スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
463 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/10/02(土) 12:20:02 ID:tb5K2EAU0
前に言っていた序章を投下します
タイトルは

( ̄ー ̄)英々荘には限定魔法使いが住むようです


464 :( ̄ー ̄)英々荘には限定魔法使いが住むようです:2010/10/02(土) 12:21:01 ID:tb5K2EAU0
3月20日 晴れ

今日から日記を書くことにしました
三日坊主な私が日記を書くとは思いもよらなかったですね
本当は年初めに書くのが良いのでしょうが 私としては
日記は何か書きたいと思ったときが書き時です
朝の目玉焼きが上手に焼けただとか 悲しいことがあったとか
私の趣味について10ページ語ることだって自由なんですよ
ええ 今日なんか植木鉢で育てていたトマトのトマ吉が芽を出したりして・・・・

・・・・・本題に入りましょうか


465 :( ̄ー ̄)英々荘には限定魔法使いが住むようです:2010/10/02(土) 12:22:11 ID:tb5K2EAU0
今日はなんと私の経営するアパートをタダでお住みいただくという
特別企画がスタートする日なんです
このアパート私50年住んでますがもうボロボロで・・・・・
誰も住んでくれないこのアパート タダなら誰か来てくれるはず!
ということで 私全身全霊で部屋を掃除しました ピカピカです
自分の箒が魔法以外にこんなに役に立つ日が来るとは驚きです


466 :( ̄ー ̄)英々荘には限定魔法使いが住むようです:2010/10/02(土) 12:22:42 ID:tb5K2EAU0
あ!そういえば私魔法使いなんですよ
皆さんも良くご存知のアレです 箒乗って空飛んだりするアレです
まあほとんど使わないですけど・・・・・
アパートも中だけ新築状態に魔法をかけてます 広さも外見の五倍はあるでしょう
ちょっと規定が厳しくなって自分の家の中以外は安易に魔法かけられないんですよ
でもボロボロのアパートに入る勇気のある人に入ってもらいたいとも思ってたので調度良いですね

朝に張り紙を張っておいたので誰か見てくれるといいのですが・・・・・
三月と言えば入学準備シーズン 新居を必要とする人も多いはずです
ここも誰かが必要としてくれるでしょう 
折角なので住んでくれる人にもサプライズを予定しているのです
喜んでもらえると思いますよ( ̄ー ̄)ニヤリッ


467 :( ̄ー ̄)英々荘には限定魔法使いが住むようです:2010/10/02(土) 12:23:36 ID:tb5K2EAU0
自分が損してばかりですって?
そんなことないですよ 私は誰かと一緒に過ごしたいだけです
魔法使いにも色々あるのですよ 孤独や寂しさも切なさも
まあ50越えた辺りからあまり感じなくなっていますが

そろそろ来てくれる人の出迎えの準備でも始めましょうか
最初の日記がこんなに書けるとは私も驚きです
さあ ここで起こる物語の主人公はここに来る人に預けて
私はその人たちを見守ろうかと思います
最後に私の名前を書いておきましょう 何かの記念 けじめです

                        二遣 博之
 
 
468 :( ̄ー ̄)英々荘には限定魔法使いが住むようです:2010/10/02(土) 12:24:26 ID:tb5K2EAU0

パタン

昔に買った分厚い日記帳を閉じると春風と紙の香りが少ししました

( ̄ー ̄)「さあ 準備に取り掛かりますか」

靴を入れる棚 傘を立てる傘立て 廊下と部屋の番号札もピカピカです
手の届く範囲は自分で掃除しました 
玄関すぐそばのリビングとも取れるようなソファーと机の並んだ場所は
私のお気に入りです ここで夕食でも振舞いましょうか

一応簡単な規約書みたいな物も作成しておきました 要らないですけどね
それぞれの部屋をチェックして確認が一通り終わりました

( ̄ー ̄)「ん? 玄関近くに誰か居るようですね」

人影が見えます 二人
すごくワクワクしてきました


469 :( ̄ー ̄)英々荘には限定魔法使いが住むようです:2010/10/02(土) 12:25:12 ID:tb5K2EAU0

( ̄ー ̄)「クラッカーでも用意しておきましょうか」

入ってくる人にサプライズです
日記に書いてあるのとは違いますが

―――――――――――――――

「キミ男の子でしょ 先に開けてよー」

「ぼ、僕は紳士です レディーファーストですよ」

「何つまらないこといってんのさー」

「そっちこそ」

「グダグダ言ってないで開ける!」

「分かりましたよ・・・・」

―――――――――――――――

( ̄ー ̄)「指が痺れてきましたね・・・」

踏ん張って指に入れる力を強めました

ガラガラ パァーーン


470 :( ̄ー ̄)英々荘には限定魔法使いが住むようです:2010/10/02(土) 12:25:52 ID:tb5K2EAU0
。、、(;@∀@)ミセ;゚ー゚)リ     ( ̄ー ̄)
コロコロ

(;@∀@)ミセ;゚ー゚)リ「こ、こんにちは・・・」

( ̄ー ̄)「はい こんにちは」



               

                        続く




471 :( ̄ー ̄)英々荘には限定魔法使いが住むようです:2010/10/02(土) 12:28:27 ID:tb5K2EAU0
序章はこれで終わりです



 
総合短編(コメディ・ほのぼの) | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
おお、ちょっと期待

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。