スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
755 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 00:56:29 発信元:219.125.145.88
壁|'A`) ダレモトウカシテナイ

壁|'A`) トウカスルナラ イマノウチ


んな訳で、かなり前に貰ったお題が書き上がったので投下

題名がお題です




756 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 00:58:21 発信元:219.125.145.55
ここはシベリアのとある研究所。


从 ゚∀从「あとは人工皮膚をつけて……と」


从 ゚∀从「……おし、出来た!」


( -∀-)


从 ゚∀从「私の血と汗と涙の結晶の完成だ!」

从 ゚∀从「それじゃポチッとな」

( -∀-)

( ・∀・)パチッ

从 ゚∀从「えーと、わかる?」

( ・∀・)「それとなくわかるでしょう」

从 ゚∀从「……色々突っ込みたいが、とりあえず喋れるな」


759 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:01:21 発信元:219.125.145.55
从 ゚∀从「お前の名前は何にするかなぁ」

( ・∀・)「名前の前に鏡が欲しいでしょう」

从 ゚∀从「へ? 鏡?」

从 ゚∀从っ□「ほれ」

( ・∀・)っ□

    ボソッ
( ・∀・)「……実に美しくないでしょう」

从;゚∀从「え?」

   ポイッ( ・∀・)
(//‰ ゚)∩

从;゚∀从「ちょっ! 顔を取るな!」

(//‰ ゚)っ□ ジー

(//‰ ^)「幾何学的模様が実に美しいでしょう」

从 ゚∀从


<ウ、ウワッ! ナニヲスルノデショウ!

<ウルセー! マルオノクチョウガウザインダヨ!


761 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:03:26 発信元:219.125.145.49
数日後


从 ゚∀从「……これでよし」

( -ω-)

从;゚∀从「記憶チップとかいじったから、大丈夫だとは思うんだが……」


ポチッ

( -ω-)

( ^ω^)パチッ

( ^ω^)「……お?」

从 ゚∀从「どうだ?」

( ^ω^)「……何がだお?」

从;゚∀从「まぁ、それが普通の反応だよな……」


762 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:05:41 発信元:219.125.145.58
从 ゚∀从っ□「とりあえず鏡だ。顔はそれでいいか?」

( ^ω^)っ□ ジー

( ^ω^)「おっ! かっこいいお!」

从;゚∀从(格好いいかなぁ?)

⊂ニ( ^ω^)っ ブーン

从;゚∀从「ちょっ、狭いんだから走り回るな!」

⊂二( ^ω^)っ ブーン

从 ゚∀从「……よし、ブーン」

( ^ω^)「お? ブーンてなんだお?」

从 ゚∀从「お前の名前はブーンだ」

( ^ω^)「ブーン……ブーンはブーンだお!」

从 ゚∀从「私はハインリッヒだ。まあ、ハインとでも呼んでくれ」

( ^ω^)「ハイン! ハインだお!」

从#゚∀从「だから走り回るな!」


764 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:07:33 発信元:219.125.145.52
それからブーンとの共同生活が始まった。
ブーンの知能は小学生並に設定した為、ブーンは日々の生活で様々な知識を身につけていった。
それと同時に、ブーンは感情というものを徐々に、ではあるが、得ていったようだ。


( ^ω^)「今日も学校に行ってくるお!」

从 ゚∀从「おう、気をつけてな」


今では一人で学校にも通っている。
どうやら友人も出来たらしく、毎日嬉しそうに登校していた。
 
 
765 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:10:34 発信元:219.125.145.55
そんなある日


( ^ω^)

从 ゚∀从「お、ブーンおかえり。今日は早かったな」

( ^ω^)「……」

从 ゚∀从「おいブーン、ただいま、は?」

( ^ω^)「……さいお」

从 ゚∀从「へ?」

(#^ω^)「うるさいって言ってんだお!」

从;゚∀从 !?


今までに無い衝撃を受けた。
ブーンが初めて大声をあげて、怒ったことに対して。
そして、



( ;ω;)


ブーンが初めて涙を流したことに。


767 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:12:23 発信元:219.125.145.50
しばらくして


从;゚∀从「えーと……ブーン、落ち着いたか?」

( ^ω^)コクリ

从 ゚∀从「……学校で何かあったのか?」

( ^ω^)「……ねえ、ハイン」

从 ゚∀从「ん?」

( ^ω^)「ブーンは、人間じゃないのかお?」

从 ゚∀从「……」

( ^ω^)「どうなんだお?」

从 ゚∀从「……どうしてそう思ったんだ?」

( ^ω^)「今日、学校で授業があったんだお」


768 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 01:12:28 発信元:114.149.119.22
どうしたブーン


769 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:15:03 発信元:219.125.145.50
―――――――


( ´∀`)「じゃあみんな、今日は体について学ぶモナよ。自分の手を左胸に当ててみるモナ」

( ^ω^)(……? 別に何もないお?)

川 ゚ -゚)「ふむ……何かドクドクいってるな」

( ^ω^) !?

( ´∀`)「みんなドクドクしてるモナね。それが人間として生きてる証拠だモナ」

(;^ω^)「……」

(^ω^三^ω^)ミ、ミンナハ?

(-A-)「ああ、いってるな……」

ξ-⊿-)ξ「うん、ドクドクしてる」

(;^ω^)

(;^ω^)(僕は全然ドクドクしてないお……)

(;^ω^)(僕は――僕は、人間じゃない……?)


―――――――


771 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:17:59 発信元:219.125.145.44
(  ω )「ブーンだけが、ドクドクしないんだお」

(  ω )「ハイン。本当の事を、教えて欲しいんだお」

从 ゚∀从「……」



確かにブーンは人間ではない。
ブーンの体内には、血の代わりとなる特殊なガソリンがよどみなく流れている。
人間でないが故に、心臓と呼ばれる部分はあってもポンプとしての機能は必要無かった。


今までブーンにはずっと人間として接してきた。
身体が人間のソレとは違っていたとしても、だ。



だから、私はブーンに対してはっきり答えた。


772 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:20:42 発信元:219.125.145.86
从 ゚∀从「確かにお前は人間じゃない」

从 ゚∀从「お前は、私が造ったんだ。」

( ´ω`)「やっぱり、僕はみんなと違ったのかお」

从 ゚∀从「……けどな」

( ´ω`)「……?」

从 ゚∀从「お前は、私の息子だ」

( ´ω`)「……お? 息子ってのは人間だお? ブーンは人間じゃないんだお」

从 ゚∀从「んなこと誰が決めたんだよ。お前は私の自慢の息子だよ」

( ´ω`)「……本当にいいのかお?」

( ;ω;)「僕は、ハインと一緒にいていいのかお?」

从 ゚∀从「当たり前じゃないか」

( ;ω;)「うっ……うっ……」

从 ゚∀从「泣くな泣くな、男の子だろ?」


774 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:23:13 発信元:219.125.145.51
从 ゚∀从「もう大丈夫か?」

( ^ω^)「うんお」

从 ゚∀从「よし、ブーン。お前に大事なことを伝えておく」

( ^ω^)「お?」

从 ゚∀从「お前の背中はちょっといじると、開くんだ」

(;^ω^)「ちょっwww衝撃の事実www」

从 ゚∀从「それ給油口な。お前の体にはガソリン――人間でいう血みたいなものが流れているんだ」

( ^ω^)「もしかして、前に怪我した時に出た奴かお?」

从 ゚∀从「そうだ。それが体から無くなると、お前は動かなくなる」

从 ゚∀从「一時間、それがお前の中に流れないと、記憶が消える様になってる。つまり――」

( ^ω^)「――死んじゃうのかお?」

从 ゚∀从「簡単に言うとな。ま、大事故に遭遇したりしない限りは大丈夫だから心配すんな」


ピンポーン


从 ゚∀从「ん?」


785 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:50:57 発信元:219.125.145.53
ガチャ


从 ゚∀从「はい?」

('A`)「あ、あの!」

从 ゚∀从 ?

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン君はいらっしゃいますか?」

从 ゚∀从「えーと、どなた?」

川 ゚ -゚)「ブーン君と同じクラスのクーです」

('A`)「ド、ドクオです」

ξ゚⊿゚)ξ「ツンです」

从 ゚∀从(ああ、なるほど)

从∀゚ 从「おいブーン、ちょっと来い」

( ^ω^)「お? なn……」

(;^ω^)「お!? みんなどうしたんだお?」


788 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:53:20 発信元:219.125.145.87
('A`)「いや、お前がどうしたんだよ。急に早退しちまってよ」

(;^ω^)「い、いや、その……」

ξ゚⊿゚)ξ「何かあったの?」

( ´ω`)「……」

( ´ω`)「実は僕はみんなと違って人間じゃないんだお……」

( ´ω`)「だから、もうみんなと一緒には――」

川 ゚ -゚)「ん? それがどうしたんだ?」

( ´ω`)「――え?」

川 ゚ -゚)「ブーンはブーンだろ? それでいいじゃないか」

ξ゚⊿゚)ξ「そうよ、何か問題でもあるの?」

( ^ω^)「……」

(*^ω^)「な、なんでも無かったお!」


          ワイワイガヤガヤ
   川*゚ -゚)ξ*゚⊿゚)ξ(^ω^*)('A`*)


扉|゚∀从(若いっていいなぁ)


789 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 01:54:58 発信元:210.136.161.7
愛されとるのう


790 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:55:55 発信元:219.125.145.86
その日を境に、ブーンは友人を家に呼ぶ様になった。

子供には研究所というものが珍しいらしく、


ξ*゚⊿゚)ξ ナニアレー
川*゚ -゚)  ナニコレー


様々な物に興味を示していた。



そして時には


从 ゚∀从「なあ、君たち。ここで走り回っては駄目だと」


从#^∀从「 言 わ な か っ た か な ? 」


(((゚A゚)))
       「あばばばばばばば」
((( ゚ω゚)))


軽く叱ったりもした。


791 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:57:44 発信元:219.125.145.56
訪れた友人は皆いつも笑顔で帰路に着いて行った。


(*^ω^)ノシ 

('A`)ノシ
ξ゚⊿゚)ξノシ
川 ゚ -゚)ノシ



そんな日常を日々過ごしていたブーンは着実に、『人』として成長していた。


794 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 01:59:42 発信元:219.125.145.43
それからだいぶ経った冬のある日


( ^ω^)「それじゃ買い物に行ってくるお」

从 ∀从「おう、車とかに気をつけてな」


そう言うと、ブーンは玄関の扉を開けて、出ていった。


しばらくのんびり歩いていたブーンだったが、


( ^ω^)「そういえば今日はハンバーグだお!」


晩御飯が大好物ということを思い出し、急いで買い物を済ませるために走ることにした。


⊂ニ( ^ω^)っ ブーン


795 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:00:08 発信元:114.149.119.22
嫌な予感…


796 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:01:25 発信元:210.136.161.7
走っちゃフラグが……


798 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:03:06 発信元:114.51.65.163
磯井じゃらめぇぇぇ


797 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:02:26 発信元:219.125.145.57
ブーンは交通量がほとんど無い交差点で信号待ちをしていた。

するとブーンの目の前に、車が停車した。


( ^ω^)「お?」

(#`・ω・´)「くそっ!」 バタンッ

Σ(;^ω^) ビクッ

(;`・ω・´)「あっ、済まないね。驚かせてしまったね」

( ^ω^)「いえ、大丈夫ですお。どうかしましたかお?」

(;`・ω・´)「ああ、妻を病院に連れていく途中なんだが、車のガソリンが切れてしまったんだ」


ブーンが車の中を覗くと


ζ(-、-;ζ ウーン ウーン


お腹を大きくした女性が苦しそうに座っていた。


799 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:04:56 発信元:219.125.145.49
( ^ω^)(これは……)


ブーンは学校で習った事がある。
女性はお腹の中で子供を育てるのだと。

そして彼は今、自分が直面している場面は一刻を争う事態である、と感じた。


周りを見渡しても、車の姿は見当たらない。
車から降りてきた男性も焦っているようだ。


(;^ω^)(は、早く車を――)

( ^ω^) !


そこでブーンは気付いた。


800 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:06:58 発信元:210.136.161.7
僕の顔をお食べ!
この場合は血か


801 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:07:31 発信元:219.125.145.53
自分ならば、車を動かすことが出来て彼女を助けられる、と。


(;^ω^)(で、でも――)


それに気付くということは、あの時のハインの言葉を思い出す、ということと同義であった。


―――――――


从 ゚∀从「それが体から無くなると、お前は動かなくなる」

从 ゚∀从「一時間、それがお前の中に流れないと、記憶が消える様になってる。つまり――」


―――――――


802 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:10:37 発信元:219.125.145.55
(  ω )「……」


ここから病院までは車で一時間はかかる。
つまり、間に合わないのだ。

しかし今の彼女を助けられるのは、自分だけ。


(; ω )「くっ……」


ブーンがどうすればいいかわからなくなった時、ふと頭に浮かんできたものがあった。



それは、


  (*'∀`)川*゚ ー゚)ξ*゚ー゚)ξ


自分の大事な友人達と、


     从 ゚∀从


親であるハイン。


803 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:11:36 発信元:114.149.119.22
アトム思い出すな


806 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:13:53 発信元:219.125.145.45
( ^ω^)


今、自分の目の前で助けを求めている人がいる。

それを無視してしまったら、もう彼らと一緒に笑えない。
彼らと一緒に楽しい時を過ごせない。

何故か、そんな気がした。



( ^ω^)



( -ω-)スッ


807 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:17:24 発信元:219.125.145.57
( -ω-)

( ^ω^)パチッ

(;`・ω・´)「こうなったら俺が背負っていくしか……」

( ^ω^)「おじさん」

(`・ω・´)「ん?」

( ^ω^)「ガソリンならあるお」

(`・ω・´)「ほ、本当かい?」

(^ω^ )「僕の背中からガソリンが出せるんだお」

(;`・ω・´)「んなっ……き、君は一体――」

( ^ω^)「ガソリンを抜いたら、僕を研究所まで届けて欲しいお」

(;`・ω・´)「でもそうしたら君は――」

(#^ω^)「早くするお! 急がないと奥さんが間に合わなくなるお!」

(`・ω・´)「――わかった。ありがとう少年」


あの女性のお腹にいる子供も、いつか友人と笑う日が来るのだろうか。

そう考えた時、目の前は真っ白な雪に包まれていった。


808 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:18:24 発信元:210.136.161.7
ああブーン……


809 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:19:20 発信元:219.125.145.55
从;゚∀从「遅い……」


ブーンが買い物へと出掛けてから既に三時間。

あまりにも遅過ぎる。


从;゚∀从「まさか事故に……」


そう思った時、


ピンポーン


从 ゚∀从 !


ドアの呼び鈴が鳴った。


811 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:20:56 発信元:219.125.145.50
ドアを開けると、見知らぬ男性がいた。
その腕の中には


( -ω-)


安らかな顔をした息子がいた。




从 ∀从「……」


全てを男性から聞いた。
ブーンのおかげで、子供は無事に産まれたらしい。



男性が帰った後も、しばらく何もする気は起きなかった。


812 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:22:36 発信元:210.136.161.8
おうふ……


813 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:23:03 発信元:219.125.145.49
次の日


研究所では小さなお別れ会が開かれた。
ブーンと仲の良かった友人は皆一様に、涙を流していた。


  (;A;)川 ; -;)ξ;⊿;)ξ




しかし、自分だけはどうしても泣くようなことは無かった。



ブーンは幸せだったのか。


ただそれだけが頭の中を駆け巡り続けた。


814 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:24:38 発信元:210.136.161.7
まだ死んだわけじゃない


815 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:25:41 発信元:219.125.145.44
数日後


从 ゚∀从「手を……つけるかな」


記憶の無いブーンは、ずっと部屋の片隅に置いてあった。


( -ω-)


また新しく起動させようかとも思ったが、その度にあの笑顔が浮かび、手を引っ込めた。


ずっと起動させないならば、いっそ――


そう思った時


从 ゚∀从「……?」


ブーンの目が光った気がした。


816 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:26:45 発信元:114.51.65.163
「宿題は終わったのかい、のびた君?」


821 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:36:36 発信元:219.125.145.43
从 ゚∀从「……特に何も無いよな」


ブーンの目を調べてみたが、何も変わった所は無かった。


从 ゚∀从「気のせい、だな」


そうは言ったものの、既に手はブーンの体の内部を弄っていた。

それでも何も見つけられず、残ったのは――


从 ゚∀从「記憶チップ……」


初期化された記憶チップをパソコンに読み込ませる。
すると、何もないはずの場所にそれはあった。


从 ゚∀从「……テキストファイル?」


そのファイルを開こうとすると、パスワードが設定されていた。


考える前に、手は自然と文字を打ち込んでいた。

自分の名である『Heinrich』と。


823 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:40:04 発信元:219.125.145.86
そこにはブーンが体験した出来事が記されていた。
特に感情に関しては細かく、濃密に。


初めて笑った事。
初めて友人が出来た事。
初めて怒り、泣いた事。
初めて叱られた事。
初めてのおつかいでほめたられた事。

一語一句逃さぬよう読んでいると、あの場面があった。



そこには彼の苦悩と葛藤、そして決意がはっきりと記してあった。


それから長い空白の後に、二つの文があった。



ボクガロボットデヨカッタオ

ボクハハインノムスコデホントウニシアワセダッタオ



そこでファイルは終わっていた。


824 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:40:57 発信元:114.149.119.22
ブーン…


826 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:42:29 発信元:219.125.145.48
从 ∀从「……」


当時は本当に時間が無かったのだろう。
文字を変換する時間すらも。

それでもなお、彼は言葉を残していた。
他でもない、自分の為に。


从 ∀从「……ブーン」


頬の上を何かが通った気がした。


827 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:45:37 発信元:219.125.145.43
ニ十数年後


「あ、博士」

「もうすぐか?」

「あとは皮膚を付けるだけです」

「しかしお前も物好きだよなぁ。こんな研究所にいるこんな奴に弟子入りなんて……」

「僕は博士に助けてもらったようなものですから」

「……私じゃないさ」

「わかってますよ。それでも、です」

「ま、勝手にしろ」

「はい、是非とも勝手にさせていただきます」


830 :( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです:2010/09/13(月) 02:46:56 発信元:219.125.145.55
「よし、あとはスイッチを入れて……」


ポチッ


( -ω-)

( ^ω^)パチッ

( ^ω^)「……お?」

(´・ω・`)「やあ、ブーン」

( ^ω^)「お? ブーンてなんだお?」

(´・ω・`)「君の名前はブーンだよ」

( ^ω^)「ブーン……ブーンはブーンだお!」


⊂二( ^ω^)っ ブーン




( ^ω^)の心臓はガソリンを流すようです   終






833 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:49:18 発信元:219.125.145.55
こんな夜中にも関わらず、多くの支援ありがとう


ねむいwww


さるにかかったのは久しぶりだった


個人的に王道大好きです




質問指摘その他あればよろしくお願いします


831 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:47:36 発信元:210.136.161.7
もしや(´・ω・`)か?


832 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:48:44 発信元:210.136.161.8
乙!
ラストが良かった




834 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:49:34 発信元:114.51.65.163

ロボットの命や思考、尊厳の話って結構難しいよな


835 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:49:52 発信元:114.149.119.22
乙!
寝る前に良いの読ませてもらったぜ


836 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/13(月) 02:50:37 発信元:124.146.175.100
乙!


 
総合短編(ハートフル・感動) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。