スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

( ´∀ ω^)のようです

2010/05/29 Sat 02:52

 
673 :( ´∀ ω^)のようです:2010/05/27(木) 03:13:35 発信元:121.111.227.76

僕はいつからここにいるのかお
僕はいつからこれを描いているのかお
僕はいつから──




677 :( ´∀ ω^)のようです:2010/05/27(木) 03:16:36 発信元:121.111.227.79

ζ(゚ー゚*ζ「ねえ、明日映画見に行かない?」

 「ごめん。もうすぐ美術部のコンクールがあるモナ」

ζ(゚ー゚*ζ「えー、うーん……じゃあ仕方ないかぁ」

ζ(゚ー゚*ζ「でも、ちゃんと埋め合わせしてよね」


僕とデレは高二の春から付き合い始めて丸一年経とうとしていた。

同じクラスにいたデレはギャルでもなく地味でもなく、
所謂普通のグループに所属していたが、その可愛らしい容姿に
雰囲気も相俟って、陰では天使などと呼ばれていたようだ。

周りからは「何でお前がデレの彼氏に?」と吃驚されていたが、それには僕も同意する。

なぜ僕が?と問いかけた事もあった。するとデレ曰く

ζ(゚ー゚*ζ「優しそうだから!」

君が相手なら10人中10人が、それこそお姫様に仕える
従者のように優しく、優しく接してくれそうなものだが。


678 :( ´∀ ω^)のようです:2010/05/27(木) 03:18:00 発信元:121.111.227.79

僕はデレと会うまで──中学の頃からずっと絵を描いていて、
実はそこそこ評価されたりもしていた。

もちろん高校に入ってからも美術部に所属し、
三年生になると出展資格が得られる絵画コンクールの為に、
毎日ひたすら絵を描いていた。

そんな中、天使からの突然の告白。

あまりにも嬉しくて、mixiやTwitter、果てはvipにまでスレ立てし、書き込みしまくった。

ただ、それまで彼女いない歴=年齢の僕にはどう接していけば
良いのか分からず、彼女が出来てからも毎日毎日絵を描き続けた。

デレにはずいぶん寂しい思いをさせてしまったと思う。

それでもデレは

ζ(゚ー゚*ζ「私はモナー君の彼女でいられることが幸せなんだよ」

それに、放課後会いたくなったら美術室に行けば良いもんね。
そんな風に言ってくれて、僕は本当に世界一の幸せ者だった。


682 :( ´∀ ω^)のようです:2010/05/27(木) 03:25:01 発信元:121.111.227.82

高二の秋頃、美術部に入部してきた一年生、内藤ホライゾンと出会った。

( ^ω^)「中途入部ですけどよろしくお願いしますお!」

( ´∀`)「よろしくモナ。美術部は僕一人だったから大歓迎モナ」

柔和な笑みとふくよかな体が親しみを感じる、優しそうな……
いや、実際にとても優しい彼だった。

彼には幼なじみの彼女がいて、一度美術室に遊びに来たことがあった。

ξ゚⊿゚)ξ「あんた、本当に絵が好きなのね」

( ^ω^)「いつかツンの絵を描くために、頑張って練習するんだお!まずはデッサンだお」

ξ//⊿/)ξ「ば、ばか!何言って……あの、モナー先輩気にしないで下さいね!」

( ´∀`)「ラブラブだモナね」

見ているこっちが気恥ずかしくなるくらい、仲良しな二人だったっけ。

僕ももっとデレに優しくするべきかな。

そうだ、今までずっとデレに誘われてばかりだったデート。
明日から春休みだし、今度は僕から誘ってみようか。

絵は……一日くらい休んだって良いだろう。今は、それよりも、デレに会いたい。


683 :( ´∀ ω^)のようです:2010/05/27(木) 03:27:33 発信元:121.111.227.83

プルルルル プルルルル ガチャッ

ζ(゚ー゚*ζ「もしもし?」

 「デレ?夜遅くにごめんね。明日、空いてるモナ?」

ζ(゚ー゚*ζ「う、うん。暇だよー、どしたの?」

 「いや、そのー……デートしないかなー、なんて」

ζ(゚ー゚*ζ「え!?……モナー君から誘ってくれるなんて珍しいねー。良いよ、どこ行く?」

 「あ、えっと……え、映画なんてどうかモナ?」

ζ(゚ー゚*ζ「了解ー!じゃあさ、明日の10時に学校前の交差点で待ち合わせね!」

 「うん、分かったモナ。じゃあ、また明日」

ζ(゚ー゚*ζ「おやすみー」

この時は早くデレに会いたくて、明日が待ち遠しくて仕方なかった。

まさか自分が死ぬなんて思いもしなかった。


684 :( ´∀ ω^)のようです:2010/05/27(木) 03:29:04 発信元:121.111.227.80

なかなか寝つけなくて、翌朝、時間ギリギリに起きてしまった僕は
身だしなみもそこそこに、走って待ち合わせ場所へと向かった。

交差点にたどり着いてデレがまだ来ていないことを
視認すると、歩道に立ち止まって一息ついた。

その瞬間。

クラクション音、悲鳴、トラック、携帯を持った運転手、人、空、人、デレ──

デレがいた。

デレと…………プギャー?

何で?二人がこっちを見て吃驚している。なんだよ、その顔。むしろ僕の方が


グシャッ
 
 
686 :( ´∀ ω^)のようです:2010/05/27(木) 03:31:42 発信元:121.111.227.80

三学期、始業式


「えー、皆様に訃報があります。春休みに二年一組の──」

( ;ω;)「モナー先輩、僕、モナー先輩の絵が好きだったお……尊敬してたお……」

ξ;⊿;)ξ「春休み前に話したばかりで……何で……」

泣いて悲しむ者。

( ^Д^)「派手に飛んでったよなww」

(´・_ゝ・`)「マジで?見たかったなぁ。畜生、バイトが入ってなけりゃあな」

(*゚ー゚)「ってかさ、賭けは私たちの勝ちよね♪」

 「あーあ、あともうちょっとで一年だったのになぁ」

ζ(゚ー゚#ζ「車に轢かれてお終い、なんてマジKYなんだけど」

(*゚ー゚)「はいはいwとにかく一年保たなかったんだから、
ゴールデンウイークの旅行費用はデレ持ちだからね」

ζ(゚ー゚*ζ「はぁ…せっかくあんな絵バカのダサい奴に
告白してやったのに……あたしの一年が無駄になったわ」

( ^Д^)「俺らは面白かったけどなww」


688 :( ´∀ ω^)のようです:2010/05/27(木) 03:33:22 発信元:121.111.227.75

(´・_ゝ・`)「そうそうwwデレは中身は腹黒いけど、黙ってれば可愛いからね」

(´・_ゝ・`)「そのデレに靡かないモナーにいつキレるかとww」

ζ(゚ー゚*ζ「金がかかってんだもん。一年やりきる自信はあったわよ」

故人を嘲笑う者。

モナーは知る由もなかった。

モナーはただデレに会いたかった。
デレに優しくしたかった。
プギャーがなぜあの交差点にいたのか知りたかった。
デレに聞きたかった。

そして


聞こう、と思った。


690 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/27(木) 03:34:17 発信元:121.82.133.242
これは…ゴクリ


691 :( ´∀ ω^)のようです:2010/05/27(木) 03:35:03 発信元:121.111.227.69

始業式の翌日から、夜中、ブーンが美術室に籠もり始めた。

今日で三日目、どうやら美術室で寝泊まりもしているらしい。

宿直の先生が話しかけても反応せず、ひたすら絵を描いているという。

先生はブーンがずいぶん熱心に描いているもんだから、
あまり強く言えなかったみたいで、幼なじみの私に相談してきた。

仕方ないから差し入れでも持って行ってやろうかな。

ガラララッ

ξ゚⊿゚)ξ「失礼しまー……うわ、マジでいたわ」

(  ω ) カキカキカキ

ξ゚⊿゚)ξ「ちょっとブーン!あんた家に帰ってから
また学校に来るなんて……親御さんも心配してたわよ」

(  ω ) カキカキカキ

ξ゚⊿゚)ξ「フルーツのデッサン?そんなに熱心に描いて……」

ξ//⊿/)ξ「わ、私の絵なんかいつだって良いのn……いや別に待ち遠しくなんてないけど!!」

(  ω ) カキカキカキ


693 :( ´∀ ω^)のようです:2010/05/27(木) 03:37:18 発信元:121.111.227.83

ξ゚⊿゚)ξ「はぁ……まあ昔からあんたは凝り性だしね。
差し入れ置いとくから、ほどほどにしなさいよ」

ξ゚⊿゚)ξ「じゃ、私は帰るから。」

ガラララ パタン


僕はいつまでここにいるのかお
僕はいつまでこれを描いているかお
僕はいつまで……


( ´∀`)「内藤、すまないモナ」

( ´∀`)「今の僕の姿じゃデレに話しかけられないモナ。声も聞こえないモナ」

( ´∀`)「内藤の体は波長が合うモナ。体があれば、デレと話が出来るモナ」

( ´∀`)「今はまだ夜しか憑くことが出来ないけど、このデッサンを描き終わったら」

( ´∀`)「内藤の体は完全に僕のものになるモナ」

( ´∀`)「そしたら僕はまた絵が描けるモナ。デレとも付き合えるモナ」

( ´∀`)「ツンちゃんにもすまないモナね。でも内藤も悪いモナ」


694 :( ´∀ ω^)のようです:2010/05/27(木) 03:39:04 発信元:121.111.227.76

( ´∀`)「僕に……いや、僕の絵に好意を抱いてくれていたモナ?本気で悲しんでくれたモナ?」

( ´∀`)「実に入りやすかったモナ」

( ´∀`)「この林檎を描き終えたら、お終いで始まりだモナ」

( ´∀`)「内藤、ツンちゃん……本当にすまないモナね」

(  ∀ )「デレ」

待ち合わせには遅れちゃったけどすぐに




会いに行くモナ


( ´∀ ω^)のようです








※お題:( ´∀`)( ^ω^) ・ 交差点 ・ 林檎

 
総合短編(シリアス・鬱・ホラー) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。