スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
  
 ※この作品は、図書館で行われた【 長編序章祭(仮) 】 にて投下された作品です。


672 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:21:23 発信元:121.111.227.21
―――時は、天正12年
西暦に直すなら1585年。
時の将軍豊臣秀吉公により、太閤検地が行われ始め、それにより日本の区画統一
及び、幕府の支配が完成し始めた頃。


その、場所は江戸が備府(びっぷ)での事―――




*(‘‘)*「おっかぁ!ウチ、今日はさんまが食べたい!」


J( 'ー`)し「はいはい。ちゃんと用意しとくよ。まずは青菜を買いに言ってからね」


正楽街を歩く町人の親子。

わいわいと活気のある声が響き、盛んに物を売り買いする人々が見える。



674 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:22:35 発信元:121.111.227.28
まだ若いその娘は、母の言葉を聞いて喜び跳ねた。


*(‘‘)*「わぁい!さんま!さんまだぁ!」


J( 'ー`)し「こらこら、回りながら歩くと人にぶつかって」

ドン

<ヽ`∀´>「ッ!」


*(;‘‘)*「ぁ…」


母の言った通り、その町人の娘は曲がり角から来た大人とぶつかってしまった。

さらに運の悪いことに、その大人は帯刀している
そしてその出で立ちから見てとれる様に

武士であった。


675 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:22:55 発信元:219.111.65.131
おっ、歴史物か!


677 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:23:48 発信元:121.111.227.31
<ヽ`∀´>「てめぇ!何しやがるニダ!ウリの袴を汚しやがって!」


*(;‘‘)*「あ…あぁ…」


J(;'ー`)し「すいません!すいません!どうか我が子の無礼をお許し下さい!」


<ヽ`∀´>「許すわけないニダ!しかもお前ら、見た所町人ニダね?その分際が、よりによって武士であるウリに食ってかかるとは!」


J(;'ー`)し「え!?いえ、食ってかかっているのは貴方の方で・・・」


<ヽ`∀´>「問答無用!斬捨御免ニダ!」

J(;'ー`)し「あぁ・・・きゃああああああ!!」






「やれやれ。アンタの刀は、そんな安っぽいもんかお?」



679 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:24:20 発信元:124.146.174.131
時代物だと……
やるなこいつ
 
 
681 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:24:52 発信元:121.111.227.21
*(‘‘)*「ぇ?」

J( 'ー`)し「え?」

<ヽ`∀´>「はぁ?」

正楽街に響く、男の声。
驚いたのは、その声の『重み』である。

その慈愛と威厳が嫌ほど込められた声を聞き、その場にいた全員がそちらへ振り向かされた。

その問答の眼前から歩き来るは、十数人の男達


その集団から発せられる風格に、その武士は思わずたじろいだ。


なにより、その集団を引き連れていた男の身形に驚いた。
黒い袴。
後袈裟。
その身形に金光するは、金色の円に十文字を被せたような紋章。


ヤクザ、である。


684 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:25:53 発信元:121.111.227.21
<;ヽ`∀´>「て、てめぇら誰ニダ!?ウリが旗本の武士と知っての狼藉か!?」


( ・∀・)「うるせぇぞ」


*(;‘‘)*「わっ…」


気付くと武士の首には刀が突き付けられていた。
よほど焦っていたのか、瞬時に背後に回られた事にまったく気付けなかったらしい

町人の親子はと言うと、目の前の流れについて行けず、ただ呆然とその光景を眺めるばかりであった。


<;ヽ`∀´>「ひっ…」


( ・∀・)「どなたに向かってそんな口聞いてんだ。死にてえのか」


(    )「やめろ。もら」


先ほどの声の主が語った。
やはり、その言葉の重みには皆が一息を飲む。



686 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:28:06 発信元:121.111.227.20
( ・∀・)「・・・はい」


もらと呼ばれた男は大人しく刀を収めた。
一方武士は、仮にも身分の高い自分がいきなり刃を突き付けられた事などなかったのであろう。

恐怖により、先ほどまでの高慢な態度は失せていた。


<;ヽ`∀´>「だ、誰ニダあんたら!」


それでも精一杯の虚勢で大声を張る武士。
それに答えるは、自分に刀を突き付けたその男だ。


( ・∀・)「わかんねぇのか!?
      このお方の袈裟!
      この金円十字の代門!
      なによりこの風格を以て!」



689 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:29:12 発信元:121.111.227.30
言われて武士は、何かに気付く。

<;ヽ`∀´>「・・!・・・あ・・・!?まさか・・・」

まさか。まさか。まさかこの人は・・・


(    )「あんまり持ち上げないでくれお。僕はただの無法者だろうに。」


( ・∀・)「ご謙遜を。このお方こそ!この江戸を支配する、我ら内藤組を束ねる大侠客!」




( ・∀・)「内藤ホライゾン、その人だ!」


( ^ω^)「どうも。」


その人―――内藤ホライゾンは、笑顔で、しかし畏敬すら抱かせる佇まいを以て、回りの空気を一気に支配した。




( ^ω^)ブーンは大侠客のようです


690 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:30:15 発信元:124.146.174.132
親ブーン!


691 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:31:31 発信元:121.111.227.22
<;ヽ`∀´>「ひ・・・・」


<;ヽ`∀´>「ヒィィィィィィ!!すんませんでしたニダ!すいませんでしたニダ!」

自分の地位も忘れ、頭を地につける武士。
当然である。この時代にこのお方を知らない人間はいないだろう。
内藤組とは、この時代に幕府の次に力を持つ、言わば「裏社会のトップ」

この内藤組達の掲げる金円十字の代門が表すのは、『反幕府』の意である
それを堂々と掲げて街を闊歩しているところからも、この男がどれほどの力を持っているかが伺えると言うものだ。


( ^ω^)「斬捨御免ってのは元々、街中で盗みなんかを犯した者を現行犯で斬り捨てる事が出来る特権だお。それをお前は・・・今何に使おうとした?」

その男が、目の前で話している。
自分に。
手の震えが、止まらない。


693 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:33:09 発信元:121.111.227.21
<;ヽ`∀´>「おっしゃる通りですニダ!もうしませんので!どうかお許しを!」


( ^ω^)「えー?タダで許せっての?」


<;ヽ`∀´>「はいっ!金ですニダ!?ウリに払えるなら、いくらでも払いますニダ!」


いくらと言われるだろう?
20両?30両?
どんな大金だろうと払うしかない。
内藤組に目をつけられるくらいなら、全身を切り刻まれて死んだ方がマシだ。


( ^ω^)「二分銀くれないかお?」


<ヽ`∀´>


え?
二分銀?たったの?


694 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:34:00 発信元:59.135.38.145
カッコいい


695 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:34:03 発信元:121.111.227.21
<ヽ`∀´>「え、に、二分銀ですニダ?」


( ^ω^)「銀はないかお?」


<;ヽ`∀´>「あ、ありますありますニダ!」


( ^ω^)「せんきゅー」

ホライゾンはその武士から二分銀を受け取ると、
そのまま未だに唖然としている町人の親子に渡した。


( ^ω^)「ほれ、お嬢ちゃん」


*(‘‘)*「え、くれるの?」


( ^ω^)「これで、さんま買ってもらえお」


*(‘‘)*「わぁ!ありがとうお兄ちゃん!」


娘は笑顔で返した。



696 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:34:51 発信元:121.111.227.19
J( 'ー`)し「あ、ありがとうございます!」


母は娘の頭を下げながら、礼を言った。

その光景を見た回りの誰もが思わず感嘆の声を漏らす。


「かっこいい・・・」
「さすが内藤組・・・私達の味方だわ・・・」
「あの粋な振る舞い・・・男だぜ」
「やらないか」


内藤ホライゾンは、ヤクザとして街を支配する身分でありながら、その人柄から人気も持ち合わせる人間だった。


<;ヽ`∀´>「・・・」


697 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:34:58 発信元:119.245.203.2
かっこいい…


701 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:36:23 発信元:210.153.84.184
かっけぇ……


702 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:36:43 発信元:219.111.65.131
かっこよすぎだろ……


698 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:35:17 発信元:122.102.225.250
かっけえ……
惚れるわ


699 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:35:44 発信元:121.82.133.242
男前やでぇ……


700 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:35:52 発信元:124.146.174.132
掘られてもいい



704 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:37:45 発信元:121.111.227.30
<;ヽ`∀´>「くそっ」


武士は狼狽していた。
まさか、こんな事になるとは。
今、あの内藤ホライゾンとあんな出会いをして生きていられている事は奇跡としか言い様がないが、それでも自分の武士としての面子が潰された事に変わりはない。


( ^ω^)「おっおっお。誉めても何も出ねーお、みなさん。」


・・・今なら逃げれるだろうか。
よし、逃げよう。
<;ヽ`∀´>「ニダー!!」


( ・∀・)「あ!」
( ^ω^)「お」

その武士は全速力で駆け出した。


(; ・∀・)「すみません親分!このモララー、不覚でした!すぐに取っ捕まえてきます!」


( ^ω^)「待てもら。いい。別に取っ捕まえて何をしようとしてたわけでも無い。」

( ・∀・)「・・・はぁ。あれ?何やら向こうが騒がしいですね・・・」


705 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:40:10 発信元:121.111.227.25
<ヽ`∀´>「ホルホルホル!やったニダ!逃げきれたニダ!」

歓喜する武士。
しかしこういう時にこそ、前方不注意は起こるもので。

ドン


<ヽ`∀´>「お?」


また人にぶつかってしまった。

('A`)「・・・いってぇ」


そこには、貧相な顔立ちの人間が立っていた。
しかし、その身形、そこにお供する人間の数。


<;ヽ`∀´>「え・・・」

後にこの武士、ニダーは語る。
この日は奇跡の日だと。二人の男に出会ったのだ。
一人は、裏の支配者内藤ホライゾン。そしてもう一人は・・・

<;ヽ゚∀゚>「・・・あ、あ、あぁあなたは」

<;ヽ゚∀゚>「将軍様ァァァァァァ!?」



708 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:41:23 発信元:119.245.203.2
ちょwww


709 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:41:24 発信元:124.146.174.131
ドクオさん将軍すかwwwww


707 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:41:07 発信元:59.135.38.150
やべぇwwwwドクオwwww


706 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:40:34 発信元:122.102.225.250
ドクオすごい地位だなww


710 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:41:49 発信元:118.1.183.54
ドクオww
ニダーが将軍様って言うとアレ思い出すwww


711 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:41:59 発信元:121.111.227.22
('A`)「・・・」

(;´_ゝ`)「お、お主!誰にぶつかったかわかっているのか!?このお方はこの天下を統べるお方」


(´_ゝ`)「豊臣秀吉公にあられるぞ!!」


('A`)「・・・」


<;ヽ゚∀゚>「あ・・・あ・・・」

言葉も出ない。
終わった。さよなら俺の人生。こんにちわ冥土。


('A`)「久しぶりだな。」

え?将軍様。私は貴方に会った事はありませんが。
久しぶりとは?あぁ、こんなに殺したくなるやつは久しぶりだな、みたいな意味ですか。
そうです私はウジ虫で・・

('A`)「・・・『ブーン』。」


<ヽ`∀´>「え?」

言われて正気になると、将軍様は既にこっちを向いてはいなかった。
その目線を追って、後ろを振り向く。


714 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:43:24 発信元:121.111.227.23
( ^ω^)「・・・」


そこにいたのは、先ほどの内藤ホライゾンだった。
彼はその物静かな佇まいをそのままに、あの重みある声でこう言った。


「久しぶりだお、『ドクオ』」


('A`)「・・・はっ」


(´_ゝ`)「貴様っ!将軍様に何て口を・・」


('A`)「いい、兄者。それより今日は帰るぞ。疲れた」


(´_ゝ`)「・・・はぁ」


('A`)「この内藤と一緒にな」

(;´_ゝ`)「は!?」


716 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:43:51 発信元:118.1.183.54
ざわ・・・


715 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:43:43 発信元:118.15.157.183
ドクオさんぱねえ


718 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:44:26 発信元:124.146.174.131
ブーンもパネェwww


720 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:45:27 発信元:121.111.227.29
('A`)「安心しろ。こやつとて馬鹿でない。まさか江戸城の中で暴れる事はあるまいて」


( ^ω^)「・・ありがとう、将軍様。」


('A`)「預からねェよ、大親分。」









―――半刻後、江戸城―――

ブーンは子分達を帰し、ドクオのお供達と共に江戸城に着いた。
嫌に豪華絢爛と言った感じのする、江戸城
その一室にブーンとドクオは二人でいた。
金屏風から金障子まで、回りの景色に酔ってしまいそうになる部屋だった。


('A`)「あぁ、疲れた」


721 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:46:16 発信元:121.111.227.29
( ^ω^)「なんであんなとこにいたんだお?」

('A`)「なんでって、俺が統べる江戸だぞ。その市場をこの目で見にいくのは当たり前だろ」

( ^ω^)「なる。一理あるおね」

('A`)「お前はなぜあんなところに?」

( ^ω^)「備府にあがる青菜は、なかなかのモンだからな」

('A`)「はっ!お前らしいな。昔っから食い意地ばっかだ。お前は・・・」


『昔』。
その言葉を引金に、二人はあの時代を思い出す。

―――お互いが仲間であった、あの時代。


・・・共に織田信長様の側近として、日々笑いあったあの日々を。


724 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:48:08 発信元:219.111.65.131
信長様の側近だと……


725 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:48:17 発信元:121.111.227.30
「あぁー!信長様また遊んでいらっしゃるのかお!?勉強しないと、勉強だお!」


『うるさいのぉお前は。』


「文武両道ですお!天下を取ろうというお方が、馬鹿じゃ話にならんですお?」


『あーうるさい。うるさいわこのブーンが。』


「ぶ、ぶぅん?なんですかおそれ!」


『お主が毎日ぶんぶんぶんぶんうるさいから、もうブーンでよかろう!はははっ!』


「ぶんぶんじゃないですお!文武両道ですお!」


『ワシからしたら一緒じゃて。ははっ!』


726 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:49:27 発信元:121.111.227.30
「失礼します。羽柴秀吉です。」


『おぉ、来たか。あ、秀吉よ。』


「はい?」


『お主はお主で、毎日貧相な顔立ちじゃのぅ。まるで毒でも喰らったかのようにw』


「え、なにこれ。来ていきなり悪口ってなにこれ。」


『お主は今日から毒男じゃ!な、ドクオ!』


「ぎゃははwwドクオだっておwww」


「ちょ、信長様ひどくない・・・?」


「wwwwwwwwww」


729 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:50:24 発信元:118.15.157.183
サルじゃない……だと……?


732 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:50:51 発信元:121.82.133.242
サル扱いよりもひでぇwwwww


730 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:50:34 発信元:210.136.161.102
信長テラフレンドリーwww


727 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:49:41 発信元:59.135.38.145
信長は誰だろう


733 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:51:08 発信元:119.245.203.2
気になる


734 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:52:03 発信元:121.111.227.24






('A`)「懐かしいな、あの時代が。ブーンよ」

( ^ω^)「正直、てめぇだけにはそんな呼ばれ方したくねぇお、ドクオ。それより僕は聞きたいんだお。」



――――あんなに楽しかったのに。

( ゚∀゚)『ブーン!ドクオ!共に・・・天下を取ろうな!』


あんなに、楽しかったのに・・・――――




(  ω )「何故、信長様を殺した?」






735 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:52:56 発信元:59.135.38.145
ゴクリ


736 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:53:07 発信元:119.245.203.2
ごくり…


737 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:53:20 発信元:121.111.227.30
('A`)「・・・それを聞くか?自分で考えた方が早かろう」


( ^ω^)「僕は、お前の口から聞きたいんだお」


('A`)「俺が、天下を取るのに邪魔すぎたから。これでいい?」


( ^ω^)「・・・少しも悔やんでないのかお?」


('A`)「悔やんでいるさ。お前も一緒に消せなかった事を、な」


(  ω )「・・・やっぱり、僕に信長様暗殺の罪をなすりつけたのはお前だったのかお。」


738 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:53:22 発信元:210.153.84.197
なん……だと……?


739 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:53:23 発信元:122.102.225.250
え? え?


740 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:54:15 発信元:121.82.133.242
なんと!


741 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:54:24 発信元:121.111.227.31
('A`)「そうだよ、ブーン。いや、この場合はこう呼んだ方がいいか?」


('∀`)「本能寺の変を起こした張本人、反逆者の」


('∀`)「『 明 智 光 秀 』よ!!」


(# ゚ω゚)「きやすく呼ぶな!信長様にもらったその名を・・・お前だけには呼ばれたくないお!」


('∀`)「もらった?あんな喧嘩馬鹿のクズにもらった名に、価値なんか感じてるのか?失笑だよ、ブーン!」


(# ゚ω゚)「貴様・・・!!」


744 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:55:36 発信元:219.111.65.131
急展開


743 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:55:19 発信元:210.153.84.116
なんという超展開


746 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:55:51 発信元:121.111.227.19
('A`)「それに、今更なんだ?信長は死んだ!今や天下は、この豊臣秀吉の手にあるのさ!」

(# ゚ω゚)「・・・いい気になってられんのも今のうちだお。一つ、教えてやるお。」

('A`)「ほぅ?」


(# ゚ω゚)「僕の内藤組は、もはや江戸の三分の一を実質的な支配に置いてるお。もうすぐ、もうすぐだ。」


(# ゚ω゚)「次は隣町のひろゆき組を潰し、傘下にしてみせる。そこから蕊理亜城や、羅雲寺組へと勢力を回し、力を貯め、そして・・・」


748 :( ^ω^)ブーンは大侠客のようです:2010/05/29(土) 20:56:46 発信元:121.111.227.26




(# ゚ω゚)「お前を・・・この豊臣の幕府を潰す事を、今ここに宣言しておくお!!」





('∀`)「面白い・・・やってみろよ。」




―――時は、天正12年
西暦に直すなら1585年。
これは、その時代にいた男の話。
同じ武将の元で共に生きた戦友を倒すべく奮闘した、ある侠客の話―――



第一話、完。






751 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:58:28 発信元:121.111.227.26
以上です。
ちょっと長くなってすいませんでした
お粗末様でした


750 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:58:08 発信元:59.135.38.144
乙!
ドクオとブーンが対立してる設定はあんまり見ないから面白そう


752 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:58:45 発信元:122.102.225.250

続きはまだですか?


753 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:58:47 発信元:210.153.84.176
カッコいいな……乙!

規制に泣いたクチかな、スレでがっつり読みたい!


754 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:59:04 発信元:219.111.65.131
乙!
投下をwktkして待ってるからな!


756 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:59:25 発信元:210.136.161.110
乙!
なんとも壮大な長編になりそうだ



757 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 20:59:45 発信元:119.245.203.2
先生、続きはまだですか


759 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 21:00:48 発信元:118.15.157.183

ちょっと歴史勉強してくる


761 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 21:01:58 発信元:121.82.133.242
乙、これは熱い復讐ものになりそうだな。


 
 【 長編序章祭(仮) 】インデックスへ戻る

 
総合短編(ファンタジー・時代劇) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。