スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
257 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/22(土) 22:26:15 発信元:111.89.140.2

こちら、まとめさん
http://sogomatome.blog104.fc2.com/blog-entry-838.html

今回も閲覧注意です


261 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 22:29:16 発信元:111.89.140.2
****

当時の僕は中学一年生、兄は高校一年生。
非力な僕があいつの足を刺して、兄があいつの首を斬った。
刺して斬るまでにいっぱい蹴られたり殴られたりしたけど痛くなかった。

いや本当は凄く痛かったけど妹がどれだけの苦痛を味わったのかを思えば、痛いうちに入らないってこと。
とにかく、僕は足を刺して、直後に兄が首を斬った。
そしたらあいつは慌てふためいて首を押さえながら、膝をついて喚きだして。

そのすきに僕達は妹の横たわるベッドへ近づいて、そしたら吐き気がこみ上げた。

妹の身体には赤や黒だけでなく、白や黄色もあったから。

兄が抱き締めた妹は兄に向けて何かを話しかけて、兄はそれに答える。
僕には一瞥をくれただけ。

ああ妹者、妹者、妹者。

可哀想な妹、可愛い妹。




263 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 22:32:34 発信元:111.89.140.2

僕達の妹、元気な妹。
君は優しくて明るくて、賢くて寂しがり屋で。

お父さんに会いたがってたのに、お母さんにはそんな素振りを見せなくて。

兄には随分懐いて、毎晩一緒に寝ていたね。
兄には随分正直で、何かと兄に話していたね。

僕はそれが羨ましくて、でも兄のそばにいる妹が一番可愛くて、たとえ僕が置いてきぼりでも兄と楽しそうに遊ぶ妹を見ていたくて。

けれども、けれども妹は死んでしまった。
僕はお医者さんじゃないけれど、わかる、わかるよ。
苦しかったろう、怖かったろう、でも妹者。

大好きな兄の腕の中で、大好きな兄と最期に言葉を交わせて、良かったね。


…。


ふと、あいつの声がうるさいと思った。

 
 
264 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 22:36:11 発信元:111.89.140.2

あまりに喚くものだから僕と兄はアイツを刺して刺して刺して切って切って刺してぐりぐりしてぐじゅぐじゅしてえぐってえぐってえぐってきってさしてなぐってけってごりごりぐちゅぐちゅ。


した。

****

5話目

****




265 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/22(土) 22:37:35 発信元:219.125.145.56
グロいのは苦手だが読んじゃう不思議


266 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 22:39:52 発信元:111.89.140.2
从 ゚∀从 弟者ー、デートしようぜデート

もうすぐ午後になろうかという時間に起きて、顔を洗ったりした後リビングに行くと、先生に言われた。

(´<_` )おはようございます…デート?

从 ゚∀从 おはようさん。そう、デート

(´<_` )…兄者とシイちゃんは?

从 ゚∀从 シイちゃんはまだ寝てる。兄者はとっくに出かけた

(´<_` )そうですか

从 ゚∀从 それでどうする、行くか?

寝ぼけた頭で考える…楽しそうだが、シューが気になるのも事実。

从 ゚∀从 ああ、いいぞ乗り気じゃないなら無理しなくて。それよりシューについて話そうか

(´<_` )あ、はい

先生に促され、隣に腰掛けると優しい香りがして先生が年上の女性であり、かつ魅力的だということを意識した。

从 ゚∀从 それで、だ

(´<_` )はい


267 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 22:42:40 発信元:111.89.140.2
落ち着かないので、なるべく先生を直視しないように努める。

从 ゚∀从 シューに変化があった

(´<_` )それは、良い方向ですか?

从 ゚∀从 いんや、悪い

先生はシューの身体的な変化について、事細かに説明してくれた。専門用語まじりのそれは、あまり頭に入ってこなかったけど。

从 ゚∀从 要するにだ、シューには時間がない

先生はシューのために色々と病院から持ってきていたが、そういった道具なり薬剤なりを用いて衰弱するのを和らげていた。

从 ゚∀从 今朝から、シューの体が急に弱ってきている。このままだと、また病院のベッドに逆戻りだ

(´<_` )…そうなったら、シューは

从 ゚∀从 また、実験動物扱いだよ


268 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 22:46:44 発信元:111.89.140.2
シューは病院で、それこそ実験動物のように身体を薬漬けにされそうだった。防いでいたのは、先生だ。

从 ゚∀从 医療費も倍増するだろうな、今だって結構な額なのに

なるべく早めにこの家で目覚めさせる、そうしなければ。

(´<_` )…わかりました

从 ゚∀从 …なあ弟者、質問なんだが

(´<_` )なんですか?

从 ゚∀从 おまえ、焦っていないのか?

(´<_` )今は、あまり

从 ゚∀从 わからないな…最初はそれこそ、弟者の方が危ないんじゃないかってほどだったのに

(´<_` )…先生、俺だって普通の人間です。どんなに頑張っても集中は切れるし、感情を固定することもできない

从 ゚∀从 それはまあ、そうだろうが

(´<_` )俺は残念なことに、シューだけで生きているわけでは無いんです、まだ


271 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 22:51:46 発信元:111.89.140.2
从 ゚∀从 …ふん、背伸びしやがって

あ、やっぱりばれた。

从 ゚∀从 あーあー、ったくよう。羨ましいねえ

(´<_` )羨ましいって、何がです?

从 ゚∀从 特に意味はないよ。さて、弟者の朝食を忘れてたな、待ってろ

****

午後になってすぐ、兄者は帰ってきた。

( ´_ゝ`)ちょっと、人と会ってきた

兄者が俺の隣に腰を下ろし、リビングの窓から庭で雪遊びに熱中しているシイちゃんと先生を、一緒に眺める。

( ´_ゝ`)なあ弟者

(´<_` )なんだ?

テレビでもつけようかと思っていると、兄者が首は動かさず声だけを俺に向けた。

( ´_ゝ`)今朝会ってきたのはな、探偵なんだ

(´<_` )予想外にもほどがあるぞ


272 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 22:55:09 発信元:111.89.140.2
( ´_ゝ`)探偵といえば難事件を鮮やかに解決するイメージだが、実際はもっと泥臭い方面に長けている

(´<_` )例えば?

( ´_ゝ`)人捜しとか

(´<_` )…どんな依頼をしたんだ

( ´_ゝ`)所在がわからないシイの家族を捜してもらう

兄者はテーブルに置かれた蜜柑を手にとり、揉むように転がしはじめた。

( ´_ゝ`)シイは、実は家族に会いたいんだよ

(´<_` )なぜわかる

( ´_ゝ`)夜、シイと寝てるとな、色々と頭に流れてくるんだよ。いや、俺がシイに取り込まれているのかも…とにかく、その時わかった

(´<_` )なあ、シイちゃんが家出した原因はなんだ?普通の子供のような原因ではないんだろう

蜜柑の皮をむきながら兄者は答える。


274 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 22:59:29 発信元:111.89.140.2
( ´_ゝ`)シイは、母親の秘密を無意識に暴いてしまったそうだ

夢とは思えない現実感を伴って、家族は不倫行為を断片的に目撃した。

( ´_ゝ`)それだけではない、家族の様々な秘密を暴いてしまった

あんな現実感を伴っては、信じなくとも家庭内不和は必然的だろう。

( ´_ゝ`)そういう事らしい

(´<_` )それでも、会いたくなったのか

兄者は蜜柑の房を次々と口にする。

( ´_ゝ`)子供なんだから、当たり前だろう?

(´<_` )そうだな

俺だって、未だに母親が恋しい。

( ´_ゝ`)家族がシイをどう思ってるのか知らないが、まずは見つけないとどうにもならん

(´<_` )…なあ兄者

( ´_ゝ`)なんだ?


276 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 23:03:59 発信元:111.89.140.2
(´<_` )もし、シイちゃんが家族の元に帰りたいと言って、シイちゃんの家族も受け入れたら…どうするんだ?

( ´_ゝ`)俺は誘拐犯になるつもりなんて無い

蜜柑の皮をゴミ箱に投げ入れて、兄者は言う。

( ´_ゝ`)シイはまだ幼い。教育や就職を考えれば家族と暮らすのが良いに決まっている…年齢差も大きいんだ

(´<_` )意外だな

( ´_ゝ`)当然だ…ただな弟者、俺としてはシイと暮らすのが理想だ。勘違いするなよ

(´<_` )わかってるよ

<ガチャッ

从 ゚∀从 ひー寒い寒い

(*゚ー゚) ねえ変態来て来て、雪だるまの親子作ったんだ!

( *´_ゝ`)おお、記念写真撮らなきゃな

声が震えている先生とは対照的に、元気良く駆け込んできたシイちゃんは、兄者を引っ張って行った。


277 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 23:08:56 発信元:111.89.140.2


その日の夜、ベッドに潜り込んだ俺は金色に輝く交差点の上に立っていた。

周囲のビル群やひたすら続いていそうな道路、陸橋などには車も自転車も人の気配も無く、それでも街灯や建物の光は灯っている。

(´<_` )なんとまあ、妙な光景だわ

まるで嵐が去った夕暮れ時だ。

太陽光で金色に染まる空は、地平線に近づくにつれ赤紫色となり、紺や紫や朱色に染まる荒々しい雲は光をマントのようにはためかせている。

そして、道路は綺麗にしなだれた稲穂で埋め尽くされていた。

(´<_` )(風が気持ちいいな)

さわさわと、稲穂が揺れる。
がさがさと、稲穂を掻き分ける音がする。

lw´‐ _‐ノv おいっすー


278 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 23:12:18 発信元:111.89.140.2
振り返ると、シューがこちらへと歩いていた。

(´<_` )おいっすー

シューは歩みを止めず、そのまま俺に抱きつく。

lw´‐ _‐ノv いやー良かった、今回は最初からこっちに来れたみたいだね

(´<_` )…昨日、草原で会ったシューか?

lw´‐ _‐ノv そだよん、なんかねー、シイちゃんが私のとこにやってくれたみたい

(´<_` )シイちゃんと会ったのか?

lw´‐ _‐ノv うん、もうお友達だよ。なんかね、私とシイちゃん相性が良いんだって

突き放すようにシューが離れ、後ずさる。

lw´‐ _‐ノv でね、シイちゃんと相談した結果、私はもう片方の私に容赦しないと決意したのであります

後ろに両手を回し、なにやらごそごそとしているシュー。何か手探りで探しているようだ。

lw´‐ _‐ノv お、あったあった


279 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 23:14:46 発信元:111.89.140.2
シューが、背中から引き出すように取り出したのは。

(´<_` )ショットガン?

lw´‐ _‐ノv いえーす、イタリアはベネリ社のM4よん

(´<_` )アメリカ海兵隊が採用してるタイプだな、M1014だっけ

lw´‐ _‐ノv そ。流石弟者

渡されたそれはひんやりと冷たく、思っていたよりずっと軽い。
安全装置などを確認していると、シューが補足説明をしてくれる。

lw´‐ _‐ノv それ、弾切れしないから

(´<_` )弾種の切り替えは?

lw´‐ _‐ノv 必要ないよ、ドア破り用のやつだけ有ればいいから

(´<_` )M4にしたのは何でだ?

lw´‐ _‐ノv 現実じゃないから信頼性とか無視できるじゃん、だから趣味に走った

(´<_` )納得したよ…実銃よりはだいぶ軽いのか


280 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 23:18:37 発信元:111.89.140.2
lw´‐ _‐ノv 半分くらいかな、だいたい。光学サイトもないし

(´<_` )それで、これでどうしろと

lw´‐ _‐ノv これを使って、もう片方の私に会いに行って

シューの周りにある稲穂が次々と倒れる。シューを中心に、円形に、まるで地面に引き込まれて行くように。

lw´‐ _‐ノv 途中で色々あると思う

倒れた稲穂は桜色の光の粉となって、俺を覆い始める。

lw´‐ _‐ノv 戻りたくなったら、自分を撃てばいいから


****


どうやら別の場所に移動したようだ…シューの中なのに、別の場所も何も無い気はするが。

(´<_` )ふむ

俺が立っているのは、病院の廊下みたいだ。
ただし、長い黒髪に白い服を着た女性とか出てきそうなほど、薄暗く不気味。

天井の蛍光灯も、今すぐ交換したくなるような明滅っぷり。


281 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 23:22:08 発信元:111.89.140.2
とりあえず、ショットガンに初弾を装填。
ちゃんと装填されたか確認し、フィルを呼んでみる。

(´<_` )フィル

<ガラッ

(‘_L’) なんでしょう

…こいつ、普通に近くのドアを開けて出てきやがった。

(´<_` )なあ、できるなら最初から普通に登場しろよ。毎回ビックリするから

(‘_L’) 今回は偶々部屋があって、偶々部屋に出れただけです

部屋か…その部屋の中を知っているのはフィルだけだし、そもそもドアの向こうがどうなっているかは開けるまで解らないわけで…まあいっか。

(´<_` )…まあ良いや。それで、シューは?

(‘_L’) もっと深いところです

(´<_` )誘導してくれるか?

(‘_L’) 勿論。ついてきてください


283 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 23:25:36 発信元:111.89.140.2
滑りそうなほど綺麗な床を慎重に走る。安全装置は掛けてあるし指も引き金には触れてないが、もし転んで暴発したら笑えない。

(‘_L’) 突き当たりは右に曲がります

(´<_` )ん

(‘_L’) ここ左です

(´<_` )ああ

(‘_L’) 階段のぼります

(´<_` )のぼるんだ

(‘_L’) そして、ここ

(´<_` )え?

フィルの前には、非常口の頑丈そうなドア。

(‘_L’) ここから行くのが、一番早いでしょう

(´<_` )…なあ、随分あっさりだな

(‘_L’) 不安ですか

(´<_` )昨日あんな目にあって、しかもシューは俺に会いたくないらしい。なのにどうしてこんなに簡単なんだ?


284 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 23:28:04 発信元:111.89.140.2


(‘_L’) 簡単と言うにはまだ早いでしょう?それに

フィルは、清々しい笑顔を俺に向けた。ううむ、格好いいのが腹立たしい。

(‘_L’) 戦っているのですよ、彼女が…貴方のために、です。昔のように

…昔のように?

(´<_` )…なあフィル、教えてくれ。あんた、何者だ?

(‘_L’) この先で分かるかもしれませんよ?

(´<_` )ケチ

(‘_L’) おっと、来てしまいましたね

振り返ると暗く長い廊下の奥から人型の何かが複数、歩いて来ていた。


287 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 23:31:52 発信元:111.89.140.2
どれも人の影を切り取ったように黒一色で、しかも輪郭がぼやけている。

(´<_` )(見辛いな…)

あ、よく見たら人影たちの先頭にロマがいた。牙むき出しで猛ダッシュしている。

≡(#ФωФ)ぬおおおお!!

(‘_L’) 閉めましょうか、防災扉

無情にも独りでに閉まりはじめる防災扉。

≡(;ФωФ)ふおおおお!!

閉まりきった瞬間、派手な激突音が響き渡った…滅茶苦茶痛そうだな。

(‘_L’) さ、急いでください

扉を破ろうとしているのか、耳障りな金属音が連続して聞こえる。

(´<_` )わかってる

ドアノブの真横、かんぬきが有るであろう場所を斜め上から狙う。
ショットガンを45°くらい傾けて、銃口はドアから少しだけ離して。


288 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/22(土) 23:34:19 発信元:111.89.140.2

(´<_` )(あ、耳と目の保護忘れた)

しかも素手だが、現実じゃないから怪我することも無いだろうと、かまわず発砲。
ゲームのBGMみたく、音はしても体に響かない。

一発目、おそらくだが着弾は下すぎた。
即座に二発目、ドアを蹴るとすんなり開いた。

(‘_L’) 流石です

(´<_` )ありがとう

まあ、素人でこれなら良い方だろ。

(‘_L’) では、どうぞ

(´<_` )どうぞって言われてもなあ


295 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/23(日) 00:00:07 発信元:111.89.140.2
外は青一色。まるで海のような、恐怖を感じる果てない青。

(´<_` )いっそ暗闇の方が楽かもわからんね

言いながら、踏み出す。

(‘_L’) 行ってらっしゃい、弟者様

****

( ´_ゝ`)よ、ハインもか

从 ゚∀从 兄者

( ´_ゝ`)なんだ

从 ゚∀从 眠くないのか?

( ´_ゝ`)ない


302 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/23(日) 00:04:33 発信元:111.89.140.2

夜、眠る気になれない私は弟者とシューの寝室へ足を運んだ。
ドアを開けると意外な事に、椅子に座った兄者がいて。

从 ゚∀从 …シューに何かしてないだろうな

( ´_ゝ`)俺がするわけないだろう

从 ゚∀从 ロリコンだからか?

( ´_ゝ`)関係ない、俺だって大切な人が傷つけられる辛さは知っている

从 ゚∀从 ああ…そうだよな、ごめん

( ´_ゝ`)なに、こんな変態なら疑って当然さ

从 ゚∀从 自覚はあるのか


305 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/23(日) 00:10:48 発信元:111.89.140.2
( ´_ゝ`)なかったら既に捕まってる…それは そうと座ったらどうだ、弟者のベッドがあいてるぞ

从 ゚∀从 うーん…いいや

弟者の身体は今まで、消えた瞬間にいた場所、つまりベッドに戻ってきている。
弟者が戻った時、弟者の体と私の体が重なっていたら、どうなるのだろうか。たとえば、弟者の心臓が出現する位置に私の手があったら?

ふとそんな事が頭に浮かび、怖くなってしまった。心配しすぎだと言えばそうなのだが。
本当は弟者の使うベッドに腰を落ち着けたいのに、足が進まない。

( ´_ゝ`)意外だな

从 ゚∀从 うるせーよ

仕方がないので、シューのベッドの端に座る。

( ´_ゝ`)これまた意外だな

从 ゚∀从 なにが?

( ´_ゝ`)シューさんを嫌ってるのかと思ってた

从 ゚∀从 どうしてだよ

( ´_ゝ`)だってさ、ハインは弟者が好きだろう


306 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/23(日) 00:14:46 発信元:111.89.140.2
从 ゚∀从 …なぜばれたし

( ´_ゝ`)ふん、隠しているつもりだったのか?甘いな、激甘だ

从 ゚∀从 あーもー、なんで兄者は気付いて弟者は気付かねーんだよ

( ´_ゝ`)決まってるだろ、そりゃ

从 ゚∀从 うーん…

lw´‐ _‐ノv

从 ゚∀从 だよなあ…

( ´_ゝ`)シューさんと再会しなければ、あるいはハインに惚れたかもしれないが

从 ゚∀从 でも再会しなかったら、私は弟者と出会う事すらなさそうだ


309 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/23(日) 00:17:06 発信元:111.89.140.2

( ´_ゝ`)なるようにしかならないわけだな

从 ゚∀从 これも運命ってわけか

( ´_ゝ`)…

从 ゚∀从 …

沈黙。
暇だ、私は弟者には何もしてやれない。

从 ゚∀从 (…ああ、できることが見つかったから弟者は落ち着いたのか)

( ´_ゝ`)…ハイン

从 ゚∀从 なんだよ


310 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/23(日) 00:20:55 発信元:111.89.140.2
( ´_ゝ`)ひとつ気になってたんだが、シューさんの親をハインは知っているのか?

从 ゚∀从 ああ、調べたよ。それを知った夜は眠れなかったさ。弟者が好きなのは、よりにもよってシューなのかって

( ´_ゝ`)今は?

从 ゚∀从 私だって子供じゃないし、シューは悪い人間でもない。今は友人さ

( ´_ゝ`)そうか

从 ゚∀从 …シューも悲惨だと思うよ

( ´_ゝ`)ニュー即の中心部からシベリアに移住したんだからな、相当だ

从 ゚∀从 …ところでさ、気になってたんだが

( ´_ゝ`)ん?

从 ゚∀从 兄者こそ…兄者こそ、どうして他人事のように振る舞えるんだ?どうしてシューを助ける

( ´_ゝ`)…言っておくが、俺自身このガキが嫌いだ。永遠に眠っててもかまわん

从 ゚∀从 じゃあ、なんでだよ


311 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/23(日) 00:24:06 発信元:111.89.140.2

( ´_ゝ`)分からないかハイン。それはな、弟者の大切な人だからだよ

从 ゚∀从 兄者…

何も言えずにいると、兄者は立ち上がって部屋を出る。

( ´_ゝ`)シイの様子を見てくる

そう、言い残して。



5話目 終





312 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/23(日) 00:27:26 発信元:111.89.140.2
今回は以上となります。本当にありがとうございました

批判など言いたい事がありましたら遠慮なくお願いします


313 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/23(日) 00:28:08 発信元:219.125.145.86
おおぅ……

乙!


314 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/23(日) 01:00:13 発信元:123.108.237.22
乙乙!






 ←4話目  6話目→


 ←インデックスへ戻る

  
 
総合短編(シリアス・鬱・ホラー) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。