スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 08:55:51.15 ID:DnVJj21l0
あ、後で感想・アドバイスよろしく。



------------------------------------------------------

この世には、目には見えない闇の住人達がいる。

その住人は、時として君達を襲ってくる……(地獄先生ぬ~べ~より)


『( ^ω^)と百鬼夜行のようです』

------------------------------------------------------


520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 08:56:39.12 ID:DnVJj21l0
( ^ω^)「クー、まだ分からないのかお?」

【( ^ω^)ブーン 化け猫】

川 ゚ -゚)「ちょっと待ってくれ、あと10秒だけ……」

【川 ゚ -゚) クー 妖怪サトリ】

('A`)「もっと遅くしろ。絶対酒なんか飲みたくねえ。」

【('A`) ドクオ 天邪鬼 (天邪鬼なので言いたい事と逆の事を言う)】

ξ゚⊿゚)ξ「あんた相変わらず分かりづらいわね……」

【ξ゚⊿゚)ξ ツン 山姫】

( ∵)「……」

【( ∵) ビコーズ 青行灯】

( ´_ゝ`)「お。終わったんじゃないか?」

【( ´_ゝ`)アニジャ 前鬼】

(´<_` )「やっぱ流石だよな。クー。」

【(´<_` )オトジャ 後鬼】



522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 08:57:19.80 ID:DnVJj21l0
( ^ω^)「どうだったお?クー。」

川 ゚ -゚)「ああ。ここら一帯の怪死事件の犯人は、すべて『火車』の仕業だ。」

ξ゚⊿゚)ξ「突然の心臓麻痺で7人が死亡したあの事件ね。」

('A`)「俺はデス○ートの仕業だと思ってなかったぜ。」

(´<_` )「何でそんな事が分かるんだっけ?クー。」

川 ゚ -゚)「被害者の霊の心を読み取ったのさ。離れていたから苦労はしたが。」

川 ゚ -゚)「もちろん今アニジャがツンでのズリネタを構想しているのも分かる。」

ξ#゚⊿゚)ξ「……。」

(;゜_ゝ゜)「……。」

#######アニジャはお星様になりました#######



524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 08:58:36.86 ID:DnVJj21l0
(´<_`;)「そ、それで火車はどんな妖怪なんだ?」

川 ゚ -゚)「もとは葬式が終わった後魂を天国に連れて行く妖怪だ。」

ξ゚⊿゚)ξ「それだけじゃ物足りなくなったのね?」

( ^ω^)「強さはどうだお?」

川 ゚ -゚)「準備するほどじゃないな……。」

( ^ω^)「分かったお。……すぐ向かうお。」

('A`)「早くいきてえなあ……」

 
 
526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 08:59:23.96 ID:DnVJj21l0
[路地裏]

( ・∀・)「ひゃはははは!きんもちい~!」

【( ・∀・)モララー 火車】

( ^ω^)「なにしてるんだお?」

( ・∀・)「おわ!?……ってただの化け猫か。脅かすなよ~。」

( ^ω^)「で、なにしてるんだお?」

( ・∀・)「ああ、最近怪死事件が起きまくってんだろ?実はあれさ……」

よほど上機嫌だったのか、モララーの口からは『武勇伝』が次々と飛び出した。

( ・∀・)「でさ……あいつらのショック受けた顔が……快楽……それで……」

( ・∀・)「殺して……人数増やして……んでs

( ^ω^)「ダメだお。」

( ・∀・)「……は?」



527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:00:05.90 ID:DnVJj21l0
( ^ω^)「妖怪が人間とそんなに関係してちゃダメだお。」

(#・∀・)「……ああ、お前もそうやって主人公気取るんだ?ただの化け猫が?」

(#・∀・)「何だっけ、あいつら……オンミョージ?」

(#・∀・)「わけわかんねえ札投げてきやがってさ、ヒーロー気取りだったよ。」

(#・∀・)「まあ、さくっと殺っちゃったけどね?」

(#・∀・)「……後悔するよ?」


【VS火車(#・∀・)】



529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:00:50.74 ID:DnVJj21l0
( ^ω^)「みんな、出てくるお!」

[ゴミ袋の陰からいっせいに仲間が飛び出してきた!]

川 ゚ -゚)ξ゚⊿゚)ξ('A`) :(゜_ゝ゜): (´<_`;)( ∵)

( ・∀・)「……あん?お前が何人仲間を呼んだって……」

(#・∀・)「この火車様にはかなわねえよ!」

[モララーの『かえんぐるま』→( ´_ゝ`)・(´<_` )]

川 ゚ -゚)「アニジャ、右。オトジャ、上だ。」

( ´_ゝ`)(´<_` )『よっ……と』

川 ゚ -゚)「アニジャ、また上。オトジャはバックステップだ。」

( ´_ゝ`)(´<_` )『ほっ。』

(#・∀・)(攻撃があたらねえ……)



530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:01:33.09 ID:DnVJj21l0
( ´_ゝ`)(´<_` )『あらよっと。』

川 #゚ -゚)「二人とも、そこだ!火車に突進だ!」

(#´_ゝ`)(´<_`#)『おらあっ!』

(#゜∀゜)「ゲェーーーッ!」

[火車は勢いよく3mほど転がった]

(#゜∀゜)「な…なんで…」

( ´_ゝ`)(´<_` )『我らは前鬼・後鬼。コンビネーションにおいて右に出る物はいない』

川 ゚ -゚)「私はサトリ。相手の心を読むことができる」

(#゜∀゜)「ち……畜生……。」

[モララーの『火炎乱射』→('A`)]



532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:02:24.64 ID:DnVJj21l0
(#・∀・)「おらおらおらあッ!」

('A`)「どーせ……当たるんだろーな……」

[攻撃は外れた!]
[攻撃は外れた!]
[攻撃は外れた!]
[攻撃は外れた!]

(;・∀・)「あれ……?」

ξ゚⊿゚)ξ「彼は天邪鬼。彼の言った事はすべて『ウソ』になるわ。」

川 ゚ -゚)「限度はあるけどな。」

( ;∀;)「そ、そんな殺生な……」



534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:03:24.60 ID:DnVJj21l0
ξ   )ξ「それにしても、あなた可哀想……こんな無慈悲な妖怪に囲まれちゃって……」

ξ   )ξ「うふ、うふふ……」

(;・∀・)「?」

ξ゚∀゚)ξ「アハハハハハハハハ!アーハハハハハハハ!」

(;;;・∀・)「!!??」

(;^ω^)「ツンがトランスしちゃったお……」

ξ゚∀゚)ξ「アハハハハ!アハハハハハハハハハ!」

(;;;・∀・)「えっちょっまっ、か、彼女大丈夫……?」

(;;; ∀ )「あ、あれ?力が……。」

ξ゚⊿゚)ξ「……ふう。私は山姫。」

ξ゚⊿゚)ξ「笑うのと同時にあなたの血を吸えるのよ。」



535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:04:05.37 ID:DnVJj21l0
( ;∀;)「……ば、化け猫!お前どうしてこんな……!」

(  ω )「……まだ僕が化け猫だと思っているのかお?」

( ;∀;)「?」

  ∧ ∧ ←角
( #°ω°)「ふおおおおおおおおおぉぉぉぉぉ…………」

   ∧ ∧
【( #°ω°)ブーン 第六天魔王?】

( ;∀;)(あbbbbbbbb……!!!)

( ;∀;)(第六天魔ってのはjhdjkべふぁ……ああ、とにかくカナリヤバイ!ググレ!)



537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:04:53.00 ID:DnVJj21l0
  ∧ ∧
( #°ω°)「お前のような下級妖怪が僕に立てつくなど死に値するお……」

( ;∀;)コクコク(首を縦に振る)

  ∧ ∧
( #°ω°)「死にたく無ければ、地獄に帰るんだお……」

( ;∀;)コクコク

  ∧ ∧
( #°ω°)「……ビコーズ。」

( ∵)コクン
    
( ∵)っ〔■■■〕ミョイーン

( ´_ゝ`)(【青行灯】ビコーズ……奴の作りだす空間は地獄と繋がる……)

(´<_` )(便利な奴……)

( ;∀;)「ひいっ、ひいいいいいいいっ!」

[モララーは空間に飛び込んだ]

  ∧ ∧
( #°ω°)「……。」

( ^ω^)「……ふう。」



539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:05:39.44 ID:DnVJj21l0
( ^ω^)「ダメだったおね…。」

( ∵)っ〔(´・ω・`)〕ヨイショット

(´・ω・`)「やあ。ダメだったみたいだね。」

【(´・ω・`) ショボン 閻魔大王】
        ・・
(´・ω・`)「君の変身をみやぶれなかったか……」

( ^ω^)「だおだお。僕が魔王なわけないお。ただの、化け猫だお。」

( ^ω^)「なかなか皆みたいな優秀な妖怪はみつからないお……。」

川 ゚ -゚)(私たちも、もともとは罪を犯した妖怪。)

川 ゚ -゚)(私たちはブーンの変身を見破り、閻魔様にやとわれた。)

川 ゚ -゚)(その就職先こそ、ブーンの百鬼夜行、【地獄自警団】だったのだ。)

(´・ω・`)「君達も頑張ってね。それじゃ。」

( ∵)っ〔(´ )〕ミューン

川 ゚ -゚)(なんでブーンがリーダーなのかは……)



540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:06:22.59 ID:DnVJj21l0
( ^ω^)「皆、今日もありがとだお。」

ξ////)ξ「べ、別にあんたの(ry」

('A`)「疲れてない……。まあ、ブーンは他人だし……」

( ´_ゝ`)(´<_` )『流石だよな、俺ら。』

( ∵)「……。」

川 ゚ ー゚)(皆に好かれてるから、かな?)

( ^ω^)「クー、早く来るおー!」

川 ゚ ー゚)「ああ、今行くぞー!」






542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:07:04.39 ID:DnVJj21l0
この世には、目には見えない闇の住人達がいる。

その住人は、時として君達を襲ってくる……(地獄先生ぬ~べ~より)


『( ^ω^)と百鬼夜行のようです』






          了。


543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:09:17.78 ID:i8dvHRu00
乙カレー


544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:34:48.83 ID:WMm4q/EP0
乙~


545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:39:20.17 ID:pytVZhgg0



546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/11/14(日) 09:39:26.73 ID:C1lcVZ3l0
投下乙


 
総合短編(バトル・アクション・厨二) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。