スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
688 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 20:53:59 発信元:119.245.182.2

シベリア高校の教室、シベリア桜の植えられた中庭を望む窓辺の席で、素直ヒールは机にうつ伏せていた。
川*´ロ`)ピャー…
lw´‐ _‐ノvなにかお悩みかな?
溜め息をついた素直ヒールに話しかけたのは、友人である素直シュール。ヒールとは従姉妹にあたる。


691 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 20:58:21 発信元:119.245.182.2

俺は川*` ゥ´)のイメージが掴めませんでした、のようです


lw´‐ _‐ノvリア充的な悩み以外なら、従姉妹のよしみで聞くけど

川*´ゥ`)ありがとうシューちゃん、けどテメエが言うなよリア充が

lw´‐ _‐ノvフォフォフォ、照れるフォイ…で、何があったの?

シュールが途端に真面目な表情になり、ヒールは促されるままに悩みを打ち明ける。

川*` ゥ´)昨日のことなんだけどさ…





川*` ゥ´)ただいまー
(`ェ´)おかえりー
川*` ゥ´)(`ェ´)ピェー
 
 
694 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:03:06 発信元:119.245.182.2

ヒールは弟である佐藤裕也と二人暮らしである。あまり裕福とは言えないまでも、2人は幸せな日々を過ごしていた。

川*` ゥ´)おらおら、あたいのネリーブレンは伊達じゃないのよ!←ゲーム中

<ピェー

川*` ゥ´)はいなっ、今いくぜ!

夕食後、唐突に鳴らされたチャイムと共に、ヒール達の生活が追い詰められることに。

( `ハ´)邪魔するアル

<ヽ`∀´>掘る掘る掘る

現れたのは、初めて会う、背広姿の男性2人。

川*` ゥ´)誰さ、あんたら



696 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:05:12 発信元:119.245.182.2

<ヽ`∀´>お嬢ちゃん、素直ヒールちゃんニダか?

(`ェ´)(うわっ、こいつ喋り方めんどくさっ)

川*` ゥ´)そうさね、だったらなにさ?

( `ハ´)突然で悪いが、この書類を見るアル

ヒールが受け取ったのは、クリップで纏められたA4のコピー用紙。数枚のそれに印刷された内容を見て、ヒールは愕然とした。

川;` ゥ´)なにさ、これ…

(;`ェ´)ね、姉ちゃん?



739 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:10:21 発信元:59.135.38.142
どうでもいいけどシナーと裕也ってそっくりだね


697 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:07:17 発信元:119.245.182.2
<ヽ`∀´>ホルホルホル、見ての通りニダ

( `ハ´)お前たちの親の、借金アル

川#` ゥ´)うそだっ!こんなこと!

( `ハ´)残念ながら事実アル。親の血判もここに

川;  ゥ ) そんな…嘘よ…こんなこと…

(;`ェ´)姉ちゃん!しっかり!

事実を受け止めきれずに呆然とするヒールと裕也を後目に、男らは去っていった。

( `ハ´)期限は明後日アル

<ヽ`∀´>まあ、引っ越しの準備でもしてるニダ
そう、言い残して。


699 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:08:23 発信元:124.85.184.244
川*;` ゥ´)ゴクリ…


701 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:10:19 発信元:119.245.182.2
川;´ゥ`)と、いうわけさー

lw´‐ _‐ノvああ…予想外な展開だわ

シュールは、ううむと悩み、ヒールは、ピェーと落ち込む。重苦しい空気に包まれた2人の様子を見て、歩み寄る男子生徒が2人。

(´<_` )よう、なに陰鬱にしてんだ?

( ・∀・)興味深いね
、普段はあんなに明るいヒールが

lw´‐ _‐ノvモララーと…なんだ弟者か

(´<_` )なんだとはなんだ、この



703 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:12:47 発信元:119.245.182.2
うりうり、と弟者はシュールの柔らかな頬を優しくつねる。

川*` ゥ´)なにさ!いちゃいちゃして!

( ・∀・)毎度ながらイラッとするわ

(´<_` )それで、2人は何を考え込んでいたんだ?

川;` ゥ´)う…あんたらには関係ないわさ!

( ・∀・)関係ないとは、聞き捨てならないね

モララーは、ヒールとの距離をずずいと詰める。


704 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:15:16 発信元:119.245.182.2

川;` ゥ´)なにさ、近いよ
( ・∀・)おっと失礼、こうした方がヒソヒソ話をしやすいかと、ね

lw´‐ _‐ノvヒーちゃん、話してもいいんでない、この2人ならさ。一応幼なじみだし

川;` ゥ´)う…

( ・∀・)+

結局、ヒールは彼らに事情を打ち明け、結果4人揃って気分が沈んだ。

川;´ロ`)ピェー…

昼休みが終わりに近づいた頃、ふと、モララーが明るい調子で口を開いた。


706 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:18:54 発信元:119.245.182.2
( ・∀・)僕に良い考えがあるよ

(´<_` )まじか!

lw´‐ _‐ノvまじすか!

川*` ゥ´)まじですか!

勢いよくモララーに詰め寄る3人。

( ・∀・)うん、まじですよ

(´<_` )どんな方法だ?

( ・∀・)それは…そうさね、とりあえず放課後、ヒールさんとだけで話そうか。2人にはそのあと説明するよ

川;` ゥ´)へ?

教室にチャイムが鳴り響き、昼休みが終わる。書き忘れてたが昼休み中だった。


707 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:21:18 発信元:119.245.182.2
放課後、いつもヒールは独りでまっすぐ帰宅するのだが、今日は別のクラスであるモララーが迎えに来た。
皆の、特に女子の視線を気にもとめずに、モララーは学生鞄を肩に、颯爽とヒールのもとへ歩き、一言。

( ・∀・)さ、行こうか

川*` ゥ´)あ、えと、うん

あくまでも自分の歩調で歩くモララーに、ヒールは急いでついて行く。


709 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:23:00 発信元:119.245.182.2
川*` ゥ´)(なんだか、凄く視線が痛いのよね…)

さっさと歩くモララーと、足早について行くヒール。2人は次第に人気のない廊下へと進む。
ヒールが目的を訪ねようと唇を開いた丁度その時。

( ・∀・)到着ー

モララーはポケットから小さな鍵を取り出し、使われていない机が積み込まれている小さな教室へ、ためらいなく足を踏み入れる。

川*` ゥ´)ちょっと、なんなのさ


710 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:24:32 発信元:59.135.38.143
モララールート来るか…?


712 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:25:04 発信元:124.85.184.244
嫌な予感しかしない…


713 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:26:58 発信元:119.245.182.2
( ・∀・)まあとりあえず入って、ドア閉めて

テキパキとカーテンを閉めるモララーを怪しみながらも、ヒールはドアを閉める。

( ・∀・)さて、それじゃあ昼の話の続きをしようか

川*` ゥ´)…本当に解決できるの?

( ・∀・)できるさ。かなり力押しだけどね

不適な笑みを貼り付けたモララーは、とんでもない提案をヒールに持ちかけた。


715 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:30:31 発信元:119.245.182.2
( ・∀・)僕が借金を払う。代償として、君、僕の玩具になってよ

川*` ゥ´)…

川;` ゥ´)…い、今なんて言った!?

( ・∀・)僕は金を払える。君は僕に従う。悪くない話だと思うよ

川#` ゥ´)バッカじゃない!?なによそれ!なにさっなに考えてんのさ!

( ・∀・)まあ落ち着きなよ

およそ30分、モララーとヒールは話し合った。

川;` ゥ´)警察に

( ・∀・)無理さ、さっき見せてもらった書類は完璧だ、隙がない。それにどうせ、警察内部にも協力者がいるだろう

川;` ゥ´)でもっ

( ・∀・)…他に、もっと良い選択肢があるのなら聞きたいね

ヒールには、他の解決策は浮かばなかった。

( ・∀・)弟さん、裕也くんだっけ?

(`ェ´)ピェー

( ・∀・)中学生を路頭に迷わすのは、どうかと思うよ


716 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:31:22 発信元:59.135.38.144
裕也に緊張感がねぇ


719 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:36:01 発信元:119.245.182.2
その後、ヒールは真っ青になりながらも帰宅し、家事をこなすが、姉のただならぬ様子に裕也が気づかないはずがない。

(`ェ´)…どうした姉ちゃん、顔色悪いよ

川;  ゥ )うん、ちょっと頭が痛くて…

(`ェ´)…ごめん、姉ちゃん

川;  ゥ )へ?

(`ェ´)俺、なにもできない

川*` ゥ´)裕也…

川*` ゥ´)(そうよ、あたしは姉なのよ。私がこいつを守らずに、誰が守るのさ)

(`ェ´)…姉ちゃん?

川*` ゥ´)大丈夫よ、大丈夫

(`ェ´)ピェー…


723 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:38:34 発信元:119.245.182.2
翌朝、ヒールは確固たる決意を持って、モララーの教室へと向かった。

( ・∀・)やあ、おはよう

川*` ゥ´)昨日の話の続き、しようじゃないの

( ・∀・)わかった、ついて来て

ヒールは朝から禍々しい視線を向けられたが、気にせず歩く。
昨日の教室へ入ったモララーに、ヒールは告げる。
川;` ゥ´)従うわ。その代わり、ちゃんと払ってよね!


724 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:40:51 発信元:119.245.182.2

身体が小刻みに震え、拳を握り締めるヒール。恐怖で引きつる彼女はしかし、モララーをしっかりと見据えたまま。

( ・∀・)契約成立だ

モララーはそう言うと、ヒールに一枚の誓約書を渡す。

( ・∀・)朱肉とペンは用意した、ここに拇印とサインを

言われるがままにするヒール。

川;` ゥ´)それで玩具って…な、ななな何する気なのさ?

( ・∀・)落ち着いてよ、今日は何もしないさ、払ってないからね

川;` ゥ´)ちゃ、ちゃんとっ!契約っ!

( ・∀・)守るよ、だって

友達じゃないか。モララーの言い放った最後の言葉は、ヒールの心に深く突き刺さった。


727 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:45:57 発信元:119.245.182.2

川*` ゥ´)友達…友達なら…なんで、こんな…

昼休み、幼い頃に出会ったモララーとの記憶を、ヒールは辿る。たどればたどるほど、突き刺さった言葉がさらにヒールを苦しめる。

lw´‐ _‐ノvヒーちゃん、ヒーちゃん

川;` ゥ´)ぴぇっ!?

lw´‐ _‐ノv…

川;` ゥ´)…おねがいだから、なにか反応してちょうだい

lw´‐ _‐ノvもうお昼だよ。一緒に食べにいこ?
川*` ゥ´)うん…

lw´‐ _‐ノv大丈夫だよヒーちゃん、モララーとあのバカがどうにかしてくれるよ

川*  ゥ )うん、そうだね、嘘つかないもんね、モララーは…

期限の日となり、ヒールはアタッシュケースを2つ抱えて、男らを待った。

<ピェー

川;` ゥ´)はーい

立ち上がろうとしたヒールを、裕也が静かにとめる。

(`ェ´)せめて俺が出るよ


729 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:49:34 発信元:124.85.184.244
ざわ…


730 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 21:52:16 発信元:119.245.182.2
俺、いつもピェーって言うだけだからさ。
そう言うと、裕也は慎重に扉を開けた。

<ヽ`∀´>ホルホルホル

( `ハ´)逃げ出さないとは、関心関心

川*` ゥ´)お金

( `ハ´)うん?

川*` ゥ´)用意しましたから

凛と言って、ヒールはアタッシュケースを突きつける。

( `ハ´)ふむ…本物アルな

川*` ゥ´)当然よ

川*` ゥ´)(モララーは、嘘を言わないんだから)

どうしようもない精神的な痛みを与えられ、とんでもない契約をさせられてなお、ヒールはモララーを信用していた。


732 :初めてだ、これがさるか:2010/05/20(木) 22:01:43 発信元:119.245.182.2
<ヽ`∀´>お嬢ちゃんたち、凄いニダ

( `ハ´)でも残念アル

川*` ゥ´)へ?

( `ハ´)借金、さらに増えたアル

<ヽ`∀´>コレが書類ニダ

耳を疑うヒールと裕也。
( `ハ´)まさか現金を用意できるとは、思わなかったアル

<ヽ`∀´>でもまあ、頑張って次も払うニダ


733 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:03:30 発信元:124.85.184.244
借金倍プッシュか


734 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:03:52 発信元:59.135.38.145
ニダーとシナー氏ね


736 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:07:08 発信元:119.245.182.2
高笑いする男らは、この上なく嫌味な目を、2人にむける。

(#`ェ´)お前ら、ふざ川#` ゥ´)ふざけるなああああああ!

裕也が飛びかかる前に、ヒールは怒りにまかせて殴りかかる。

<ヽ`∀´>おっと、お嬢ちゃん見込みがあるニダ。あとウリはニダーだボケが
しかしあっさりと腕を掴まれ、壁に押し付けられる。

(#`ェ´)このっ!

( `ハ´)元気アルな。ちなみに私シナーと申します

それは裕也も同じで、2人は身動きができなくなった。

川#` ゥ´)なにさ!約束は守ったじゃない!

おさえつけてる男は、激昂するヒールに囁く。


738 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:09:09 発信元:119.245.182.2
<ヽ`∀´>うん、偉いニダ。頑張って次も、ちゃんと約束守るニダ。ホールホルホルホルwwwwww

(#`ェ´)くそったれ!

( `ハ´)ハナタレ小僧が使う台詞じゃないアル

( ・∀・)うん、僕もそう思うよ

川*` ゥ´)へ?

突然、ヒールの耳はモララーの声を拾った。

<ヽ`∀´>ニダ?


742 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:13:04 発信元:119.245.182.2
lw´‐ _‐ノvどーん

とっさに振り向いたニダーは、いきなり股間を蹴り上げられた。モララーの後ろにいた、シュールによって。

<ヽ;∀;>ニダアアアアアアア!!

lw´;‐ _‐ノvえ、なに、そんなに痛いの

( `ハ´)おまえら!だ(´<_` )はい、ちょっとごめんなすって

ボベラッ( ゚ハ⊂≡(´<_` )

川;` ゥ´)ええと…えっ?どゆこと?


743 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:16:13 発信元:119.245.182.2
不意打ちを食らったニダーとシナーは、一瞬で素直シュールに縛られた。

lw´‐ _‐ノv持っててよかった、タイラップ(結束バンド)!

(´<_` )俺はつっこまんぞ

(;`ェ´)ピ、ピェー?

川;` ゥ´)どゆこと?

思考が追いつかないヒールと裕也に微笑みかける、モララー、弟者、素直シュールの3人。


746 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:18:19 発信元:119.245.182.2
( ・∀・)契約を、果たしにきたよ

lw´‐ _‐ノvどうせこんなパターンかと思ってね

(´<_` )さっきの映像、撮っておいたからさ

川*` ゥ´)…つまり?

( ・∀・)万事解決

( `@´)<ヽ`@´> フゴー、フゴー!!

(´<_` )…ギャグボールはおまえか

lw´‐ _‐ノv+ふっ、まあね


749 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:21:01 発信元:59.135.38.145
シュー……wwww


748 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:20:32 発信元:119.245.182.2
その後嵐のように事は運び、ヒールと裕也は、再び元の暮らしを送れることになった。

( ・∀・)ほんとは、アパートをひと部屋借りようかと思ったんだけどね

人気のない校舎の影で、モララーはヒールに向けて話す。

( ・∀・)こっちのほうが早かったからさ

ヒールは、モララーと向き合い、震えながら話を聞く。

( ・∀・)さてと


750 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:26:02 発信元:119.245.182.2
モララーはゆっくりとヒールの頬に手を添え。

( ・∀・)ていっ

思いっきりつねった。

川*` ゥ ´ 〉⊂(・∀・ )ギリッ

川#` ゥ ´ 〉わ痛い痛い痛いらめええ止めろこのやろバラして埋めるぞ!!

川#` ゥ´)おぎゃー!なにするのさ!

( ・∀・)あれ、強すぎたか

モララーはさらに、ヒールの額に素早く、肉、の一文字を書き込む。

( ・∀・)あ、うまくいった

川#` ゥ´)なんなのさ!なにすんのさ!


755 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:35:42 発信元:119.245.182.2
( ・∀・)だって契約したじゃない

川#` ゥ´)そっそうだけどっ!ほっほほ他にも…あるでしょうが!

( ・∀・)なに、いやらしい方向を考えてたの?

川;` ゥ´)う゛

( ・∀・)ふーん

顔を真っ赤にして俯くヒールに、モララーは優しく、一言。

( ・∀・)額の肉、似合ってるよ

   肉
川#` Δ´)ピエエェェェエエエッッ!!
( ・∀・)ハハハハハハ、おまえの体なんざ興味ないね!


758 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:43:09 発信元:119.245.182.2
川*` 皿´)なにさっ!まてこらぶち殺してやる!

( ・∀・)ヒャッハー、返り討ちにしてやんぜえ!

(´<_` )…なにやっとんだ、あいつら

lw´‐ _‐ノv昔みたいだね

( ・∀・)はっ、このド新参が!

川*` ゥ´)なにさっ!


俺は川*` ゥ´)のイメージが掴めませんでした、のようです

おしまい







759 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:46:25 発信元:219.111.65.101
乙! ヒール可愛いじゃねえか


760 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:48:39 発信元:124.85.184.244
川*` ゥ´)つ乙

ヒール良いなw


761 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:49:37 発信元:58.188.9.187
乙 ヒールはやるといいね


764 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 22:56:52 発信元:114.145.5.251
乙ん

ヒールという名前の割に悪役じゃねーなwww


765 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/20(木) 23:04:51 発信元:124.146.174.228
あれだよ、癒す意味とか……


この前の素直パニックといい、どんどん増えるな素直家www


 
総合短編(コメディ・ほのぼの) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。