スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
232 : ◆Akai/EFKQ2 :2010/11/22(月) 04:06:28.15 ID:LxhHWPgK0
ζ(゚ー゚*ζ「もーいーくつねーるーとー、おーしょーがーつ♪」

私、デレ。
何処にでも居る、普通の女子高生。


ξ゚⊿゚)ξ「おしょおがつにはーまりついてー」
彼女は、ツン。私の双子のお姉ちゃん。
多分何処にでも居る、すごく普通の女子高生。


从 ゚∀从 「おいばねついて 遊びましょう」
彼女は、ハイン。私とお姉ちゃんの大親友。
多分きっと何処にでもいる、どうみてもすごく普通の女子高生。


私たちに共通すること。それは…

从 ゚∀从 『あー、彼氏出来ないかなー』ξ゚⊿゚)ξ

そう、今年も彼氏の居ないクリスマスを送る予定だ、ってことかな。



~~ ζ(゚ー゚*ζ「かしましっ!」のようです~~


233 : ◆Akai/EFKQ2 :2010/11/22(月) 04:07:58.15 ID:LxhHWPgK0
ξ-⊿-)ξ「はぁ……」

お姉ちゃんがその端正な顔を歪めてため息をつきます。

ζ(゚ー゚*ζ「もー、ため息なんてついてると幸せが逃げちゃうよ?」

从 ゚∀从 「そーだぞー。海外だと”幸運を”みたいな意味で“God bless you”なんて言葉があるんだけどな」

ζ(゚ー゚*ζ「ほうほう」

从 ゚∀从 「これはくしゃみやため息を不意につくと口から幸せ的なモンが逃げるからだっていわれてるからなんだ。」

从 ゚∀从 「だから、ソレが転じてGod bless you!ってのは“神の吐息を貴方に”……つまり、神の幸せを貴方にって意味だな」

ζ(゚ー゚*ζ「へぇ…初めて知った。」

さすがハインちゃん、学年イチの秀才。

从 ゚∀从 「いや、今作った。ごめん」

ξ゚⊿゚)ξ『……。』ζ(゚ー゚*ζ

褒めて損した。
乙女の純情を返せってヤツだ。


235 : ◆Akai/EFKQ2 :2010/11/22(月) 04:11:46.67 ID:LxhHWPgK0
ξ゚⊿゚)ξ「ま…ため息なんてついても仕方ないのだけれどね。」

ζ(゚ー゚*ζ「ほうほう、話してみたまえ、お嬢さん。」

ξ゚⊿゚)ξ「…アンタに話しても…ねぇ?」

从 ゚∀从 「聞くだけ聞いて…ってオチだな。多分。」

ξ゚⊿゚)ξ「そうそう。アンタに相談して、解決した悩みなんてないもの」

サラっと酷いことを言うな……。
私と(大雑把に)同じ顔して、私と(ほぼ!)同じ体をして、私と(似たような)思考をするお姉ちゃんには言われたくないな。

ζ(゚ー゚*ζ「ひ、ひどい…。」

とりあえず、言葉にだしてみた。

ξ゚⊿゚)ξ「……じゃあ、アンタに私とブーンの関係を進展させること、出来るの?」

ζ(゚ー゚*ζ「……余裕じゃん。」

从 ゚∀从 「余裕だな」

そう、本当に余裕。
ハタから見てたって、ブーンさんとお姉ちゃんが好き合ってるのはまるわかり。
周知の事実、ってヤツだ。皆ニコニコしながら見てるのに、本人たちは何を恥ずかしがってるのか解らない。


237 : ◆Akai/EFKQ2 :2010/11/22(月) 04:14:23.84 ID:LxhHWPgK0
从 ゚∀从 「…ていうか、お前らなんで付き合わないんだ?」

そうそう、これこれ、コレが言いたかったのだ。

ζ(゚ー゚*ζ「そうだよ。私から見ても、お姉ちゃんとブーン君は仲良しだし…」

ζ(゚ー゚*ζ「それに、お姉ちゃん可愛いもの。」

そうだ。彼女は、可愛い。
私と(だいたい)似たような顔の癖に、妙に可愛い。
いや、カッコイイのだ。

バレンタインには彼女の下駄箱にはどんな男の子よりもたくさんのチョコレートがつまっているし、
中学校の卒業式の時には後輩の女の子にボタンをせがまれたりもした。
いじめをしてたオトコの子をぼっこぼこにしたのは一度や二度じゃすまされない。

ξ゚⊿゚)ξ「まあ…仲はいいのは確かだけれど…」

言いにくそうに言葉をつまらせるお姉ちゃん。

ξ/⊿/)ξ「アイツ、私の事本当はどうおもってるのかなって…」

ξ/⊿/)ξ「しょっちゅうアイツのこと殴っちゃってるし、こんなガサツな女…」

ああ、つまりそういうことか。
私に対する気持ちをはっきりさせて今の関係が壊れるのが怖いってやつか。
ほんっと、我が姉ながらかわいいやつめ!

 
 
238 : ◆Akai/EFKQ2 :2010/11/22(月) 04:16:30.76 ID:LxhHWPgK0
从 ゚∀从 「ツン……おまえ、ばかだな」

ハインちゃんがお姉ちゃんに率直な意見をいう。
いいぞいいぞ、言っちゃい言っちゃえ!

从 ゚∀从 「お前はまだいいさ…けどな…」

あ、あれ…?
なんの話だろう。お姉ちゃんを奮い立たせる方向じゃないの?

从 ゚∀从 「俺なんて、好きな相手が数学教師のモララーだぜ?」

ζ(゚ー゚*ζ「……。」

絶句。そんな話聞いたことない。
ていうか、この流れで告白しちゃう事じゃない。

ξ゚⊿゚)ξ「…初めて聞いたわ。」

从 ゚∀从 「初めて言ったもん。」

そりゃそうだ。

ζ(゚ー゚*ζ「……まあ、確かにカッコイイよね、モララー先生。」

うん、まあ、わかるような気もする。彼はカッコイイ。
非公式ファンクラブには女子生徒の半数近く(わ、私は入ってないよ!)が在籍しているし、
お姉ちゃんがもらうチョコの数だってこの先生には叶わない。

いわゆる、大人のミリョクってヤツがたまらないのだ。


239 : ◆Akai/EFKQ2 :2010/11/22(月) 04:18:03.66 ID:LxhHWPgK0
从 ゚∀从 「だろ?だろ?」

从 ゚∀从 「やっぱりモララー×ドクオは鉄板だよな」

前言撤回。

ζ(゚ー゚*ζ「ちょっと何言ってるのかわからないな…」

本当、わかんない。男×男のよさなんて。
そんなのよりも、いいものがあるでしょうに。

从 ゚∀从 「ハァ!?お前わかんねーの?女子にあるまじき発言だろう……」

ξ゚⊿゚)ξ「そうね、まったくよ。我が妹ながら恥ずかしい」

お姉ちゃん。おまえもか…

ξ゚⊿゚)ξ「でもハイン、貴方もまだまだ…」

ξ゚⊿゚)ξ「ドクオ×モララーもまた正義!」

帰ってもいいかな、真剣に…。

ξ゚⊿゚)ξ「普段虐げられている理科教師のドクオ!」

ξ゚⊿゚)ξ「けれど、引率のスキー合宿で二人が生徒を助けようと遭難したとき、その真価は発揮されるのよ!」



240 : ◆Akai/EFKQ2 :2010/11/22(月) 04:21:35.86 ID:LxhHWPgK0
( ・∀・)『寒いね。』

('A`)『寒いな。』

( ・∀・)『こんなときは肌を寄せ合うしかないな』

('A`)『よせ…すぐ隣りの部屋には生徒達がいるんだぜ?』

( ・∀・)『けれど、お前のココ…まるで、氷柱みたいだな…かじってもいいか?』

('A`)『お前のそれだって、雪だるまみたい膨れてやがる…ほら、ビクビク暴れてやがるぜ?」

( //∀//)『よ、よせよ…』

('A`)『たまにはこう言うのもいいかもな…ほら、股開けよ…お前の雪の味、教えてくれよ…』

( //∀//)『くっ、よせよ…隣に生徒がいるからダメなんじゃないのかよ……?』

('A`)『それは俺の話だ。お前が我慢すれば問題はないだろう…?』

そうして二人の影は重なり、やがてロッジは熱で満たされ……
从*>∀从 『キャーッ!!!!』ξ*>ー<)ξ

ξ゚⊿゚)ξ「どうよ、この流れ」

彼女はキメ顔でそういった。

从 ゚∀从 「姉上と呼ばせてください」

あ、だめだ、こいつら。


241 : ◆Akai/EFKQ2 :2010/11/22(月) 04:23:23.01 ID:LxhHWPgK0
閑話休題。

ζ(゚ー゚*ζ「で、ふたりとも。なにか言いたい事はある?」

ξ゚⊿゚)ξ「ございません。」

从 ゚∀从 「ありませぬ。話を脱線させてしまい誠に申し訳有りませんでした」

私は二人を土下座させていた。
屈服させていた。支配していた。
ああ…この快感、癖になりそう……

ζ(゚ー゚*ζ「えへ…えへへ…」

ξ;゚⊿゚)ξ「何笑ってるのよ……」

あ、まずい。

ζ(゚ー゚;ζ「あれ、今私何か言ってた?」

まずいまずい。

从 ゚∀从 「ああ、なんかトリップてぶつぶつ言ってたぜ?」

まずいまずいまずい。

ζ(゚ー゚;ζ「お、思い出し笑いだよ。」

苦しい…か?


242 :最後で猿りました:2010/11/22(月) 04:26:42.59 ID:XtOxgj15O
ξ゚⊿゚)ξ「そ…ならいいけど。」

そうだ、何を隠そう私、デレの好きな人。
それはこの血を分けた姉なのである。
私の分身にして左右が裏返った写鏡。

咲き乱れるような眩しい笑顔。
感情を顕にした時の美しさ。
私に足りないものを、すべてもってる、完璧な姉。

ζ(゚ー゚*ζ「今年は皆が好きな人と一緒に過ごせるといいねっ!」

私は、この絶対に表に出せない感情と付き合いながら生きて行くのだろう。

ξ゚⊿゚)ξ「そうね!」

从 ゚∀从 「ま、ダメだったら鍋でもつつきながらロンリークリスマスでもしようぜ」

女三人で姦しい。
男なんて、何処にも要らない。
私にはお姉ちゃんがいればいい。
私はずっと「かしましい」デレでいいかな、と思った。

おしまい。
-----------------------------------------------------------

以上です。
正直、つららとか動く雪だるまとか雪を食べるとかさり気無く入れるのは無理があるとおもうのよ。

感想とか批評とか、俺ならこんな話に…とか、お言葉頂けると幸いです。





243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/22(月) 04:33:01.63 ID:FSEWwfx0O
乙…でいいのか?ID変わってトリも外れてるるが


244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/22(月) 04:33:40.29 ID:3mfzvqVN0
乙!
お題の消化の仕方に吹いたww


245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/22(月) 04:44:23.13 ID:XtOxgj15O
>>243
あ、最後の投下だけ携帯です。
調子のってさる喰らいました。携帯で鳥はいろいろめんdなので…!


>>244
普通に雪国ものだと上手い事消化できないし、こういうのも有りかなぁ…と。
試行錯誤ってやつです、はい。




お題: つららをかじる・雪を食う・氷をなめる・動き出す雪だるま


 
総合短編(日常系) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。