スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
780 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/27(木) 23:59:51 発信元:124.146.175.42
お題

逢魔が時
そして誰もいなくなった

投下します
<ヽ`∀´>霞の中で、のようです(#゚;;-゚)


781 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 00:02:21 発信元:124.146.175.42
ここはとある山の中。

一人の男の子が歩いています。

<ヽ`∀´>(…そろそろ日が沈むニダ)

<ヽ`∀´>(早く行かないと)

きれいな夕やけを見ようともせず、

いったいきみはどこへ行く?



<ヽ`∀´>霞の中で、のようです(#゚;;-゚)


784 :<ヽ`∀´>霞の中で、のようです( ◆b3BU53rooc :2010/05/28(金) 00:04:40 発信元:124.146.175.41
ここはとある山の中。

男の子は滝のまえにつきました。

<;ヽ`∀´>(……ギリギリ間に合ったニダ)

そのとききれいなお日さまが、地面のしたにかくれました。

すると、おやおや、これは不思議。

滝から白いもやがでて、

あたりいちめんまっ白に。

きっとあそこの男の子には、

自分の手も見えないでしょう。

<ヽ`∀´>「……」

<ヽ`∀´>「……いるニカ?」

「いるよ」

<;ヽ`∀´>そ(゚-;;゚#)スゥ


785 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 00:06:55 発信元:124.146.175.41
びっくり、白いもやの中から、

女の人がにょっこりと。

<;ヽ`∀´>「……顔が近いニダ」

(#゚;;-゚)「見えにくいんだからしょうがないでしょ?」

<ヽ`∀´>「……わざわざしゃがんでまでしなくても……」

(#゚;;-゚)「あなたの顔を見ていたいんだよ」

<ヽ`∀´>

<*ヽ`∀´>

(#゚;;-゚)「さあ、今日はどんなことがあったの?」

<*ヽ`∀´>「ニダ! 今日は村の皆と稲刈りをしたニダ! ウリが一番刈ったニダ!」

男の子がたのしそうに話して、

女の人がうれしそうにうなずく。

たったそれだけのことなのに、

見ているこっちもしあわせになりそう。


788 :784のトリはでぃのAAを使ったために発生した 申し訳ない:2010/05/28(金) 00:11:12 発信元:124.146.175.41
でもそんな時間はすぐにおわり、

さびしい別れがやってきます。

(#゚;;-゚)「……そろそろ時間だねぇ」

<;ヽ`∀´>「も、もうちょっとお話したいニダ!」

(#゚;;-゚)「そうは言ってもねぇ。これはしょうがないんだよ」

<ヽ;∀;>「いやニダ! まだ話すニダ!」

(#゚;;-゚)「……あなたはしょうがない子だ。また明日も会えるでしょ?」

<ヽ;∀;>「そんなのわからないニダ! 会えないかもしれないニダ!」

(#゚;;-゚)「大丈夫よ。約束するから」


790 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 00:13:13 発信元:124.146.175.41
「この逢魔が時に、また会いましょう」



その言葉はかすみと一緒に、

風に吹かれて消えちゃった。

男の子はなみだをふいて、

山をおりていきました。
 
 
791 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 00:15:44 発信元:124.146.175.41
ここはとある里の中。

男の子は走り回って、

皆と仲良く遊んでいます。
<*ヽ`∀´>「皆逃げるニダー!」

(*^ω^)「ツンが鬼だおー!」

ξ*゚⊿゚)ξ「バリアーは禁止だからねー!」

(*゚ー゚)「ちゃんと10秒数えてねー!」

(*^Д^)m9「ツンが鬼とかwwwそのまんまwwwwプギャーwwww」

ξ゚⊿゚)ξ「貴様はこの世に一片の肉を残すことすら許さん」

(;^Д^)ゴメンナサイゴメンナサイ!!


793 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 00:17:37 発信元:124.146.175.42
今は稲刈りの休憩中。

おとながお茶をのんでるあいだ、

子どもは元気におにごっこ。

<*ヽ`∀´>「プギャーが捕まったニダ!」

(*^ω^)「皆一緒にプギャーするお!」

<*ヽ`∀´>m9(*^ω^)m9「「「プギャーwwwwwwwwwwww」」」(*゚ー゚)m9

<オイ、ココガエエンカ?エエノンカ?

<マジゴメンナサイゴメンナアッ-!

とってもとっても楽しそう。


794 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 00:19:51 発信元:124.146.175.42
(,,゚Д゚)「おう、おまえら」

(*゚ー゚)「あ、お父さん」

(,,゚Д゚)「おう、しぃもいたか。今日の残りの作業は大人でやるから、おまえらは休みでいいぞ」

(*^ω^)「さすが村長! 太っ腹だお!」

<*ヽ`∀´>「最近メタボ気味なのも相まってさらに太っ腹ニダ!」

(,,^Д^)「ギコハハハ! 生意気言うと取って食っちまうぞ!」

だけど、

こんなに幸せそうだけど、

男の子にはただ一つ、

なやみのたねがあるのです。


797 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 00:22:03 発信元:124.146.175.42
(,,゚Д゚)「……あー、そうだ、ニダー」

<ヽ`∀´>「なにニダ?」

(,,゚Д゚)「んーと、だな。今日、ウチで晩飯食わないか? お前の好きなキムチもあるぞ」

<ヽ`∀´>

<ヽ`∀´>「……おいしそうだけど、遠慮するニダ。お父さんに料理を作るニダ」

(,,゚Д゚)「……ん、そうか。わかった。なんかあったら、すぐにウチに来いよ」

<ヽ`∀´>「ホルホルホルwwwww取って食われるニダwwwww」

(,,^Д^)「ギコハハハ! しぃも暗くなる前に帰れよ!」

(*゚ー゚)「はーい!」


798 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 00:24:07 発信元:124.146.175.41
ここはとある里の中。

村のはずれににある家に、

男の子は歩いています。

<ヽ`∀´>「……ただいまニダ」

(゜3゜)「……早く飯」

<ヽ`∀´>「……今作るニダ」

(゜3゜)「……」

<ヽ`∀´>「……先に食べてて欲しいニダ。ウリは少し出かけるニダ」

(゜3゜)「……どこに行くんだ」

<ヽ`∀´>「……山ニダ」

(゜3゜)「……山だと?」

(゜3゜)「なんでお前が山に行くんだ?」


802 :お猿さんにレイプされた……:2010/05/28(金) 00:32:09 発信元:124.146.175.42
<;ヽ`∀´>「……それは……」

(゜3゜)「そうか、わかったぞ。お前、狩りするつもりだろ」

<;ヽ`∀´>「違っ……!」

(#゜3゜)「違わねえだろ!」ガシャーン!

<;ヽ`∀´>そビクッ

(#゜3゜)「素手で狩りをするつもりなんだろ! それができりゃ俺がいらなくなるからなあ! 村で唯一猟銃持ってる、この俺が!」

<;ヽ`∀´>「そんなこと……」

(#゜3゜)「誰の差し金だ! ギコか!? タカラか!? そうかタカラだろ! あいつ、俺に酒売るの嫌がってたからなあ!」

<;ヽ`∀´>「ち、違うニダ! 山に行くのは、山菜を採るためニダ!」

(#゜3゜)「山菜だあ!? なんでてめえが山菜なんざ採りに行くんだよ!」

<;ヽ`∀´>「お、お酒を作るのに、山にある山菜がいるらしいニダ。タカラさんに頼まれているニダ」


805 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 00:45:39 発信元:124.146.175.42
(#゜3゜)

(゜3゜)

(゜3゜)「……何してんだよ」

<;ヽ`∀´>「……?」

(#゜3゜)「早く飯作れってんだ! この糞ガキ!」

<;ヽ`∀´>「わ、わかったニダ! わかったニダ……」

そう、男の子のお父さんは少し短気。

いつも男の子に乱暴をしてしまうのです。

(゜3゜)「……ったく、使えねえ奴だな」

<;ヽ`∀´>トントン

(゜3゜)「なんでこんな奴が息子になっちまったんだろうな」

<;ヽ`∀´>グツグツ

(゜3゜)「それもこれも、全部あの女のせいだ」

<ヽ`∀´>ピク


808 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 00:50:37 発信元:122.30.210.107
ひどい親父だな…


810 :お猿さんが怖いのでスローペースになります:2010/05/28(金) 00:54:18 発信元:124.146.175.42
(゜3゜)「子連れで男んとこ来るかよ……普通」

<ヽ ∀ >グツグツ

(゜3゜)「しかもすぐに死にやがって……。まだロクに犯ってなかったってのに……」

<ヽ ∀ >グツグツ

(゜3゜)「まあ、あんな女を嫁に貰った俺もどうかしてたな」

「あんな、キズだらけの、不細工な糞女なんか」

<#ヽ ∀ >「……っ!」

(゜3゜)「おい、とっとと飯作れよ」

<ヽ ∀ >「……どうぞニダ」

(゜3゜)「……ったく、まずそうな飯だな」


812 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 01:03:02 発信元:124.146.175.42
<ヽ ∀ >「……山に、行ってくるニダ」

(゜3゜)ムシャムシャ

<ヽ ∀ >ダッ!

男の子は家をとびだしました。

もう、お日さまは沈みそうです。

だから急いで、走っているのでしょう。

<ヽ;∀;>

なみだを流して、走っているのでしょう。



815 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 01:11:31 発信元:124.146.175.42
ここはとある山の中。

あそこの滝の目の前で、

男の子はたっています。

そして、やがてお日さまは、

地面のしたにかくれてしまい、

滝からもやが吹き出します。

<ヽ ∀ >

(#゚;;-゚)「ひどい、顔ね」

<ヽ ∀ >「……」

(#゚;;-゚)「……泣いていたの?」

<ヽ ∀ >「……ウリの」

<ヽ;∀;>「ウリのお母さんは、死んでるニダ」


818 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 01:18:53 発信元:124.146.175.42
(#゚;;-゚)「……っ」

<ヽ;∀;>「ウリは、お母さんに逢いたいニダ」

(#゚;;-゚)「……それは、無理よ」

<ヽ;∀;>「……ウリが死んだら、お母さんに会えるニカ?」

(#゚;;-゚)「……っ!」

(#゚;;-゚)「……あなたが死んだら、お友達が悲しむよ?」

<ヽ;∀;>「でもっ、お母さんは喜ぶかもしれないニダ!」

(#゚;;-゚)「そんなことない!」

<ヽ;∀;>「そんなのわからないニダ! どうして言い切れるニダ!」

(#゚;;-゚)「それはっ……」


820 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 01:19:48 発信元:110.0.169.247
ニダー…


821 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 01:26:27 発信元:124.146.175.42
<ヽ;∀;>「きっとお母さんは、寂しがってるニダ……。ウリが一緒にいてあげれば、きっと喜んでくれるニダ」

(#゚;;-゚)「……」

(# ;;- )

(# ;;- )「……そうね」

(# ;;- )「もしかしたら、あなたのお母さんは、」



「喜んじゃうかもしれないね」



微かに震えたその言葉は、

風に吹かれて消えちゃった。

男の子はなみだを流し、

山をおりていきました。


823 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 01:33:30 発信元:124.146.175.41
ここはとある里の中。

おとなも子どもも集まって、

今日は悲しいおそうしき。

( ;Д;)「ニダー……」

( ;ω;)「おーーーん! おーーーん!」

ξ;⊿;)ξ「どうして……バカ……」

(*;ー;)「グスッ……ニダー君……」

(,,;Д;)「チクショウ……あの時、無理にでもウチに来させれば……」

( ,,^Д^)「よせギコ……。お前の責任じゃない。すべてポセイドンの奴が悪かったんだ」

ζ(;ー゚*ζ「そ、そうよ……。ニダー君を撃ったりしたから……。だから、あの滝で溺れて死んだのよ、天罰よ……」


826 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 01:41:02 発信元:124.146.175.41
やがて、男の子のからだはやかれていきました。

やかれてからだが灰になり、

けむりがおそらにとどくとき、

白いもやが山から流れて

けむりといっしょに風にふかれて、

どこか遠くへ消えました。

そして山の滝の前には、

永遠に誰もいなくなりました。


おしまい







829 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 01:50:25 発信元:124.146.175.42
以上です
後半は展開が早過ぎた、反省はしている
あと、補填という名の蛇足
読みたくない人は読まないで下さい




わかりにくいかも知れませんが、(#゚;;-゚)は<ヽ`∀´>の母親です
既に病死済みで、その後幽霊として逢魔が時に出てきます
しかし、ニダーには母親ということを伝えておらず、ニダーも気づいていません




830 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 01:57:14 発信元:124.146.175.42
あと(゜3゜)がニダーを撃ったと言っていますが、正しくはニダーに襲われて撃った、つまり正当防衛です
山から戻ったニダーに母親への侮辱を言いまくりました、コイツ
んで、殺したあとにでぃ含む幽霊達が家を襲撃、滝にて溺死、という流れになります


827 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/28(金) 01:46:54 発信元:122.30.210.107
乙乙
ニダー可哀想に…


 
総合短編(シリアス・鬱・ホラー) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。