スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
928 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 19:26:40 発信元:111.89.138.2
さあ始めようか…
投下を!


929 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/29(土) 19:27:36 発信元:113.151.134.248
よっ待ってました


930 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 19:28:03 発信元:111.89.138.2
('A`)「さーて今日も仕事頑張るぞー」

川 ゚ -゚)「…なあドクオ」

('A`)「? なんだ?」

川 ゚ -゚)「お前ってさ…」

川 ゚ -゚)「何の仕事しとんの?」

(;'A`)「!?」

川 ゚ -゚)クーにゃん☆は結婚したいようです

('A`)「おまっ…五年間一緒にいて知らなかったのかよ」

川 ゚ -゚)「この五年間私がやってたのは婚約届けを仕込む事だけだ! えっへん!」

(;'A`)「何がえっへんだ何が!」

川 ゚ -゚)「教えてくれよー。もしかしてあれか? 刺身の上にタンポポ乗せる仕事か?」

('A`)「お前…」

川 ゚ -゚)「冗談だよ」

川 ゚ -゚)「サイコロの1の部分を赤く塗る仕事だろ?」




931 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 19:29:05 発信元:111.89.138.2
('A`)「何でお前はそう言う単純作業系しか言わないんだ」

('A`)「雑誌の記者だよ」

Σ川;゚ -゚)「うぇぇぇぇ!?」ビックーン

(;'A`)「驚きすぎ驚きすぎ!」

川 ゚ -゚)「びっくりしたー…今年一番びっくりした」

(;'A`)「今年始まってまだ一ヵ月位しかたってねーぞ…」

川 ゚ -゚)「どんな雑誌? どんな雑誌?」

('A`)「都市伝説~アナタの街に潜む恐怖~」

川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)「ビビりなのに?」

('A`)「ビビりなのに」

(;A;)「俺はもうちょっとお洒落な部署に行きたかったのに…」

川 ゚ -゚)「似合わねぇよ」

('A`)「だが俺は自分のコーナーを持っている!」




932 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 19:30:31 発信元:111.89.138.2
川 ゚ -゚)「ほう…どんなコーナーだ?」

('A`)「~噂は本当だった~都市伝説の実態!」

(;A;)「現地まで行って調査させられるんだ…しかも怖いの何のって」

川 ゚ -゚)「いやまあそこはホラ」

川 ゚ -゚)「怖がる人を見るのって面白いじゃん」

(;A;)「そんな理由で配属されたんかい! って思うぞ俺は」

川 ゚ -゚)「聞いて見れば良いじゃないか。私もついて行くぞ」

('A`)「お前は来るな」

('A`)「何か変に茶化されそうだ」

川;゚ -゚)「小学生か!?」

('A`)「じゃあ行ってくるから」バタン

川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)ノ■←弁当

川 ゚ -゚)「抜き取っておいたのさ…」




933 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/29(土) 19:31:08 発信元:113.151.134.248
表情豊かだな
 
 

934 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 19:31:44 発信元:111.89.138.2
川 ゚ -゚)「これで行く名目が出来た訳だ」

川 ゚ -゚)□「後は…」ピップルルルルルルル

in道端

lw´‐ _‐ノvコソーリ川 ゚ -゚)| |      ...('A`)

川 ゚ -゚)「姉さん、ターゲットは駅に向かっている」

lw´‐ _‐ノv「よし了解」

('A`)(なんだこの視線…)

in駅

...('A`)  電| |車

in切符売り場

川 ゚ -゚)「姉さん切符ってどうやって買うの?」

lw´‐ _‐ノv「使った事無いから分かんね」


川 ゚ -゚)「姉さんどうするんだドクオはもう電車にのってるぞ」

lw´‐ _‐ノv「素直式瞬間移動は知ってる場所にしか行けないし」




935 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 19:33:24 発信元:111.89.138.2
lw´‐ _‐ノv「仕方ない。秘奥義を使うか」

lw´‐ _‐ノv□ピップルルルルルルル

川 ゚ -゚)(秘奥義ってなんだろう…)

lw´‐ _‐ノv「あ、もすもすもすかう? シューちゃんシューちゃん。え? チョベリバが? はいはい、分かった分かった」

川 ゚ -゚)(会話の内容が全然分からん…!)

lw´‐ _‐ノv□ピッ

lw´‐ _‐ノv「後2分くらいでくるとよー」

川 ゚ -゚)「何が?」

lw´‐ _‐ノv「ヘリ」

川 ゚ -゚)

in電車
('A`)ガタンガタン

('A`)ガタンガタン

('A`)(…あのヘリこの列車追いかけてない?)


936 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 19:35:35 発信元:111.89.138.2
('A`)ガタンガタン

('A`)(…気のせいか)

inヘリ

川 ゚ -゚)「姉さんやるねえ。今久し振りに尊敬したよ」

lw´‐ _‐ノv「はっバララララはっはいバララララやいや」
川 ゚ -゚)「ヘリの音うっさくて聞こえねぇよ」

( ゚д゚ )「ドクオさんが電車降りましたよー」

in駅

■ヽ('A`)...ピッ

('A`)...

inヘリ

川 ゚ -゚)「バララララよバララララ」

lw´‐ _‐ノv「バララララぬバララララてにバララララ」


937 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 19:36:56 発信元:111.89.138.2
in会社

('A`)ヽ■ドサ

('A`)「あれ? …弁当ねぇや」

('A`)「…」

('A`)「いっか」

in会社前

lw´‐ _‐ノv「あのー今日取引あったシュール米本部(株)なんだけど」

川 ゚ -゚)(堂々と嘘を…姉さん…恐ろしい子!)

lw´‐ _‐ノv「はいはい、どーも」

in会社
 _、_
( ,_ノ` )y━・~「おうドクオ…最近どうだい?」

('A`)「まあボチボチですよ…渋沢編集長」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~「よせやい…お前と俺の中じゃねぇか。かたっ苦しくしなくても良いんだぜ?」

('A`)「渋沢さん…それで今回の仕事はやっぱり?」


938 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 19:40:12 発信元:111.89.138.2
 _、_
( ,_ノ` )y━・~「ああ、都市伝説の実態を調べて来て欲しい」

('A`)「はぁ…」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~「まあまあ、ため息なんかつくなよ。これでも給料は出せるだけ出してんだぜ?」

('A`)「その家の半分は婚姻届けに消えますがね」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~「モテる男は辛いねぇ…」

('A`)「はは、茶化さないで下さいよ」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~「おっそうだ…今回の取材はちょいとキツいからな。その子に手伝って貰ったらどうだ?」

川 ゚ -゚)⊃「話は聞いた!」バターン

Σ(;'A`)「クー!?何でここに…」

川 ゚ -゚)「弁当だよほれ」

lw´‐ _‐ノv「ハロー皆の衆」
 _、_
(; ,_ノ` )y━・~「こっ、これはシュール社長!」


942 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 20:00:27 発信元:111.89.138.2
lw´‐ _‐ノv「その取材、私も同行しようかなと思ってね」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~「シュール社長が自ら…?!」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~(これは…売れる!)

lw´‐ _‐ノv「他数人くらい連れてっても良いかな?」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~(いや、売れなくてもシュール社長が我が社に関わりを持ってくれた、と言うのはハイパーメリット!)

lw´‐ _‐ノv「おーい」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~(風が吹いて来たぜぐへへへへ)

lw´‐ _‐ノv「聞けよ」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~「どうぞどうぞ! お好きな様にお願いします!」

lw´‐ _‐ノv「と言う訳だ。ドクオ、私達もついて行くぞ」

('A`)「…えっ?」

川 ゚ -゚)「よろしくな、ドクオ」


943 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 20:01:34 発信元:111.89.138.2
川 ゚ -゚)「あーすまん…毎回毎回投下を楽しみにしている読者様にはすまんが今日で連続投下は終了だ」

川 ゚ -゚)「理由は二つ、一つ目、書き溜めのペースが追い付かなくなった」

川 ゚ -゚)「二つ目、5日後に受験を控えている」

川 ゚ -゚)「今まで受験なのに投下してたのかよ! と言うツッコミは入るがな」

川 ゚ -゚)「多分次の投下は2月の3日だ。それまで私への愛を胸に溜めて待っていてくれ」

川 ゚ -゚)「せーの!」

川 ゚ -゚)9m「いつも心にジャスティs―ただいま不適切な映像が流れた事をお詫びします―

川 ゚ -゚)「とにかく連投は終わったと言う事と次回からは取材編に入ると言う事を覚えておいてくれ」





944 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 20:02:39 発信元:111.89.138.2
投下は終了。
質問等あったら受け付けます


945 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/29(土) 20:05:27 発信元:111.86.143.43
取材編超楽しみだ、乙!
受験頑張れよ!

で、質問
クーは何故ドクオに惚れたのか
また、ドクオは何故結婚を拒むのかといった理由は本編で明かされますか
まあ別に明かされなくても面白いからいいんだけど


946 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/29(土) 20:15:38 発信元:202.229.177.161
今まで受験なのに投下してたのかよ


高校?大学?


948 : ◆XleuIgChlJnv :2011/01/29(土) 20:47:16 発信元:111.89.138.2
>>945
過去編で明かすって言うか前質問で出て書いちゃったからな…
詳しく過去編で明かします。

>>946
大学です。


950 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/29(土) 21:00:46 発信元:111.89.140.2
>>944
乙乙ー


 

197 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/03(木) 22:55:42 発信元:111.89.138.2
('A`)ブロロロロ

川 ゚ -゚)「でさーwwwその時侍がさーwww」

o川*゚ー゚)o「マジでwwwウケるwww」

( ・∀・)「こらこらあんまりはしゃぐなよ」

ノパ⊿゚)「窓の外の景色綺麗だぞおおおおお!」

lw´‐ _‐ノv「まるで雪が米のようです」

川 ゚ -゚)「伸びねぇよ」

('A`)「なんだこの雰囲気(何故か変換できry」

川 ゚ -゚)クーにゃん☆は結婚したいようです

('A`)「良いか俺達は遊びに行くんじゃないんだぞ。取材をしに行くんだ」

川 ゚ -゚)「分かってるよんな事…あ、ダウトやろうぜ、トランプ持って来たから」

lw´‐ _‐ノv「イェーイヒューヒュー」

ノパ⊿゚)「おっしゃあああああああ!」

o川*゚ー゚)o「よーし頑張っちゃうゾ☆!」

( ・∀・)「ダウト何て何年ぶりかな…」


198 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/03(木) 22:57:43 発信元:111.89.138.2
('A`)ブロロロロ

('A`)(参加してぇ…)

――――――1時間後―――――

('A`)「そろそろ着くよー」

ノハ;゚⊿゚)「ななななななだあああああああ!」

lw´‐ _‐ノv「ダウト」

ノハ;゚⊿゚)「くっそおおおおおおおお! 何でバレたんだあああああああ!」

川 ゚ -゚)「動揺しすぎ」

('A`)「…そろそろ着くよー」

lw´‐ _‐ノv「え、マジで? まだ罰ゲーム受ける人決まって無いけど」

川 ゚ -゚)「ヒートで良いじゃん今圧倒的にカード持ってるし」

ノハ;゚⊿゚)「うおおおおおおお!」



199 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/03(木) 22:58:25 発信元:111.89.138.2
('A`)「はい着いたー皆降りなさい迅速に」

―旅館 デスペラード―

('、`*川「へいらっしゃい! 何名様ですか?」

('A`)「六人です」

('、`*川「え…? でもお客様の後ろに…」

('A`)「え?」

('、`*川「い、いえ…すいません…知らない方が良かったですね」

(;'A`)「ねえ! ちょっと何が見えるのさ!」

('、`;川「…」

(;'A`)「答えてええええええ!」

「はっはっは…すまんなお客人、我輩から謝っておく」

( ФωФ)「伊藤をしっかり叱っておくのでな…この場は許してくれ」

('A`)「アナタは?」


200 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/03(木) 22:59:09 発信元:111.89.138.2
( ФωФ)「我輩であるか、我輩はここの旅館の支配人、杉浦ロマネスクである。そしてこっちが…」

('、`*川「ペニサス伊藤。好きな物はイケメンです」

('A`)

('、`*川「あんたは無いわね」

(;A;)

('、`*川「じゃああたし他のお客んとこ行ってくるわ」

(;ФωФ)「おい待て待て! この人達はどうするのであるか!」

('、`*川「一昨日入った新人がいるでしょ。じゃね。」

(;ФωФ)「おい! ちょっと! …行っちゃったのであるか…」

( ФωФ)「しょうがないであるな…おーい!」


201 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/03(木) 23:00:03 発信元:111.89.138.2
爪'ー`)y‐「はーいいらっしゃいま」

爪;'ー`)y‐「せええええええ!?」

川;゚ -゚)「うわっ…ちょっと…」

lw´‐ _‐ノv「お…お前は…」

( ФωФ)「おや? 知り合いであるか?」

爪'ー`)y‐「忘れもしねえよ…」

lw´‐ _‐ノv「前会った時はお道具袋引っ提げて回転してたよね」

爪;'ー`)y‐「誰と勘違いしてんの!? フォックスだよフォックス! お前の会社首になったフォックス!」

川 ゚ -゚)「それで逆恨みして会社に特効掛けて来て私に退治されたフォックスか」

爪;'ー`)y‐「ぐっ…いやそうだけど…」

lw´‐ _‐ノv「過去の事は水に流せよ。ほれ案内しろ」

爪;'ー`)y‐「こんの野郎ぁ…」

爪;'ー`)y‐「ぐっ…」


202 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/03(木) 23:00:48 発信元:111.89.138.2
爪;'ー`)y‐「こ、こちらでございます…」

lw´‐ _‐ノv「よしよし」

('A`)(大人だなぁ)

―灼熱の間―

( ・∀・)(さっきから名前がおかしいような…)

('A`)(突っ込んだら負けなのか…?)

爪'ー`)y‐「…ごゆっくり…」

lw´‐ _‐ノv「うーい」

o川*゚ー゚)o「わー景色が綺麗だね! ねえねえモララー!」

( ・∀・)「ん? なーに?」


203 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/03(木) 23:01:57 発信元:111.89.138.2
o川*゚ー゚)o「この景色と私どっちが綺麗?」

( ・∀・)「景色」

o川*゚ー゚)o「んもー! 照れちゃって!」

ノパ⊿゚)「こなああああゆきいいいいいい!」

lw´‐ _‐ノv「風呂行こうぜ露天風呂」

川 ゚ -゚)「良いね」

('A`)「…お前ら何のためにここに来たか覚えてる?」

( ・∀・)

lw´‐ _‐ノv

ノパ⊿゚)

o川*゚ー゚)o

川 ゚ -゚)「…温泉旅行?」

('A`)「取材だよ馬鹿野郎」


204 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/03(木) 23:02:55 発信元:111.89.138.2
('A`)「仕事に来たんだろ俺たち」

川 ゚ -゚)「…え?」

('A`)「…」

('A`)「良いです。俺これから取材行くから」

川 ゚ -゚)「行ってらっしゃいー」

('A`)「お前俺の助手で来たんだろーが。お前はついて来なさい」

川 ゚ -゚)チッ

in廊下

( ФωФ)「おや…貴方方は」

('A`)「えっと…ドクオです。実は私達、雑誌の記者で…」

( ФωФ)「もしかして我輩をインタビューしに来てくれたのであるか!?」

('A`)(違います…とは言いにくい)

川 ゚ -゚)「全然微塵も違います」

(´ФωФ)「 」


205 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/03(木) 23:04:22 発信元:111.89.138.2
('A`)(ズバリ言いおった…)

(´ФωФ)「え…うんじゃあ何の雑誌の?」

('A`)「かくかくしかじか」

( ФωФ)「はあ、なるほど…都市伝説であるか」

( ФωФ)「そういえばここの裏手の山に祠があって…」

( ФωФ)「死んだ武士の亡霊がその祠を守っている、何て噂が在ったであるが」

川 ゚ -゚)「何と言うか…オードソックスだな。」

('A`)「良いよ怖くない方が」

( ФωФ)「その祠に宝物が埋まってる何て話も在ったらしいであるがね」

('A`)「へぇ…」


206 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/02/03(木) 23:05:27 発信元:111.86.142.139
(´ФωФ)ゥエーン


208 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/02/03(木) 23:07:01 発信元:221.67.26.188
オーソドックs…


225 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/04(金) 00:10:03 発信元:123.108.237.28
すいません親に携帯を取られて投下出来ない状況になってしまったので今日の投下は忘れてください。
ちなみにこれは親のを勝手に使ってます






※↓2/6更新分


246 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/04(金) 16:01:16 発信元:111.89.138.2
川 ゚ -゚)「ていうかドクオ私風呂入りたいんだがそろそろ切り上げない?」

('A`)「正直飽きたろお前」

川 ゚ -゚)「正直な」

( ФωФ)「まあ話なら我輩がいつでも聞かせるであるから…今はゆっくりするといいのである」

川 ゚ -゚)「話が分かるおっさんだな」

(;'A`)「失礼な事言わない!」

( ФωФ)「まあいいであるよ。我輩は仕事に戻るである。」

川 ゚ -゚)「さあ戻ろうぜぇ」

('A`)「しゃーないな」


248 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/04(金) 16:02:13 発信元:111.89.138.2
in廊下

川 ゚ -゚)「おっ風呂♪おっ風呂♪」

('A`)「本当に何しに来たんだよ…」

ξ´・ω・`)ξ「あら…?」

川 ゚ -゚)「あっ、お前は…」

('A`)「知り合いか?」

川 ゚ -゚)「ああ、この前養豚所で出会った豚だ」

ξ´・ω・`)ξ「ちげえよお前何と間違えてんだよ」

(´・ω・`)「あれ? 君は…」

川 ゚ -゚)「ようまだ生きてたのか」

(´・ω・`)「ちょ…」

ξ´・ω・`)ξ「相変わらず凄い暴言ね」


川 ゚ -゚)「これだけが私の武器だからな」

('A`)(何言ってんだこいつ…)

ξ´・ω・`)ξ「そういえばさっき宝がどうとか話して無かった? ブヒヒヒヒ」


250 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/04(金) 16:03:36 発信元:111.89.138.2
川 ゚ -゚)「ふ…む。話して言いものか?」

('A`)「俺は別に良いんじゃない? と思うけど」

川 ゚ -゚)「じゃあ話してやるか」

(;'A`)(やけに素直だな…)

川 ゚ -゚)(盾位にはなるだろ…)

川 ゚ -゚)「かくかくしかじか」

(´・ω・`)「へぇ…祠かぁ。面白そうだね。」

ξ´・ω・`)ξ「あたし達もついて行っていい?」

川 ゚ -゚)「別に良いよ。盾にするから」

ξ´・ω・`)ξ「えっ」

(´・ω・`)「えっ」

川 ゚ -゚)「この際全員で行くか。その方が怖くないだろ」




251 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/04(金) 16:04:34 発信元:111.89.138.2
('A`)(なんだこのまともなクーは…)

('A`)「何か悪いもんでも食ったの?」

川 ゚ -゚)「いや全然」

川 ゚ -゚)「ああ、しかし楽しみだな」

('A`)「? 楽しみ?」

川 ゚ -゚)「ああ、あの豚が悲鳴をあげ、逃げ惑う姿を見れるのが…ぐっへっへ」

('A`)(いつものクーでした)


252 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/02/04(金) 16:05:12 発信元:61.214.35.225
この鬼畜めww




253 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/04(金) 16:05:23 発信元:111.89.138.2
投下終了…
はぁ…

質問等あったら受け付けます。昨日の事を含めてな!


254 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/02/04(金) 16:09:16 発信元:61.214.35.225
昨日は…大丈夫だったの?


255 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/04(金) 16:42:28 発信元:111.89.138.2
>>254
大丈夫じゃ…無かったの。
朝飯作ってくれないほどだったの


256 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/02/04(金) 16:53:25 発信元:219.125.145.48

次回までは間が空くのかな?


257 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/02/04(金) 16:56:06 発信元:114.180.85.92
昨日、何があったのか知りたいんだがkwsk


258 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/04(金) 17:14:10 発信元:111.89.138.2
>>256
書き溜まって無いのでちょいと空きます

>>257
親に受験終わるまで預かっときます!って言われて取られたPCを返してくれと言ったら
「は?!何言ってるの!まだ受験終わって無いでしょう!後期とか他の私立とかの受験があるでしょう!」

「いや、俺ここA判t」「あんたが受かるはずないでしょう!そんなに返して欲しかったら返してあげるわよ!ほら!」←PC投げられる

「うわっ」←キャッチする。できる限り優しく

「じゃあ携帯返して貰うわよ!あたし金払ってんだからね!」

「ちょ…」


259 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/02/04(金) 18:08:06 発信元:61.214.35.225
なんという二年前の俺…
だが受かったらこっちのもんだ


260 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/02/04(金) 19:11:39 発信元:114.180.85.92
投げられたPCを柔軟にキャッチするとはやるなw


261 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/04(金) 19:27:51 発信元:111.89.138.2
>>259
oh…同志よ…

>>260
あの時ほどモバイルPCで良かったと思った事は無い


 
292 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/05(土) 20:08:01 発信元:111.89.138.2
昨日書き溜まって無いから投下無理って言ったけど書き溜まっちゃったから来ちゃった
投下します


293 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/05(土) 20:09:03 発信元:111.89.138.2
川 ゚ -゚)「さあ今回は祠捜索編…」

川 ゚ -゚)「一体誰が幽霊の餌食となり…」

川 ゚ -゚)「一体誰が行方不明になってしまうのか…」

川 ゚ -゚)9m「こうご期待!」デェーン

('A`)「どこ向いて喋ってんの」

川 ゚ -゚)クーにゃん☆は結婚したいようです

川 ゚ -゚)「後はもうタイトルが関係無い件について」

( ・∀・)「どうしたんです突然」

o川*゚ー゚)o「夜のお山ー!」

爪'ー`)y‐「星が綺麗だなぁ…」

o川*゚ー゚)o「ねぇねぇ! モララー!」

( ・∀・)「ん~?」

o川*゚ー゚)o「私と星、どっちが綺麗?」

( ・∀・)「星…ってかその系統の質問二回目だよねお前」

o川*゚ー゚)o「えへっ☆」


294 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/05(土) 20:11:47 発信元:111.89.138.2
ノパ⊿゚)「さむういいいいいいいぞおおおお!」

lw´‐ _‐ノv「ホラ見てホラ見てー」

lw´‐ _‐ノv△「雪おにぎりー」

川 ゚ -゚)「む、無駄なクオリティ…」

ξ´・ω・`)ξ「ぶっひひひひwww夜の山こわーい」

(´・ω・`)「大丈夫だよ、僕が守ってあげるからね」

川 ゚ -゚)「オイこいつら埋めようぜ」

('A`)「流石にまずいって…都市伝説探しに来て都市伝説作るなよ」

爪'ー`)y‐

爪'ー`)y‐(そういえば何故俺はここにいるのだろうか)

lw´‐ _‐ノv「元同僚のよしみかな?」

爪;'ー`)y‐「心を読むな!」

―――――1時間前―――――

( ФωФ)「祠? 祠の場所であるか?」


295 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/05(土) 20:12:42 発信元:111.89.138.2
('A`)「ああ、はい。大体で良いので…」

( ФωФ)「はぁん…んー…」

( ФωФ)「言葉じゃ説明しにくいであるな」

爪'ー`)y‐「夕食お持ちしましたー」

lw´‐ _‐ノv「お疲れさん」

川 ゚ -゚)「サンクス(笑)」

爪;'ー`)y‐「くそ…」

o川*゚ー゚)o「わーいおいしそー」

o川*゚ー゚)o「モララーモララー!」

( ・∀・)「なあに?」

o川*゚ー゚)o「あーん!」

( ・∀・)「だが断る」

( ФωФ)「んー…道があるからそれに沿って行けば見つかるはずであるよ」

ノパ⊿゚)「旨いぞおおおお!」パクパク

lw´‐ _‐ノv「ちょ…いただきますしなきゃ駄目だろ」


296 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/05(土) 20:13:37 発信元:111.89.138.2
川 ゚ -゚)「おいそうだフォックス」

爪'ー`)y‐「あん?」

川 ゚ -゚)「宝捜しだ。テメェも付き合え」

爪'ー`)y‐「は?」

――――――――――――――

爪'ー`)y‐スー

爪'ー`)y‐スパー

爪'ー`)y‐「ふぅ…」

川 ゚ -゚)「何賢者ってんだ置いてくぞコラ」

爪;'ー`)y‐「少しくらい浸らせろよ!」

o川*゚ー゚)o「あっ! ミノムシさんだ!」

  o川*゚ー゚)o
   ノ ノ
   ピョーン
 ̄ ̄\
      ↓崖

o川*゚ー゚)o「きゃあああ落ちるー!」ズザザザザ


297 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/05(土) 20:14:42 発信元:111.89.138.2
(;・∀・)「馬鹿ーっ!」ヒョイズザザザ

lw´‐ _‐ノv「妹よ」

川 ゚ -゚)「なんだ姉さん」

lw´‐ _‐ノv「あの二人じゃちょいと心配だからな…」

lw´‐ _‐ノv「私も行ってくる」ヒョイズザザザ

川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)「あっという間に三人散った…」

('A`)「死んで無い死んで無い」

('A`)「とにかく祠を探そう」

―――――sideシュール―――――

lw´‐ _‐ノv「おーいモララーキュー」

(;・∀・)「あっシュールさん…」ガサガサ

lw´‐ _‐ノv「あり? キューは?」


299 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/05(土) 20:16:49 発信元:111.89.138.2
(;・∀・)「さっきから居なくって…どこにいるんでしょう」

lw´‐ _‐ノv「池とかにハマってる…とか」

( ・∀・)「それは無いでしょう」

( ・∀・)

( ・∀・)「と言い切れませんね」

lw´‐ _‐ノv「だろ?」

「助けてー!」

( ・∀・)「むっ!」

lw´‐ _‐ノv「お?」

   \ /
   (体)←キュート
池池池池池池池

o川*゚ー゚)o「助けてー!」

( ・∀・)

lw´‐ _‐ノv「どーやって喋ってんだ?」


300 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/05(土) 20:19:40 発信元:111.89.138.2
―救出―

o川*゚ー゚)o「はぁはぁ…生きてて良かった…」

( ・∀・)「あんま手間かけんなよー」

lw´‐ _‐ノv(慣れてる…だと…? モララー…恐ろしい子!)

o川*゚ー゚)o「さあ頂上目指してれっつごー!」

( ・∀・)「頂上じゃないからね祠だからね目的」

lw´‐ _‐ノv「腹へった」

( ・∀・)「はいおやつ」

lw´‐ _‐ノv「わーいポテチポテチー」

o川*゚ー゚)o「私にも私にも」

( ・∀・)「はい酢昆布」

o川*゚ー゚)o「酸っぱいよー」

( ・∀・)「酢昆布だからねぇ」


301 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/05(土) 20:20:44 発信元:111.89.138.2
lw´‐ _‐ノv(出来の良いお兄ちゃん…か…)

――――sideクー――――――

('A`)「ふー…だいぶ昇ったな」

('A`)「休憩しようか。誰か食い物持って無い?」

川 ゚ -゚)「ふのりのみ」

爪'ー`)y‐「煙草だけ」

ノパ⊿゚)「のど飴」

(´・ω・`)「手ぶら」

ξ´・ω・`)ξ「同じく」

('A`)

('A`)「何しに来てんだよ…せめておやつとか…」

爪'ー`)y‐「俺は煙草さえありゃ一ヶ月はイケる」

('A`)「クプクプの船の船長かお前は」

爪'ー`)y‐「北 森尾何て誰も知らねぇだろ」

川 ゚ -゚)「ふのりしかないぞ私は」


302 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/05(土) 20:21:54 発信元:111.89.138.2
('A`)「食い物のチョイスがおかしいよね君」

('A`)「大体そのでかいバックはなんだ」

川 ゚ -゚)「大体が婚姻届けだ」

('A`)「お前って奴は…」

('A`)「そしてお前らだお前ら」

(´・ω・`)「誰の事?」

ξ´・ω・`)ξ「さあ?」

('A`)「お前らだよお前ら」

('A`)「手ぶらって…何しに来てんだよ本当…」

('A`)「そしてヒートちゃん…」

('A`)「一番マシなだけに怒りにくいけどさぁ…」

('A`)「もうちょい腹に溜まる物を…」

ノパ⊿゚)「そう言うとおもって…」

ノパ⊿゚)「バックいっぱいにのど飴入れてきたぞおおおおおお!」


303 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/05(土) 21:00:49 発信元:111.89.138.2
('A`)「そんなにのど飴ばっか食べても喉スースーするだけだからね」

('A`)「…しゃーない。ふのりとのど飴食べるか」

('A`)シャモシャモ

ノパ⊿゚)ガリガリ

爪'ー`)y‐スパー

(´・ω・`)シャリシャリ

ξ´・ω・`)ξシャリシャリ

川 ゚ -゚)ポリポリ

('A`)(ひもじい…!)




304 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/05(土) 21:03:16 発信元:111.89.138.2
今日の分は投下終了です。
質問があったら受け付けます。



305 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/02/05(土) 21:11:15 発信元:111.89.140.2
乙~


306 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/02/05(土) 21:16:09 発信元:111.86.142.139



 






 ←(2)へ  (4)へ→


 ←インデックスへ戻る
  
 
総合短編(ギャグ・カオス) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。