スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 23:53:59.58 ID:7qIOHXH0O
( ^ω^)破滅を追い続けるようです。



きっと別に誰でもよかったし、
きっと対象すらなんでもよかったんだ

だから、あの時僕は・・・





419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 23:55:12.60 ID:7qIOHXH0O
~2時間前~

( ^ω^)「これでおしまいなんだお。」

( ^ω^)「僕と会ったことがおしまいなんだお」

(じゃあどうしてそんな瞳をしているの?)

( ^ω^)「それは君を壊してしまうのが楽しいから」

( ^ω^)「微かに震えるしか出来ない君を、まるでゼリーみたいに溶けさせることができるから」

( ^ω^)「簡単な事だお」

( ^ω^)「さて、雑談はもう十分だお」

( ^ω^)「さようならだお」




421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 23:56:10.54 ID:7qIOHXH0O
ブーンはまず右半身を切り刻んみ、
自らを誇示するように上から押し潰した。

「ぐちゃっ」っと音を立てた“愛おしい物”だったそれは、
まるで氷の上をすべるように瞬く間に各々が
行きたい方へと飛散した。

( ^ω^)「肌色が飛び散る瞬間が一番綺麗だお」

( ^ω^)「君はとても綺麗だお」

そう言うとブーンはまた一層手を動かし、
“愛おしい”・・・“愛おしい?”物を叩くのです。

「それ」は喋る事も許されず、「それ」だった物は
ただ、ただその身を震わせるだけ。

そこには笑い、口元を汚している男と
“愛おしい”物だった「何か」が存在するだけでした。




422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/22(火) 23:58:13.90 ID:7qIOHXH0O
ブーンは何度も何度も「何か」を叩き、
「何か」は何度も何度もブーンに食べられました。

ブーンは喜びと少し悲しみがまじった顔をして、
だけどもそれはきっと深い後悔な顔だったのです。

( ^ω^)「あーあ、またやっちまったお」


彼は・・・彼は・・・






( ^ω^)「ツンのプリン食べちったwwwやっべwwwww」


そう言って笑うのです。
笑うの・・・。

~FIN~



 
総合短編(日常系) | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
No title
猟奇的!と思ったのにwww

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。