スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
 ※この作品は、図書館で行われた【 長編序章祭(仮) 】 にて投下された作品です。


228 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:27:56 発信元:123.219.244.15
昔総合でお題貰って書いたけど
うまくまとめられなかったので長編にしようとして挫折したから投下する

もらったお題

棒(棒術or杖道)
バグナグ (ベアナックル的なもの)
七丁念仏(刀)
チェーンソー
从'ー'从 あれれ~?私のシカゴタイプライターが弾切れだよ?(トミーガンの一種)
二刀流 ただしカッターとコンパス


229 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:29:05 発信元:210.153.84.22
>>228
お題www


231 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:30:04 発信元:121.111.227.70
お題がwww


232 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:30:37 発信元:123.220.49.73
お題が無茶ぶりすぎるwww





230 :( ^ω^)修羅達は殺し合うようです:2010/05/29(土) 00:29:26 発信元:123.219.244.15
『修羅』と呼ばれる、人でありながら、人では無い者たちが居た。
その強大な力に時の権力者は恐れ、莫大な被害を出しながらも『修羅』を滅ぼした。

しかし、彼らは気づいていなかった。


『修羅』は人と交わり、その血を僅かに残していた事に――




( ^ω^)修羅達は殺し合うようです




そして――時は現代。何の変哲もない普通の地方都市、VIP市。
ここにも一人、修羅の血を濃く受け継いだ者が『修羅』になろうとしていた――


233 :( ^ω^)修羅達は殺し合うようです:2010/05/29(土) 00:30:50 発信元:123.219.244.15
~VIP高校~

授業と部活が終わり、ほぼ無人となった夜の校内に足音が響く。

(;^ω^)「宿題のプリント忘れるとか…我ながら間抜けだお」

( ^ω^)「WAWAWA忘れ物~」ガラッ

プリントを探していると、誰も居ない筈の廊下からコツコツと足音が聞こえる。

( ^ω^)(宿直の先生かお…?まあ見つかっても事情を話せばいいかお)

足音が止まり、教室のドアがゆっくりと開かれる。

从'ー'从「そこの君~ちょっと聞きたいんだけど」

足音の主は若い女だった。

白いワイシャツと紺色のスカートを着た、いかにも女教師といった感じの服装。しかしどこか間の抜けた感じだ。


235 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:32:59 発信元:210.153.86.35
とりあえず女教師ハァハァ


234 :( ^ω^)修羅達は殺し合うようです:2010/05/29(土) 00:31:57 発信元:123.219.244.15
( ^ω^)キリッ(見たこと無い人だお…新任の先生かお?)「何でしょうかお?」

从'ー'从「―――って生徒を知らない?」

女が口にしたのは、彼の名だった。

( ^ω^)「―――は僕ですお。なんの用ですかお?」

从'ー'从「えっとね~とりあえず」

从 ー 从「死んでほしいな~って」

瞬間、彼女の右手が一瞬にして銃へと変わり、弾丸を撒き散らした。

(;^ω^)「んなっ!?」

彼が机の影に飛び込んで隠れるのと同時に、弾丸が木製の机を削っていく音が響く。

(;^ω^)(何なんだおイキナリ!?訳わかんねえお!)
 
 
236 :( ^ω^)修羅達は殺し合うようです:2010/05/29(土) 00:33:21 発信元:123.219.244.15
从'ー'从「あれれ~?私のシカゴタイプライターが弾切れだよ?」

言葉を聞くと同時に鞄を持って机の影から飛び出し、出口を目指して駆け出す。

(;^ω^)(弾切れのうちに教室から逃げるお!)

从'ー'从「ところが残念♪嘘だよ~」

右手に生えている銃から、弾丸が再び撃ちだされる。

(;^ω^)(あ…僕死んだ…)

そのとき、教室のドアがいきなり吹き飛び、少年と女の間に割って入り、銃弾を防ぐ。

从'3'从「む~邪魔しないでほしいな~」

入ってきたのは、OL風の女と袈裟を着た坊主頭の男性。

川 ゚ -゚)「邪魔しない訳にはいかないだろう?『銃修羅』」

(´・ω・`)「保護対象の『修羅』を殺されでもしたら、僕らの面目丸潰れだしね」


237 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:34:00 発信元:123.220.49.73
すごい展開


241 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:35:10 発信元:210.136.161.167
シカゴタイプライターすげぇwwwww


240 :( ^ω^)修羅達は殺し合うようです:2010/05/29(土) 00:35:05 発信元:123.219.244.15
从'‐'从「『杖修羅』に『刀修羅』かあ…厄介だなあ」

(´・ω・`)「厄介で悪かったね。とりあえず君は僕が倒させてもらうよ」

そう言った彼の手の平から棒状の物が突き出し、それを掴んで腕の中から『何か』を引きずり出した。

出てきたのは、一メートル強の杖。先が尖っているので、槍のようにも見える。

从'ー'从「棒術…いや、杖道かな?」

(´・ω・`)「そんなもの、どっちだっていいさ」

从'ー'从「だよね。さっさと殺してあげる」

銃修羅が両手にマシンガンを生やし、乱射する。

(´・ω・`)「無駄だよ」

杖を素早く回転させ、弾丸を全て叩き落す。

川 ゚ -゚)(今のうちに逃げるぞ)

(;^ω^)(了解ですお)


242 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:35:51 発信元:121.111.227.69
あ、こういうの感情移入しやすくて好きかも


243 :( ^ω^)修羅達は殺し合うようです:2010/05/29(土) 00:36:09 発信元:123.219.244.15
ひたすら廊下を走る。

(;^ω^)「そういえば、なんであの人手から棒が出てきたんですかお?」

川 ゚ -゚)「簡単に言えば、彼や私、そして君のような『修羅』は武器と契約するとその武器を体と同化させられるんだ」

川 ゚ -゚)「つまり私は体から刀が出せるし、私自身が刀にもなれる」

(;^ω^)「契約?」

川 ゚ -゚)「修羅は『一生その武器しか使わない』と決めて初めて修羅になれる。それが契約だ」

川 ゚ -゚)「自らの体に武器を思いっきり突き刺せば契約は完了する」

川 ゚ -゚)「まあ詳しい事は後で話すから今はとにかく逃げ―――」

彼女の言葉を遮ったのは、ガラスが割れる甲高い音。

そして飛び込んでくる、黒い影。

(,,゚Д゚)「すまんが、逃がす訳にはいかないな」


244 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:36:55 発信元:43.244.33.47
何これ面白そう


246 :( ^ω^)修羅達は殺し合うようです:2010/05/29(土) 00:37:41 発信元:123.219.244.15
川 ゚ -゚)「そのバグナグ…『爪修羅』か」

(,,゚Д゚)「『刀修羅』に覚えててもらえるとは光栄だな。知らない仲でもないんだから、穏便に済ませたいんだが」

川 ゚ -゚)「おとなしく引き渡せと?全力で拒否するに決まっているだろう」

(,,゚Д゚)「だろうな。それじゃ、力ずくで拉致らせて貰うぜ」

いつか見たアメコミのヒーローのように、男の手から長い金属の爪が飛び出した。

川 ゚ -゚)「少年!ここは私に任せて逃げろ!」

(;^ω^)「は、はいいぃぃ!」

慌てて駆け出す少年を横目に、『刀修羅』はニヤリと薄い笑みを浮かべる。

(,,゚Д゚)「何がおかしい?」

川 ゚ ー゚)「いや、久しぶりに本気を出せそうだな、と思っただけさ」

そして彼女は、胸から刀を引き抜いた。


248 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:38:44 発信元:210.153.84.104
胸から……ゴクリ


249 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:38:58 発信元:210.153.86.132
ヒュー・ジャックマンか


250 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:39:08 発信元:123.220.49.73
クー△


247 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:38:40 発信元:118.15.157.183
お題で吹いたのに悔しいけどかっこいいビクンビクン


251 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:39:08 発信元:121.111.227.79
ギコさんは敵か…


252 :( ^ω^)修羅達は殺し合うようです:2010/05/29(土) 00:39:09 発信元:123.219.244.15
(;^ω^)「ハァ…ハァ…」

数分走り続け、下駄箱と校門まであと少しというところまでたどり着く。

両手を膝に当て、息を整えていると、廊下の反対側から人影が見えた
  _
( ゚∀゚)「おー、いたいた」

(;^ω^)「ジョル…ジュ……?」

彼のクラスメート、ジョルジュ長岡。

友達というほど仲は良くなく、朝挨拶を交わす程度である。

だがそんなジョルジュでも、彼からすれば天の救いのように見えただろう。

(;^ω^)「助…けて…くれお…変な奴らに…追われてて…」
  _
( ゚∀゚)「あー…悪いが、それはできねえ。何故なら」
  _
( ゚∀゚)「俺もその『変な奴ら』の一員だからな」

(;^ω^)「は…!?」
  _
( ゚∀゚)「悪いな、―――。『鋸修羅』に殺される事を幸運だと思え」

ジョルジュの右肘から先が巨大なチェーンソーへ変わり、唸りを上げる。

そして―――切り裂いた。


255 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:40:31 発信元:121.111.227.79
ジョルジュも…( ;ω;)


257 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:41:15 発信元:118.15.157.183
幸運どころか一番痛そう


256 :( ^ω^)修羅達は殺し合うようです:2010/05/29(土) 00:40:37 発信元:123.219.244.15
  _
( ゚∀゚)「チッ…」

切り裂いた。だが、切り裂いたのは彼の鞄と制服だけで、彼には当たらなかった。

彼はチェーンソーが振るわれる瞬間、後ろへ飛ぶことで避けたのである。

(; ω )「ぐはっ!?」

だが、無理な体勢から後ろへ飛んだため、バランスを崩し、転倒する。

尻餅をつき、切られた鞄からは中身がぶちまけられ、文具が飛び散った。
  _
( ゚∀゚)「チェックメイトだ」

チェーンソーの先が突きつけられる。

(; ω )(僕はココで…死ぬのかお……?)


259 :( ^ω^)修羅達は殺し合うようです:2010/05/29(土) 00:42:00 発信元:123.219.244.15
死を覚悟した瞬間、『刀修羅』と呼ばれた女が言っていた事が思い出される。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

川 ゚ -゚)「簡単に言えば、彼や私、そして君のような『修羅』は武器と契約するとその武器を体と同化させられるんだ」

川 ゚ -゚)「つまり私は体から刀が出せるし、私自身が刀にもなれる」

川 ゚ -゚)「修羅は『一生その武器しか使わない』と決めて初めて修羅になれる。それが契約だ」

川 ゚ -゚)「自らの体に武器を思いっきり突き刺せば契約は完了する」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(; ω )(そうだお…僕も…修羅になれば…)

(; ω )(何か武器になりそうなものは…)

廊下にぶちまけられたシャーペン、コンパス、消しゴム、シャー芯、定規、三角定規、カッター、ボールペン…

その中で手が届く範囲のもので武器になりそうなものを探す。

(; ω )(どっちにするべきだお…!?ええい!迷ってる暇はないお!)


262 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:43:34 発信元:210.153.86.131
シャー芯一択


264 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:44:54 発信元:118.15.157.183
方眼紙を相手の爪の間に挟んで思いっきり引けば……


261 :( ^ω^)修羅達は殺し合うようです:2010/05/29(土) 00:43:31 発信元:123.219.244.15
彼は左手でコンパス、右手でカッターを取り、そして――

・・・・・
二つ同時に体に突き刺した。
  _
(;゚∀゚)「んなっ…!?契約だと!?」

突き刺した瞬間、彼の体が光り輝き始める。
  _
(#゚∀゚)「契約完了する前に殺してやる!」

ジョルジュはチェーンソーを構え、全力で振り下ろす。

だが、彼に掴まれ、止められる。

その彼の指は、金属製のコンパスのような、鋭い輝きを放っていた。

そして、右手首から生えたカッターの刃で、彼の右腕を、切り落とした。
  _
(;゚∀゚)「二つ同時に契約って…何者だよ…お前」

(  ω )「僕の名前は―――、いや、違う」

( ^ω^)「僕の名前は『文修羅』だお」

こうして、新たな修羅がまた一人、生まれた。







266 :( ^ω^)修羅達は殺し合うようです:2010/05/29(土) 00:45:17 発信元:123.219.244.15
以上で終わりです。支援ありがとうございました。

質問などあったらどうぞ。

渡辺の顔がひどいことにorz


268 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:46:09 発信元:123.220.49.73
乙!
続きが気になるお


271 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:47:26 発信元:118.15.157.183
終わり……だと……?
続きが見たいから乙したくなくなるww


263 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:44:53 発信元:210.153.84.202
お題の見事な消化っぷりに惚れた


265 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:45:07 発信元:219.108.157.13
何これかっこいい


267 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:45:53 発信元:121.111.227.69
文房具って意外と使えるんだなw



273 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:49:09 発信元:43.244.33.47
>>266
乙です。続き書かせてもらっていいでしょうか?駄目ならすいません・・・


274 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:50:29 発信元:123.219.244.15
>>273
どうぞどうぞwwwww
大歓迎っすよwwwww

しかし没ネタ拾われんの二回目か…


278 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:51:52 発信元:121.111.227.79
>>273
わわ、楽しみにしてます!


275 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:51:03 発信元:123.220.49.73
>>273
おいおい続きを書いてくださる勇者が現れたぞ
楽しみにしてます


276 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:51:29 発信元:43.244.33.47
>>274
うひょー!ありがとうございます!!処女作に使わせてもらいますw

流れ止めてすいません、支援


277 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/29(土) 00:51:47 発信元:118.15.157.183
これが第二のコネクト誕生の瞬間か……



 【 長編序章祭(仮) 】インデックスへ戻る


 
総合短編(バトル・アクション・厨二) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。