スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
※タイトルがなかったので、勝手につけさせて戴きました。


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 10:31:57.41 ID:Nco6bxpu0
以下
3レス
もきんイヴ


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 10:32:32.47 ID:Nco6bxpu0
lw´‐ _‐ノv「犯人は、あなたです」

 静まりかえる犯行現場。名探偵シューの頭脳が閃き冴える。
 優雅にパイプをくわえながら、彼女は横たわるドクオを指差した。
 ドクオ。この家に住むニートで、駄目人間国宝に認定されている『生きる国宝』だ。
 ただ、本人は既に絶命しており、シューの見立てでは「死んでない。または死後間もない、もしくは一時間~二時間、それ以上の可能性もある」とのこと。

(´・ω・`)「し、しかし名探偵シュー。彼は被害者です。あなたの推理の結果は『自殺』という事ですか?」

 ショボン。この付近を彷徨うゲイ。それ以上でもそれ以下でもなく、普段は冷静な紳士で通っている。
 ドクオの古い友人であり、今日はたまたま招かれていた。

川 ゚ -゚)「話にならんな。現場を見た者の発言とは思えん。これは完全に他殺じゃないか。名探偵もこの程度という訳か?」

 素直クール。女性の友人としては、被害者ドクオにとって唯一無二の存在。
 今日こそはニートの汚名を返上させてやるべくここを訪れた。

('A`)「クーの言う通りだ。この現場に揃った物的証拠。自殺にしてはド派手じゃないか」

 ドクオ。今回の事件の被害者であり、ニート。
 むくりと起き上がり、思いついたように文句を言う。生きている価値など、これっぽっちもない。
 ただ、これは昔のトラウマが原因になっている人間不信である。

lw´‐ _‐ノv「まず、この包丁を見てください。血のりがべったり。ドクオさんの指紋です」

 そんなものは手袋をつけた犯人が殺した後に握らせたのだろう、と皆くちぐちに叫ぶ。
 足跡、自分で刺した傷とは思えない血飛沫の飛び散り方。
 現場に残されていたありとあらゆる状況が「他殺」である事を物語っていた。


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 10:33:11.66 ID:Nco6bxpu0
川 ゚ -゚)「警察を呼ぼう。やはり素人に任せたのが間違いだった」

 携帯を手に取る素直クールを、名探偵シューは手を挙げて静止させた。

lw´‐ _‐ノv「皆さんは勘違いをしておられるようだが、私は自殺とは一言も言っていない。これは紛れもない、他殺だ」

 一瞬のどよめきの後、失笑が起こる。
 素直クールに至っては顔を伏せて笑っている。

(´・ω・`)「自殺ではなく他殺。被害者が犯人。さっぱり意味が分からないよ。ドクオが二重人格だったとでも言うのかい」

lw´‐ _‐ノv「いえ、彼は正常です。人殺しという点を除いて、ですが」

('A`)「いい加減にしてもらおうか。さっきから勿体ぶってばかり。きちんとした説明が出来ないなら、警察を呼ばせてもらう」

 ドクオが半年ぶりに立ち上がろうとした矢先の事だった。
 名探偵シューのパイプから煙が吹き出、口元がにやりと笑う。

lw´‐ _‐ノv「でははっきりと言いましょう。ドクオさん、現場に残るすべての証拠から、犯人はあなたであり、そして被害者は――」

 がふっ、と。口元から夥(おびただ)しいまでの血液を吐きだし、その場で片膝をつく。

lw´‐ _‐ノv「私だ」

(;'A`)「なっ――」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 10:33:43.21 ID:Nco6bxpu0
(;´・ω・`)「これはいったい……」

lw´‐ _‐ノv「ぐふっ……。そう、彼は死んでなどいなかった。現場にある血液は全て私のものだ」

 ついに両膝をつき、肩を震わせる。
 常人ならばとっくに絶命している出血量である。

川 ゚ -゚)「そんな、ドクオ」

(;'A`)「ち、ちがう! 俺じゃない! 俺は殺してなんか……いない」

lw´‐ _‐ノv「そう、彼に殺すつもりは無かった。彼が本当に殺したかったのは――」

 自分なのだから。

 素直シュール。探偵と怪盗を自称し、ふらりと現場に現れて被害者と自分をすり替えていく。
 それが例え自殺だとしても。
 全ての事件は公けにされる事なく、処理されていく。
 何故なら被害者などなく、加害者は誰も殺していないのだから。

lw´‐ _‐ノv「さようならドクオさん。ご友人を大切に」

 あとは野となれマウンテン。
 時がたてば透明になる自分色のペンキを垂れ流しながら、彼女は歩き続ける。
 彼女がどこから来てどこへ行くのか。
 それを知るものはいない。


 END





79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 10:36:31.52 ID:a9zrVpCGO
どうなってんだこれwww乙www


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 10:59:06.37 ID:0eUABgv2O
またお前か
GS


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 11:06:48.96 ID:paTV372TO
乙!
本当にシュールの扱い上手いよな


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 12:59:53.87 ID:EoZCsqB5O
なんぞこれwwwww


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 13:01:07.40 ID:EoZCsqB5O
パッドエンドってどんなのだろ


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/08/19(木) 13:08:19.40 ID:VWExNWdJ0

あとは野となれマウンテンがツボったww



 
総合短編(コメディ・ほのぼの) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。