スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
※タイトルがなかったので、勝手につけさせて戴きました。

 
99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 14:02:17.30 ID:HUL9Yc5IP
 そこは、初め、空虚だった。

('A`)「あーあ。折角ポン酢に生まれ変われたっつうのに、やることといったらマスかくだけ。白濁の沈殿物が浮いてるから消費されず、日々過ごしてたら消費期限が迫ってるときましたよ奥さん」

 やおら現れたのは、ビン容器に手足を生やした不恰好な体躯の、貧相な男だった。ビンの中では、どす黒い液体が揺れている。
 男は駄目だった。何からして駄目なのかと言われると、男の頭皮には何重にも連なったフケの層が見て取れる。
 すなわち臭いのだ。体臭はもちろん、ポン酢特有である、鼻腔の奥まで届いてくるすっぱ臭い匂いが、腐乱臭を伴ってやってくるのだ。
 おまけに息も臭い。息をしているだけ酸素を消費し二酸化炭素を出しているのだから、この男は生きているだけ粗大ゴミとも言えた。

('A`)「ああ゛~一度でいいから女の子のおっぱいの谷間に舌を這わせつつ、秘部にまで手を伸ばし『欲しいんだろ……ここに』とかキザったらしい台詞いってみてー」

 男がよくわかんない吐露を地べたに吐き付け終えた直後、突然、辺りが戦慄した。
 『ヤツ』がやってきたのだ。ヤツの手にかかると、形をかたどる有機体全てが、無に還る……。
 さながら時の逆行だった。
 "時間の矢とは、いつ、いかなる方向を進んでも不自然ではない"……。
 自我を持たぬ赤子の耳元で囁くかの風な、無慈悲さを引き連れた響きの文言が、……言葉に発せられていないにも関らず!
 ……男の目前に突き付けられた。最早、男は、これまでだった。


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 14:03:15.88 ID:HUL9Yc5IP
('A`)「……石の上にも三年、たで食う虫も好き好きってか。面白いじゃねえか」

 男は立ち上がる。パンパンに膨れ上がったそれの表面を、掌でさらりと撫で、男もまた突きつけた。
 黒光りするソレは美しかった。力強さも隣り合わせていた。……まさに、男の、エネルギーそのものだった。

('A`)('A`)「抜いてくれよ。最後だろ。すっかり処理を忘れていたせいで、溜まっちまってよ……」
    ↑ポン酢のリトルson
 いつの間にか、男の背後には人物が存在した。しかれども男は殊更臆する素振りを見せず、振り向いて不敵に微笑む。
 対面する人物はためらった。人物は、何やら女性であった。
 さらに説明を付け加えると、耽美かつ華奢、言うなれば絶世の美女とまで、区分される女性だった。
 整った眉と二重の瞼に、淡いブラウンの瞳孔が、瞳を彩っている。
 耳元から顎下までぶれる事無く伸びた輪郭は、女性を目視している立場の人間が、ほうと羨望の溜め息を漏らしてしまうほどのものだ。
 ついでに男はしょんべんも漏らした。
 ただし、女性が身に纏っている衣類とは、……お世辞にも裕福とはいえない、引き裂こうとすれば容易く破れてしまいそうな、擦り汚れた黒色のポリエステルだった。

('A`)('A`)('A`)「やってくれねえのか。……まあいい。俺様直々に、やってやる! おらっ!」

boonpic2_114.jpg





101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 14:05:17.80 ID:HUL9Yc5IP
('A`)「打ち切りだよ! エッチい説明が入っているが、どうせ、ゴミ袋の比喩だよ!」

('A`)「パンパンっていうのは、ゴミが詰まりすぎて。黒光りってのは、昔のゴミ袋って、黒かっただろ? それだよ。力強いっていうのは無理やり押し込めてたんだ」

('A`)「抜いてくれって言うのはゴミ袋をゴミ箱から引き抜いてくれってことよ。あれ外に出すタイミング見計らい間違えると大変なんだよな。処理忘れてたってのも、要するに、ゴミ出しをさぼってたってことだな」

('A`)「説明させんな、はずかしい」




102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 14:09:37.27 ID:HUL9Yc5IP
('A`)「説明させんな、はずかしい」 は(*'A`*)「説明させんな、はずかしい」
にどうか脳内変換してください


('A`)「オシマイイイイイイイイイイイイイイイハアアアアアアアアアアンああああああああ」

('A`)指示語くらいちゃんと読めるようになっとけよ。今度こそ寝ろ



ポン酢となったドクオの心情、葛藤、これからの人生への踏み出しを読み取ってもらえたでしょうか。
ちなみにさっきの作品ではデレの方が自分というものにつけあがっていてビッチだと思います。
ありがとうございました


 
総合短編(日常系) | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
うむ、あっぱれ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。