スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
※スレ立て短編ですが、総合短編の関連作かつまとめられていなかったので。

●元スレ: http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1259423157/

●前作: ( ゚∀゚)夕凪コンビニ店員のようです
       http://iroirotunpeni.blog11.fc2.com/blog-entry-104.html
       http://sogomatome.blog104.fc2.com/blog-entry-45.html



 
2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:49:35.33 ID:zHN7flMo0
  _
( ゚∀゚)「電子レンジ検定を受けるはずだったけど、間違えて国家公務員一種を受けて受かってしまった…。
     しかも警察官かあ。法律とか全然知らないし興味も無いけど僕に務まるのだろうか…」


( ・∀・)「ジョルジュ。なにぼんやりしてんだ。
      早く害者の部屋を調べろ。まだ犯人の痕跡があるかもしれん」
  _
( ゚∀゚)「すいません。でも痕跡なんか全く見つかりませんでしたよ。
     電子レンジの中をくまなく探索しましたが、見つかったのはピザの切れ端くらいでした」

(;・∀・)「なんで電子レンジを調べたんだよ!」
  _
( ゚∀゚)「ほら、火曜サスペンスとかでよく…」

(;・∀・)「ねえよ! 未だかつて電子レンジに最も早く着目した刑事はいないよ!」
 
3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:51:05.39 ID:zHN7flMo0
  _
( ゚∀゚)「でも案外犯人の免許証とか落ちてるかもしれませんよ」

(;・∀・)「どうやってレンジの中に落とすんだよ! 暖めようとしたのか!?」


ミセ*゚ー゚)リ「すいませーん。捜査すすんでます?」

( ・∀・)「おお、これはこれは、ミセリさん」
  _
( ゚∀゚)「どなたですか?」

( ・∀・)「害者だよ。今回荒らされた部屋の主だ」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:54:30.11 ID:zHN7flMo0
  _
( ゚∀゚)「初めまして。電子レンジ課のジョルジュと申します」

(;・∀・)「変な部署作んな! 捜査三課だよ!」


ミセ*゚-゚)リ「あー! あんたあのときの…!?」
  _
( ゚∀゚)「あ…そういえばあなたは…」


( ・∀・)「知り合いか?」
  _
( ゚∀゚)「はい。以前ヤマダ電機のセール中に買った電子レンジの中にいた人です」

ミセ;゚-゚)リ「違うよ! まえにコンビニで会ったでしょ!? 私はレンジの精霊か何かか!」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:56:53.12 ID:zHN7flMo0

( ・∀・)「すいません、ついでに確認を取りますが…。
      今回盗まれたのは下着が数点と、現金2万円程度の入ったサイフでしたよね」

ミセ*゚-゚)リ「はい、そうです。でもちょっとあやふやで…。
      もしかしたら他にも盗まれているものがあるかもしれません」

( ・∀・)「わかりました。それにしても卑劣なやつだ。若い女性を狙うなんて…」
  _
( ゚∀゚)「そうですかね。電子レンジが無事だった分、犯人は温情なやつだと思いますが」

( ・∀・)「おまえは黙ってろ」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 00:59:35.39 ID:zHN7flMo0

( ・∀・)「ところで、捜査報告書に書くための質問をいくつかしてもよろしいですか?
      ここで簡単に済ませられれば、あとで本庁に出向いて頂く手間が省けますが」

ミセ*゚ー゚)リ「はい、それでお願いします」

( ・∀・)「ではまず、わかりきったことですが一応、お名前は?」

ミセ*゚ー゚)リ「ミセリです」

( ・∀・)「年齢と、ご職業は?」

ミセ*゚ー゚)リ「23歳で、テレフォンセンターで働いています」
  _
( ゚∀゚)「週末はレンジの中でがむしゃらに料理を温めているということで、間違いないですか?」

ミセ;゚-゚)リ「間違いしかねえよ!」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:03:03.67 ID:zHN7flMo0

( ・∀・)「盗られた下着の種類とか、よろしいですか?」

ミセ*゚-゚)リ「あ…はい…えっと、ピンクのレース付きのやつと、えと、黒い…ちょこっとエッチな…」

( ・∀・)「エッチ? エッチというのは、Tバックのことでよろしかったですか?」

ミセ*゚-゚)リ「ええ…まあ…」

( ・∀・)「そのTバックにはどのようなブラを合わせますか?」ハァハァ

ミセ*゚-゚)リ「いや…まあ…色的に黒いやつとか…」

( ・∀・)「ハァハァ…ではどのようなときにその組み合わせを用いるのでしょうか」ハァハァ…パンツミセロ…

ミセ;゚-゚)リ「絶対捜査と関係な……おまえ今小声でなんつった!?」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:06:41.78 ID:zHN7flMo0
  _
( ゚∀゚)「暖め中のレンジの蓋を開けるような質問はやめましょう」

ミセ*゚-゚)リ「“ぶしつけな”って意味ですよね…わかり辛ッ」

( ・∀・)「こういう事件って、以前付き合っていた彼氏とかのケースがありますが…」

ミセ*゚-゚)リ「彼氏? いや、そんなことするような彼氏は…あっ!」
  _
( ゚∀゚)「お?」

ミセ*゚-゚)リ「いました!
      女性モノのパンツを見境無く収集して、嗅ぎながらタップダンスを踊り始める
      常にパンティストッキングを被ってスタンガンを振り回す男です!」

(;・∀・)「どうしてそんなやつに恋愛感情を抱いたんですか!」

ミセ*゚-゚)リ「若かったです…でもある意味すごく刺激的な人でした」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:09:13.80 ID:zHN7flMo0
  _
( ゚∀゚)「ということは…ふむ、見えてきたな」

( ・∀・)「なんだって?」

ミセ*゚-゚)リ「やっぱり、その人が犯人なんですか!」
  _
( ゚∀゚)「いや、あなたの服の下のブラが汗で透けてきたってことです」

(;・∀・)「なんだって!?」

ミセ;゚-゚)リ「へ、変態! ていうかおまえ食いつきすぎだ消えろきもい死ね!」

( ・∀・)「中学生がとっさに使う罵倒を一通り述べましたね。モララーショック!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:15:40.78 ID:gWTt4swyO
モララーショック!!!!


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:13:05.31 ID:zHN7flMo0

ミセ*゚-゚)リ「どうでもいいんですけど、早く解決して下さいね」
  _
( ゚∀゚)「わかりました。では電子レンジの中をもう一度拝見させて頂きます」

ミセ;゚-゚)リ「駄目だこの人…事件解決させる気ないよ…。
       もうあなたたち以外の刑事呼んでくれないかな」

( ・∀・)「失敬な。私のどこが駄目だというんです。
      私の欠点は女性モノの下着を常用しているだけですよ」

ミセ;゚-゚)リ「刑事がさらっと凄いこと言ってきた…。
       この人絶対何らかの法に触れてるよ…」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:16:11.64 ID:zHN7flMo0

  _
( ゚∀゚)「あ…あー!」


( ・∀・)「どうしたジョルジュ」
  _
( ゚∀゚)「電子レンジの中にピンセットとたこ糸を見つけました!」

ミセ;゚-゚)リ「何でそんなものが?」

( ・∀・)「犯人の痕跡なのか…?」
  _
( ゚∀゚)ピーン


  _
( ゚∀゚)「えー…今回の事件はぁ~…実に単純なものでしたぁ…んんふふ」


ミセ;゚-゚)リ「なんかどっかで見たことある感じになった!」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:17:46.37 ID:86Ur0ab3O
ちゃららららら らららら~


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:19:37.12 ID:zHN7flMo0
  _
( ゚∀゚)「一見謎と乱雑な家具の配置と趣味の悪い置物が並ぶこの部屋で…」

ミセ#゚-゚)リ「悪かったな!」
  _
( ゚∀゚)「起こったこの難事件…考えれば考えるほど泥沼にはまる…。
     しかしぃ、このレンジで見つけたピンセットとたこ糸、これが全ての謎の解答となるのです」

  _
( ゚∀゚)「そう……解凍(解答)だけに」



ミセ*゚-゚)リ「……」

( ・∀・)「……」


  _
( ゚∀゚)「それでは、解決編は後半で。古畑任三郎でした」

ミセ;゚-゚)リ「ああフルネーム出しちゃった! パロる気ゼロだこの人!」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:24:45.05 ID:zHN7flMo0

( ・∀・)「る~るる~る~」

(-@∀@)「仕方無かったんだ…!」

( ・∀・)「る~るる~る~る~る~」

(-@∀@)「よし子を守る為には、やつを殺すしか無かったんだよ…!」

  _
( ゚∀゚)「あさぴーさん…それは違う」

(-@∀@)「ジョルジュさん…」
  _
( ゚∀゚)「確かに、よし子さんは宗家のしがらみによって無理矢理結婚を迫られていた…でも
     彼女は元々、あなたと逃げる気で…つまり、駆け落ちする気でいたんです」

(-@∀@)「そんな…!?」
  _
( ゚∀゚)「メイドの高田さんから、よし子さんが逃げる計画をしているということを聞きました。
     周りからは、分家のあなたと結婚するのを否定されて、かなり落ち込んでいましたが…。
     しかしあなたへの愛は、そんなしがらみを凌駕するものだったのです…」

(-@∀@)「…それなのに…僕は…よし子を精神的に追い詰め…自殺させてしまったのか…」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:28:28.89 ID:zHN7flMo0
  _
( ゚∀゚)「愛ゆえに、あなたたちは惹かれ合い、合いゆえに、離れざるをえなくなった。
     宗家と分家に1番こだわっていたのはアサピーさん、あなたではないでしょうか?」

(-@∀@)「……」

( ・∀・)「…アサピー、おまえを殺人罪、殺人未遂罪、死体遺棄罪、横領罪
     誘拐罪、万引き罪、自転車ドロ、立ちションの容疑で逮捕する…」

(-@∀@)「ふふ…でも、ジョルジュさん、いつから僕が犯人だとわかっていたんです?」
  _
( ゚∀゚)「はは…簡単ですよ。あなたは凍らせた牛肉を解凍するとき、レンジを使わずに鍋を使った。
     それはあのとき、レンジの中に良彦さんの死体が入っていたからでミセ;゚-゚)リ「なげええええよ!!!!!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:32:16.29 ID:zHN7flMo0
  _
( ゚∀゚)「なんですかいきなり。“推理ショー邪魔した罪”で死刑にしますよ」

ミセ;゚-゚)リ「私の下着ドロの話はどうなったの!?」

( ・∀・)「今はそれどころじゃないだろ!
      宗家と分家にうずまく謎と陰謀…愛憎劇…湖から突き出す両足…謎の老婆…閉ざされた村…。
      それらを一つ一つ紐解き、ついに終幕を迎えようとしたところなんだぞ!」

ミセ*゚-゚)リ「もう壮大過ぎて突っ込む気がしないよ…。
       ていうか、ピンセットとたこ糸はなんだったの?」
  _
( ゚∀゚)「あれは僕の私物でした」

ミセ#゚-゚)リ「さんざん引っ張ってそれかい! 1つも謎解けてないじゃん!」

( ・∀・)「いや、もう謎は解けているんだよ」

ミセ*゚-゚)リ「え?」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:36:38.43 ID:zHN7flMo0
  _
( ゚∀゚)「犯人はモララー。おまえだなミセ;゚-゚)リ「嘘!」



( ;∀;)「仕方無かったんだ…!ミセ*゚-゚)リ「なんか始まった!」



( ・∀・)「生来の歪んだ性癖の為に、女性モノの下着を集めないと死んでしまう悲劇の体として生まれた…」

ミセ;゚-゚)リ「どっちかっていうと喜劇に近いよ!?」

( ・∀・)「事件を起こしては適当に犯人をでっち上げる日々…。
      自分でもブレーキが利かなかった…でも、今回、ようやく捕まることが出来た。
      ありがとうジョルジュ。おまえ、ずっと俺のことを睨んでたな。
      あれは、俺が犯人だと知っていたからなんだな?」
  _
( ゚∀゚)「スイッチを押したら加熱は止まらない…誰かが取り消しボタンを押す必要があった…。
     僕はただ、あなたのボタンを押しただけです」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/29(日) 01:39:23.10 ID:zHN7flMo0

( ・∀・)「警察署には、自分で行くよ。後始末くらい、自分で出来るからな」
  _
( ゚∀゚)「モララー警部…お世話になりました」




ミセ*゚-゚)リ「まさか刑事が犯人なんて…サスペンスドラマみたい」
  _
( ゚∀゚)「まああの人は今回駄目でも、別件でいずれ捕まる存在だろうし…」



ミセ*゚ー゚)リ「それにしても、よくあいつが犯人だってわかったね。ずっと睨んでたらしいけど」
  _
( ゚∀゚)「ええ。僕には見えていたんです…





             あの人のカッターシャツの下にある、ブラが…」




   /終わり/


 
総合短編(ギャグ・カオス) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。