スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
244 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/24(土) 23:15:59 発信元:119.245.203.2
http://sogomatome.blog104.fc2.com/blog-entry-464.html

これの続きです
まとめさん本当ありがとうね


246 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/24(土) 23:18:50 発信元:119.245.203.2
3機は、雲より高く音より速く、シベリアの月夜に舞う。
それぞれが描く同じマークには、三者三様の意味が込められている。
デレにとっては、何が何でも守り抜いた最後の矜持。
トソンにとっては、自分を救ってくれた人との繋がり。
シャキンにとっては、シベリアとの交流の歴史。

ζ(゚ー゚*ζあ、敵だけどお父さんは別。殺さないわ、家族だもの

デレは緩やかに上昇。

ζ(゚ー゚*ζでもトソンさん、あなたは違う。どうして私やツン姉さんがお父さんと一緒にいられないのに、ぽっと出の貴女が一緒なの?

(゚、゚トソン 私に言われても知りませんよ

ζ(゚ー゚*ζ貴女には、そのマークは相応しくない。貴女なんか、私の姉妹とは認めない。私の姉妹は、ツン姉さんだけよ!

(`・ω・´)やめなさいデレ!


247 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/24(土) 23:20:46 発信元:119.245.203.2
ζ(゚ー゚*ζ私達がこのマークを守る為に、何を犠牲にしたか知らないくせに!

(゚、゚#トソン うるさい黙れ!勝手な事ばかりうだうだと!

(゚、゚トソン 何があったのか、ツン姉さんという人がどんなに大切なのか知らないけどね

(゚、゚トソン 私にとってこのマークが、お父様の娘である事がどれほど大切か、知りもしないくせに!

(゚、゚トソン 私にはもう、シャキンお父様しかいないのよ!

ζ(゚ー゚*ζなによ!

ツンは、短射程AAMの照準を、トソンへ合わせる。

(゚、゚トソン このっ!

トソンもまた、ミサイルのシーカー視野にデレを捉える。

(`・ω・´)やめなさい2人とも!

ζ(゚ー゚*ζあらお父さん、それはだめよ。だって私達は敵同士よ


248 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/24(土) 23:22:59 発信元:119.245.203.2
(゚、゚トソン そうですよお父様、私達は戦争中です。敵は無力化しなければ

《ガレヴ1、聞こえるな?ガレヴ2の言う通りだ》

(`・ω・´)しかし…

《余地はない、ガレヴ1。君は今までどれだけの人生を潰してきた?今更躊躇うな》

(゚、゚トソン ガレヴ2、FOX2

(`・ω・´)トソン!

(゚、゚トソン …お父様、私に殺されろと仰いますか

ζ(゚ー゚*ζあら、お父さんは私を優先してくれるの?嬉しい

(`・ω・´)違う、そういう事ではない!

デレは大きな宙返りをしながらフレアを放出、ミサイルを回避。
その隙にトソンは、緩やかに上昇。

ζ(゚ー゚*ζお父さんが悩む事じゃないわ、これは私達の問題よ

(゚、゚トソン そうですよ、お父様は手出し無用です

宙返りを終えたデレ。


250 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/24(土) 23:25:44 発信元:119.245.203.2
再びトソンをロックし、直後にミサイルを発射。
トソンが回避機動を行う間に、デレは加速と右回りの旋回をしながら接近。
強烈なGで身体が悲鳴をあげる中、トソンは必死に意識を保つ。

ζ(゚ー゚*ζ本当図々しいわ、まったく。私が誰かも分からなかったくせに

(゚、゚;トソン 図々しいのはっ…貴女でしょう、お父様が、決めた事に口を挟んで

トソンはミサイルを回避した直後、デレとは反対方向に旋回しながら加速。

ζ(゚ー゚*ζうるさいわね、姉妹の問題なんだから口ぐらい挟むわよ。むしろあんたみたく、お父様お父様言ってる方が気持ち悪いわ。まるでヤンデレじゃない


253 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/24(土) 23:27:38 発信元:210.153.84.18
ヤンデレとな
 
 
254 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/24(土) 23:27:44 発信元:119.245.203.2
(゚、゚トソン 貴女の方が気持ち悪いです、お姉さんお姉さんって筋金入りのシスコンですか。しかもみんな殺すって、とばっちりも良いとこですよ

2人は兵装を機関砲に切り替える。

ζ(゚ー゚*ζあんた、思ってたより口が減らないわね

(゚、゚トソン 貴女の頭が鈍いだけです。どうせ甘やかされて育ったんでしょ

ζ(゚ー゚*ζ失礼ね、あんたよりは苦労してるはずよ。あんたどうせ毎日、お父さんに玩具をねだってるんでしょ

2機の進行方向が交差し、2人はトリガーに指を添える。

(゚、゚トソン 貴女なんかと血縁がなくて本当に良かった

ζ(゚ー゚*ζ本当そうね、私も貴女が嫌いだもの

2機が一瞬だけ向き合い、すれ違う。
2人は一瞬だけ睨み合い、機関砲を発射。


255 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/24(土) 23:29:50 発信元:119.245.203.2
(゚、゚トソン あら? ζ(゚ー゚*ζ

2機の放った弾頭は、金属の塊に自身を侵入させる事なく、駆けていった。

ζ(゚ー゚*ζ(゚、゚*トソン べ、別にわざとなんかじゃないんだから!

(`・ω・´;)…

《…》

(`・ω・´)急にどうしたんだい、2人とも

( 、 トソン …死にたい

ζ( ー *ζ…私も

(`・ω・´)…ほ、ほら、2人ともその気になれば仲良くζ(゚ー゚*ζなれないわ(゚、゚トソン ええ、無理です

2機は、互いを目指して旋回しはじめる。


256 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/24(土) 23:32:19 発信元:119.245.203.2
犬が互いの尻尾を追いかけ、回る様に、2機はひとつの円を画いた。

(゚、゚トソン 貴女、さぞ悲しいでしょうね

トソンが円を外れデレから急速に離れる。
ζ(゚ー゚*ζ何よ急に

デレも円を出で、トソンと離れる。

(゚、゚トソン 自分の大切なものを穢され、離れ、壊して

トソンは上昇、デレは下降。

(゚、゚トソン でも、私は同情しません

2機は弧を描き、互いに機首を向ける。

(゚、゚トソン 今の私は幸せです、お父様がいるから

向かい合った2機は、1本の直線を引くかのように接近しあう。

(゚、゚トソン だから誤魔化さないで、自分の幸せの為に撃ちます

一瞬で距離をつめた2機は、機体をひねりながら射撃。
瞬きをする合間に紡がれる殺意の線。
交差し、目標へと触れた。


258 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/24(土) 23:35:56 発信元:119.245.203.2
(゚、゚トソン あっ!

ζ(゚ー゚*ζちっ!

それぞれ、機体の後部に被弾。
振動と警告音、ディスプレイの情報がそれを2人に伝える。

(゚、゚トソン ああ、もう!

そのままの方向で、2機は加速しながら飛び抜ける。

ζ(゚ー゚*ζ何をそんなに焦っているのよ

トソンは反転、なるたけ小さい旋回をしてデレへ向かう。

(゚、゚トソン うるさい!

デレはアフターバーナーを使用して、方向は変えず更に加速。

ζ(゚ー゚*ζああ…わかったわ、貴女怖いんでしょう

(゚、゚トソン !

トソンもアフターバーナーを使用、デレに追いつこうとする。

ζ(゚ー゚*ζ貴女とお父さんとの間に、私とツン姉さんが入るのが

デレはアフターバーナーを切り、直後に反転、トソンと向き合う。

ζ(゚ー゚*ζ貴女だけのお父さんではないのが!


264 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/24(土) 23:53:40 発信元:119.245.203.2
と、デレはいきなり機体を捻って上下逆さまに。そのまま、急激な逆宙返りを半分だけ行う。

(゚、゚トソン なっ、違う!

デレの、ほぼ真上を通過したトソンはアフターバーナーを切り、急激に右旋回。

ζ(゚ー゚*ζ嘘!貴女はお父さんを独り占めしたいのね、子供みたいに!

デレもまた、機首を起こして右旋回。
デレが、機体を引き起こすために必要とした時間の分、2機の距離は開く。

ζ(゚ー゚*ζ貴女みたいな子供に、お父さんは渡さない!

兵装を切り替えたデレは、トソンを下方より狙う。

(゚、゚トソン なによ、偉そうに!

トソンは機首を引き起こして上昇に入り、続いて宙返りを半分だけ行う。
弧の頂点に達したトソンは、機体をひねり、左へ。


266 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/24(土) 23:57:51 発信元:119.245.203.2
(゚、゚トソン 結局貴女だって、私と同じよ、自分を見て欲しいのね

(゚、゚トソン 貴女は今以上に寂しくなるのが怖いだけ、恐怖を狂気で紛らわそうと

(゚、゚トソン 素直に、お父様に泣きつけば良いのに。辛いならお父様に縋りつけば良いのに、なぜそうしないの?

デレはトソンへ向け、緩やかに上昇。

ζ(゚ー゚*ζええ、そうよ

ζ(゚ー゚*ζ怖いに決まってるじゃない、今まで縋りついていた人が居なくなったんだから

トソンも、機関砲から中射程AAMへ切り替える。

ζ(゚ー゚*ζ知ってる?シベリアが捕らえたパイロットの捕虜、いないのよ?

(゚、゚トソン でも貴女、選択肢は有るじゃないですか。このままシベリアにζ(゚ー゚#ζ黙れ!

デレとトソンは同じ高度に。



268 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/25(日) 00:00:24 発信元:119.245.203.2
ζ(゚ー゚#ζどっちの国にも大切な人がいるの!どっちを取るかなんて選べない!

ζ(゚ー゚#ζ選べないから、私は選ばされた道を行くしかないの!

(゚、゚トソン …そうですか、わかりました

トソンは緩やかに左回りの円を画き、デレはタイミングを合わせ、緩やかに右回りの円を画く。

(゚、゚トソン 私も、歩むのは選びようのない道ですが、幸せです

(゚、゚トソン だからこそ、お父様との思い出を持つ貴女に、嫉妬します

ζ(゚ー゚*ζ私も、貴女に嫉妬してるわ

ζ(゚ー゚*ζいつかツン姉さんと、同じブーン系図書館に携わる者として、挨拶したかった。そのために、シベリアを出たのに

ζ(゚ー゚*ζ私達が成した事は潰され、せっかくできた友達も、私達のせいで非国民扱いよ


270 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/25(日) 00:02:31 発信元:123.221.208.114
せつねえな


271 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/25(日) 00:03:18 発信元:119.245.203.2
ζ(゚ー゚*ζだから、シベリアでお父さんと同じ空を飛べる、貴女が嫉ましいわ

《ガレヴ、ヤストレヴに警告、敵の戦闘飛行大隊2個が当空域に接近中、撤退せよ》

(゚、゚トソン あら、邪魔が入りましたね

ζ(゚ー゚*ζ時間が無いなら、これで終わりにしましょ

円を画いた2機は、互いを目指して進行方向を変える。
機首を向けあう2機は、同時にミサイルを放つ。



272 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/25(日) 00:08:32 発信元:119.245.203.2
そしてチャフをばらまき、最大限に操縦桿を引き。

(゚、゚トソン くっ!ζ(゚ー゚*ζあっ!

直撃を回避した。すぐそばでの爆発、圧力と破片で揺れる2機。

ζ(゚ー゚*ζまだよ!(゚、゚トソン まだ!

即座に兵装を切り替え、なるたけ小さな弧を画き、2機はすれ違う。



275 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/25(日) 00:11:06 発信元:119.245.203.2

ζ( ー ;ζあ゛っ

トソンはエンジン、デレはコックピットに被弾。

(`・ω・´)デレ!

(゚、゚トソン ああ、お父様、居たんですか

ζ(゚ー゚*ζお父さん、居たの?

(`・ω・´)デレ、脱出しろ!

ふらふらと墜落していくデレの機体。

ζ(゚ー゚*ζ無駄よ、下半身の感覚がないもの

(゚、゚トソン …デレ、さん

ζ(゚ー゚*ζさよならトソンさん、お父さんをよろしくね

排気ノズルから炎を噴き出しながら、デレは静かに、闇の中へ落下した。

(`・ω・´)デレ…


276 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/25(日) 00:12:33 発信元:123.221.208.114
あああ


277 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/25(日) 00:14:38 発信元:119.245.203.2
( 、 トソン …ごめんなさい、私…

(`・ω・´)トソンは悪くない、悪くないんだ。デレだって…

《ガレヴ、急ぎ撤退しろ!敵が迫っている!》

空中警戒管制機からの警告の直後、シャキンとトソンはロックオンされ、敵がミサイルを発射。

(`・ω・´)しまった、ミサイル接近!

(゚、゚トソン !

シャキンとトソンめがけ、数発の空対空ミサイルが飛翔。
2機はとっさに加速。


278 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/25(日) 00:18:44 発信元:119.245.203.2
(゚、゚トソン なっ!

途端に、トソンの機体はエンジンに異常をきたし、取り残された。

(`・ω・´)トソン、どうした!

(゚、゚;トソン 加速できない、推力が下がる!

接近するミサイルに、トソンはもはや対抗する術が無い。チャフ・ディスペンサーは、既に使い切った。



279 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/25(日) 00:20:41 発信元:119.245.203.2

(`・ω・´)くそっ!

シャキンは反転、トソンへ向けて全力で加速。

(゚、゚トソン お父様?

トソンを追い越したシャキンは、数発のミサイルへ向かう。

(`・ω・´)私が引き受ける!

シャキンは向きを変え、ミサイルは全てが、シャキンを追う。

(゚、゚トソン お父様!

シャキンは旋回しながらチャフを放出、ミサイルは無意味に爆発。

(`・ω・´;)まだか

残った最後の1発をかわすべく、骨が軋みそうなほどの急旋回。

(゚、゚;トソン お父様!


280 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/25(日) 00:23:46 発信元:118.1.90.122
うああ…


281 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/25(日) 00:24:38 発信元:119.245.203.2
(`・ω・´;)大丈夫だトソン、もうかわせる

(゚、゚;トソン 違う、違うのお父様!

(`・ω・´)え?

(゚ー゚トソン ありがとう

新たに放たれていたミサイルに、シャキンは初めて気付いた。

(`・ω・´;)トソ…

(;、;トソン !っあ

直撃するミサイル、バラバラになった機体。
ちぎれた機首部分は燃えながら落下し、トソンは焼かれながら墜ちていく。

(`・ω・´;)あ…

その様を見ていたシャキンは、一瞬だけ機体の操縦を忘れ、その隙にミサイルはシャキンに突っ込んだ。





284 :('A`)守るために殺すようです:2010/07/25(日) 00:27:58 発信元:119.245.203.2
今回は以上です、ありがとうございました

パソも二つ目の携帯も無いと、不便ですね

それじゃあ、明日休みでは無いんで寝ます
おやすみなさい


285 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/25(日) 00:30:45 発信元:123.221.208.114

悲しいな


286 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/25(日) 00:31:07 発信元:119.230.62.153
乙乙!


287 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/25(日) 00:31:39 発信元:210.136.161.75
乙!


288 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/25(日) 00:32:20 発信元:118.1.90.122
乙!つらいなぁ…






※8/12更新分
 ↓以下、避難所 【 ('A`)守るために殺すようです 】 スレより

  http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/37256/1281537577/


6 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:02:00 ID:vWWzk0HkO

夢を見ている。
私の娘達と、妻とで花見に出かける夢。

シートでささやかに占領し、弁当や飲み物を広げている。

穏やかな風によって周囲に舞い散る桜の花弁、聞こえてくる賑やかな乾杯の音頭。

楽しげな声に囲まれていながら、妻も娘達もただ無口に、笑顔を貼り付けたまま。

私も何となく口を開く気には、ならない。


7 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:04:52 ID:vWWzk0HkO

「みんなそろったかや?では、作戦をフェーズ3へ移行する。乾杯!!」

「乾杯!!」

「かんぱーい!!」

喧騒とは違う、祭り特有の協調的な賑やかさに包まれている私は、心地良い浮遊感を覚える。

「よーし、とりあえず乾杯するぞ。まわりの人達に負けないぐらい元気良くいくぞ!」

「はーい!」

あらゆる過去を受け入れる、この国でも。

「せえの!」


8 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:06:38 ID:vWWzk0HkO

時には、ウォッカを酌み交わせない相手もいる。
それはきっと、この国の誰もが望まず、誰もが悲しむ事。

「乾杯!!!」

だから私は、望まない人の代わりに傷付こうと思った。

(`・ω・´)む…

突然、目覚める。
瞼を開き、次いで襲い来る鈍痛によって、完全に覚醒。

(`・ω・´)ああ、そうか


9 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:08:58 ID:vWWzk0HkO
そうだった、私は反射的に脱出して、落下地点の木々にパラシュートが引っかかって。

(`・ω・´)気分はマリオネットだな

私は今、月明かりに照らされながら宙ぶらりんになっている。

四肢は動くし、吊られる趣味もないので、ひとまずパラシュートを外す。
少し固い残雪と、柔らかい植物の芽の上に落下した。
痛い。
当たり前。

(`・ω・´)やれさて、どうするか


10 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:11:10 ID:vWWzk0HkO
拳銃は携帯している。
シベリア銃火器店からの納入品だし造っているメーカーも一流企業なので、故障しているような事はないだろう。
自殺は容易い。

(`・ω・´)む?

拳銃に触れた時、視界に人影が映る。
ライトは使わずに草木を掻き分けながら近づいてくる彼、或いは彼女。
やがて両手を上げ、握手ができる距離で歩みを止めた。

('A`) こんばんは、同志

彼は、ドクオと名乗った。

(`・ω・´)シベリア空軍、第303戦闘飛行隊、シャキン中尉

('A`) シベリア陸軍、第101航空旅団、第3中隊、ドクオ少尉

(`・ω・´)ひょっとして、さっき攻撃中だった戦闘ヘリかい?

('A`) そうであります、シャキン中尉

(`・ω・´)すまなかった、支援が遅れて

('A`) いえ、おかげで仲間が助かりました


11 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:14:43 ID:vWWzk0HkO
(`・ω・´)そう言ってもらえるとありがたいよ

ドクオの提案で、私は彼の乗機へと歩く。
手を貸そうかと言われたが、断った。

('A`) すぐつきます

その通り少しだけ歩いた先で、針葉樹に囲まれた小さな崖に寄りかかっている、戦闘ヘリの機首部分があった。

('A`) 火は消えてますが、まだ所々熱いんで、気を付けて

キャノピー排除装置を作動させた、吹きさらしのコクピットのそばに、ドクオと腰を下ろす。
月明かりが、私とドクオを照らす。
ライトも使いたいが、闇夜で人工の明かりを灯すのは、あまりに無謀と言えた。

('A`) ところで、救難信号は発信できますか?

(`・ω・´)ああ、今やる

('A`) 良かった

(`・ω・´)?…


27 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 01:03:29 ID:350n4DXM0
ドクオ生きてた


12 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:18:44 ID:vWWzk0HkO
ふと、空中分解したらしい機首部分の、コクピットに顔を向ける。
タンデム複座ということは。

('A`) 相方が気になりますか

(`・ω・´)ああ

ドクオは、前席の人影に話しかける。

('A`) ギコ

(,,;Д;) お、おう

('A`) そのままで良いから、シャキン中尉殿に挨拶しな

(,,;Д;) じ、自分はギコ曹長であります

立ち上がり、彼を覗き込む。
装具一式を身に着けたままの、涙目になっているギコ。


13 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:20:39 ID:vWWzk0HkO


(`・ω・´)自分はシベリア空軍のシャキン中尉だ。間に合わなくてすまなかった

(,,;Д;) 気になさらないでください

ドクオが私の隣に立ち、静かに言う。

('A`) ギコは脚が動かせません、救出を待つしかない

自分の担当ではなかった。
それでもやはり、申し訳なく思う。

('A`) それまで、気長に待ちましょう


14 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:23:33 ID:vWWzk0HkO
再び腰を下ろす。
しかし、少々気まずい。
そんな空気を察したのかどうなのか、ドクオが話題をふってきた。

('A`) シャキン中尉は、シベリアの図書館には、行ったことありますか?

(`・ω・´)ブーン系の方になら、ある

('A`) 自分は、普通の方の図書館しか行ったことがありません。よければ、感想を語ってほしいのです

(`・ω・´)ふむ、そうさな

面倒だが暇なので、昔行った時の記憶を探り出し、言葉を選び発する。

(`・ω・´)まず最初は、置かれている物語の内容が、なんて幼稚なのだろうと思った

最初にめくった本のページは、あまりに文字が少なかった。

(`・ω・´)最初の一冊を戻し、二冊目を開いた直後、私は笑い声を抑えきれなかった

文字の量も、付与されているAAも大差ない。


15 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:25:50 ID:vWWzk0HkO
内容も非常にくだらないものなのに、谷亮子の破壊力は凄まじく。
私は、とにかく笑ってしまった。

(`・ω・´)大人になって、あろうことか公共の場で笑うとは思わなかった

あっという間に二冊目を読了した私は、少し歩いて次の本を探し、文庫本サイズの短編集に辿り着く。

('A`) 短編集ですか

(`・ω・´)そう、作者名も、誰がどれを書いたのかすら分からない、名無し達の物語だ

ストーリー、書き方、世界観、キャラクター。
どれひとつとして同じ物は無く、それでいて。

(`・ω・´)全ての短編が、ひとつの単語から着想を得ているんだ

('A`) お題形式、というやつですか?


16 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:29:37 ID:vWWzk0HkO
(`・ω・´)そうだ、何て事のない単語をもとに、幾人かの誰かが、幾つかの物語を書いていた

その発想と着眼点の差異が楽しくて、気付いたら読み終えていた。

(`・ω・´)読み終えた後、四冊目を借りて、その日のうちに読み終えた

それは、虚構の世界にのめり込む少年と、虚構の世界に送り込まれたAIが織りなす物語で。

(`・ω・´)学生時代に憧れた、適度に冷めた冒険が、其処にはあった。私は四冊目を一度読み返し、次の本を求めた。

('A`) はまったんですか、ブーン系に

(`・ω・´)そうだ、そして…失敬、これではつまらない自分語りだね

('A`) 構いません、どうか続けてください

(`・ω・´)そうかい…
そして私は、やがて自ら書き始めた


17 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:31:22 ID:vWWzk0HkO
('A`) 読者から作者へとなったんですか

(`・ω・´)いや、読者であり、作者でもあった。その方が正確だ

書き始めてからしばらくは、投稿せずにいた。
怖かったのと、恥ずかしかったのと、何よりルールやマナーを詳しく知らなかったから。

(`・ω・´)最初に投稿した時、批評してもらった…知ってるかい?図書館ではその場にいる人から、感想や批評が貰える

('A`) 知りませんでした。ただ馴れ合っているだけかと

(`・ω・´)そうでもなかったよ、実際、酷評された

図書館に通い、何冊も本を読み、時たま投稿する日々。

(`・ω・´)別に、もてはやされたいとは思わなくてね。ただ、数多ある本の背表紙に、自分が書いたものがある。それで良かった


18 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:34:48 ID:vWWzk0HkO
誰が書いたか知られなくとも、自分の書いたものが認知され、読んでもらえる。
それだけで十分だった私は、ひたすら名無しとして書いた。
(`・ω・´)そんなある日だ、騒々しい連中が図書館に湧いてきた

その連中は、自分で発している主張の矛盾すら、気づいてなかった。

(`・ω・´)連中は、ひたすら不毛にわめいた。そうする事で、他者に認識して欲しかったのだろう

でなければ、矛盾と嫉妬と怠惰に満ちた意味不明で悲痛な言葉の寄せ集めを、平日にも関わらず叫ぶとは。
あまりに馬鹿げてる、きっと暇すぎて発狂したのだろう。

('A`) どうしようも無いですね

(`・ω・´)ああ。私が投稿した時もいてね。


19 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:46:16 ID:vWWzk0HkO
だが、連中の虚しい叫び声を一切気にせず、私の本を読みふけってくれていた女性がいた。
手厳しい批評をくれた彼女とは何時の間にか仲良くなり、交際を始める。

(`・ω・´)やがて館長が急病に倒れてしまってね、娘である彼女が後を継いだ。

('A`) では、図書館には写真が飾られているのですか?

(`・ω・´)いいや、彼女が望まなかったんだ、自分の写真だなんて恥ずかしいと言って

('A`) そうなんですか

(`・ω・´)言っておくが彼女はとても美しく、魅力的な女性でね。やがて私は彼女と結婚したよ

ポケットに入れていた、妻の写真をドクオに見せる。

イ从゚ ー゚ノi、

彼は覗き込み、思わず魅入ってしまったようだ。

('A`) すごい美人ですね、羨ましい


21 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:48:05 ID:vWWzk0HkO
(`・ω・´*)そうだろう、そうだろう

確かに美人だった。
だからなのからは分からないが、美人薄命とはよく言ったもので。

(`・ω・´)でも彼女は、子供達が外国へ行った直後、死んでしまったんだ

('A`) そうなんですか

(`・ω・´)私は当時すでに軍人でね、故あって子供達を呼び戻すこともできず、図書館の館長はさしあたり代理の方にやってもらっていた

('A`) では、今の館長はどういった経緯で?

(`・ω・´)…彼女の墓参りに行った日、若いお嬢さんが私に嘆願してね

('A`) …どんな方だったんですか?

(`・ω・´)クーという名の、親戚夫婦の娘さんでね。綺麗な髪と凛々しい目をした賢いお嬢さんだった。私に継ぐ気が無いと知るや、必死に頼み込んできたよ

('A`) 一体なにが、クーさんを駆り立てたんでしょうか


22 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:51:08 ID:vWWzk0HkO
(`・ω・´)分からないがとにかく、あの図書館に携わりたいと言っていた。妻とも交流があったようだし、司書の資格も取っていたので快諾したよ

他に、ちゃんとした成り手がなかったのも事実だが。

(`・ω・´)彼女に図書館を任せた後は、行っていないので分からない。すまないね

('A`) いえ、とんでもないです

(`・ω・´)…

('A`) …

(`・ω・´)それにしても、やけに静かだな

('A`) 友軍が押し上げたんでしょうか

(`・ω・´)敵に擦り切られたのかもしれん

('A`) そんな事…確かに戦力差は小さくありませんけど

(`・ω・´)不安かい?

('A`) 正直、兵站が続くか不安です

(`・ω・´)ああ、確かにね

どんなに優秀な部隊であろうと、どんなに優秀な装備であろうと。


23 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:53:41 ID:vWWzk0HkO
補給がなければ機能せず、しかも敵は戦力で、シベリアのそれを上回る。

この戦争がどういった決着になるかは分からないが、このまま長期に渡って抵抗すれば損耗も増すし、やがては物資も枯渇するだろう。

('A`) 敵も同じ状況だと良いのですが

(`・ω・´)どうかな、焦ってはいるだろうけどね

シベリアの経済破綻を待てば共倒れの危険があり、早期に決着をつける必要がある。
なんにせよ、敵を撃つことに変わりはない。

(`・ω・´)結局、ひたすら戦うしかないさ。場末の兵士が戦略的な事を考えてもしょうがない

('A`) そうですね

もっとも、戦術的勝利で戦略的優位が逆転するなら、話は別なのだが。


24 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:56:01 ID:vWWzk0HkO
(`・ω・´)迷わず戦え、後輩よ。君には守るべきものがあるだろうから

('A`) はい…え?

しまった。
言った後に気付いた。
なにか言われるのも嫌なので、先に言ってしまおうと決めた。

(`・ω・´)私はもう、守るべきものがない

今日この夜、失ってしまったもの。
それは軍人でいる理由、耐え難きを耐える理由、生きるための理由。
前進する理由を、失った。

('A`) あなたは、失ってしまったんですか

遠慮がちに確認する彼は、きっとまだ生きる理由があるのだろう。

(`・ω・´)ああ。私の人生はこのために存在すると、思いこめるものを、全て失ったよ

('A`) …

彼は慰めを何も言わない。
私はそれで良いと思う。

(`・ω・´)なに、たまにある話さ

看取れただけマシと言えるし、行動しなかったので最悪とも言える。


25 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 00:58:51 ID:vWWzk0HkO
('A`) あなたは、これから生きるつもりがありますか?

(`・ω・´)君達の救助を見届けるまではね

('A`) 困りましたね

(`・ω・´)なぜだい?

('A`) できれば、あなたには図書館へ行き、クーに俺の事を伝えて欲しいから

(`・ω・´)君はクーさんと面識があったのかい?なら自分で連絡すればいい

('A`) それはできません

(`・ω・´)じゃあ手紙でも出したまえ

('A`) それもできないのです

(`・ω・´)ともかく、私は二度と図書館に関わるつもりは無い。自分で会いに行くことだな

('A`) ならば、あなたには生きて、シベリアと図書館のために戦ってもらいたい

(`・ω・´)ふむ…よくまあ、何も知らないのにそんな事が言えるね

('A`) お互い様です、俺にとってクーや図書館が如何に大切か、あなたは知らない


26 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 01:01:51 ID:vWWzk0HkO
(`・ω・´)図書館に行ったこともないのにかい?

('A`) 俺の大事な人が働いている。それだけで理由になると思いませんか?

(`・ω・´)ふん、大事な人を失った私には、この上ない嫌味だね

('A`) はい。でもあなたは、理由がないと生きていけないと言う。それは俺にとって、この上ない嫌味ですよ

もし私もドクオも健康体ならば、殴り合いをしていたかもしれない。
互いに握り拳をつくった時、ヘリコプターの接近を、聴覚でさとる。

('A`) 俺には、もう守れない

睨み合っている私とドクオ。
爆音と、風を切る音が近づく。

('A`) だからたとえ、あなたが死ぬほど嫌でも。せめて、生きてシベリアで戦ってもらいたい

(`・ω・´)身勝手すぎて撃ち殺したくなるよ全く

私は拳銃を手に取る。
手動で初弾を薬室に装填。

('A`) 身勝手なのはわかっています、すみません。でも

安全装置など、発射可能な状態であることを確認しながら、構えた丁度その瞬間に。

(`・ω・´)ん?

何の前ぶれもなく、私は意識を失った。


28 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 01:11:42 ID:vWWzk0HkO


爪゚∀゚) こんばんわーっ!シベリア航空団でーっす!

私は目を開ける。
上空でホバリングする、1機の特殊作戦用ヘリ。
ホイストで降下してきたらしい、女性とおぼしきパラジャンパー。
フォアグリップ等々、各種アクセサリーをつけたカービンや、専用の装具類が、朗らかな彼女には不釣り合いな気がした。

爪゚ー゚) 早くしなさいよね

爪゚∀゚) はーい

ヘリのパイロットとでも会話したのだろう、彼女。

爪゚∀゚) そんじゃ、おじさん安心して回収されてね

気がつけば、私の身体は彼女と共に吊り上げられていた。

爪゚∀゚) いやーでも良かった、2人も生きてて
え?

今、彼女は何と言った。
2人も、だと?

爪゚∀゚) ちょっとおじさん、そんなに首動かすと逝っちゃうかもよ?

遠ざかる、戦闘ヘリの残骸。


29 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 01:14:50 ID:vWWzk0HkO
先程まで3人でいたはずのそれは、暗さと角度のせいで、輪郭をとらえるのが限界だった。

爪゚∀゚) はい到着…なに?おじさん質問?

生きていたのは、3人のはず、会話していたのだから間違いない…そういえば、一部記憶が断絶している気もする。
だが間違いない、会話していた。
それなのに。

爪゚∀゚) ギコさんなら、そこ

横たわり、数人から手当てを受けつつ、さめざめと泣く彼。

爪゚∀゚) ドクオさんは、そこ

('A`)

キャビンのスペースと姿勢の関係から、死体袋に納まらなかったのだろうか。
シートに固定されている、見るからに手当ての必要がない彼。

爪゚∀゚) おそらくは、地面に激突した際、即死。

硬直した彼の光らない瞳を見て、得体の知れない何かが、私の胸に去来する。


30 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 01:16:44 ID:vWWzk0HkO
爪゚∀゚) ギコさんも意識が無かったし、あなたが残骸を発見しなかったら、危なかったわよ

('A`)

得体の知れない何かが、私を指差し、言う。
他人が遺した大切なもの、それだけでも、理由になるんじゃないか?
眩しすぎる思い出が怖くて、図書館を放り投げたんじゃないか?
結局おまえは、理由がなくとも生きていたいんじゃないか?
そんな事を、複数の方向から同時に言われた気がした。

爪゚ー゚) ブリザート自警団から警報が出てる。一旦帰投するわよ

爪゚∀゚) おじさん、病院までもうちょっと我慢してね

('A`)

気がつけば空の色は薄められ、月は己の輝きを白銀色に変えていた。
夜明けは近い。





31 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 01:18:22 ID:vWWzk0HkO
今回は以上です
ありがとうございました


32 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/12(木) 03:33:30 ID:5LwJicwY0
乙……ってうわあああああああ

 

 

↓※8/27更新分


38 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/27(金) 22:07:36 ID:iWHsuKbsO
鈍い痛みで目を覚ます。

次いで頭に被さっていたビニール袋が外され、視界が開かれる。
覆面で顔を隠した臆病者が、ショットガンで私を小突いたようだ。

「閣下、この女が民衆を唆したグループの1人です」

( ΦωΦ) 御苦労

杉浦ロマネスク、シベリアを侵略している張本人。
直接は初めてみる体格の良い中年は、同志スターリン閣下と並んでも威厳を保てそうな風貌をしている。

ただ、この手の権力者にありがちな勲章だらけの第一種軍装ではなく、センスの良いスーツに身を包んでいるせいで、どうにもマフィアっぽい。


39 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/27(金) 22:10:28 ID:iWHsuKbsO
( ΦωΦ) ふむ、てっきり、むさ苦しいグループだとばかり思っていたが

頭の頂点からつま先まで、品定めでもしているかのように見てくる。

( ΦωΦ) なかなかどうして、たいした美女もいるじゃないか

毛まで剃られた真っ裸を見られて、不細工だと言われたら相当にへこむところだったが、こいつは存外紳士的だった。

はりつけの私に対しても適切な距離を保っているこいつは、やはりそこらにいる近衛兵より品がある。
下品さもかなり有りそうだが。

( ΦωΦ) ふむ、まず質問だ

最初の行動が強姦でないことを理性的とみるべきか?

( ΦωΦ) あなたの御名前は?

胸元に銃口が当てられ、拒否権は無い、とあいつの隣の兵が言う。
皆と同じように顔を隠した画一的な野郎だ。


40 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/27(金) 22:13:08 ID:iWHsuKbsO
言われなくてもわかってるよ阿呆と口にする前に、あいつが銃口を下げさせた。
ピロリロリーン、好感度が1アップしなかった。

ハソ ゚-゚リ ナチとお呼びくださいな

( ΦωΦ) ナチか。シベリアでは多い名前なのかな?

ハソ ゚-゚リ どちらとも言えません

( ΦωΦ) そうか。ところで結婚しない?

なんだこのオッサン、おもしろい。

ハソ ゚-゚リ 嬉しいけど、夫が許してくれませんわ

もう死んでるけどな、ははは。

( ΦωΦ) では不倫しない?

ハソ ゚-゚リ すみません、娘はまだ乳離れしてないんです

実際は白いけど母乳ではない別のものを飲んでそうなお年頃。
相手は図書館にいた男の子とみた。
まさか館長ではないだろう。

( ΦωΦ) ふーむ、珍しい反応だね

いやなにが。


41 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/27(金) 22:18:20 ID:iWHsuKbsO
( ΦωΦ) この部屋で私と話すとき、皆さん暴言か皮肉を言ってばかりでね

ハソ ゚-゚リ それはそうでしょうね

( ΦωΦ) さて、本題に入ろうか

あ、本題あったんだ。
ひょっとして肉体的に?
あーれー、おやめください御代官様ーってか。

( ΦωΦ) どうやって、民衆を煽動したんだ?

あ、そっちか。

ハソ ゚-゚リ 特別な事はしてません

( ΦωΦ) そう謙遜するなて

いや、事実我々シベリア特殊部隊が行ったのは各勢力の橋渡し、情報提供、武器供給、暗殺…結構やってるな。

( ΦωΦ) 確かに、反対勢力も少なくない。だが、抑えることはできていた。一体、何をしたんだね

ハソ ゚-゚リ 人心掌握は政治家の基本でしょう?自分で考えなさい

横に立つ兵が大きく振りかぶって痛、いったいなあもう!


42 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/27(金) 22:22:20 ID:iWHsuKbsO
床尾板でとか、口割る前に頭が割れるってーの。

( ΦωΦ) 質問を変えようか

こいつ、私の反応を分かっててやってるなあ。

( ΦωΦ) 連中に何を吹き込んだ

決まってる、熱きソウルだ!とか言ってみたいなあ。
まあ時間的にも頃合いかね。

ハソ ゚-゚リ 希望と愛情

( ΦωΦ) ふむ、随分とおもしろいものを

ハソ ゚-゚リ それだけ

( ΦωΦ) 説明してくれるかい?

ハソ ゚-゚リ 恐怖よりは希望の方が目がくらんで動きやすい。愛情は時に諦観を吹き飛ばす。そして我々は民衆を利用する。単純だ

( ΦωΦ) ふむ

情報と、ほんのわずか武器を与えたら、くすぶっていた国民はそれだけで燃え上がった。

( ΦωΦ) 連中は、抵抗しなければ家族が皆殺しにされると思い込んでいたな、あれもか

ハソ ゚-゚リ 結果としてはね

( ΦωΦ) ふむ


43 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/27(金) 22:27:10 ID:iWHsuKbsO
突然、部屋の隅に設置されている内線電話が鳴り、兵の1人が駆け足で受話器を耳に当てる。

兵は2、3言交わして、あいつへワイヤレスの受話器を渡した。

怒気が含まれたあいつの笑顔を見て、私は作戦の成功を確信し痛い痛い殴られたちくしょうフェミニスト気取れよどうせなら!

( ΦωΦ) まさか、反乱軍まで出るとはね。君達を過小評価していたようだ

ハソ ゚-゚リ 誉めていただき恐悦至極

( ΦωΦ) だが、これしきの事でシベリアの行く末は変わらんよ

ハソ ゚-゚リ でしょうね。別に期待はしてないわ

また電話が鳴る、受話器を取った兵が慌ててあいつに駆け寄る、あいつは機械越しの報告を聞いて青ざめた。

ハソ ゚-゚リ 彼らだけで転覆できるほど、あんたら甘くないでしょ


44 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/27(金) 22:31:39 ID:iWHsuKbsO
掴むのは気まぐれに垂らされた蜘蛛の糸ではなく、無数の人が無数の糸で紡いだ縄。

( ΦωΦ) 撃ち殺せ

あいつが命ずる、誰かが狙う。
きっと私はバイタルゾーンを破壊される。

理解していて尚、無感動な自分がいた。
翻って、泣き叫ぶ私がいた。
そして娘に謝り続けるわたしがいた。

ハソ ゚-゚リ はあ…

今度こそ本当にさよなら、シュー。

私が与えた多くの死と、私に与えられる死が、あなたの生の礎と成ることを願って










45 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/27(金) 22:34:35 ID:iWHsuKbsO
今回は以上です


46 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 00:59:12 ID:ppMAASdI0



too heavy...


  

↓※8/29更新分


49 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 20:20:20 ID:bv6GsdgoO
低速潜行時に電動機とスターリング機関を併用するこのAIP潜水艦は、今日でちょうど一週間の間、外気に触れていない。

私と乗員達は、僚艦である同級潜水艦と共に、複雑な海底の嶮しい山や谷の陰に隠れて、地上攻撃の命令を待っていた。

唐突に、乗員の1人が淡々と告げる。

「2時方向、駆動音感知、距離1000。僚艦が戦闘を開始します」

( ´∀`)静観しろ


51 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 20:22:50 ID:bv6GsdgoO
今回は任務上、敵に接触することはまだ許されないため、友軍が撃沈されようとも見捨てなければいけない。
暗順応に備えた赤い非常灯が、図らずも乗員の感情を高ぶらせている。
仲間意識の強い海兵達にとっては歯痒いことこの上ないが、任務達成のために不要な感情は押し殺してもらう。
「魚雷管注水音、僚艦が捕捉された模様」


52 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 20:25:17 ID:bv6GsdgoO
それぞれのコンソールに向かう周りの乗員達は、不安感やら緊張感やら罪悪感やらが綯い交ぜになった無表情で、状況を見守る。

「僚艦、魚雷発射」

真っ暗な冷たい水底で、数十人が一丸となって殺し合うという不毛さ。

「射出音感知、敵艦がデコイを射出」

ひたすらシベリアの深海を目指す、イエローサブマリンの方が遥かに意味を持っている。


53 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 20:25:31 ID:A.j4c2ZMo
おー潜水艦か
興味深い


54 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 20:27:38 ID:bv6GsdgoO
海水を伝わってきた激しい衝撃に震えながら、そんな事を思った。

( ´∀`)撃沈か?

「いえ。敵艦さらに潜行した模様」

別の乗員が言う。

「プーシキン DDG56より緊急通信です」

はっきり淡々と、海上の駆逐艦からの通信が流れる。

「発、駆逐艦プーシキン、宛、レニングラード級SSGN503。撃鉄は落とされた、撃鉄は落とされた」


55 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 20:29:09 ID:bv6GsdgoO
それを聴いた乗員達が色めき立つ。

友軍を数回、見殺しにしてまで待っていた、地上攻撃の合図がついに来たのだ。

( ´∀`)「急速浮上ー!」

「トリムタンク排水、メイン・バラスト・タンク、ブロー!」

急激な浮上を行い、敵に討たれる前に巡航ミサイルを撃つべく、タンクの海水を高圧空気で排水、前部の潜舵を上げ、後部は下げる。


56 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 20:31:13 ID:bv6GsdgoO

「敵潜水艦、浮上開始。発見された模様」

突然、鳴り響いた甲高いソナーの音。

「僚艦、アクティブソナー使用、敵潜水艦が僚艦を捕捉!」

( ´∀`)なに!

「魚雷管注水音、僚艦が攻撃されます」

「敵潜水艦、魚雷発射」

僚艦が敵の攻撃を受ける間に、ぐんぐんと昇っていく自分達、やがて伝わる振動。

「僚艦被弾、魚雷1。被害甚大の模様」


57 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 20:33:24 ID:bv6GsdgoO
ダメージコントロールに追われている同僚達の様子が、すぐに想像できた。

吹き出す海水、迫る天井、失われる酸素。
さらに、敵潜水艦が健在なので、いつトドメを射されるかしれない恐怖。

「僚艦、敵潜水艦とも魚雷発射」

デコイを多用しても、状態が状態だけに回避は難しい。
しばし後、艦に伝わる振動を全身で感じ取った。

乗員の1人が、落ち着いて告げる。


58 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 20:35:42 ID:bv6GsdgoO
「目標データ取得、攻撃可能深度まで、あと3分」

( ´∀`)攻撃準備

この季節で助かったと、素直に思う。
海上の氷を、割る必要が無いから。

「付近の海上に船舶無し」

「敵潜水艦、被弾した模様、後退します」

「僚艦から通信、被害甚大なれども援護可能、攻撃の成功を祈る」

( ´∀`)感謝を伝えろ


59 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 20:38:14 ID:bv6GsdgoO
「準備良し、深度良し、攻撃可能です」

( ´∀`)ミサイル発射!

「発射!」

垂直発射装置に収納されている、7連装発射管から次々に、巡航ミサイルが重々しく吐き出されていく。
敵の、こうしたミサイルを阻む隙のない迎撃体制には、既に綻びが生じたはず。

「大丈夫でしょうか」

艦で1番若い乗員が、コンソールに向かいながら不安そうに呟くと、隣の乗員は彼の頭をはたいた。

( ´∀`)特殊部隊の連中を信じよう

さあ飛んでいけ、破壊しろ。

イエローサブマリンに乗る私の友人が再び、シベリアの海底をめざせるように。
アザラシに懺悔して、同僚達と空母で釣りを楽しむために。







60 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 20:39:34 ID:bv6GsdgoO
今回は以上です
ありがとうございました


61 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 20:50:49 ID:hpkPULc2o
乙い

アクティブソナーとか書いてもわかる人は少ないだろうに
あと、味方がどっち側だかわかんにあ


62 :以下、名無しにかわりましてブーンがお送りします:2010/08/28(土) 22:09:05 ID:cyCi.EnQ0

自分はイエローサブマリンで分かったけど、
確かにシベリア来たことない人には分かりにくいかも




 




 ←(2)へ  (4)へ→


 ←インデックスへ戻る


 
 
総合短編(バトル・アクション・厨二) | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
ノードックンでRKOフィニッシュです。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。