スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
768 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 15:28:28 ID:C42yUixo0
('、`*川「鳥もいないのに鳥かご買ってしまった・・・」

('、`*川「アンティークぽいのが欲しくてつい・・」

('、`*川「アイツにいいかっこしたくてこんなもの買っちゃった」

('、`*川「・・・・それにしても寂しすぎるわね」

('、`*川「そうだわ!」

私は引き出しからもう何年も使っていない折り紙を探し出した


769 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 15:29:15 ID:C42yUixo0


       ('、`*川が折り紙の鳥を鳥籠で飼うようです


770 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 15:29:59 ID:C42yUixo0
('、`*川「うーん どうする?」

パソコンで小鳥の折り方を調べてみたけど、やっぱりないなぁ

('、`*川「まあ 適当に作れば様になるでしょ」


30分後


( ゚∋゚)

('、`*川「完璧・・・だわ」

('、`*川「貴方はクックルよ」


771 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 15:30:51 ID:C42yUixo0
( ゚∋゚)おい

( ゚∋゚)伊藤

('、`;川「しゃべった・・・」

( ゚∋゚)寂しいんだろ 話し相手にやってやる

('、`;川「それはどうも」

( ゚∋゚)餌くれ

('、`;川「何なのアンタ」

( ゚∋゚)折りがみな

('、`;川「はいはい」

突然のことでびっくりはしたものの
寂しい私は興味本位でクックルを飼うことにした
 
 
772 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 15:31:58 ID:C42yUixo0
翌日の夕方

('、`*川「今日は学校でさぁー」

( ゚∋゚)ふむふむ

('、`*川「アイツが冷たくてさー」

( ゚∋゚)そうか


本当に話を聞いてくれた
アドバイスは的確だったし、それで解決した問題もあった
私はクックルを信頼していたし、クックルもまんざらでもないようだった


773 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 15:32:41 ID:C42yUixo0
そして数ヶ月たった雨の日


('、`*川「彼に告白したいけど・・・やっぱ無理」

( ゚∋゚)うじうじするな あたって砕けろ

('、`*川「いやよ・・・怖いよ」

( ゚∋゚)やらなきゃならんだろう

('、`♯川「あんたには分からないのよ!」

( ゚∋゚)ああ分からんな 逃げる奴の気持ちなんか

(;、;川「うう・・・うわあああああああん」

的を得た意見が辛かった


774 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 15:34:14 ID:C42yUixo0

(;゚∋゚)すまない 言い過ぎた

('、;*川「ええ、私も」

( ゚∋゚)まあ がんばれ


('、`*川「ラブレターの練習くらいはしようかしら」

( ゚∋゚)がんばれ!

50分後  ( ゚∋゚)クックルドウドウ!


クックルのアドバイスもあり何とか形にはなった


775 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 15:36:46 ID:C42yUixo0
が、


(;、;*川「やっぱりだめええええええ」グシャッ

( ゚∋゚)あーせっかく書いたのに



(;、;*川「今日は寝る!」

( ゚∋゚)結構いい出来だと思うんだがな・・・


(-、-*川 クークースピー


( ゚∋゚)・・・・・・


バサッ


776 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 15:39:07 ID:C42yUixo0
翌日

('、`*川「ふあああ・・・あれクックル?」

そこにはアンティークな鳥籠だけがたたずんでいた

('、`*川「長い長い夢だったわね・・・」

少し寂しい気がした私の部屋の窓の外で
雨上がりの朝が輝いていた

ピーポーン

チャイムが鳴った


( ・∀・)「伊藤ー いるかーい」

アイツだった


777 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 15:41:50 ID:C42yUixo0
('、`;川「え? あわっわわあっわ」

( ・∀・)「手紙じゃ遅くなるから直接来たよ」

('、`;川「何? どうしたの?」

降りて行った先で

( ・∀・)「伊藤」

( ・∀・)「僕も伊藤が好きだ」

私は失神しそうになった

そうか・・・・


クックル・・・ありがとう


778 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 15:43:00 ID:C42yUixo0
数日後

('、`*川「どうぞ~ 上がってモララー」

( ・∀・)「初めてだなぁー・・・ん?」

( ・∀・)「この鳥籠は何?」

彼はアンティークな鳥籠を指差した

('、`*川「ああ それは――――――


779 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 15:43:54 ID:C42yUixo0



     ――――私の親友が居た鳥籠よ」






         ('、`*川が折り紙の鳥を鳥籠で飼うようです 終わり





780 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/23(月) 16:00:24 ID:QRs1wMqw0


クックルさん、男前だ



お題: 鳥籠

 
総合短編(ハートフル・感動) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。