スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
※タイトルがなかったので、勝手につけさせて戴きました。
 

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 20:53:03.01 ID:uEofjJ/20
( -ω-)zzZ

( ^ω^)パッチリ

( ^ω^)「お?ここは何処だお?」

川 ゚ -゚)「やあ新入り君。起きるのが遅いぞ」

( ^ω^)「お?誰ですかお?」

川 ゚ -゚)「私はボールペンのクーだ。よろしく」

( ^ω^)「僕は犬型目覚まし時計のブーンですお。よろしくですお」

川 ゚ -゚)「目覚まし時計か。君も不幸な時計なんだな」

( ^ω^)「も?不幸?何ですかお?僕は不幸じゃないですお。買ってもらいましたお」

川 ゚ -゚)「確かに買われたのは幸運だが、買われた相手が悪かったな」

( ^ω^)「え?何か物凄い人なんですかお?」

川 ゚ -゚)「ああ。物凄い怪力だ。今までの目覚まし時計はみんな一日で潰された」

( ゚ω゚)


394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 20:54:15.74 ID:uEofjJ/20
('A`)「そんなショッキングな事教えてやるなよ、クー」

(;^ω^)(くさっ。何この足の裏のにおい)

川 ゚ -゚)(くせえ)「何だドクオ。君の方がショッキングじゃないか」

(;'A`)「確かに俺は靴から離れてこんな所に放置されてるが、その言い方はひどいぞ」

川 ゚ -゚)「いや君の存在意義は無いから、もはやショッキングでは無い」

(;'A`)「さらにひどいぞ。じゃあ何がショッキングなんだよ」

川 ゚ -゚)「その容姿や体臭がショッキングなんだよ」

('A`)


395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 20:56:06.36 ID:uEofjJ/20
(;^ω^)「誰ですかお?あの人」

(;A;)←あの人

川 ゚ -゚)「彼は靴べらのドクオだ」

(;^ω^)「靴べらって……。どうりで臭いわけだお」

(;A;)「うるせえ!好きで臭くなってるんじゃねえんだよ!」

(;^ω^)「すみませんお」

川 ゚ -゚)「別に謝ることは無い。こいつに謝っても無意味だ」

(;^ω^)「そうなんですかお」

川 ゚ -゚)「あれを見てみなよ」

(;A;)「くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」!」

(;^ω^)「何喋ってんだお」
 
 
396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 20:57:21.60 ID:uEofjJ/20
( ・∀・)「よお!誰だそいつ」

川 ゚ -゚)「新入りの目覚まし時計のブーンだ」

( ^ω^)「よろしくですお」

( ・∀・)「よろしくな!俺は犬のぬいぐるみのモララーだ」

( ^ω^)「動けるんですかお?」

一二三( ・∀・)「おう!自由自在に動けるぞ」

( ^ω^)「うらやましいですお」

(・∀・ )三二一「お前も犬型じゃねえか。動けるんじゃないのか?」

( ^ω^)「そうですかお?やってみますお!」


397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 20:58:36.11 ID:uEofjJ/20
( ^ω^)「よいしょー!!」

一二三(*^ω^)「おお!」

(*^ω^)「動いたお!すごいお!」

( ・∀・)「よかったな」

川 ゚ -゚)「すごいじゃないかブーン。できれば私を乗せてほしい」

(*^ω^)「いいお!じゃんじゃん乗るお!」

('A`)「俺も乗せてくれ」

川 ゚ -゚)「断る」

('A`)

(;^ω^)「そういうことなんで……すみませんお」

('A`)


398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 21:00:01.31 ID:uEofjJ/20
川 ゚ -゚)「ここにはヒートが居るぞ」

ノパ⊿゚)「居るぞおおおお!!!!誰だそいつ!!??」

(;^ω^)「声でかすぎだお」

川 ゚ -゚)「新入りの目覚まし時計のブーンだ」

( ^ω^)「よろしくですお」

川 ゚ -゚)「こいつはラジオのヒートだ」

ノパ⊿゚)「よろしくなああああ!」

(;^ω^)「何でそんなにうるさいんですかお」

ノパ⊿゚)「なんかアンプがどうとかスピーカーがどうとか言ってたぞ」

川 ゚ -゚)「簡単に言えばこいつはうるさい奴だということだ」

( ^ω^)「そうなんですかお」


400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 21:02:05.23 ID:uEofjJ/20
一二三(*^ω^)「ブーーーーン」

川;゚ -゚)「早すぎだ。落ちてしm」

川;゚ -゚)「うわーーー!」

(;^ω^)「落としちゃったお!ごめんなさいお!」

(´<_`;)「痛!」ポチ

(;´_ゝ`)「うわ!いきなりつけるなよ弟者!」

(´<_`;)「俺じゃない。クーが落ちてきたんだ」

(*´_ゝ`)「なに!クーたんか!?おーいクーたーん!」

川 ゚ -゚)「死にさらせ」

(*´_ゝ`)「辛辣なところも良い!!」

(´<_` )「消すぞ」

(;´_ゝ`)「ごめんなさい消さないで」

川 ゚ -゚)「断る」

(´<_` )「ポチっとな」

(;´_ゝ`)「やm」


401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 21:03:04.21 ID:uEofjJ/20
( ^ω^)「兄者さんって変な人だお」

川 ゚ -゚)「変じゃない、変態だ。ブーン、そこで止まってくれ」

( ^ω^)「冷蔵庫ですかお?」

(´・ω・`)「やあ、ようこそバーボンハウスへ。この冷気はサービスだから受け取ってほしい」

(*^ω^)「涼しいお!」

(´・ω・`)「注文は何だい。ワイン?ウォッカ?それともテキーラ?」

川 ゚ -゚)「生き物じゃないから飲めないぞ。後お前の中には缶ビールしかないだろ」

(´・ω・`)「冗談だよ」

(*^ω^)「美味しそうですお」

(´・ω・`)「そうかい。だがしかし僕は中の物を取り出せない。残念だったね」

( ´ω`)


402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 21:04:20.02 ID:uEofjJ/20
(;^ω^)「ちょっと疲れたお。休むお」

ξ゚⊿゚)ξ「ただいまー」

( ^ω^)「お?この人があの怪力の人かお?全然そんな風に見えないお」

川 ゚ -゚)「ブーン騙されちゃ駄目だ。ああ見えて怪力なんだ」

( ´ω`)「そうなんですかお」

川 ゚ -゚)「しかし君は動けるんだ。潰される前に避けたらどうだい?」

(*^ω^)「ナイスアイデアだお!明日やってみるお」

ξ゚⊿゚)ξ「ビールは……あった!」

ξ゚⊿゚)ξゴクゴク

ξ*゚⊿゚)ξ「プハー!仕事帰りのビールは格別ね!」

( ^ω^)「ビールって美味しいのかお?」

川 ゚ -゚)「さあね。美味しいんじゃないのかい」

( ^ω^)「そうなのかお」


404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 21:06:12.39 ID:uEofjJ/20
ξ゚⊿゚)ξ「さて。寝ようかしら」

(;^ω^)「やばいお!緊張してきたお」

川 ゚ -゚)「まだ夜だぞ。今から緊張してどうする」

(;^ω^)「そうですおね。でもやっぱり緊張しますお」

ξ゚⊿゚)ξ「おやすみなさい」

( ^ω^)「おやすみだお」

ξ-⊿-)ξzzZ

( -ω-)zzZ


405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 21:07:22.07 ID:uEofjJ/20
( -ω-)zzZ

( ^ω^)ハッ

(;^ω^)「まだ生きてるお!良かったお」

川 ゚ -゚)「おはよう。もうすぐツンが起きるぞ」

ξ-⊿-)ξzzZ

( ^ω^)「かわいい寝顔だお」

((( ^ω^)))ジリリリリリリリ

ξ´⊿`)ξ「うーん。うるさい!」

(;^ω^)「!とう!」ジリリリ

ドン!!

川;゚ -゚)「大丈夫か!?ブーン」


406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 21:09:04.16 ID:uEofjJ/20
(;^ω^)「壁に穴が空いたお!なんて怪力だお!」ジリリリ

ξ゚⊿゚)ξ「うるさい!」

(;^ω^)「な!しまtt」

(#)゚ω゚)「ぐあ!」

川;゚ -゚)「ブーーーン!」

(;・∀・)「!届け!」

(#)゚ω゚)「モララーさーん!」

(;・∀・)「ブーン!届……かない!」

(#)゚ω゚)「うわーーー!」

(´・ω・`)「キャッチ」

(#)^ω^)「助かったお……冷た!」

(´・ω・`)「冷凍室なんだ、すまない」

ξ゚⊿゚)ξ「今人形が……気のせいね」

(;・∀・)(あぶねー)


407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 21:10:59.15 ID:uEofjJ/20
ξ゚⊿゚)ξ「さてと靴べらは……あった」

ξ゚⊿゚)ξ「いってきまーす」

川 ゚ -゚)('A`)( ・∀・)「いってらっしゃーい」ノパ⊿゚)(´<_` )(´・ω・`)

(;^ω^)「あの……」

(´・ω・`)「なんだい?」

(;^ω^)「いつ出してくれるんだお?このままじゃ凍死するお」

(´・ω・`)「忘れてたよ。開けるから自力で出てね」

( ^ω^)「わかったお。……あ」

(´・ω・`)「どうしたんだい?」

(;^ω^)「……動かないお」

―お終い―






408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 21:15:01.54 ID:uEofjJ/20
支援ありがとうございます
お題は「靴べら」「アンプ」「缶ビール」でした

靴べらと靴底を間違えてしまった。ドクオは靴底なんだ
投下してわかったから最後に中途半端なかたちでしか入れられなかった


409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 21:28:21.74 ID:Qp3WKShb0
おつおつ
関係性が面白かった


411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/29(木) 21:41:33.60 ID:xQ+SraplO
>>408
乙乙
前のもそうだったけど行動や登場人物の設定が若干わかりにくい思う。物語自体はすごく面白い。


 
総合短編(コメディ・ほのぼの) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。