スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
78 :lw´‐ _‐ノv理不尽さと不可解さのようです川;゚ -゚)1/4:2009/11/25(水) 00:48:23.39 ID:Ojp18XBf0
今日は定期テスト返却の日。シューは浮かない顔をしている。

lw´‐ _‐ノv「ふむう、十点……」

川 ゚ -゚)「……どのテストだ? 正直に言ってみろ」

その様子を見かねて、姉のクーが問う。

lw´‐ _‐ノv「……数学」


lw´‐ _‐ノv理不尽さと不可解さのようです川;゚ -゚)
 
 
川;゚ -゚)「……採点ミスか何かじゃないか?」

クーは疑う。シューの計算ミスはクーが見てきた限りでは一度もない。先日など姉のクー
が逆に妹のシューに間違いを指摘されたほどである。

lw´‐ _‐ノv「私もそう思う」

川;゚ -゚)「……とりあえず見せてみろ。話が進まない」

言われるがままにシューはテストを差し出す。そこには確かに赤い文字で十点と書いてあ
った。

川 ゚ -゚)(……問題の難易度が難しすぎた、ということは無いようだな)

いたって普通の問題ばかりが並んでいる。その答えのほとんどに三角やペケが重なっていた。


79 :lw´‐ _‐ノv理不尽さと不可解さのようです川;゚ -゚)2/4:2009/11/25(水) 00:49:23.07 ID:Ojp18XBf0
lw´‐ _‐ノv「どこか変わったところはあったか?」

川 ゚ -゚)「……なぜこんなところで五分も足した?」

クーが言う問題は次の通り。自転車と電車を使って目的地まで行くときの所要時間を計算
しろ、というものであった。どこにも五分などという記述は無い。

lw´‐ _‐ノv「自転車を降りてから電車に乗るまでの時間。七分の方がよかったか?」

川;゚ -゚)「そもそも足さなくていいんだこれは」

lw´‐ _‐ノv「何故? 自転車を降りてすぐに時速六十キロの電車に乗ったというのか?」

川;゚ -゚)「いや、そういうことじゃなくてn」

lw´‐ _‐ノv「大体、自転車や電車のスピードが一定なわけが無いだろう。
そこは平均を取ったんだと目を瞑ったんだが」

シューの悪い癖だ、とクーは思い出していた。昔から考えすぎるところがシューにはある。

川 ゚ -゚)「……次、何故こんな数にした」

lw´‐ _‐ノv「恐ろしく微妙な誤差の分」

川;゚ -゚)(……またか)


80 :lw´‐ _‐ノv理不尽さと不可解さのようです川;゚ -゚)3/4:2009/11/25(水) 00:50:50.63 ID:Ojp18XBf0
比例のグラフから比例定数を求める問題であった。全四問あったが、答えの全てが複雑な
分数になっている。当然全てにペケがついていた。

lw´‐ _‐ノv「これは問題が悪い。そもそも、これは比例のグラフではなかった。原点からほんの少しずれている」

川;゚ -゚)「聞いてみようか、どれだけずれている」

lw´‐ _‐ノv「一マイクロメートルほど」

川;゚ -゚)「それくらい目を瞑れ。というかよく気づいたな」

ため息を出して良いやら泣いて良いやら、クーには判断がつかなかった。

川;゚ -゚)「……次だ。証明の問題だったのはわかるが、ここまで書くことは無いだろう」

その答案には、隙間が全て文字で埋め尽くされるほどに、ぱっと見真っ黒な状態であった。
ペケがついているが、これを読んで採点した先生はさぞ気の毒であろう。

lw´‐ _‐ノv「正確な位置にどうやって点を取るんだ? 
図ったものに誤差は無かったのか? 図は正確な縮図か?
その分も含めて文章を入れていったら空欄が足りなくなってな」

川;゚ -゚)「……ああ、よく見ると空欄が足りないと書いてあるな」

最後の最後のほうに詰め込むかのようにそう書いてあった。

川;゚ -゚)「……なあ、数学の約束ぐらい覚えているか?」


81 :lw´‐ _‐ノv理不尽さと不可解さのようです川;゚ -゚)4/4:2009/11/25(水) 00:53:15.36 ID:Ojp18XBf0
lw´‐ _‐ノv「なんぞそれ」

川;゚ -゚)「特別な但し書きが無いときは余計なものを入れたり、
大事なものを抜くな。消費税とか」

クーが言ってる問題文中には確かに、消費税込みで答えなさい、とある

lw´‐ _‐ノv「そこが日本である、という保証は無い」

川;゚ -゚)「……だから」

lw´‐ _‐ノv「これに限らず問題文の不備が多すぎる。理不尽だ。」
そして不可解だ。ちゃんと答えさせるならそれ相応に書くべきだろう」

川;゚ -゚)(こいつ計算の能力はともかく数学の能力はまるっきり駄目だな……)

lw´‐ _‐ノv「さて、私はどうしたらいい」

川;゚ -゚)「……いっそのこと明日先生相手に論争して来い」

翌日、シューのテストの点数が満点近くになったとかならないとか。そして、その後のテ
ストは事細かに詳しく書かれた問題文になったらしいが、定かではない。







82 :lw´‐ _‐ノv理不尽さと不可解さのようです川;゚ -゚) あとがき:2009/11/25(水) 00:54:51.48 ID:Ojp18XBf0
>>78-81
お題無しだったが思いつくままに書いたらこうなった。
さて投下したまま逃げるか



 
総合短編(学園もの) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。