スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
103 :98:2010/12/12(日) 06:52:51.82 ID:+CrP5bZKO
お題『夜食』

川 ゚ -゚) が弟に夜食を作ってあげるようです


ある日

川 ゚ -゚) 「君たちは、『夜食』と言われたら何を連想する?」

('A`)「え?夜食といえば?う~ん…おにぎり、かな」

( ^ω^)「夜食ならやっぱりラーメンで決まりだお!」

川 ゚ -゚) 「ふむ…おにぎりにラーメン…と。ありがとう。参考になった」

('A`)「ええと、どういたしまして。ちなみに、そんなこと聞いてどうするの?」

川 ゚ -゚) 「ああ、私の弟が今年、高校受験を控えているんだ。そこで何か私にできることはないか、と考えた時、弟が夜遅くまで勉強していることを思い出した」
川 ゚ -゚) 「根を詰めて勉強していれば、小腹の一つも空くだろう、と思ってね」

( ^ω^)「なるほどお」


104 :98:2010/12/12(日) 06:54:12.33 ID:+CrP5bZKO
川 ゚ -゚) 「とりあえず、今夜も勉強しているようならラーメンかおにぎりを作ってみようと思う」

('∀`)「弟さん思いだねぇ~」

川 ゚ -゚) 「そうか?」

( ^ω^)「ホント、うちのねーちゃんに爪の垢飲ませたいお」

(;'A`)「煎じないで飲ますの…?」
 
 
その夜

ピピピピ…
カチッ

川 ゚ -゚) 「ん…2時…か」
川 ゚ -゚)「さて、まだ勉強しているかな」

……

川 ゚ -゚) 「部屋に明かりが付いている。まだ勉強しているようだな」
川 ゚ -゚) 「ラーメンかおにぎり。どちらがいいか…」
川 ゚ -゚) 「ここで考えても始まらない。台所へ行こう」


105 :98:2010/12/12(日) 06:56:02.26 ID:+CrP5bZKO
川 ゚ -゚) 「ご飯はある。ラーメンはない。おにぎりだな」
川 ゚ -゚) 「そう言えば、おにぎりの具を聞いていなかった」
川 ゚ -゚) 「眠気覚ましになるような物が好ましいのだろうが…」

ガサガサ…

川 ゚ -゚) 「コーヒー豆か。眠気を飛ばすにはカフェインが効果的と聞いたことがあったな」
川 ゚ -゚) 「…挽いておにぎりに混ぜてみよう」

ガサガサ…

川 ゚ -゚) 「バジルにルッコラ、クレソン、大葉。ハーブは確か眠気覚ましに効果的と本で読んだことがある」
川 ゚ -゚) 「これもおにぎりの味付けに採用してみるか」

ガサガサ…

川 ゚ -゚) 「む、よっちゃんイカか」
川 ゚ -゚) 「顎を動かすことで眠気覚ましの効果が期待できるらしいとテレビでやっていたな。…入れてみるか」
川 ゚ -゚) 「とりあえずはこれだけあればいいだろう」


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/12(日) 06:58:08.49 ID:TH0DYLWk0
コーヒー豆はヤバイ。
どうやっても粒が口の中に残る


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/12(日) 06:58:45.30 ID:4tuuDglO0
目は覚めそうだな


106 :98:2010/12/12(日) 06:56:47.96 ID:+CrP5bZKO
川 ゚ -゚) 「さて、まずはコーヒー豆を挽こう」

ゴリゴリ…

川 ゚ -゚) 「そしてご飯にまぶす」

パッパッパッ…

川 ゚ -゚) 「よし。次にハーブ。これは刻んで…」

トントントン…

川 ゚ -゚) 「これもまぶす」

パッパッパッ…

川 ゚ -゚) 「後はよっちゃんイカか。これは裂いて具にしよう」川 ゚ -゚) 「後はアルミで握って…」

そして…


107 :98:2010/12/12(日) 06:58:02.40 ID:+CrP5bZKO
川 ゚ -゚) 「勉強頑張っているな。小腹も空いたろうから、夜食を作ってきた」

从 ゚∀从「マジで?さっすが姉貴、気が利くぅ♪」

川 ゚ -゚) 「…さて、私は寝る。勉強もいいが程々にな。体を壊したのでは本末転倒だぞ」

从 ゚∀从「わかってるって。でも試験が明後日だから今日は徹夜で頑張るつもりだぜ」

川 ゚ -゚) 「そうか。なら眠気覚ましになりそうな具材を選んで正解だったな」
川 ゚ -゚) 「では、勉強の邪魔になるだろうから私は行く。お休み」

从 ゚∀从「お休み。夜食サンキュー、姉貴」
バタン

川 ゚ -゚) 「さすがに…眠いな。頑張れよ、私の弟…」
川 ー _ー)「スゥ…」

……

ぎゃあああああっ!!


110 :98:2010/12/12(日) 06:58:55.67 ID:+CrP5bZKO
( ^ω^)「おはよお~!お、昨日は夜食作ったのかお?」

川 ゚ -゚) 「作るには作った…が」

('A`)「?どうかしたの?」

川 ゚ -゚) 「泡を吹いて倒れてしまった」


('A`)「へ?」
( ^ω^)「へ?」

川 ゚ -゚) 「眠気に効くように気を使ったつもりだったんだが…」

(;'A`)「何入れたの?」

川 ゚ -゚) 「コーヒー豆にハーブを数種まぶしたご飯によっちゃんイカを入れてみた」

(;^ω^)「すごく不味そうだお…」

川 ゚ -゚) 「何がいけなかったんだろうか…」

(;'A`)「そういえば、クールさんて家庭科だけいつも2だよね」

(;゚ω゚)「うちのねーちゃんがクールじゃなくてホント良かったお…」

川 ゚ -゚) 「?」


おしまい






112 :98:2010/12/12(日) 07:04:59.17 ID:+CrP5bZKO
>>103-107、110
以上『川 ゚ -゚)が弟に夜食を作ってあげるようです』でした


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/12(日) 07:18:49.48 ID:jX/zmM2pO
>>112乙


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/12(日) 07:00:49.63 ID:TH0DYLWk0
素早いお題消化乙!


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/12(日) 07:06:27.94 ID:7Boea2sz0
ハイン弟・・・だと・・・


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/12/12(日) 07:51:22.42 ID:pLDhH1lk0
ほのぼのした乙
いいなあ俺もねーちゃんほしいなあ


 
総合短編(コメディ・ほのぼの) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。