったこと、男に絡んできたことなどなど…

ミ;,,-Д-彡 「ホントすいません!俺酒を飲むと我を忘れてしまうんですよ…」

('A`) 「酒は怖いですなぁ、次からは気をつけてくださいね」

ミ;,,゚Д゚彡 「はい…」

('A`) 「ところであなたはサッカー選手の総擬古選手ですよねぇ?」


852 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:43:00 ID:0X0kSqdE0
ミ,,゚Д゚彡 「ええそうですけど、よくご存じですね」

('A`) 「モチロンですよぉ、リーグ屈指のストライカーではありませんか」

ミ,,゚Д゚彡 「俺はそんな大したことありませんよ、現に最近は全然ダメです」

('A`) 「だから酔い潰れてたのですかぁ?」

ミ,,゚Д゚彡 「そうです、ハァ…俺はもうダメなんですよ…」

総擬古は肩を落とす

ミ,,-Д-彡 「ちょっと前まではこれからの代表を担うとまで言われていたのに今じゃさっぱりダメですわ」

('A`) 「たしかにこのところパッとしてませんねぇ」

ミ,,゚Д゚彡 「サッカー見るんですか?」

('A`) 「ええ、個人的にシベリアFC時代からあなたのことを注目してたのですよ」

ミ,,゚Д゚彡 「シベリアFC…懐かしいですね、あの頃は常にがむしゃらでしたねぇ…」


853 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:47:56 ID:0X0kSqdE0
ミ,,゚Д゚彡 「ハァ…あの頃は輝いていたのになぁ…」

('A`) 「なにをそんなにふさぎこんでいるのですか、たった数試合結果が出てないだけではないですか」

ミ,,゚Д゚彡 「その数試合が我々には命取りなのですよ、常に結果を残さなければ消えていくのがサッカーなんですよ…」

('A`) 「ほうほう、どこの世界も厳しいですねぇ」

ミ,,゚Д゚彡 「消えて行った選手を何人も見て来ましたからね…ハァ…」

総擬古は深いため息を吐いた

ミ,,゚Д゚彡 「ヨーロッパでプレイしたかったなぁ…」

('A`) 「出来ますよ」

ミ,,゚Д゚彡 「そうですか……え?」


854 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:53:40 ID:0X0kSqdE0
ミ;,,゚Д゚彡 「ちょっそれどういうことですか!出来るんですかヨーロッパでサッカーが!」

('A`) 「ええモチロン、総擬古さんほどのプレーヤーなら欧州のクラブでも十分プレイすることは可能です」

ミ;,,゚Д゚彡 「可能って…あなた一体何者なんですか?ひょっとして代理人かなんかですか?」

('A`) 「いえいえ、ワタシはこういう者ですよ」サッ

ミ,,゚Д゚彡 「ココロのスキマお埋めします…喪鬱毒造…なんですかこれは?」

('A`) 「悩める人々を支援するなんでも屋みたいなものです
    あなたもとても大きなココロのスキマを抱えてるようですねぇ」

ミ,,゚Д゚彡 「まぁそうですけど……残念ながら俺はお金持ってませんよ」

('A`) 「安心してください、ワタシの仕事はすべて無償です、お客様が満足されたらそれだけ結構なのです」

ミ,,゚Д゚彡 「そうなんですか…でも俺が欧州でプレイなんて無理ですよ、もう己の限界に気付いてしまいましたから」


855 :移籍志願者:2011/01/31(月) 22:57:31 ID:0X0kSqdE0
('A`) 「総擬古さんは欧州でも活躍できる実力はあると思いますけどねぇ」

ミ,,゚Д゚彡 「お言葉はありがたいですがねぇ、難しいですね…」

('A`) 「総擬古さん、あなたが一番弱いのはそのメンタル面です」

ミ,,゚Д゚彡 「メンタル面ですか?」

('A`) 「ええ、あなたはもっと自信を持ちなさい、そんないじけてたらなにも始まりませんよぉ」

ミ;,,゚Д゚彡 「で、でもどうしたらいいか…!」

m9('A`) 「大丈夫、ワタシに任せてください」

ミ;,,゚Д゚彡 「喪鬱さんにですか?」

m9('A`) 「そうです、あなたはかつての自信を取り戻しゴールの量産するのです」

ミ;,,゚Д゚彡 「ううう…」

m9('A`) 「もしあなたが華々しい活躍を見せたなら、欧州からたくさんのオファーを来るでしょうねぇ」

ミ;,,゚Д゚彡 「本当ですかっ!?」

m9('A`) 「本当ですよ」

m9(゚A゚) 「ドーーーーーーーン!!!!」


856 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:01:26 ID:0X0kSqdE0
  数日後  試合前

( ´ 3`;)「う~ん…」

ミ,,゚Д゚彡 「監督!」

( ´ 3`)「おおどうした総擬古よ、やけに元気じゃねェかよ」

ミ,,゚Д゚彡 「今日は俺をスタメンで使ってください!」

( ´ 3`;)「なんだと!?」

ミ,,゚Д゚彡 「お願いします!ロッキーさんは今日いませんし俺を使ってください!」

エースのロッキーは代表に召集されているため今日の試合には出場できない

( ´ 3`;)「うむ…」

ミ;,,゚Д゚彡 「お願いします!今日結果出せなかったらもうクビでもいいですので…!」

( ´ 3`;)「(いつもと目の色が違う…!)よし分かった!今日はスタメンに使う!」

ミ;,,゚Д゚彡 「ありがとうございます!」

( ´ 3`)「ただし今日結果を出せなかったら次は無いからな!」

ミ;,,゚Д゚彡 「わかりました!」


857 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:06:14 ID:0X0kSqdE0
  けんもう競技場 ピッチ上にて

ミ,,゚Д゚彡 (久々だな…この感覚…)

今日はアウェーでけんもうワンダラーズとの試合だった
総擬古は柳沢監督の言葉通りスタメンとしてピッチに立っている

ミ,,゚Д゚彡 「ふぅ…緊張するな…」
vw_ww_v
6L `∀´)「なに硬くなってるんだよお前は」

ミ,,゚Д゚彡 「おおすまねェな、なにせ久々なもんで…」

同期のケンイチが総擬古の緊張を解くために話しかけてきた
ケンイチとはユース代表時代から一緒にプレイする友人だった
vw_ww_v
6L `∀´)「そんな緊張したってしょうがねェだろ!肩の力抜けよコノヤロ!」

ミ,,゚Д゚彡 「おう…」
vw_ww_v
6L `∀´)「クビになったら俺のマネージャーやらせてやるから安心しろよ」

ミ,,゚Д゚彡 「なんだとコラ、お前こそ俺の華麗なプレイを見てショック受けるんじゃねェぞ!」
vw_ww_v
6L `∀´)「へいへい、俺達に楽させてくれよ、そいじゃ」

ケンイチが自分の守備位置―センターバック―へと戻って行く
いまのやりとりで総擬古の緊張が幾分和らいだ気がした


858 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:07:24 ID:0X0kSqdE0
ミ,,゚Д゚彡 「……」

( - 。-)「ふぅ…」

ボールが相手選手によってピッチ中央へと運ばれていく

(φд゚) チラッ

主審が時計を見ている、キックオフまでまもなくだった

ミ,,゚Д゚彡 (よしっ…!)

(φp゚)

主審がホイッスルを咥えるのを見て足にグッと力を入れる
そして主審がキックオフを告げるホイッスルを吹いた

ミ,,゚Д゚彡 ダッ!

ホイッスルが鳴るや否や、総擬古は猛然とボールへと突っ込んで行った


859 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:08:08 ID:0X0kSqdE0
(;- 。-)「うおっ!」

まさか総擬古が突っ込んでくるとは思っていなかったので相手選手は虚をつかれた

ミ#,,゚Д゚彡 「……」スタタタタッ!

(;- 。-)「やべっ!」ポス

慌てた相手選手は後ろの選手へパスを出す
が、そのパスが中途半端になってしまった

ミ#,,゚Д゚彡 「頂きィ!!」

ボールを奪うと50メートル5秒5の快足を飛ばしゴールへと向かう

ミ#,,゚Д゚彡 「ほっ!ほっ!」

相手DFを軽くかわす、あとはGKだけだった

(同し同#) キッ!

GKと1対1、総擬古は冷静にフェイントを決め相手をかわす

(同し同;) 「うわぁ!」

ミ#,,゚Д゚彡 「はぁっ!!」

ゴール中央へと豪快に叩きこんだ


860 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:17:27 ID:0X0kSqdE0
ミ;,,゚Д゚彡 「はぁはぁ…」

総擬古がゴールを決めても競技場の中は歓声は沸かず静まり返っていた
あまりにも突然のことで状況を把握しきれていなかったのだ

ミ;,,゚Д゚彡 「おおお…」

ミ*,,゚Д゚彡 「ヒャッハー!!ざまぁみろ決めてやってぜコノヤロー!!」

総擬古が喜びを爆発させたあとに競技場の一部から歓声が沸いた
ビッパーズのサポーターが歓喜の唄を歌っていた

( `v´)「ナイスゴールじゃねェかフサ!」グイグイ
vw_ww_v
6L `∀´)「ホント決めやがってこの野郎!」ドスドス

(`∀´)「いきなりびっくりするじゃねェか馬鹿!」ポカポカ

ミ*,,゚Д゚彡 「痛てて!ちょっとやめてくださいよぉ!」

サポーターに続いてチームメイト達も喜びを挙げる
総擬古は手荒い祝福を受けた

ミ*,,゚Д゚彡 (これだこれだ!俺が長らく忘れていた快感は…!)


861 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:18:10 ID:0X0kSqdE0
その後も総擬古は果敢に相手ゴールへと攻めて行った

(`∀´)「ていっ!」パスッ!

ミ,,゚Д゚彡 ダッ!

前半12分、サトウ・ユウトのロングパスに素早く反応し前線へ飛び出す
そして相手のゴール右隅へとシュートする、しかし惜しくもポストにはじかれてしまった

ミ;,,゚Д゚彡 「くそお!」

(`∀´)「ドンマイドンマイ」

前半19分、こんどはペナルティエリア近くで喜多のパスを受ける

( `v´)「ほりゃ!」パス

ミ,,゚Д゚彡 「!!」

相手DFを背にパスを受けると振り向きざまにシュートを打った

(同し同#) 「うりゃっ!!」

しかし今度は相手のファインセーブで阻まれてしまう


862 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:18:56 ID:0X0kSqdE0
総擬古の積極的な攻めが功を奏し前半32分に待望の追加点が生まれた

( ̄ー ̄) 「とうっ!」

右サイドバックのニヤリがオーバーラップをしクロスを上げた

ミ#,,゚Д゚彡 「つぁっ!!」

それを頭で合わせゴールへと流し込んだ

(同し同;) 「くうっ!」

GKは一歩も動くことが出来なかった

ミ*,,゚Д゚彡 「いえええええええ!!」

2点目を決めた後再びチームメイト達と喜びを炸裂させる

( ̄ー ̄) 「ナイスゴール!」

ミ*,,゚Д゚彡 「いえいえニヤリさんのクロスが良かったからですよ!」パンッ!

アシストを決めたニヤリと思いっきりハイタッチをかわす、この手の痛みが心地よかった


863 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:19:47 ID:0X0kSqdE0
そして後半29分に今日の試合のハイライトが訪れた

( ;`v´)「フサっ!!」パスッ!

ミ,,゚Д゚彡 「!!」

ペナルティエリア手前でパスを受けると自慢の快足を飛ばし相手ゴールへと向かっていく
試合終盤に来ても体力はまだまだ無くなってはいなかった

(;∴゚ з゚ )「こら待て!」

相手選手数人に囲まれるが総擬古はそれらを振り切りゴールへと走っていく

ミ;,,゚Д゚彡 「くっ……!」

そしてDFをかわすと角度の無いところからシュートを放った

(同し同;) 「くそっ!」

ボールはGKの股下をすり抜けるとゴール左ネットへと突き刺さった

ミ*,,゚Д゚彡 「うおおおおおおおお!!!!!」

そして今日三度目の雄たけびを上げたのだった


864 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:20:50 ID:0X0kSqdE0
結局、けんもうワンダラーズとの試合は3-0でビッパーズが勝利した
得点すべてが総擬古によるものでまさに独壇場と呼べる試合だった

ミ,,゚Д゚彡 「……」

TV局のインタビューを終え、総擬古はビッパーズのサポーター席へと向かう
総擬古が行くとサポーターは大歓声で彼を迎えてくれた

ミ*,,゚Д゚彡 「おおお…」

総擬古は押し寄せてくる歓喜の声にかつてない興奮を覚えていた
まさにサッカーをやってる者にとっての至福のときだった

ミ*,,゚Д゚彡 (ありがてぇ…ありがてぇ…)

歓声はいつの間にか総擬古コールに変わっていた

ミ*,,-Д-彡 ペコ

総擬古はサポーターに一礼をしロッカールームに行くためその場から離れた
彼がその場を離れてもサポーターはコールをやめようとはしなかった


865 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:21:56 ID:0X0kSqdE0
ミ*,,゚Д゚彡 「ふふふ…」

ロッカールームへと続く通路の中でも興奮が冷めることはなかった
両手はいまだにわなわなと震えている

ミ*,,゚Д゚彡 (俺がやったんだ…!この調子で行けば…)

そんな総擬古にある男が話しかけてきた

('A`) 「オーホッホッ、総擬古さん素晴らしい活躍でしたねぇ」

話しかけてきたのは喪鬱だった

ミ*,,゚Д゚彡 「喪鬱さん!?なぜここに!?」

('A`) 「競技場の隅でずっと見てましたよ、あなたの華麗なプレイを!」

ミ*,,゚Д゚彡 「そうなんですか…!いやぁ喪鬱さんありがとうございます!
       あなたのおかげでハットトリックを決めることが出来ました!」

('A`) 「いえいえ、すべてあなたの実力によるものですよ」


866 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:22:27 ID:0X0kSqdE0
ミ*,,゚Д゚彡 「いえ喪鬱さんのおかげですよ!あなたが僕にやる気を出させてくれたおかげで
        活躍することが出来たんですから!」

('A`) 「たしかにモチベーションを持つことは大事なことですからねぇ」

ミ*,,゚Д゚彡 「新しい目標が出来たことで道が開いたような気がします!本当にありがとうございます!」

('A`) 「それは良かったですねぇ、そういえば最初にあなたが決めたゴールはすごかったですね
    あっという間の得点劇でしたよ、ちなみに開始6秒での得点はリーグ新記録のようです」

ミ*,,゚Д゚彡 「いやぁあれはただ相手選手が慌てただけでたまたまですよ、今後はもう出来ないでしょうね」

('A`) 「この調子で得点を決めていけば海外からばんばんオファーが来るハズですからね、頑張ってくださいねぇ」

ミ*,,゚Д゚彡 「わかりました!それではまた…」トコトコ

総擬古はミーティングのためにロッカー室へと急いだ

('A`) 「……」

('A`) 「たしかにオファーは来るハズです、ただし、このまま平穏無事に行けばの話ですがね、オッホッホッ」


867 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:26:45 ID:0X0kSqdE0
その後も総擬古の活躍は続いた

対ラウンジレンジャーズ (ヌルポスタジアム)

ミ#,,゚Д゚彡 スタタタタッ!

1週間後のラウンジレンジャーズ戦、この日も総擬古は絶好調だった
前半20分に先制点をあげ、後半も怒涛の攻撃を見せていた

( ´Å`)「ヘイ!」ドンッ!

ミ#,,゚Д゚彡 (倒れるかよ!)クイ

強烈なタックルをされても倒れずにそのまま持ち前の俊足を生かしゴールへと駆ける

| #‘ ‘|「くわっ!!」

GKがゴール前で構えている

ミ#,,`Д´彡 「ゴルァ!!」

総擬古はゴール左隅へと豪快なシュートを放った

| ;‘ ‘|「うがっ!!」

ボールはGKの手の先を通過し、ゴールへと突き刺さった


868 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:28:47 ID:0X0kSqdE0
対倍満FC (カトリスタジアム)

ミ#,,゚Д゚彡 「おらおらっ!」

総擬古はピッチを縦横無尽に駆け回り相手の守備を脅かしていた

( ゚∀゚ ) 「アイヤッ!!」

右サイドのさいたまがクロスをあげる

ミ#,,`Д´彡 「ゴルァァッ!!」

そのクロスを左足に合わせ強烈なボレーを放った

〔;`ュ´ 〕 「!!!!!」

倍満FCのGKがショートを防ぐため横に飛ぶ、しかし反応が一歩遅れたためボールは手はボールに届かなかった

ミ*,,゚Д゚彡 「ひょおおおおおおお!!!!!」

結局のこの1点が決めてとなり倍満FCに勝利し、ビッパーズは3連勝を飾った


869 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:30:07 ID:0X0kSqdE0
対ニュー速ギャラクシー (ニュー速スタジアム)

ミ;,,゚Д゚彡 「はぁはぁ…!」タタタッ

この日は乱打戦だった、スコアは総擬古の2得点を含む4-4のタイで今は後半に入っている

(;"・」・") 「ぐうううっ!!」

ミ;,,゚Д゚彡 (この野郎っ!!)ガツガツ

いつもとは違い今日の総擬古は攻撃だけではなく守備にも奔走していた
献身的に相手の攻撃のメを刈りに行く

(;"・」・") 「うわっ!!」

ミ;,,゚Д゚彡 「!!」

ニュー速ギャラクシーのエースであるドノバン米田からボールを奪いとる

ミ;,,`Д´彡 「とぅあっ!!」

総擬古はロングフィードを放った

( ゚∀゚ ) 「ヨシキタ!」

前線へと抜け出したさいたまが総擬古のパスを受け冷静にシュートを打った

(;=е=)「づわっ!!」

ボールはGKの右脇をすり抜けゴールネットへと突き刺さった、結局これが決勝点になりビッパーズは勝利したのだった


870 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:30:39 ID:0X0kSqdE0
 試合終了後 スタジアム内通路にて

リノ、゚テモリ 「総擬古選手は最近になって急に得点を量産しだしましたがその理由をお聞かせください」

ミ,,゚Д゚彡 「そうですね…」

総擬古は試合が終わった後、サッカー雑誌の取材に応えていた

ミ,,゚Д゚彡 「やはりワンダラーズ戦での先制点で気持ちが吹っ切れたのが大きいかもしれませんね
       それまでは得点できずにネガティブな精神状態が続いてましたし…」

リノ、゚テモリ 「今節は2G1Aという結果でしたが今日は守備に徹する時間も多かったですね
     総擬古選手はあまり守備をするイメージは無いのですが今日は何故?」

ミ,,゚Д゚彡 「まぁそのう…以前までの自分は得点のことしか考えてなかったんですが
       やはり大事なのはチームであり、チームにとって自分が何をすればいいのかを考えてプレイするようになりましたね」

リノ、゚テモリ 「なるほど…」

そんな総擬古を遠くで見つめる男が居た

 |A`) 「……」

 |A`) (頑張ってますねぇ総擬古さん、この調子でもっと頑張ってくださいねぇ)


871 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:31:17 ID:0X0kSqdE0
  スナック「ホンダ」にて

ミ*,,゚Д゚彡 「マスターこれを読んでみてくれよ」バサッ

( ´◎`) 「おう週刊パーフェクトサッカーじゃねェか、これがどうした?」

ミ*,,゚Д゚彡 「82ページを開いてください、俺の特集が載ってますよ」

( ´◎`) 「ほう」

総擬古に指示されたページを開くとそこには『エース帰還!!』と銘打たれた総擬古の特集が掲載されていた

記事『ビッパーズのエースがついに帰って来た!先月のけんもうワンダラーズ戦に今季初のスタメン出場するや否や
   開始わずか6秒でいきなりゴールをあげ、それをきっかけに自身初となるハットトリックを決める大車輪の活躍を見せた。
   その後の試合でもピッチを駆け回りゴールを量産している。フィールドを疾走するその姿は全盛期の岡野雅行を彷彿とさせる。
   スタミナやキープ力、そして決定力も向上し今のところ欠点は見当たらない。彼はパーフェクトなストライカーになる素質がある』

( ´◎`) 「岡野雅行を彷彿とさせるとかすげェじゃんか!」

ミ*,,゚Д゚彡 「へへ、最後のほうを読んでみてくださいよ」

( ´◎`) 「最後…」ペラ

『最近では攻撃だけではなく守備にも積極的に汗を流している。以前は前線でボールを待ってるだけで自己中心的なプレイも多かった。
 しかし一度不調に陥った際に己の在り方を考え意識改革を図り、チームのために働くようになった。総擬古は生まれ変わったのだ。
 プロサッカー選手としての自覚、責任感が芽生えた”新生・総擬古”はこれからどんな活躍を見せてくれるだろうか?
 ビッパーズの未来、いや代表の未来を背負って行く存在になるかもしれない。そんな総擬古に期待せずにはいられない』


872 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:31:59 ID:0X0kSqdE0
( ´◎`) 「おいおい代表の未来を背負って行くかもしれないってべた褒めじゃないかよ!すごいなお前」

ミ*,,゚Д゚彡 「ふふふ…」

( ´◎`) 「ついこの前まで腐ってここで項垂れていたというのに…なにがあったんだ?」

ミ*,,゚Д゚彡 「ただ調子が良いだけですよ、そんな大それたことじゃないッスよ」

( ´◎`) 「そうか……でも最近お前ホント変わったよな、前は守備とかしなかったのに…」

ミ*,,゚Д゚彡 「そりゃやっぱチームが一番ですから、俺が得点してもチーム自体が勝たなきゃ意味ないですから…」

( ´◎`) 「お前も成長したなぁ…」ジーン…

ミ*,,゚Д゚彡 「そんなことないッスよ、俺なんかまだまだです」

( ´◎`) 「この雑誌の言うとおりお前は代表の未来を担う選手になるよきっと、最近のお前を見てるとそう思うよ」

ミ*,,゚Д゚彡 「へへへ、あざーっす」

( ´◎`) 「今日は金はいらねェからどんどん飲めよ」

ミ*,,゚Д゚彡 「いやぁ太っ腹ッスねェ、ではお言葉に甘えて…」

総擬古は上機嫌だった、なぜなら有名サッカー雑誌にパーフェクトに近いと評されたのだから
しかしそんな総擬古にも致命的な欠点があった、それを次の試合で露呈してしまう―――


873 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:32:29 ID:0X0kSqdE0
対ラウンジSC  (今北ラウンジサッカー場)

この日のビッパーズは苦戦していた

ミ;,,゚Д゚彡 (くそお…!)

前半8分に総擬古のゴールで幸先よく先制したものの、その3分後の前半11分に同点にされてしまう
そして後半早々に勝ち越しゴールを決められ現在1-2でビッパーズは負けていた
しかも時間は後半39分、ビッパーズの選手に焦りの色が見えていた、総擬古も例外ではない

ミ;,,゚Д゚彡 (ハァ…ハァ…)

この試合の総擬古は1点を取ってはいるがその後は決定機をことごとくハズしていた

( ;`v´)「へい!」パスッ!

ミ;,,゚Д゚彡 「!!」スタタタッ!

喜多のスルーパスに反応し抜け出そうとする、が

( ・⊥・) 「ふん!」

ミ;,,゚Д゚彡 「くはっ!」

相手DFヨネヤマの強い寄せに倒されてしまう、荒いプレーだったが審判は笛を吹かなかった

ミ#,,゚Д゚彡 「このやろう!!」


874 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:32:52 ID:0X0kSqdE0
ijd ´A`) パーン!

相手GKが前線へとボールを大きく蹴り出す

( ¨_ゝ¨)パシッ!

それをラウンジSCのストライカー・マイクが胸で落とす、すかさずケンイチがチェックにいく
vw_ww_v
6L `∀´)「おらおらっ!」

( ;¨_ゝ¨)「あっ!!」

マイクはケンイチのチェックに慌てて他の選手にパスを出す
それをボランチのサトウ・ユウトがインターセプトでボールを奪った

(`∀´)「おらっ!」パスッ!

サトウ・ユウトが総擬古へとパスを放った

ミ;,,゚Д゚彡 「……」

総擬古はそのパスをトラップするが上手く足で受けることができず、ボールは大きく相手のほうへ流れてしまった

ミ#,,゚Д゚彡 「くそお!」


875 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:34:01 ID:0X0kSqdE0
从`・_ゝ・) シュタッ

ラウンジSCのDFタカギは総擬古のトラップミスを見逃さず、素早くボールを奪取する

ミ#,,゚Д゚彡 (ふざけんなっ!)

総擬古はボールを取り戻そうとタカギに向かってスライディングをする
しかし総擬古のスライディングはボールにではなくタカギの足へと向かっていた

从;` _ゝ ) 「うわああっ!!」

総擬古のスパイクがタカギのくるぶしに直撃した瞬間、タカギは悲鳴を上げその場に倒れ込んだ、すかさず審判がホイッスルを鳴らす

从;` _ゝ ) 「うううう!!」

激痛のあまりタカギはのたうち回る、何人かの選手がタカギの周りに集まってきた

(#・⊥・) 「テメェわざとやりやがったな!!」

ミ,,゚Д゚彡 「は!?たまたまだろ、カッカしてんじゃねェよおっさん」

(#・⊥・) 「なんだとクソガキッ!」

(#φд゚)「よさないかお前ら!」

審判が小競り合いを制止する、そして胸ポケットからイエローカードを取り出した

(φд゚)つ□ バッ!

それを総擬古に向かって提示した


876 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:34:35 ID:0X0kSqdE0
(#・⊥・) 「いや今のは一発レッドでしょう審判!」

ヨネヤマは判定が不服だったらしく審判に抗議するが判定は覆らない

ミ,,゚Д゚彡 「ふん」

総擬古は自分の定位置へと戻ろうとする、すると相手サイドバックのコミヤマがすれ違う際に話しかけてきた

ノノ ・ω・) 「お前さ、なに熱くなってるんの?」

ミ#,,゚Д゚彡 「あぁ!?」

ノノ ・ω・) 「君のプレイでうちらだけじゃなく自分のチームにも迷惑かけてるんだよ
      もうちょっと考えてプレイしたらどうだい総擬古くん?」

そう言うとコミヤマは自分の守備位置へと戻って行った

ミ#,,゚Д゚彡 (あのヤロウ馬鹿にしやがって!)

タカギのケガは大事には至らずなんとか立ち上がりプレイを再開した

从;`・_ゝ・) 「コミ!」パスッ

ノノ ・ω・) 「あいよ!」シュタッ!

コミヤマはタカギからパスを受けると勢いよくサイドを駆けあがって行く


877 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:35:06 ID:0X0kSqdE0
( ;゚∀゚ ) 「うおっ!」

ノノ ・ω・) 「へいへいへい!」

サイドバックのコミヤマが果敢に攻め上がる、この時折見せるオーバーラップがコミヤマの持ち味だ

(; ̄ー ̄) 「お、お、お」

ノノ ・ω・) 「!!」

ニヤリと対峙する

ノノ ・ω・) 「へい!」スタタタッ

コミヤマはそのままサイドへと駆け上がる、本来なら中央へと切り込んで精確なミドルシュートを放つのだが今日は違った

(; ̄ー ̄) 「こら渡せこら!」グイグイ

ノノ ・ω・) 「誰が渡すかよ」

コミヤマはコーナーでキープを始めた、もう終了間際というので時間稼ぎをしているのだ


878 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:36:27 ID:0X0kSqdE0
, vw_ww_v
6L;`∀´)「寄こせこらっ!」

ケンイチも加わり二人がかりでボールを奪おうとするが上手くいかない

(; ̄ー ̄) 「くぅ!」

ニヤリの足にボールが当たり、そのままラインの外へと転がっていく
するとラウンジSCはゆっくりとスローイングをする

d  ’_J’ノ ポン!

FWのニシからスローイングを受けるとコミヤマは再びコーナーでキープを始める

ノノ ・ω・) 「ほほほほほ~」

(; ̄ー ̄) 「くそっ!」

ケンイチ、ニヤリが苦戦していると前線から総擬古が駆けてきた

ミ#,,゚Д゚彡 「うおおおおおお!!!!」

このとき観客の誰もが総擬古もボール奪取に加わると考えたハズだ
しかし総擬古は守備には参加しなかった

ミ#,,゚Д゚彡 「ゴルァ!」バキッ!

総擬古はボールではなくコミヤマの太ももに思いっきり蹴りを入れた―――


879 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:37:20 ID:0X0kSqdE0
ノノ ; ω ) 「ギニヤ!!」

コミヤマは叫び声を上げその場に転倒した、痛みのあまり顔を歪ませている

(#φq゚)ピィーッ!

即座に審判は笛を鳴らし総擬古へと駆けよる

(#φд゚)つ■ サッ!

そして総擬古の前で高らかとレッドカードを掲げたのだった

ミ#,,゚Д゚彡 「けっ」

総擬古は審判の顔を一度睨めつけると憮然とした態度でピッチから出て行く

ノノ ; ω ) 「ううう……」

ちょうど総擬古の横をコミヤマを乗せた担架が通過していった
総擬古は近くにあった給水ボトルを拾いあげ中身を口に含む

ミ,,゚Д゚彡 「へっ、弱ェやつだな」


880 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:38:37 ID:0X0kSqdE0
(#・⊥・) 「テメェなんだその言い草は!」

総擬古の言葉を聞いたヨネヤマが詰め寄ってくる

ミ#,,゚Д゚彡 「だってそうでしょ、あんぐらいで担架で運ばれるなんてありえないでしょ!虚弱すぎだよ!」

(#・⊥・) 「テメェ絶対に許さねェぞ!」

从;`・_ゝ・) 「ヨネさんストップストップ!そんなんじゃヨネさんまで退場させられますよ」

タカギが激昂するヨネヤマの止めに入る

ミ#,,゚Д゚彡、「もうウゼェなぁ!俺は退場になったんだからさっさと出させろよ!ったくよ!」ペッ

唾と悪態を吐き総擬古はピッチを離れて行く

(#・⊥・) 「……!……!」

ヨネヤマがなりやら叫んでいるが総擬古は振り返らなかった

ミ#,,゚Д゚彡 (今度もっと削ってやるから覚悟しとけよ!)ムカムカ

総擬古の欠点、それは彼の気性の荒さだった


881 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:39:26 ID:0X0kSqdE0
 2週間後  BAR バロ巣

('A`) 「いやぁあなたの最近の活躍はすごいですなぁ、ワタシの想像以上ですよ」

ミ,,゚Д゚彡 「ホント喪鬱さんのおかげですよ」

あの試合から2週間後、総擬古は喪鬱と「BAR バロ巣」で酒を酌み交わしていた

('A`) 「何度も言うようですが今の活躍はあなたの実力によるものですよぉ」

ミ,,゚Д゚彡 「そうですか、ありがとうございます」

('A`) 「それはそうと久しぶりのシベリアはどうですか?
    元シベリアFCの一員だった総擬古さんにとってシベリアは庭みたいなものでしょう?」

ミ,,゚Д゚彡 「まぁ懐かしいですねぇ…」

1年前まで総擬古はシベリアFCでプレイをしていた、そこでの活躍が認められニュー速ビッパーズに引き抜かれたのだった

('A`) 「明日のシャキン・シベリアにはかつての一緒にプレイした仲間たちも多いのではないですか?
    そういう人たちと懇親会とかは開かないのですかぁ?」

ミ,,゚Д゚彡 「たしかにかつて同じ釜の飯を食べた仲の人もいますが今は敵同士です
       まぁなるべくそういう人たちとは仲良くしないようにしてるんですよ」

('A`) 「なるほど」

シベリアFCが消滅したあと何人かの選手はシベリアに
本拠地を置くもうひとつのサッカークラブであるシャキン・シベリアへと移籍している
ビッパーズはそのシャキン・シベリアと明日に試合をするのだ


882 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:40:38 ID:0X0kSqdE0
( ´W`)
 つ□とキュッキュッ

ミ,,゚Д゚彡 「ところで喪鬱さん…移籍のオファーの件なんですが…」

('A`) 「オッホッホッ、安心してください総擬古さん
    まだ本格的なオファーはありませんが非公式にいくつか打診を受けているのですよ」

ミ;,,゚Д゚彡 「ほ、ほんとですか!?ど、ど、どこのチームですか!?」

('A`) 「それはまだ言えませんが、欧州のビッグクラブとだけ言っときましょう」

ミ*,,゚Д゚彡 「おおおありがとうございます!」

('A`) 「いま我が国の選手は欧州でも人気があるのです、だから総擬古さんもこの波に乗ってチャンスを掴んでください」

ミ*,,゚Д゚彡 「絶対そのチャンスをモノにします!よおしやるぞっ!」

('A`) 「明日のシャキン・シベリア戦の活躍いかんでは本格的なオファーに発展するでしょうねぇ
    ただし総擬古さん、ひとつだけ気をつけてほしいことがあるのです」


883 :移籍志願者:2011/01/31(月) 23:42:05 ID:0X0kSqdE0
ミ,,゚Д゚彡 「気をつけてほしいこと?なんですかその気をつけることは?」

('A`) 「ええ、この前の試合で総擬古さん退場しましたねぇ」

ミ,,゚Д゚彡 「ああ、あれですか、まぁついつい足が出ちゃいましてね、しょうがないですよ
       でもまぁ1試合休めて良かったですよ、そのおかげでコンディションも良いですし」

('A`) 「実はそのラフプレーを今後控えてほしいのです」

ミ,,゚Д゚彡 「え?マジっすか」

('A`) 「あなたは劣勢になるとすぐに熱くなるきらいがあります、その熱くなる癖を直してほしいのです」

ミ,,゚Д゚彡 「はぁなるほど、以後気をつけます」

('A`) 「綺麗なプレーヤーのほうがオファーが来やすいですからね、マスター、総擬古さんにウォッカを」

( ´W`)つ□ タンッ

ミ,,゚Д゚彡 「どうも……」







 →後半へ

 
 ↑鬱ナせぇるすまん インデックスページへ

 
 
総合短編(シリアス・鬱・ホラー) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。