スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
885 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/16(日) 14:04:19 発信元:111.89.140.2
ありがたいことに「ブーン系小説総合スレ 【 イラスト+α 】 まとめ」さんが纏めてくれました
http://sogomatome.blog104.fc2.com/blog-entry-838.html

lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです

四話目


886 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 14:08:23 発信元:111.89.140.2
****

シューと同じ高校に入学した春、俺は生まれて初めて告白された。

lw´‐ _‐ノv シベリアには、従兄達よりも先に移住したんだ

(´<_` )そうなのか。まさか、また会うとは思わなかったよ

lw´‐ _‐ノv 私も。びっくりした

(´<_` )…お前の、父親は lw´‐ _‐ノv あんなのもう父親じゃない


888 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 14:10:25 発信元:111.89.140.2


(´<_` )ごめん

lw´‐ _‐ノv こっちこそ、ごめんなさい

(´<_` )お前が謝ることは無いだろうに

lw´‐ _‐ノv 悪いのはあいつの方じゃん、私はあいつの娘だし

(´<_` )お前にまで謝罪と賠償を請求するのは、違うだろう。関わりないんだから

lw´‐ _‐ノv …ありがとう

(´<_` )当たり前のことだろ

lw´‐ _‐ノv 従兄のそういうとこが好き

(´<_` )照れるから

lw´‐ _‐ノv じゃあもう言わん




890 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 14:13:39 発信元:111.89.140.2

(´<_` )それは困る、もう一度お願いします

lw´‐ _‐ノv やだね

(´<_` )そうか。まあいいや、特別な意味も無いだろうから

lw´‐ _‐ノv あ、自意識過剰ですねわかります

(´<_` )認めたくないものだな、自分の若さ故の過ちというやつを

lw´‐ _‐ノv HAHAHAHA!(´<_` )

lw´‐ _‐ノv …好きだよばか

(´<_` )へっ?

lw´‐ _‐ノv 都合の良いときだけ耳が遠くなったりするの?

(´<_` )しないな。今さっきのも聞こえた

lw´‐ _‐ノv 二度は言わん

(´<_` )…いや、一度で十分だ

その日は学友からの視線など気にもせず手をつないで帰った。
 
 
892 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 14:17:14 発信元:111.89.140.2
****

四話目

****

朝になり、雪が降り積もった町中を先生と歩く。

从 ゚∀从 辺鄙な所だが、なかなかどうして賑わうな

(´<_` )これもまた、シベリアらしさですかね

町の中心部の歩行者天国は大勢の人が歩き、親子連れは道の脇に残る雪ではしゃぐ子供をなだめようと必死だ。
人混みとビル群が、良く晴れた雲一つ無い青空に映える。

从 ゚∀从 おっ、あの店にするか

(´<_` )そうですね

人の流れから離れ、ビルの合間にひっそりと佇む喫茶店へ。
広い店内に客は数人だけで、店員であろう若い男女一組はカウンターで笑いあっていた。

ξ゚⊿゚)ξ あ、いらっしゃいませー。奥の席へどうぞ

('A`) いらっしゃい


893 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 14:21:01 発信元:111.89.140.2
金髪碧眼美女のウエイトレスと、やる気の無さそうな男の組み合わせは、なんとも不釣り合いだ。

从 ゚∀从 でもあの二人、随分仲良そうだぜ。指輪してるしよ

(´<_` )まじすか

良く見れば、確かに二人の左手薬指には銀の指輪が。

ξ゚⊿゚)ξ お絞りをどうぞ。ご注文はお決まりですか?

从 ゚∀从 日替わりランチを2つ、以上

ξ゚⊿゚)ξ かしこまりました、少々お待ちください

<店長、日替わり2つー

<うーい

从 ゚∀从 …店長だったのか、あの男

(´<_` )みたいですね

店長はカウンターの奥にひっこみ、ウエイトレスは窓際の席に座る女性客に呼ばれた。

从 ゚∀从 面白い雰囲気だな、この店。静かなのに、気配は賑やかだ

(´<_` )確かにそうですね


895 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 14:26:46 発信元:111.89.140.2

从 ゚∀从 客が見えないだけで、本当は席いっぱいなんじゃないか?

(´<_` )ああ、そんな気がしてきます

('A`) 失礼、日替わりランチ2つです

从 ゚∀从 おや、ウエイトレスは?

('A`) あいつは注文を受けていたものですから

テーブルに美味しそうな料理が置かれる。

ξ゚⊿゚)ξ すみませんお客様、こんな残念顔に運ばせちゃって

('A`) おいこら



896 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 14:28:08 発信元:111.89.140.2

****

从 ゚∀从 美味しかったな

ξ゚⊿゚)ξ ありがとうございます、お皿お下げしますね

从 ゚∀从 さて、と。弟者

(´<_` )はい

从 ゚∀从 どうだったよ、夜は

(´<_` )めちゃくちゃでした

夢と現実との区別がつきにくくなる程に。

(´<_` )シューに、なにか変化はありますか?

从 ゚∀从 ない。相変わらずだ

(´<_` )そうですか…


897 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 14:34:40 発信元:111.89.140.2
从 ゚∀从 そう気を落とすなよ

(´<_` )はい

从 ゚∀从 そうだ、気晴らしして帰ろうか。昼まで少し時間がある

(´<_` )はい

从 ゚∀从 出ようぜ

先生が会計を済ませ、店を出る。
名残惜しいといえば、そうだ。また来たいな。

('A`) ξ゚⊿゚)ξ ありがとうございましたー




900 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 15:02:51 発信元:111.89.140.2
先生と買い物に興じて、町を見て回って。
帰ったのはちょうど昼飯時。

从 ゚∀从 ただいまーっと

(´<_` )ただいま

(*゚ー゚) あ、お帰りなさい

(´<_` )兄者は?

(*゚ー゚) へんた…兄者なら出かけたよ

(´<_` )そっか

(*゚ー゚) あ、ご飯できてるよ、僕が作ったんだ

リビングには、焼き魚をはじめとした和食が並べられていた。

从 ゚∀从 おおーすげえな

(´<_` )美味しそうだな

(*゚ー゚) 兄者に手取り足取り教えてもらったからね

(´<_` )…手取り足取り

从 ゚∀从 …安心しろ弟者、もしやと思ったのは私もだ



901 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/16(日) 15:07:25 発信元:123.108.237.4
兄者もげろ


903 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 15:10:48 発信元:111.89.140.2
(*゚ー゚) ?

美味しい昼食をいただいてからは、リビングでくつろいでいた。

洗い物は先生がやった、手伝う隙も無いほど鮮やかな手並みだった。

从 ゚∀从 シイちゃんは雪で遊んだ?




904 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 15:14:18 発信元:111.89.140.2
(*゚ー゚) うん、兄者と一緒に作ったよ。ほら

シイちゃんが指差す窓の向こうには、溶けかかった雪だるまが庭に座していた。

(*゚ー゚) 雪うさぎもつくったんだ。冷凍庫に入ってるよ

(´<_` )…ねえシイちゃん

(*゚ー゚) なに?

(´<_` )兄者のこと、どう思ってるの?

(*゚ー゚) 好きだよ

从 ゚∀从 どうして?

(*゚ー゚) 僕を好きだって言ってくれたから

从 ゚∀从 (犯罪だな)

(´<_` )(確定だな)

从 ゚∀从 でも、それだけで兄者についていったの?

(*゚ー゚) 住むところに困ってたから、仕方ないかなあって


906 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 15:17:21 発信元:111.89.140.2
(´<_` )…どうして困っていたのか、聞いてもいい?

从 ゚∀从 …

(*゚ー゚) 家族にさ、嫌われちゃった。だから家出したんだ

从 ゚∀从 嫌われた?

(*゚ー゚) ね、兄者は良い人だよ?

(´<_` )うん



907 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 15:22:27 発信元:111.89.140.2
(*゚ー゚) 僕の話をちゃんと聞いてくれたし、料理も勉強も教えてくれるし

从 ゚∀从 (ちゃんと面倒見てんのか)

(*゚ー゚) 僕が居るせいであまり眠れないのに、一緒に寝てくれるんだ

(*゚ー゚) すごく、優しいんだよ?

(´<_` )うん、大丈夫。わかってるよ



908 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 15:25:12 発信元:111.89.140.2

(*゚ー゚) それに、それにね

从 ゚∀从 シイちゃん、もう…

(* ー ) その、気持ち良く…してくれるの…

从#゚゚Α从

(゚゚< ゚゚# )

<ガチャッ

(*゚ー゚) あ、変態だ

( ´_ゝ`)ただいま…ん?


****


夜になった。
今夜もまた、昨晩のような事になるのだろうか。


909 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 15:29:53 発信元:111.89.140.2
(´<_` )おやすみ、シュー

返事はないが、今夜も会えるのを期待して。
…まあ、あれが幻覚でないとは言い切れないのだけれど。





910 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/16(日) 15:31:27 発信元:111.89.140.2
まだ途中ですが今日は終了します
ありがとうございました


911 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/16(日) 15:33:56 発信元:114.50.129.224



912 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/16(日) 15:35:15 発信元:123.108.237.26
続き気になる、乙

兄者オモテ出ろ



963 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 20:26:44 発信元:111.89.140.2
まとめさん↓
http://sogomatome.blog104.fc2.com/blog-entry-838.html
ありがたや

今回は閲覧注意です


964 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 20:29:43 発信元:111.89.140.2
(*゚ー゚) へろー

(´<_` )へろー

昨日の、最初に見た風景だった。

(*゚ー゚) それじゃ、頑張ってね

(´<_` )あ、ああ

また、眠くなる。逆らわず、瞼を閉じて。
昨日と同じように飛び起きると、目の前にはどこか寂しい風景が広がっていた。
夕日が沈みかけている、ビル群の合間、車が一台もない交差点のど真ん中。伸びる人影は、俺のものだけ。

(‘_L’) そんな事もありませんよ

Σ(´<_`; )ビクッ

またも地面から生えてきたフィル。

(´<_` )(やっぱりどこかで会ったような…)

(‘_L’) さっ、あちらです



965 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 20:33:43 発信元:111.89.140.2
(´<_` )ん?

フィルの示した方向は、上…うえ?

lw´‐ _‐ノv どーん

降ってきた。

(´<_`; )せいやっ!

lw´‐ _‐ノv おお、流石に見事なキャッチ

(‘_L’) 下敷きになるなんて献身的ですね

(´<_`; )いや、降りてくれると助かる

嘘だけど。シューの下半身ハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハアハア(*´Д`)。

lw´‐ _‐ノv よっこらせっと

(´<_`; )ふう…焦ったぞ

ふう…。

lw´‐ _‐ノv さて、早速なんだけど

(´<_` )お?

lw´‐ _‐ノv やって後悔するより、やらないで後悔して


966 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 20:36:36 発信元:111.89.140.2

(´<_` )シュー

あれ、消えた?

(´<_` )フィル?

(‘_L’) ついてきてください

(´<_` )わかるのかフィル

フィルは、肯定する時間すらも惜しむように俺に背を向け走り出し。

(´<_` )は?

爆散した。

(´<_` )いや、ねーよ

空中に散らばったまま静止するフィルの破片は、急速に集まり、ひとつの球体となって。


967 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 20:38:35 発信元:111.89.140.2
一瞬で、ピンク色のドアを形作る…おいこれ某猫型ロボットの道具じゃないか。このドアを開けろということか?

「急いでください」

響いたのはフィルの声。

「どこかしらに通じていますから」

(´<_` )どこかしらドアとか、明らかに欠陥品だろ

言いながらノブを回し、駆け込んだ。死ぬことは無いだろうから、思い切って。

(´<_` )…おお?

ドアの向こう側は、電車の車内だった。シベリア鉄道の、ありふれた電車。
シートは誰も彼も同じ制服を着た学生らしき男女で埋まっているが、立っている者は俺の他にいない。

(´<_` )(現実の電車と大差ない)

規則的な音、不規則な振動。バランスを保ちにくくて、思わず吊革につかまる。

(´<_` )(妙な感じだな)

ホラーみたいだと思った。


968 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 20:42:19 発信元:111.89.140.2
全員うつむいて携帯電話をいじっているため、顔が見辛い学生達、全てカーテンが下ろされ、外の見えない窓。
注意書きはちゃんとあるのに広告も、路線図も見当たらない。

(´<_`; )

薄ら寒い。
学生達がいじる携帯の、カチカチという音がやたらとはっきり耳に届く。

嫌な汗が流れた。

(´<_`; )フィル

返事はない。
どこかしらドアも消えていた。とりあえず車両の奥へ歩き出そうとした瞬間。

《走行中の移動はご遠慮ください》

(´<_`; )

車内アナウンスであろう声に釘を刺される。

(´<_`; )(なんだが不安だな)

とりあえずおとなしくしていると、再び車内アナウンスが入った。

《次は~引きちぎり~、引きちぎり~》

( <_ ; )(意味分からんな…いや、まてよ)


969 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/17(月) 20:44:41 発信元:210.153.84.194
閲覧注意…つまり変態としぃのごにょりごにょり


970 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 20:45:54 発信元:111.89.140.2
すると、ぼろ布で身を包んだ小人が数体、何処からともなく落ちてきた。落下地点は車両の、俺から見て一番奥。
左のシートに座る一人の男子学生は、小人達の手によりその身を車内に散らかし始め。

(; A ) う゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!

壊れたスピーカーから流れたような断末魔が、響き渡る。

(´<_`; )(これは…猿夢なのか!?)

共通点は少ないから、そう呼ぶのは正しくないだろう。だがこの名が一番しっくりくる。

《次は~折りたたみ~》

アナウンスの直後に振り向き、走り出す。

《車内で走るのは》

連結部分のドアを目指して床を蹴る。

《大変危険です》

誰でも知ってます、でも走らなければヤバいと思います。
無視してドアに飛びつく。


971 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 20:49:14 発信元:111.89.140.2
ξ; ⊿ )ξ あ゙っあ゙っあ゙っぎゃあ゛あ゛あ゛あ゛!!

先ほどと似た絶叫を背中に受ける。ただ、声がいくらか女性的だ。

(´<_`; )フィル!

叫びながらドアに手をかけるも、開かない。

(´<_`; )くそっ!

悲痛な断末魔に混じって、何かが連続して折れる音がする。
背後ではいったい、どれほど凄惨な事が行われているのだろう。血生臭い、あの時の臭いだ。
夢だろうと、怖い。

《次は~踊り食い~踊り食い~》

ぬるっ、びちゃっ、という音がした。ずるずると、大きな何かが床をはっているようだ。

(´<_`; )(人間を踊り食いするのか…)

何度も何度もドアを開けようとするも、やはり開かない。

(´<_`; )おっ

車両が、ガタンと大きく揺れて体勢を崩した瞬間。

(´<_`; )…うげぇ


974 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 21:03:59 発信元:111.89.140.2
見てしまった、背後で蠢く巨大な蛆虫のような生き物を。
それは淡い桜色で、ぬらぬらと光沢があって、ゆっくりと芋虫のように這っている。

(´<_`; )ちくしょう、俺はこういうの苦手なんだよ

目を背けて間もなく、悲鳴。

川; - ) くるなくるなくるなあああもがっあがっあっああああ!!

悲鳴が、途中からくぐもった声になる。

(´<_`; )(飲まれたのか?)

指が痛くなるほど力をこめてもドアは開かない。蹴っても殴っても、体当たりしてもだめだ。


975 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 21:06:20 発信元:111.89.140.2


(´<_`; )フィル、フィル!


いつの間にか悲鳴が止んでいる。

(´<_`; )…ん?

ずるっ、ずるっ、という音が近づいてくる。

(´<_`; )…フィル

後ろから生臭い風が、かすかに流れてくる。

(´<_`; )フィルっ!!

《次は~》

アナウンスが。

「飛び込んで!」

ほぼ同時にフィルの声。


976 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 21:10:08 発信元:111.89.140.2
(´<_`; )あ

ドアが勝手に開いた。焦って前のめりになりすぎて、飛び込み前転。

( ゚<_゚ ; )おお!?

かなりの痛みを覚悟した。着地した感触、地面に手をつくも勢いは殺せず、背中で着地。痛い、息が止まった。
あたりまえか。

(´<_`; )げっ!いってええ…

起き上がると、眼前には草原が広がっていた。地平線は見えない、鬱蒼とした針葉樹林が邪魔をする。

lw´‐ _‐ノv 大丈夫?

後ろからの声。

(´<_`; )怪我は、してないみたいだ

lw´‐ _‐ノv 流石じゃん
( ゚<_゚ )

lw´‐ _‐ノv なに、その顔好きなの?

慌てて振り返ると、制服姿のシューが草原に座っていた。おいこら、なに普通に登場してやがる。

lw´‐ _‐ノv 大変だったみたいだね。まずは膝枕で落ち着いて欲しい

(´<_` )お願いします


977 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/17(月) 21:13:30 発信元:202.229.177.55
シューたんの膝枕…ハァハァ


978 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 21:14:09 発信元:111.89.140.2
うむ、まず優先すべきは膝枕だな。疑問質問?あとあと。

lw´‐ _‐ノv これはサービスだから、ゆっくりしていってね!

(´<_` )ありがたい

シューの柔らかくも張りのある太ももに頭をのせる。
舐めたい、撫でたい、埋まりたいと三拍子そろったシューの足が、もう心地良すぎて頭のネジがゆるんでしまう。
あーやわらけー至福だわーまじ癒やされるわー。
なぜか周囲に点在する寿司とか空中を漂っている米俵とかも、余裕で無視できるわー。

lw´‐ _‐ノv …どうやってここに来たのか知らないけどさ

(´<_` )(俺もよく分かってないんだがな)

lw´‐ _‐ノv 来てくれて嬉しい

(´<_` )…嬉しい?

lw´‐ _‐ノv そうだよ久しぶりに会えて嬉しいよ、二度言わせんな恥ずかしい

(´<_` )ちょっとまてシュー、どういう事だ


979 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 21:18:09 発信元:111.89.140.2
lw´‐ _‐ノv …なにが?

(´<_` )だってお前、さっき会ったばかりじゃないか

シューの顔が、わずかに歪む。

lw´‐ _‐ノv ええっとね…

(´<_` )ああ

ざわざわと、風も無いのに遠くの木々が揺れる。
嵐の時みたいに激しく、葉を舞い散らせて。ついでに米俵も激しく舞っている。

lw´‐ _‐ノv あれはね、弟者に嫌われたくない私なの

(´<_` )…どういうこと?


980 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 21:20:17 発信元:111.89.140.2


lw´‐ _‐ノv そんで、私は弟者に嫌われても良い私

(´<_` )ええっと…何がなんだか

lw´‐ _‐ノv あーっとだね

lw´‐ _‐ノv 私は、弟者に隠し事があるんだけどさ、それを告白しないまま弟者と仲良くするのが嫌になったの

lw´‐ _‐ノv そんでもう片っぽの私は、弟者に嫌われたくないから告白したくないわけ

lw´‐ _‐ノv 私は、弟者と仲良くするよりも自分が楽になりたいんだよね

シューは、今にも泣き出しそうな顔に、無理して笑顔を貼り付けているようだ。

(´<_` )…俺は半分嫌われているって事か?


982 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 21:23:29 発信元:111.89.140.2
lw´‐ _‐ノv 嫌われてないよ、むしろ好き

シューの涙が一滴だけ、俺の肌をつたう。

lw´‐ _‐ノv いっそ、私を嫌いになってくれたら楽なんだけどねー

(´<_` )シュー

体をおこして座ったままのシューと向き合うも、即座に顔を背けられた。

lw´‐ _‐ノv ありゃ、来ちゃった

(´<_` )来たって、誰が

( ФωФ)吾が輩だ

(´<_` )知らねえよ

(´ФωФ)あ、すみません…

いつからなのか、草原に一匹の黒猫が人間のように寝そべっていた。いや、猫にしては少し大きいかな。

( ФωФ)吾が輩、ロマと申します


984 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 21:28:39 発信元:111.89.140.2
(´<_` )うん、ロマ

( ФωФ)そう、ロマ

(´<_` )で、なに?

( ФωФ)ちょっと、お二人の邪魔をしに来ました

lw´‐ _‐ノv 既に凄く邪魔だから帰れよ

(´<_` )俺もこれ以上は頭がパンクするから帰ってくれ

( ФωФ)泣きますよ…それにしても

ロマは、威嚇するように牙を見せつけてシューを睨み、前足で寿司を踏みつけた。シューの目つきも鋭くなる。


985 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 21:32:28 発信元:111.89.140.2


( ФωФ)あなたはそんなに、弟者様に嫌われたいのですか?

lw´‐ _‐ノv もうお前ほんと黙れよ

( ФωФ)人間、誰しも隠し事はあるものです

lw´‐ _‐ノv それでもこれだけは伝えなくちゃ

( ФωФ)それを告げて、何になると?

lw´‐ _‐ノv マイナスしかなくたって、ゼロよりはましでしょ?ていうか正直もう疲れた

( ФωФ)身勝手ですね

lw´‐ _‐ノv お互いね

(´<_` )…なあ、いったい何の

lw´‐ _‐ノv 弟者

シューの綺麗な両手が、俺の手を包み込む。

lw´‐ _‐ノv 私はね、弟者に嫌われるべきなんだ。私、昔ね⊂( ФωФ)⊃はいストップ


987 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 21:36:55 発信元:111.89.140.2
****


( ´_ゝ`)戻ったか、どうだった?

(´<_` )兄者?…ああ、目が覚めたのか

しばらく呆けてから起き上がって初めて、全身汗だくなことに気付いた。額の汗を拭いながら時計を見ると、昨日よりは一時間ほど早く起きたようだ。

(´<_` )…酷かったな、問題も増えた

( ´_ゝ`)そうか。まあとにかく、これを飲め

手渡されたのはホットミルク、それに小さなチョコレート。

(´<_` )また先生が作ってくれたのか?

( ´_ゝ`)ああ

兄者がシューの方を見る。視線を追うと、シューのベッドの脇に先生がいた。

椅子でうたた寝をしているようだ。

(´<_` )…甘いな

( ´_ゝ`)苦いのが好きか?

(´<_` )甘い方が良い、色々とな。兄者はどうなんだ?


988 :lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです:2011/01/17(月) 21:44:15 発信元:61.214.35.225
( ´_ゝ`)俺は…酸っぱいのが良いな

(´<_` )兄者らしいよ




lw´‐ _‐ノv貴方だからこそ、のようです 四話目終了

長々とすみません、ありがとうございました




989 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/17(月) 21:45:31 発信元:122.26.150.32
乙乙~


990 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/17(月) 22:06:00 発信元:123.108.237.27
乙!


991 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2011/01/17(月) 22:27:28 発信元:124.146.175.129
うむ、今日も今日とて良か。次も待ってるぞ






 ←3話目  5話目→


 ←インデックスへ戻る

  
総合短編(シリアス・鬱・ホラー) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。