スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
235 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:28:20.16 ID:fUINWtPpO
ねえ、一昨日爪がポストに入ってて驚いたでしょう?
それは貴方が私の爪を綺麗だなんて言うから。

ねえ、昨日髪の毛がポストに入ってて驚いたでしょう?
それは貴方が私の髪を好きだなんて言うから。

貴方の為に全て切り離したの、体から。


238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 19:29:45.87 ID:QTc+fyU20
一レス目からくるうとる


237 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:29:42.36 ID:fUINWtPpO
僕が彼女にそんな事を言われたのは、学校帰りだった。
彼女と二人で並んで、家に帰っていた時に言われたのだ。

( ・∀・)「え…?」

川 ゚ 々゚)「ほら、この髪、短くなったの分かるでしょう」

言われなくても分かる。
彼女の長かった艶やかな黒髪は、前よりと比べ物にならない位ショートになっていたのだから。
僕はイメチェンかな、なんて思っていたのだけど。

( ・∀・)「ほん…」

本当に言ってるの?なんて事を聞こうとした時。
彼女の爪の剥がれた指が見えた。
痛々しい肉が見えて、吐きそうになる。

(; ∀ )「う…」

川 ゚ 々゚)「どうしたの?」

彼女が心配そうに近付いてくるのを見て、僕は咄嗟に走って逃げていた。
だって、仕方無いだろ…?


240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 19:31:04.51 ID:r7Y9lJ600
猟奇な予感、ていうかもうそれだ


241 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:31:27.10 ID:fUINWtPpO
(; ∀ )「…っ」

何分走っただろう。
僕がいつの間にか家に着いていたとき、彼女はもう近くには居なかった。
彼女は、僕を追っては来なかったのだろう。

(;・∀・)「は、ぁ」

僕は一人暮らしの誰も居ない家で、誰も居ない部屋に籠ってガタガタと震える。
怖い怖い怖い。
好きだった彼女が狂ってしまったのが怖い。

(;・∀・)「好きだった、」

そう、僕は彼女が好きだった。
昔から好きだった。
告白なんて恥ずかしくて出来なかったけど、本当に本当に大好きだったのだ。

なのに、何故こんな事になったのだろう。


243 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:33:23.96 ID:fUINWtPpO
(;・∀・)「…はあ」

そこまで考えて息を吐く、少し落ち着いた。
落ち着いたけれど、もう彼女とは会いたくないと思った。

( ・∀・)「学校、行きたくない」

行けば、彼女に会ってしまうから。
今日までは彼女に会いたくて行っていた学校、でも今日からは彼女に会いたくなくて行けなくなるとは皮肉なものだろう。

( ・∀・)「だい、じょうぶ、実家に連絡して転校させてもらえば…」

悪質なストーカーが出たとでも言えば、一人暮らしすら頼み込まないとさせてもらえなかった過保護な両親はすぐにでも転校させてくれるだろう。
悪質なストーカー、勿論彼女の名は出さない。
まだ一応、好きなのだから。

( ・∀・)「……とりあえず今日は寝よう」

寝て、心を落ち着かせよう。

( ・∀・)「おやすみ」

誰にともなくそう呟き、僕は目を閉じる。
朝起きたらいつもの様に彼女が笑っている事を、今日が夢である事を願いながら。


246 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:35:10.39 ID:fUINWtPpO


ガタン、と音がした。

新聞配達の音だろう。

僕は気にも止めない。

今はもう少し寝たい。

現実から逃げるんだ。

彼女から、現実から。


247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 19:35:20.77 ID:QTc+fyU20
相思相愛ですか


248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 19:36:50.68 ID:ZiQWRE6SO
川 ゚ 々゚)ktkr支援
 
 
249 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:37:17.60 ID:fUINWtPpO
僕は小うるさいアラームの音で目が覚ました。
本日も晴天なり、清々しい朝である。
誰にともなく思考してアラームの音を止め目を擦った。

( う∀ー)「がっこ…いかなきゃ…」

顔を洗って制服を着て、ご飯にジャムを塗ったトーストを食べる。
いつもの、流れ作業。

( ・∀・)「よし行こう」

呟き玄関へ向かう。
そうして外へ出て、異臭に気付いた。
生臭い、肉の、血の臭い。

( ・∀・)「あ…」

(;・∀・)「くる、う…?」


251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 19:38:08.28 ID:o8vR8FHr0
逃げ切れない


252 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:39:44.17 ID:fUINWtPpO
思い出した思い出した思い出した。
昨日の彼女の話を、明け方の音を。
僕はポストからはみ出た物を見る。
彼女の、片方の手足。

(;・∀・)「ひ…っ」

吐き気がする、歯がカチカチと音を立てる、汗が湧き出る。
僕はフラフラと家の中へ戻り鍵をかけた。
彼女は片腕で足と腕を切って、そして片足でここまで来たのか?

(;・∀・)「狂ってる」

彼女はやっぱり狂ってしまっていた。

(;・∀・)「夢なら、良かったのに」

そう呟いた時に、インターホンが鳴った。
そのままに外から彼女の声が聞こえた。

川*゚ 々゚)「モララー君、学校いこう?」

いつもの様に明るく、問う声が。


253 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:40:59.26 ID:fUINWtPpO












.


254 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:42:14.17 ID:fUINWtPpO
( ー∀ー)「…」

うん、そんな事も、あったね。
君を救えないなら僕も狂えばいいなんて、思い付いたのは何時ぐらいだったっけ。
今日?昨日?ずっと昔?
忘れたけど最近だったような。
むしろ僕も元から狂っていたのかもしれない。

( ・∀・)「それで、僕に聞きたいことって?」

そう、君に問う。


255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 19:42:38.05 ID:QTc+fyU20
放っておけば勝手に死んでそうである


256 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:43:35.16 ID:fUINWtPpO
川 ゚ 々゚)「貴方の欲しいものを聞きたいの」

欲しいもの、僕の欲しいものは何だろう。
とりあえず君がそれを聞いて用意できるものだね。

( ・∀・)「なら僕は君の右手が欲しい」

川 ゚ 々゚)「それは駄目、右手は切り落としてしまったもの、ポストの中を見てないの?」

ああ、それは考えてなかったよ。
確かに君には左足と右手が無いね。

失念してたよ、ごめんごめん。
僕は失態を笑って誤魔化す。


257 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:45:26.45 ID:fUINWtPpO
( ・∀・)「じゃあさ右手を切り落とした後に、僕の為に何が出来るの?」

こう聞けば、何を用意出来るか分かるだろう。

川 ゚ 々゚)「貴方の為に心臓を捧げましょう」

( ・∀・)「心臓を?」

心臓、君の心臓は綺麗だろうね。
赤くてドクドクと波打って。

川 ゚ 々゚)「そう、命さえ惜しくはないの」

( ・∀・)「僕の為なら?」

川 ゚ 々゚)「貴方の為なら」

そう、そうか、そうなのか。
僕は愛されてるんだなあ。
僕も君を愛してるよ。

相思相愛だね、新婚旅行は地獄でどうかな?


259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 19:48:18.18 ID:jYcR9dS8O
無理、グロ耐性あるかと思ってたけど結構無理


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 19:48:21.90 ID:QTc+fyU20
健常な肉体のままでほしいって言ったらどうなるんだろう


261 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:49:12.27 ID:fUINWtPpO
( ・∀・)「なら死ねといえば死ぬんだね?」

川 ゚ 々゚)「それが貴方の為ならば」

嬉しいな。
それが君の最大限の愛情表現なら尚更。

( ・∀・)「じゃあ僕の愛しい愛しい人、僕の為に死んでくれ」

川 ゚ 々゚)「貴方の為に死にましょう」

僕の言葉を聞いた君は、そう言って片手足の無くなった体で床を這い、床に落ちていた包丁で体を突き刺した。
何度も、何度も、何度も。
そしていつの間にか君は死んでしまった。
展開が急だね、オチを大切に。

やれやれ、僕は彼女が死んだ事を確認して、泣きながら君の心臓を食べたのである。
ああ、これ村上春樹みたいじゃない?

じゃなくて、そう、愛してる。
これが僕の最大限の愛情表現なんだよ、くるう。








265 :川 ゚ 々゚)私の全ては貴方の為に、のようです:2010/07/01(木) 19:52:15.70 ID:fUINWtPpO
>>235>>237>>241>>243>>246>>249>>252>>253>>254>>256>>257>>261
以上です。
そんなにグロいですかね。
やはり展開が急ですね、オチを大切に。

結局、くるうって可愛いよねってお話。


267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 19:56:55.46 ID:ZiQWRE6SO
淡々としてて良かったよ乙
猟奇っていうよりホラーな印象

川 ゚ 々゚)は可愛いに禿同


268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 20:19:05.95 ID:3CcXMbZuO

初めてくるうを可愛く感じた


263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 19:50:02.36 ID:ZiQWRE6SO
こういうヒタヒタした雰囲気好きだわ


266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/07/01(木) 19:56:45.80 ID:Oq8LgCVC0
おつ!

この流れなら言える
猟奇祭、皆もどしどし参加しろよな!


† 猟 奇 短 編 祭 † 

 猟奇:『普通の人の感覚では堪えられないほどグロテスクであったり残忍であったりすること』
 (新明解国語辞典)。英:bizarre; macabre。
 血しぶき舞うスプラッタ、身の毛もよだつホラー、格調高い怪奇文学、グロテスク。
 夏の夜長に血も凍る祭……一緒に楽しみませんか?

† 開催期間
 7月17日(土)0:00~7月19日(月)20:00

† 特設サイト
 猟奇短編祭 特設サイト(随時更新)
 http://ryokimatsuri.web.fc2.com/

† 参加受付
 参加表明は、本掲示板の「参加受付スレ」でお願いします。
 参加受付期間は「6/19(土)0:00~7/11(日)0:00」です。

 参加受付スレ http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/13763/1272359081/l50



 
総合短編(シリアス・鬱・ホラー) | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
参加受付期間www

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。