スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

早撃ちのようです

2010/09/11 Sat 10:21

 
496 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:32:56 発信元:119.173.155.170
目にも止まらぬ早撃ち投下します。


497 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:36:08 発信元:210.153.84.200
シベリアンモンキーとの対決ですねわかります


498 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:38:29 発信元:119.173.155.170
早撃ちのようです

 世界が荒廃してから二十余年が経った。

 人は、水を求めて西へ、食糧を求めて西へ。
 冬を耐え忍ぶために西へ、あるいは猛暑を逃れるべく西へ移動した。

 東や北や南にも何人かが移動したが、大半がタイガースファンだったのだ。
 途中で地球を一周したことに気付いたファンはカーネル像を壊した。

 かつてアメリカ大陸と呼ばれた地域にも、濃厚な死の臭いが満ちていた。
 乾いた大地に点在する街々。

 そこには、二人の男達。

<ヽ`∀´>「連弾の狼、モララーと見受けたニダが」

( ・∀・)「・・・」

<ヽ`∀´>「チンモクは肯定と受け取るニダ」

 人々が何をおいても優先したのは、人間の純粋な感情だった。
 暴挙に出るものもあった。強奪を繰り返すものもあった。

<ヽ`∀´>「ウリはニダー。勝負するニダ」

 このマント姿の「無法者」は、感情を露わにして互いを確かめようとしていた。


499 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:39:10 発信元:119.173.155.170
 照りつける太陽の下、ニダーとモララーが向かい合っていた。
 風が強いな、とモララーは目を細めて思う。

( ・∀・)「不毛な」

<ヽ`∀´>「昔の人間はこういったそうニダ。『抜きな、どっちが早いか試してみようぜ』と」

( ・∀・)「単純な好奇心からの力比べ、と?」

 ニダーの首肯を認めて、モララーが腰を軽く落とした。
 マントの下で手がわずかに動く。

<ヽ`∀´>「それでこそEM」

( ・∀・)「・・・」

 かさ、と草の塊が二人の中間で跳ねた。


     <ヽ`∀´>「!」(・∀・ )
 
 
 マントが翻り、彼らの腰が露わになる!


 陰部を完璧に露出した腰部が!!


500 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:39:52 発信元:119.173.155.170
(#・∀・)「ハァアアアアアア」

<#ヽ`∀´>「ヌアアアアアア」

 コスコスコスコスコスコスコス

(何をしているかは描写するに憚られます)


(*・∀・)「ハァアアアアアアアアッ ホアァァアァアアアッッ」

<*ヽ`∀´>「オホッ オホッ オホッッ」

 コスコスコスコスコスコスコス

(何故顔が赤くなっているかは語るに難い)



 ――――ドピショーン


(端的に申せば「発射」)


 勝者は背を向けた。
 敗者を眺め続ける意味などないからだ。

 モララーがその場を後にしようと歩み始めていた・・・。


503 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:40:33 発信元:119.173.155.170
<;;ヽ`∀´>「そんなっ、もう!?」

( ・∀・)「・・・ふっ」

 残されるニダーは萎びた銃を右手に愕然とした。

 いくらなんでも早すぎる。
 しかも、男根――否、弾痕を見るに三発。

<;;ヽ`∀´>「どういう手品ニダ」

 依然固まったニダーをひとつとして振り返らず、モララーが応える。

( ・∀・)「そんなことはどうでもいい。就職した方がいいですよ、資格はありますか? 社会に出て何ができます? あなたを雇うメリットは?」

ドギャァァ<;;ヽ`∀´>ァァァァァァン
  「ぐああ!! 職のことはいうなあああ!!」

 これが彼らの勝負。
 早くヌキ、撃つ。

 単純明快、性欲絶倫、賢者降臨、酒池肉林。
 ちなみにそれっぽい単語を並べただけで、これらに意味はない。

 だが、間違いなくニダーの矜持は叩き折られ、賢者に人生を諭されたことで苦悩を抱えることになる。

 無法者たり得る精神を持つ者はこうして競い、淘汰される。
 (性欲が)弱ければ負け、(性欲が)強ければ勝つ。

 純粋な力比べこそがEjaculating Menのアイデンティティ――!!


505 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:40:59 発信元:210.153.84.17
待て待て待て待てwwwww


506 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:41:24 発信元:124.146.175.165
は、速い……!


507 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:41:43 発信元:119.173.155.170
(´・ω・`)「フッ」

 そのEMを笑う男が一人。

( ・∀・)「なんですか、あなたもやろうっていうんですか?」

 冷静沈着な表情でチンを摘みながらマントを戻すモララー。
 しかし、その眼に油断は見られない。

(´・ω・`)「めっそうもない」

 演技っぽく両肩をすくめた男も、また旅人の装いだ。

(´・ω・`)「見事な手前だ。さすが連弾の狼」

( ・∀・)「止めてください。僕が望んだ名前じゃあない」

 そういいながら、連弾の狼の銃は暴発した。
 狼の銃は、嬉しい時ついつい出しちゃう悪い子だった。

(´・ω・`)「ヒュー so,strong.」

( ・∀・)「ご用件は」

 間断なく連射しながらモララーは尋ねる。
 絶倫だ。

(´・ω・`)「――EMS出場のお誘いにね」


508 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:42:27 発信元:119.173.155.170
 モララーがそこまで聞いて、より一層強く発射した。
 地面が抉れ、街の外まで地面が削られていった。

( ・∀・)「EMSだって……!?」


 モララーの息子がこれほどまでに大興奮するEMSとは?
 現れた男は一体? モララーのタマはどういう作りなのか?

 そして、この話にオチはちゃんとつくのか?

 続く





510 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:44:04 発信元:119.173.155.170
目にも止まらぬ早撃ち支援ありがとうございました。
リボルバーが六発装填できるので、6レスに収めてみました。
さあ、どうして追いつけた人はいるのだろうか(反語)。


509 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:43:09 発信元:124.146.175.166
えーと……この早漏さんめ☆彡


511 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:44:09 発信元:61.198.252.202
続くなwwwwww


512 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:44:49 発信元:119.245.203.2
す、すげえ…


513 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:45:19 発信元:210.153.84.7
早撃ちマックを思い出した


514 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 22:52:49 発信元:124.146.174.3
大作の予感


515 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 23:01:31 発信元:121.2.98.95
oh...


517 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/07/20(火) 23:23:53 発信元:222.0.75.154
>(´・ω・`)「ヒュー so,strong.」

黙れwwwwwwwwwww

乙!




  
※↓9/11更新分


232 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:32:44 発信元:116.65.53.233
復活おめでとうございます。
目にも止まらぬ早撃ち投下します。


240 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:37:33 発信元:121.2.98.95
早撃ち……だと……


234 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:33:50 発信元:116.65.53.233

 突如現れた(´・ω・`)に対し、動揺を隠せない( ・∀・)。
 彼は荒廃したアメリカで生きるEM(Ejaculating Man)であった。

 (´・ω・`)の口から発せられた「EMS」の言葉に( ・∀・)の息子はサンライトイエローオーバードライブ。
 発射されたマスキュリンなエナジーにより抉れた地面。噴き出す温泉がその村の名物になるのはまた、別の話。

 連弾の狼モララーはEMSの解説をまともにするのか。
 そして、これにオチは付くのか。

 早撃ちのようです



235 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:35:49 発信元:116.65.53.233
 うらぶれた酒場に二人はいた。
 砂っぽい床を踏みしめ、主人にテキーラを注文する。

 間もなくカウンターテーブルを滑ってグラスが届く。
 二人はグラスを取り損ねて走って追いかけたが、床に落ちて注文し直した。

 名も知らぬ男はそれを小さくあおった。
 連弾の狼モララーは、テキーラを股間の銃にぶっかけ、ようく丹念に、愛しさを垣間見せながらすりこんだ。

 一戦交えた後、また外から帰ってきた時はよく手と銃を洗い消毒する。
 これは荒廃した世界では重要なことだった。

 ちなみに銃はむずむずとするほどよい刺激に暴発した。

( ・∀・)「EMS……あのEMS?」

 酒場の主人の顔面を撃ちヌキながらモララーはいう。

(´・ω・`)「もちろんというべきか、君も若いが知っているようだね」

 下半身の萎びたリトルボーイを風にはためかせながら、モララーは目を細めた。
 彼の表情からは、「疑わしい」という心持が見てとれた。

( ・∀・)「しかしあれは機関がなくなって……」

(´・ω・`)「そう、思うかい?」

 リトルボーイひゅるりらり……セイセイ。
 連弾の狼のタマがひゅひゅんと、セイセイセイ。
 一呼吸置いて、セイセイセイなモララーが目を見開いた。


237 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:36:59 発信元:116.65.53.233
( ・∀・)「それじゃあ、まだあるのか。Evil Musculine System(小悪魔系男子システム)が」

 男はパチリと愛らしくウィンクをして、口をすぼめた。
 乙女のような口調で、甘く言葉を紡ぐ。

(´・ω-`)「……あなたもわたしも小アクマ☆マッスル」

( ・∀・)「――ムキムキキュートなあなたが好き★……」

 彼らの発した呪文はEMSの合言葉。
 荒廃してしまった世界を、たった五年とは言え、完全なる統治下に置いた機関の掛け声。

 アメリカにおいて人々が生き永らえたのは、EMSの功績であるとされている。
 EMSとはイタズラっぽい性格・ちょっと意地悪・えくぼがキュート・筋肉質な男子の集団である。

 点々と離れた街を支える食糧は彼らが育てたものだった。
 EMSのメンバーが汗水鼻水を垂らして、栄養の枯渇した土地を湿潤なものにした。

 荒野に漂うどことないキナくささはEMS汁と呼ばれるものの名残である。

( ・∀・)「まさかまだ存在していたとは」

(´・ω・`)「かろうじて、ね。一時はほぼ完全な壊滅状態だったよ」

 男は――ショボンは、遠い目をする。

(´・ω・`)「でも、彼らは負けなかった。大規模な環境変化に対応し得る小悪魔テクニックでね」




241 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:38:30 発信元:116.65.53.233
 彼らならあるいは、とモララーが頷いた。
 替えのテキーラを脇の消毒のためにすりこみながら、連弾の狼は目をつむった。

( -∀-)

 思い返される彼らの分厚い背中、優しく逞しい胸板、タンクトップからはみ出る毛、毛、毛、縮れた毛が四本。
 ――もう、会えないと思っていた……。

( ・∀・)「そしてEvils Musculine Stage(小悪魔系男子ステージ)開催に?」

(´・ω・`)「そう。話というのは他でもない。あなたには選抜、いや、決闘に参加してもらいたい」

 EMSを構成する屈強な男たちは、何をおいても強い精神力を求められた。
 肉体などいくらでも作り変えられるが、どうして精神もそうだと言い切れるのか?

 照りつける太陽の下、皆の笑顔のため井戸を掘り続けるのはスコップでも、筋肉でもない。
 不屈の精神、笑顔を絶やさぬサービス精神、つまりはそういう信念なのである。

 故に彼らEMSは求めた。
 強い精神力――否、強い性欲を持つ、えくぼが可愛い男子を。

 故に彼らEMSは開催する。
 より洗練された男子を世界復興に招くために。

( ・∀・)「正直驚いたよ。まさか僕らのヒーローからオファーとはね」

(´・ω・`)「あなたのズバ抜けたスタミナ、冷静な行動、そして、えくぼ。世界はあなたの全てを待っている」

 もとい、EMSが、だ。
 ショボンは小さく付け加えると、テキーラを煽った。


242 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:39:23 発信元:219.111.65.150
なんなんだ、この淡々としたカオスは……


243 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:39:23 発信元:124.146.174.81
ksmsな香りがプンプンするぜ……


244 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:39:56 発信元:116.65.53.233
 連弾の狼は沈黙した。
 酒場の主人が顔に受けた汁を瓶詰めにして神棚に飾っても、なお彼は黙っていた。

 彼の心に、複数の感情が渦巻いていた。
 性欲、疑念、憧憬、性欲、性欲、性欲、興奮、歓喜、憤り。あと性欲。

 彼も荒野をさすらいのEMとして生き抜いてきた人間だ。
 スレた人間性が、ショボンの言葉を簡単には鵜呑みにはさせない。

 似たような噂ならいくらでも聞いてきた。
 EMSの残党を名乗り、搾取を繰り返すクズどもは絶えなかったのだ。

 その度に連弾の狼はマントを翻らせ、おふくろさんを風に揺らして荒野を走った。

 そんなはずはない。
 でも、もしかしたら。

 その気持ちはいつも裏切られてきた。
 消滅させてきた組織は両手両足の指、ついでに自慢の銃をカッチカチに立てても数えきれない。

 同時に、ショボンの話を信じたい気持も強く湧いた。
 何故か。

(´・ω・`)

 彼の瞳に宿る光、マントから覗く毛、そして体臭。
 それらがEMSのメンズのそれとひどく似ていたからだ。

 彼がそういうならば、という淡い期待の中、モララーは揺れていた。


245 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:41:01 発信元:218.179.196.3
性欲多いな……


246 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:41:47 発信元:116.65.53.233
 揺れていた……いや、揺れ始めた。
 始めはちょっとした眩暈のような揺れだった。

 しかし、違う。
 「大地が」唐突に揺れ始めたのだ。

(´・ω・`)「!」(・∀・ )

 酒場の内装は突如訪れた激震により、崩壊し始める。
 しかめつらでポーカーに興じていた男共は「キャッ」と悲鳴を上げてテーブルの下に隠れた。

 まったくの余談だが、アメリカ人は地震というものを生涯ほとんど体験しないため、震度3で発狂するといわれている。
 モララーは持ち前のバランス感覚で膝のクッションを使い、ショボンを見据えた。

 ショボンも何が何だか分からないという顔をしていた。
 その時、地響きのような音声が鼓膜を激しく叩いた。

「連弾のォ!! 狼ってのはァ!! どこのどいつで、えっと、どこにいるんだオラァァァ!!」

 話がまとまってない状態で口を開いてはいけない。

( ・∀・)「何故僕が……!?」

 初めてショボンが合点がいったという風に眼付を鋭くした。

(´・ω・`)「まさか、EMSを始めようというのか!!」

 駆けだしたショボンの後を追い、モララーも走り出した。


248 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:43:22 発信元:124.146.174.81
「キャッ」っておいwwwwww


247 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:42:48 発信元:116.65.53.233
 二人が酒場から転がり出ると、先ほどまでなかった「山」が目の前にそびえていた。
 「山」の頂点がぐるりと回り、モララーを見据える。

( ´∀`)「てめええええが連弾のォォ、狼かぁぁ!! ……あっ……狼かモナー!!」

 取ってつけたような語尾を発しながら、「山」が立ちあがった。
 大木と呼んでも、なお太い二本脚が地面をそれぞれ踏みしめた。

( ・∀・)「う、っお!!」

 怪物のような巨体を持つ男は鼻息荒く、既に銃は臨戦態勢だ。
 しかも根元にぶら下げた弾倉のデカさ、黒さ、垂れ具合と言ったら子供のクジラほどもあった。

(´・ω・`)「まだEMSは開催されていないはずだ! 一体何のつもりだ、モナー!」

( ´∀`)「俺が、やりたい時に、決闘して、ヌく! それだけだモナー!!」

(ところで声が大きすぎてほとんど聞き取れないのはまだしも、唾を飛ばされるのはキツイですよね)

 モララーが麻痺してしまった耳の痛みに、顔をしかめながら考える。

( ・∀・)(どうやら、EMSの選抜は嘘ではないらしいな)

 そして、連弾の狼は笑った。
 面白い、受けて立とうじゃないか、と。

 マンにひとつでも可能性があるのなら、きチンと僕は戦ってやる。
 「彼」に会えるかもしれないなら、やってやるさ。

 巨人と狼が対峙し、露出した下半身の銃をシゴき出す――――!!!






249 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:44:10 発信元:116.65.53.233
お久しぶりでした。
続くのか続かないのか分からないものですが、次回からは避難所かもしれません。
今回は前置き一発、本編は前回通り六発でした。
支援ありがとうございました。




251 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:47:16 発信元:124.146.174.197
I couldn't even draw……支援が追い付かねぇ。相変わらず、まるで荒野の風のように自由な奴だ。
乙。


252 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/09/10(金) 23:47:55 発信元:219.111.65.150
なっ……このタイミングで続くだと……



 
総合短編(ギャグ・カオス) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。