スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 

583 :横恋慕:2010/11/19(金) 03:43:59 ID:escxUXug0
 次の日 居酒屋『つやま』にて
  vw_ww_v
 6L `∀´) 「ケケケ!誕生日おめでとさん!」

( ・□・) 「ありがとう」

飲み会は前回と同じ店、同じメンバー、同じ時間
唯一違うのがケンイチと上井るみの座る場所だ、前回はケンイチが文田の隣だったのに対し今回は上井るみが隣だった

)ルイ゚ ー゚ノ(~♪

(*・□・) (なんで上井さんが隣なんだろう?)

文田はトイレに行く際、先輩の喜多に聞いてみる

( ・□・) 「なんで上井さんは今日ほわっちょさんの隣じゃないんですか?」ボソ

( `v´) 「ああ、なんかケンカしたみたいだぜ」ボソ

( ・□・) 「ケンカですか…」

文田は昨日の喪鬱が言った言葉を思い出す

('A`) 《愛を打ち明けるチャンスは明日しかないですよ》

( ・□・) (喪鬱さんが言ったことってこういうことだったのか…)

(;・□・) (よおし!絶対ものにするぞ!)


584 :横恋慕:2010/11/19(金) 03:44:15 ID:escxUXug0
)ルイ゚ ー゚ノ( 「二十歳の誕生日おめでとう」

(;・□・) 「あ、ありがとうございます…」

)ルイ゚ ー゚ノ( 「二十歳なってみて今はどんな気分?」

(;・□・) 「いや、あまり実感が湧かないですねぇ…」

)ルイ゚ ー゚ノ( 「ふふふ、そうよね、ごめんなさい変な質問しちゃって」

(;・□・) 「そんなこと無いですよ!」

(;・□・) (うう…どのタイミングで告白しよう…)

(ν#・ω・)ν 「ほらほら呑めよ上村!」
   vw_ww_v
 ,6L ;`∀´) 「ちょっ!ほわっちょさんそんな急かさないでくださいよ~」

( ・□・) (ほわっちょさんの前じゃ告白なんて出来ないし…一旦外に呼んでからのほうがいいかもしれない)


585 :横恋慕:2010/11/19(金) 03:44:31 ID:escxUXug0
)ルイ゚ ー゚ノ( 「コーシくん食べてる?」

( ・□・) 「はい」ムシャムシャ

)ルイ゚ ー゚ノ( 「遠慮しないで食べてね~、今日はオゴリだから」

( ・□・) 「毎回ありがとうございます」ムシャムシャ

)ルイ゚ ー゚ノ( 「そういえば今日ロスキーさんがコーシくんのこと褒めてたわよ」

(;・□・) 「えっ!ホントですか!?」

)ルイ゚ ー゚ノ( 「ええ、あいつも最近仕事が板についてきたって」

(;・□・) 「……」

嬉しかった、上司から必要とされていない思っていた文田にとって今の話は夢見心地だった
しかし今はそんなことより上井のことだった

(;・□・) 「あ、あの上井さん」

)ルイ゚ ー゚ノ( 「ん?なにぃ?」

(;・□・) 「(い、行くぞ!)あの、ちょっと外に……」
  vw_ww_v
 6L `∀´) 「おいコーシ!!」


586 :横恋慕:2010/11/19(金) 03:44:46 ID:escxUXug0
(;・□・) 「(なんだよタイミング悪いなぁ…)なんだよ」
   vw_ww_v
 ,6L *`∀´)  「ほら大吟醸だ!呑みやがれこのやろう!」

(; □ ) 「ふが!」

ケンイチが文田の口に大吟醸を突っ込んだ、そのまま一気に大吟醸を流してくる
   vw_ww_v
 ,6L *`∀´)  「呑め呑め呑め~!ケケケ!」

(; □ ) 「いぁめろ!あがが…」

)ルイ;゚ -゚ノ( 「ちょっとコーシが苦しんでるじゃない!やめなさいよ!」
   vw_ww_v
 ,6L *`∀´)  「へ~い」

(;×□×) 「ううう……」


587 :横恋慕:2010/11/19(金) 03:44:58 ID:escxUXug0
)ルイ;゚ -゚ノ( 「コーシくん大丈夫!?」

(;×□×) 「あああたまがクラクラします~」

目を天井がぐるぐる回っている、文田はその場にへたりこんだ

(ν#・ω・)ν 「お前は調子乗り過ぎだ!!一気に呑ます馬鹿がどこにいるんだ!」
   vw_ww_v
 ,6L *`∀´)  「すいませ~ん、ケケケ」

(;×□×) 「気持ち悪い……」

(;`v´) 「おいここで吐くな!立てるか?」

(;×□×) 「はい……」

喜多の力を借り立ち上がる、そしてそのままトイレへ直行した


588 :横恋慕:2010/11/19(金) 03:45:14 ID:escxUXug0
  トイレにて

(;×□×) 「オロオロオロオロオロ……」

(;`v´) 「おいおい大丈夫か?」サスリサスリ

( ;□;) 「ずびばぜん…オェ…」

今日食べたもの全部吐き出した

( ;□;) 「ううう…」

(;`v´) 「しばらくここで休憩してろ、戻るとあの馬鹿がまた呑ませてくるかもしれないからな」

そう言うと喜多はみんなのもとへ戻っていった

( ;□;) 「うぐうぐ…上井ざん…」

酔ったことや吐いた苦しみよりも今の文田にとっては上井るみの前で醜態を晒してしまったのが一番つらかった

( ;□;) 「絶対嫌われたよ…情けない姿晒して、上井さんに嫌われちゃったよ…うぐ」

嘔吐したときは別の涙があふれてくる

( ;□;) 「もうダメだ…結局僕には無理なんだ…」

('A`) 「オーホッホッホ」


589 :横恋慕:2010/11/19(金) 03:45:28 ID:escxUXug0
( ;□;) 「も、喪鬱さん!?」

('A`) 「どうしたんですかそんなに涙を流して」

( ;□;) 「じ、実は上井さんの前で無様な姿を晒してしましまして」

('A`) 「それで嫌われたと思って泣いてたのですか」

( ;□;) 「はい…うぐうぐ…」

('A`) 「大丈夫、あなたは嫌われてなんかいませんよぉ」

( ;□;) 「で、でも…」

('A`) 「文田さん、男になるのです、強い男に」

( ;□;) 「喪鬱さん…」

m9('A`)

ド―――m9('∀`)―――ン!!!!!

(; □ ) 「!!」


590 :横恋慕:2010/11/19(金) 03:56:35 ID:escxUXug0
  ガチャン

)ルイ;゚ -゚ノ( 「コーシくん大丈夫?」

(;・□・) 「るみさん!」

文田は上井るみの腕を強く掴む

)ルイ;゚ -゚ノ( 「コ、コーシくんどうしたの!?」

(;・□・) 「僕、るみさんのことを愛してます!どうか僕の女になってください!」

)ルイ;゚ -゚ノ( 「なに言ってるの?ダメよそんな…」

(;・□・) 「るみさんだってホントはこんな生活に飽き飽きしてるんでしょ!だったらこんな店から抜け出して二人で…」

)ルイ;゚ -゚ノ( 「ダメよ…コーシくん落ち着いてよ…」

(#・□・) 「落ちついてなんかいられますか!」ガバ

文田は強引にくちづけをした


591 :横恋慕:2010/11/19(金) 03:59:02 ID:escxUXug0
)ルイ;゚ -゚ノ( 「コ、コーシくん…」

(;・□・) 「はぁはぁ…」

)ルイ;゚ -゚ノ( 「コーシくんって意外と積極的なのね」

(;・□・) 「るみさんのときだけですよ」

)ルイ;゚ ー゚ノ( 「でもその強引さ、嫌いじゃないわ」

(;・□・) 「じゃ、じゃあ!」

)ルイ゚ ー゚ノ( 「私を飽きさせない自信はあるの?」

(;・□・) 「当たり前じゃないですか!」

)ルイ゚ ー゚ノ( 「ふふふ、昨日とは全然違うわね、酔ってるんじゃないの?」

(*・□・) 「るみさんにね」

)ルイ゚ ー゚ノ( 「あら、クサイこと言うのね」


592 :横恋慕:2010/11/19(金) 04:09:26 ID:escxUXug0
その後、二人は店を抜け出しタクシーに乗る

(;・□・) 「とりあえずシベリア空港へ」

("・」・") 「へーい」ブロロロ

)ルイ゚ ー゚ノ( 「行くあてはあるの?」

( ・□・) 「そんなのは無いよ、とりあえず空港に行って適当に決めよ」

)ルイ゚ ー゚ノ( 「お金は大丈夫なの?」

( ・□・) 「今までの貯金がたんまりあるから大丈夫だよ」

)ルイ゚ ー゚ノ( 「ねぇ、ホントに私でいいの?もっと他に可愛い子いっぱいいるよ」

( ・□・) 「僕はるみさんじゃなきゃいやなんだよ!」

)ルイ゚ ー゚ノ( 「ふふふ…」

タクシーは二人を乗せシベリア空港へと急いだ


593 :横恋慕:2010/11/19(金) 04:10:48 ID:escxUXug0
   1時間後

(ν#・ω・)ν 「文田どこだ出てこい!」
   vw_ww_v
 ,6L ;`∀´) 「ほわっちょさん落ち着いてください!」

(ν#・ω・)ν 「うるせぇさっさと車出せコラァァ!!」
   vw_ww_v
 ,6L ;`∀´) 「へい…」

(ν#・ω・)ν 「文田よ、よくぞ人の女に手を出しやがったな!見つけたらぶち殺してやるから覚悟しとけコラ!」










('A`) 「果たして二人の愛の逃避行は成功するのか、はたまたほわっちょさんに見つかり無残な結末を迎えるのか
    あとは神のみぞ知るでしょうなぁ、文田さん、ハッピーエンドになるように逃げ切ってくださいね」

('∀`) オーホッホッホ・・・・・・  【横恋慕】  完







594 :('∀`)鬱ナせぇるすまん:2010/11/19(金) 04:14:14 ID:escxUXug0
以上です、もうこんな時間か

今回の話は稲葉浩志の「横恋慕」という曲を題材にしています
興味あったら聴いてみてお

質問、指摘等は明日答えます

お休み ノシ



 
595 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2010/11/19(金) 11:49:49 ID:L8GvbWow0
                                 ┌─────
                                 │
                                 │ こ ほ
                  _ 、           |  う  う
             , - =≦三二丶ノ,.       │ い !
        _/´//<三二ヽノ二ヽ     │ う  !
       ///∠二三二ヽ,∠二ヽ     |  オ
      ´/彡‐-==彡⌒/ '⌒ヽミ ト    │ チ
       〈彡 彳ー-=ニ二 ノ     |ミ|     │ も
        ∨ /〉            ヾl     │ あ
         ∨/  ,-== 、,.  ='⌒  リヘ    │ る
       '⌒ヽ  ,- rッ、` イーrッヽ レノ    │ の
      丶ヽ」   ` `´ ' 〈 ` ´  ,/      │ か
        \|     ,.   l     ト 、    └─────
       . :´: :> 、   └、_丿    l 〉\__
    . :´┌厂/ ̄,二ヽ ‐ 、,.     /:〈 : : : : : : .`ヽ、
  /.: : : :| | │ / Y ノ  ^     /|: . ヽ: : : : : : : : . \
/.: : : : : :l ′′  `丶、     / |: : : . ヽ: : : : : /: : : .ヽ
. : : : : : : : ト、         `ヽ<  ヽ|: : : :人:ヽ: : : | : : : : : .ヽ
: : : : : : : : |: : >‐ 、__    l    /|: : :/ : :ヽ:〉: : |: :/ : : : : :
: : : : : : : : |: :/ : .\∨    l__/レ|: :〈 : : : : : : : .∨: : : : : : :
: . 、 : : : : |:/ : : : : ./    │__/ | : : l : : : : : : :/ : : : : : : : :
: : . \ : : : : : : : : :/     l  ̄  =|: : : l : : : : : 〈: : : : : : : : : :
: : : : : .\ : : : : : /     l       |: : : :l: : : : : : :ヽ: : : : : : : : :



596 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2010/11/20(土) 12:32:12 ID:EnGe8eCoo

いつもと毛色が違う
ドーンの意味も変わったな



597 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2010/11/20(土) 12:41:57 ID:FCo0LtbU0
地の文が付いたあたりから一段と面白くなったなぁ



598 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします :2010/11/20(土) 22:24:33 ID:vHR3tus20
ハッピーエンドに見える不思議www


 




 ←前半へ

 
 ↑鬱ナせぇるすまん インデックスページへ

 

 
総合短編(シリアス・鬱・ホラー) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。