スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

( ´_ゝ`)夢のようです

2010/07/30 Fri 02:55

 
315 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 23:50:12 発信元:210.153.84.115
投下します!

( ´_ゝ`)夢のようです


323 :( ´_ゝ`)夢のようです:2010/07/29(木) 23:53:24 発信元:210.153.84.3
( ´_ゝ`)「二次元に行けたらいいのに」

( ´_ゝ`)「そうすれば、現実から逃げられる」




( ´_ゝ`)「不登校引きこもりって時点で十分現実逃避してるけど」


俺が学校に行かなくなったのは数ヵ月前のこと。
きっかけは何だったか覚えていない。
現在は、今更行ってもしょうがない、という理由引きこもっている。

同じ顔の双子の弟は学校で活躍しているというのに。
この差は何なのか。


322 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 23:53:08 発信元:210.153.84.117
顔の角度


320 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/29(木) 23:52:32 発信元:221.185.9.123
非リア充


326 :( ´_ゝ`)夢のようです:2010/07/29(木) 23:56:23 発信元:210.153.84.4
( ´_ゝ`)「生きていてもしょうがないな……」

画面の中の少女はこちらに笑いかけている。
いいなぁ、この子は悩みがなさそうで。

( ´_ゝ`)「あぁ、二次元はこんなにも楽しそうなのに」

どうして俺はこんなに駄目なのか。


( ´_ゝ`)「二次元に行きたいなぁ……」

そんなことを言いながらネットサーフィンを続けていたら、急に睡魔が襲ってきた。

そういえば、2日くらい寝てないんだっけ。


そう思いながら、俺はパソコンを消し、ベッドにもぐりこんだ。


329 :( ´_ゝ`)夢のようです:2010/07/29(木) 23:58:35 発信元:210.153.84.103
どのくらい寝たのだろうか。
人の気配に気付いてまぶたを開けると、ベッドの横に見知らぬ男が立っていた。

( ・∀・)「その望み、叶えましょうか?」




(;´_ゝ`)「誰?」

( ・∀・)「モララーです」


( ´_ゝ`)「いや、名前じゃなくて……」

( ・∀・)「あぁ、神様です」


( ´_ゝ`)「  」

あぁ、夢か。
変な夢を見る時もあるものだ。
 
 
332 :( ´_ゝ`)夢のようです:2010/07/30(金) 00:03:32 発信元:210.153.84.20
( ・∀・)「あは、驚いた?」

( ・∀・)「君、ついさっき二次元に行きたいって行ってたでしょ」

( ・∀・)「二次元はちょっと無理だけど、夢の世界だったら案内できるから案内しちゃおうかなー、なんて」



( ´_ゝ`)「  」

( ・∀・)「何か言ってよ」


( ´_ゝ`)「突然すぎて何が何だか」

( ・∀・)「ですよねー」

( ・∀・)「で、夢の世界行ってみない?」



333 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 00:04:07 発信元:221.185.9.123
1919!


334 :( ´_ゝ`)夢のようです:2010/07/30(金) 00:05:53 発信元:210.136.161.112
俺は考えた。

目の前の、神様みたいなのが、俺を別世界に誘っている。



( ´_ゝ`)「お願いします」

どうせ夢だし。
俺は深く考えず、そう返事をした。


( ・∀・)「よし、そうと決まればさっそく」

モララー、もとい神様は、俺に手をかざした。


( ・∀・)「君は今、世界を選択する権利を手に入れた」


335 :( ´_ゝ`)夢のようです:2010/07/30(金) 00:08:16 発信元:210.136.161.5
( ・∀・)「世界の選択はとっても簡単」

( ・∀・)「ただ強く願うだけでいい」


( ´_ゝ`)「それが世界の選択か…」

強く願うだけでいい。
なんと簡単なことだろうか。
さすが夢。なんでもありだ。



俺は、「夢の世界へ行きたい」と強く願った。



次の瞬間、俺の意識は飛んだ。




( ・∀・)「いってらっしゃい」


336 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 00:09:44 発信元:221.185.9.123
go ahead


338 :( ´_ゝ`)夢のようです:2010/07/30(金) 00:11:44 発信元:210.136.161.3
――――――――――
( ´_ゝ`)「……ん…………」


(´<_` )「兄者!」

( ´_ゝ`)「弟者……ここは……?」


(´<_` )「病院だよ。俺が部屋に行ったら兄者が倒れてたから、あわてて救急車呼んだんだ」

( ´_ゝ`)「そうだったのか……心配をかけたな」
(´<_` )「まったくだ」

(´<_` )「何日も寝てたんだぞ」

(´<_` )「倒れた原因も分からないし、呼び掛けても起きないし」


340 :( ´_ゝ`)夢のようです:2010/07/30(金) 00:16:26 発信元:210.153.84.15
( ´_ゝ`)「すまなかった」

(´<_` )「まぁ生きてたからいいよ」


( ´_ゝ`)「……ありがとう」


あぁ、僕には心配してくれる人がいたんだ。
そんなことにも気付かなかったなんて。

君はまったくばかだなぁ。




目覚めた二日後、僕は退院することになった。


何で倒れていたのか、僕にもよく分からない。
パソコンしてたら眠くなって寝たのが最後の記憶だ。


そういえば、あの時どんな夢を見ていたんだっけ。


まぁいいか。


341 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 00:16:44 発信元:221.185.9.123
どうなる


342 :( ´_ゝ`)夢のようです:2010/07/30(金) 00:18:53 発信元:210.136.161.165
――――――――――
( ´_ゝ`)「お疲れさまでしたー」


数年後。

僕は社会人として生活を送っている。
あの時には全く考えられなかった現実だ。



あの不思議な出来事の後、僕は1年留年しながらも学校を卒業した。
在校生として、双子の弟が卒業していくのを見送るのは精神的にきつかったけど、なんとか耐えて学校に通い続けた。


卒業後はすぐに就職した。
この学力では進学してもしょうがないし、今まで迷惑をかけた分早く自立しなければと思ったからね。


現在は、忙しいながらも充実した生活を送っている。
出会いはまだないけど。


345 :( ´_ゝ`)夢のようです:2010/07/30(金) 00:22:29 発信元:210.153.84.17
二次元に行けたらいいのに。
そうすれば、現実から逃げられる。


そう思っていた時期が僕にはあった。

しかし今は違う。
僕は、三次元に生きていることに後悔していない。




始まったばかりの僕の世界で、僕は生きていく。


あぁ、生まれ変わることができてよかった。

これもあの夢のおかげだったのかもしれない。


346 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 00:23:44 発信元:126.232.206.107
心の底ではって事か


347 :( ´_ゝ`)夢のようです:2010/07/30(金) 00:24:38 発信元:210.153.84.19


時々僕は君の夢を見る。
夢の世界に行った君の夢。

そこにいる君はとても楽しそうで、僕はとても安心している。

でも時々、君は僕に言うんだ。

「この世界から出してくれ」って。



何を言っているんだろう。
それは君の望んだ世界なのに。


348 :( ´_ゝ`)夢のようです:2010/07/30(金) 00:26:12 発信元:210.153.84.103
あぁ、そろそろ目覚める時間だ。


元気でね、  。
また明日、会えるかな?

――――――――――
おわり。

お題は、「それが世界の選択か…」でした。
支援ありがとうございました!






349 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 00:28:22 発信元:126.232.206.107
それが兄者の選択か・・・・・乙


351 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 00:42:57 発信元:124.146.175.45



352 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 00:43:43 発信元:119.230.62.153



350 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 00:42:02 発信元:210.153.84.100
乙…だがラストがよくわからなかった
結局兄者の今の現実は夢なのか?ホンモノなのか?


359 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/30(金) 01:41:10 発信元:210.153.84.15
今更だけど>>350へ
モララーが成り代わった現実、という脳内設定がありました。
うまく書けなかったけど

では失礼しました。
初投下楽しかったです。


 
総合短編(シリアス・鬱・ホラー) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。