スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 00:57:28.87 ID:JlaunwK00

 頂いたお題>>489-492 ; はさみ マクガフィン クーゲルシュライパー 懐かしのゲームボーイ


 無機質な白い部屋。椅子は四脚。中央に男が一人。

(´・ω・`)「我々が欲しいのは、あくまで兵器だ、ドクオ・マルキス。
       それと気づかれずに要人に近づき、確実に殺せるクーゲルシュライパーが欲しいのだ」

 ('A`)「兵器、と申されましても。私は単なる小学五年生でして」

ミ,,゚Д゚彡「小学五年生に用はない」

<ヽ`∀´>「帰れニダ」


('A`)HasaMiのようです



528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:00:30.10 ID:JlaunwK00

(´・ω・`)「君を連れてきたのは僕なんだ」

 ('A`)「何故この小学五年生の僕を?」

(´・ω・`)「愛してるんだくそみそに」

ミ,,゚Д゚彡「よそでやれ」

<ヽ`∀´>「帰れニダ」

(´・ω・`)「ニダニダうっせぇな」

 ('A`)「もう宿題あるんで帰っていいですか」

ミ,,゚Д゚彡「おい可哀そうだろ帰してやれよ」

(´・ω・`)「じゃあ君が代わりになってくれるの?」



530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:02:22.09 ID:JlaunwK00

ミ,,゚Д゚彡「秘密を知られたからにはお前を帰すわけにはいかん、ドクオ・マルクス」

<ヽ`∀´>「やはり兵器を作るニダ」

(´・ω・`)「ていうかニダーてめぇが帰れよ」

<ヽ;∀;>「うっ」

 (;'A`)「やめろよ! 泣かすなよ可哀そうだろ」

(´・ω・`)「いいから君はこっちおいで、僕の膝の上に」

ミ,,゚Д゚彡「そんなことより兵器を作れ」

<ヽ;∀;>「うっ、うっ」

 ('A`)「ほら、これ貸してあげるから泣くな」

 
531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:04:06.48 ID:JlaunwK00

<ヽ`∀´>「こ、これは…?」

(´・ω・`)「激しく嫉妬」

ミ,,゚Д゚彡「兵器か!? まさか完成していたのか!」

 ('A`)つ□←懐かしのゲームボーイ

(´・ω・`)「そ、そんなものが暗機になりえるのか?」

 ('A`)「これはかつて―――
     幾数多もの小中学生を虜にし、来るべきOTAKU文明を作り上げる、
     重要なファクターともなった古代の携帯用ゲーム機です」

ミ,,゚Д゚彡「そ、そんなものをどうするつもりだ」

<;ヽ`∀´>「ゴクリ…」

 その時、ずっと黙っていた最後の椅子に腰掛ける男が緩慢に口を開いた。




532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:05:05.49 ID:JlaunwK00

( ^ω^)「今一度…同じ歴史を繰り返そうというのか?」

 (´・ω・`)「人は何度でも同じ過ちを繰り返す、か」

 ('A`)「…いえ。
     携帯出来る本格的なゲーム機は、当時の子供たち――つまり現代の大人達に、
     妄想と享楽のプライベートを自宅から外へ出すことの羞恥心を無くさせました」

 ('A`)「僕たちはその第三世代。新たなる段階の時だと思っています」

( ^ω^)「なるほど。歴史を繰り返すのではなく、進化させようというのかお」

(´・ω・`)「どうやら僕は恐ろしい人選をしてしまったようだ」

ミ,,゚Д゚彡「それで?ドクオ・マルポス」

<ヽ`∀´>「君は何を望み、我々の要望を満たしてくれるニダ?」



534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:07:13.86 ID:JlaunwK00

 ('A`)「こんな話をご存知でしょうか?
     ある田舎の床屋は、長年使い続けた愛用のハサミに異常な愛着を抱いていた
     その愛着はやがて使いやすいから、切れ味がいいから、という床屋として
     当たり前の道具に対する価値観から、ハサミの形状やフォルム、
     さらにその材質への探究心になり、とうとう彼は自ら最高のハサミを創造した」

 ('A`)「そして彼は、自らが生み出した最高のハサミで、
     自らを切ってみたいという欲望を抑えきれなくなった」

<ヽ`∀´>「…」

(´・ω・`)「究極の変態だ」

 ('A`)「どうせ最後に己を切り刻むのなら、と彼はそのハサミで先ず隣人を切り裂き、
     愛する妻を切り裂いた。それは彼の愛情表現のようなものです。
     そして最後に、とうとう、彼は夢を叶えた」

( ^ω^)「恐ろしい話だお」

ミ,,゚Д゚彡「それで、その話がどう関係あるんだ?」

 ('A`)「わかりませんか?」



535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:09:42.71 ID:JlaunwK00

 ('A`)「本当に恐ろしいのは、道具ではない。狂った人の心です。
     どんなに強力な兵器も、使う人間の心の方が遥かに僕は恐ろしい」

( ^ω^)「…ゲーム界を変えた伝説の名器も、もとは子供の玩具、か」

兵器の製造は見送られた。

三日後、要人のうち一人が暗殺者により、ハサミで殺された。


END


536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/24(水) 01:11:37.83 ID:JlaunwK00
>>529 すみません、待っていただいちゃって申し訳ないです

投下以上です。お題消化しきれてたらいいんですが。しえんありがとうございました。



 
総合短編(ギャグ・カオス) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。