スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
454 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ:2010/05/18(火) 22:21:03 発信元:59.135.38.143
んじゃ投下すんべえ

まとめ
http://sogomatome.blog104.fc2.com/?mode=m&no=306

ついに終わり間近になってきました。シベリア連載のテンプレ破りまくりな無法者ですが
あと二回で済むのでよろしければどうか支援等お願いします



455 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 1/23:2010/05/18(火) 22:24:41 発信元:59.135.38.148
/;,' 3 「シェエラザードよ。お主、自分が今何を言っているか、分かっておるのか!?」

ζ(゚ー゚*ζ「はい、それはもちろん。これ以上議論を続けても栓なきゆえに、ここからは和睦も兼ねて手妻でも、と」

( ФωФ)「……下らん。少しは見所があるかとも思うたが、所詮女は女であったか」

ζ(゚ー゚*ζ「けれど私の手妻は、凡庸な使手のものとは格段の違いなのですよ?」

( <●><●>)「娘様。我らが王は、佐用な児戯に時間を割くため、ここに参った訳ではござらん。それは、そなたの王も同じであろう?」

ζ(゚ー゚*ζ「よいではないですか。明日には互いに剣を持って殺めあうやも知れぬ身の上なのです」

ζ(^ー^*ζ「今日くらい、最後の笑顔を見せて下すっても罰は当たりませぬわ」

(;ФωФ)「何じゃ、この弛緩した温い空気は……これが本当に、さっきまでわしと論を争っていた娘なのか?」

( <●><●>)「何か、裏があるのかもしれませぬ。気を引き締めるに越したことはないかと……」

(;´・ω・`)「シェエラザード、お前……」

ζ(^ー^*ζ「さぁ、お父様もおかけになって。そのような顔をされては、せっかくの手妻も楽しくありませんよ?」



459 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 2/23:2010/05/18(火) 22:31:13 発信元:59.135.38.150
( ФωФ)「下らん、実に下らん。帰るぞサッバーダ」

( <●><●>)「はっ」

/ ,' 3 「待たれよ、シュッドーダナ殿! まだ話は終わっておらぬぞ!」

( #ФωФ)「やかましいぞ! わしはかような下卑た策で留まったりはせぬ!」

( <●><●>)「佐用。某の目から見ても、これはあまりに酷い時間稼ぎにござる」

ζ(゚ー゚*ζ「時間稼ぎなどとはご無体な。これも隣国との交流の一環でございます。ぜひ今一度腰を落ち着けてご覧下さい」

( #ФωФ)「これ以上わしをからかうのなら、娘といえど容赦はせぬぞ!」

(´・ω・`)「お待ちください、シュッドーダナ王殿。どうかお怒りを鎮めて下さらぬか」

( <●><●>)「アルマハード殿。もう某らから言うことは何もござらんよ」

(;´・ω・`)「いやしかし……」

ζ(^ー^*ζ「さて、ここに取りい出しましたるは、何の変哲もないただの木筒にございます」

( ;ФωФ)「おい、サッバーダ。あの小娘、何か始めおったぞ」

(;<●><●>)「娘様、お主は某らの意向を無視するのでござるか?」

ζ(゚ー゚*ζ「さしてお時間は取らせません。それに、これを見ていかねば、きっとお二人は後悔されることと思います」



462 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 3/23:2010/05/18(火) 22:35:34 発信元:59.135.38.141
ζ(゚ー゚*ζ「この木筒、実はあることをすると、ある物に変化するのです」

( ФωФ)「サッバーダ、馬を曳け。それと、兵逹にも帰還の準備をせよと伝えよ」

( <●><●>)「畏まってござる」

ζ(゚ー゚*ζ「お父様は、これが何になるとお思いですか?」

(;´・ω・`)「今はそれどころではなかろうが……! お待ち下され、シュッドーダナ様!!」

( ФωФ)「知らぬ。わしはもうこの場に用はない」

( <●><●>)「アルマハード殿。あまり近寄られると、某も刃を抜かねばならなくなるが……」

(;´・ω・`)「ひっ……!」

/ ,' 3 「余の前で臣下へ刃を向けるとは、相応の覚悟あってのことか!」

( #ФωФ)「黙れ腰抜け! 本来ならわしが剣を取っているところ、貴様の顔を立てて部下に任せているだけのことだ!」

/ ,' 3 「此度は和平のための会見であるぞ! それを承知した上での蛮行か!?」

( #ФωФ)「下策にて先に会見の場を汚したは、貴様らであろうが!」

ζ(゚ー゚*ζ「あらあら、殿方は短気でいけませんね……それではこれが何に変生するか、歌に合わせて実際にお見せしましょう」



463 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 4/23:2010/05/18(火) 22:40:08 発信元:59.135.38.147
ζ(^ー^*ζ「これなる筒より伸び出でた♪ 火縄の縄へ火を着けて♪」

( #ФωФ)「もう勘弁ならん! 貴様らこの手で叩っ切ってくれるわ!」

ζ(^ー^*ζ「しばらく、しばらく待ちましょう♪」

/#,' 3 「やってみよ! 但し、余とてただでは死なぬぞ!」

ζ(^ー^*ζ「すると、あらあら、どうでしょう♪」

(;<●><●>)「サッバーダ様! お怒りはごもっともでござるが、怒りにかまけて相手国の王に手をかけるはやり過ぎにござる!」

ζ(^ー^*ζ「ただの木筒が♪ ただの木筒が♪」

(;´・ω・`)「シャハリヤール王も、相手の怒気に触発させられるのはお止め下さい……」


――― パァーンッ


(;<●><●>)( ;ФωФ)「「「「ッ!?」」」」 /;,' 3 (;´・ω・`)


ζ(^ー^*ζ「立派な武器に♪ 様変わり♪」

ζ(^ー^*ζ「これが私自慢の手妻にございます。いかがでございましたか?」

 
 
465 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 5/23:2010/05/18(火) 22:42:40 発信元:59.135.38.149
( ;ФωФ)「な……何じゃ、今の雷の如き音は……」

(;<●><●>)「某にもわかり申さぬ……」

ζ(゚ー゚*ζ「今の音は、この木筒より礫の発射された音にございます」

/;,' 3 「シェエラザード……そちは一体、今何を……?」

ζ(゚ー゚*ζ「王様。これなるはジュウと呼ばれる、娘たちの住まう国の武器なのです」

/;,' 3 「何だと!?」

ζ(゚ー゚*ζ「頑丈な木にて枠組みを作り、カヤクという鉱石より抽出せし薬品に火を点ければ、

       礫をまるで矢のごとき早さで打ち出すことが出来まする」

(;´・ω・`)「ちょ、ちょっと待て。お前、何でそんな物を持っているのだ!?」

ζ(゚ー゚*ζ「勿論、我らが敵を挫くために決まっているではないですか」

( ;ФωФ)「何ィッ……!?」

ζ(゚ー゚*ζ「無論、先ほどの音の通り、当たれば大変痛うございますよ?」

(;<●><●>)「まさか、かような奥の手があろうとは……」

ζ(^ー^*ζ「だから申したではありませぬか。この手妻を見てゆかねば、お二人はきっと後悔する……と」



468 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 6/23:2010/05/18(火) 22:45:11 発信元:59.135.38.144
【軍事マニア】

/ ,' 3 「かような危険な物を、いつの間に……」

ζ(゚ー゚*ζ「はい。これは娘が持ちたる武器を参考に、私が武器職人の方と一緒に作らせていただきました」

( ;ФωФ)「ということは、先ほどの話も作り話ではなかったということかっ!?」

ζ(゚ー゚*ζ「佐用でございます。この武器を持ちたる娘も、きっと遠い異国のいずこかにはおわすのでしょう」

(;<●><●>)「なんと……!」

ζ(゚ー゚*ζ「その娘は気性荒ぶれど根は優しく、武器も致死性を奪った物ばかりを使っておりました」

ζ(゚ー゚*ζ「しかし、今宵の私もそうだとは、どうか思いませぬよう」

ζ(゚ー゚*ζ「時には私もその娘のように、荒ぶる鷹の心持て、人に噛みつくこともあるのですから」

(;´・ω・`)「おぉ……」

/ ,' 3 (これがシェエラザードの言っていた、最後の策であったか……)

/ ,' 3 (なれば余も少しばかり、こやつの策の尻馬に乗ってみるかの)



470 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 7/23:2010/05/18(火) 22:50:09 発信元:59.135.38.141
ζ(゚ー゚*ζ「シュッドーダナ様。あなたは私が武器を持たぬと見て、この和睦の席へ座ることを許したのでしょう」

ζ(゚ー゚*ζ「確かに、弓矢や剣であれば、どう足掻いても隠し通せるものではございません」

ζ(゚ー゚*ζ「あるいは短剣なぞ持ち出して躍りかかれば、一刀の元に切り伏せようとも思っていたやもしれませぬ」

ζ(゚ー゚*ζ「しかし、この『ジュウ』と呼ばれる武器を持てば、例え女子供であろうとも、弓矢以上の威力を懐に隠し持つことが出来るのです」

ζ(゚ー゚*ζ「私の論じたいのはそこでございます。もしもこの武器が量産出来るとするなら、王は女子供でさえ敵と見なさねばなりませぬ」

ζ(゚ー゚*ζ「そうなった時、果たしてあなた様の国に、勝ち目はあるのでしょうか?」

( ;ФωФ)「くっ……」

/ ,' 3 「シュッドーダナよ、どうやら形勢は逆転したようだな」

――― スッ

(;<●><●>)(シャハリヤール王が懐に手を……)

(;<●><●>)(まさか、あれなる武器をまだ持っているとでも!?)

ζ(゚ー゚*ζ「いかがなさいますか? シュッドーダナ様、どうか早いご決断を」

( ;ФωФ)「くっ…くうぅぅぅぅ!」



471 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/18(火) 22:50:28 発信元:121.2.98.95
ほうほう


472 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/18(火) 22:51:19 発信元:118.15.55.19
gokuri


476 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 8/23:2010/05/18(火) 22:53:48 発信元:59.135.38.143
( ; ω )「……」

/ ,' 3 「どうした、シュッドーダナ。沈黙に徹するとは、全くそちらしくないではないか」

(;<●><●>)「シュッドーダナ様。今はどうか、ここより一歩お下がり下され」

ζ(゚ー゚*ζ「なりませぬ。ここは和平の席でございます。代表人が引いてどうなりましょう。どうか、そのままで」

(;<●><●>)「自ら武器を突きつけておきながら、よくもぬけぬけと……!」

ζ(゚ー゚*ζ「答えをいただくまでは引き下がりませぬ。さぁ、シュッドーダナ様。どうかご英断を」

( ФωФ)「……下がれ、サッバーダ」

(;<●><●>)「しかし、この場はひどく危険でござる! ここは某に任せて退却を……」

( ФωФ)「シャハリヤールならそのジュウとやらは持っていまい。持っていれば娘がそれを使った時、ああまで驚かぬ」

/;,' 3 「ぬ……(さすがに芝居が露骨過ぎたか)」

( ФωФ)「それより、娘よ。わしは貴様にいくつか尋ねたいことがあるのだが、良いか?」

ζ(゚ー゚*ζ「それが和平へ繋がるのなら、何でもお答えいたしましょう」

( ФωФ)「うむ。では尋ねるが……」



478 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 9/23:2010/05/18(火) 22:59:40 発信元:59.135.38.148
( ФωФ)「貴様、なぜ最初からそれを使ってわしを暗殺せなんだ? 

       挙動に不審が走るとはいえ、出来ぬことではなかったろうに」

ζ(゚ー゚*ζ「此度の目的は和平にございます。論じて治まるのなら、なるべく武器は持ち出すべきではないかと」

( ФωФ)「しかし、己の言い分がまかり通らぬ時は、武力行使もやむを得ず、ということか?」

ζ(゚ー゚*ζ「私の未熟な弁舌では、至らぬ場合も多々あるかと思いまして」

( ФωФ)「くっ……くくく、なんとも我が儘な娘よの。己が言い分を通すためには、力押しすら辞さないとはな」

ζ(゚ー゚*ζ「殿方と比べ非力な私は、こうするしか己の一分を通す術が見出だせなかったのです」

( ФωФ)「……面白い。面白いぞ、娘。手妻など始めた時はどうかと思ったが、やはり貴様はひどく面白い」

(;<●><●>)「シュッドーダナ様……?」

( ФωФ)「シャハリヤールよ! 奴隷百人なぞわしはいらん。その代わり、この娘を妃としてわしに寄越せ!!」

/;,' 3 「なっ……!?」

(;´・ω・`)「なんとっ!?」

ζ(゚ー゚;ζ「!?」

(;<●><●>)「まさか!?」

( ФωФ)「さすれば此度の貴様の和平案、呑もうではないか! どうだ、悪い条件ではあるまい!!」



479 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/18(火) 23:00:49 発信元:222.149.135.78
な、なんだってーっΩ Ω


480 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/18(火) 23:04:00 発信元:118.15.55.19
(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !!


481 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 10/23:2010/05/18(火) 23:04:02 発信元:59.135.38.142
(;<●><●>)「お、王様! そのような勝手をされては、臣下に申し開きでき申さぬ!」

( ФωФ)「うるさいぞサッバーダ。わしはこれなる娘の口舌に玉の価値を見出だしたのだ」

( ФωФ)「なれば、それを手元に置いておきたくなるは自明の理であろう。違うか?」

ζ(゚ー゚;ζ「王様……私はどうなっても構いませぬ。どうか、賢明なる判断を……」

( ФωФ)「ほぅ……今宵初めて娘の顔になったな。今までの意気荒い様より、ずいぶん似合うではないか」

( ФωФ)「さぁ、シャハリヤール。返答はいかに!?」

/ ,' 3 「……そなたは、娘一人と人民の全てを、計りにかけよと申されるか?」

( ФωФ)「国のためと思えば安かろう。これは簡単な天秤計算であるぞ?」

/ ,' 3 「……なれば余の答えは、ただ一つのみであろうな」

( ФωФ)「ほう?」

/ ,' 3 「それなる娘は、余の愛した臣下である! いかに和平が為とはいえ、一切の手出しは無用なるぞ!」

ζ(゚ー゚*ζ「!!」

( ФωФ)「……ふっ、やはりそうか。わしが貴様の立場なら、かような娘を手放したりはせぬからな」

(´・ω・`)「しかし、それではまた議論が平行線を辿るのでは……」

( ФωФ)「元より本気で言っていた訳ではないわ。人の唾つけたものに手を出すほど、わしも意地汚くはない」



482 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 11/23:2010/05/18(火) 23:08:35 発信元:59.135.38.147
( ФωФ)「帰るぞ、サッバーダ! そして皆へ伝えよ、戦は当分お預けだとな!」

( <●><●>)「……良いのでござるか?」

( ФωФ)「娘一人に打ち負かされた王に、大軍を率いることはまかりならん。違うか?」

( <●><●>)「……はっ、承知いたした。では者ども、引き上げの準備をせよ!」

( ФωФ)「シャハリヤールよ。我を打ち負かしたその娘と、その娘を見出だした己が才覚に感謝するのだな!」

(´・ω・`)「おぉ、なんと……」

/ ,' 3 「待たれよ! それは、そなたが我らに譲歩すると受け取ってもよいのだな!?」

( ФωФ)「勝手に解釈せい。後のことは、貴様の得意な使者外交ででも詰めてゆけばよかろうが」

/ ,' 3 「……承知した、シュッドーダナ王よ。余はそなたに特別な感謝の意を示そう」

( ФωФ)「しかし、これが意に沿わぬ和睦であったということ、貴様らは努々忘れるでないぞ!」

( ФωФ)「お主らがよしんば我らの国を攻めたてようとするならば、わしと我が兵は、いつでも相手になるのだからな!」

/ ,' 3 「ふふ、ならば余は、そのような時は永劫来ぬと、身を持って指し示さねばなるまいな」

( ФωФ)「ふん……貴様らも、言いたいことは全て吐き出したであろう。ならばこの会見はもうお開きじゃ」



484 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 12/23:2010/05/18(火) 23:14:08 発信元:59.135.38.142
( ФωФ)「……娘よ」

ζ(゚ー゚*ζ「はい」

( ФωФ)「わしに食って掛かるような攻撃的な弁舌、見事であった」

ζ(゚ー゚*ζ「勿体ないお言葉にございます」

( ФωФ)「改めて、名を名乗れ。その名をわしは、終生忘れまいぞ」

ζ(゚ー゚*ζ「はい。私の名はシェエラザード。シェエラザードにございます」

( ФωФ)「あいわかった。シェエラザードよ、この和平が成ったは貴様の働きと、胸を張るがよい」

ζ(゚ー゚*ζ「私はただ、王のお心に訴えかけただけでございます。それにお答え下さったシュッドーダナ様が、真に誠実であっただけかと」

( ФωФ)「ふっ……わしに武器を向けておきながら、どの口がそのようなことをぬかすか」

( ФωФ)「なれば、全兵に申し渡す! これより我らは帰還する。わしの後に続けぃっ!!」

( <●><●>)「ははっ!!」

ζ(゚ー゚*ζ「シュッドーダナ様。どうかいく久しく、健やかなりますよう」

( ФωФ)「くく……貴様もせいぜい老いさばらえ、その弁の衰えるまで長らえるがよい」



487 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 13/23:2010/05/18(火) 23:16:26 発信元:59.135.38.148
(´・ω・`)「……行ってしまわれたな」

ζ(゚ー゚*ζ「はい」

(´・ω・`)「なんとも、徹底して豪気な方でございました……」

/ ,' 3 「そうだな。そこは噂通り、さすがというべきか」

(´・ω・`)「しかし、自身から和睦を蹴りかけておきながら、攻めいれば容赦しないとは矛盾も甚だしい発言ですな」

/ ,' 3 「それだけシェエラザードの持った武器が脅威に映ったのであろうよ。どれ、余にもそのジュウとやらを、よく見せてはくれぬか」

ζ(゚ー゚*ζ「それは帰途につきながらゆっくりと。あまりお外の兵隊様を待たせては、可哀想ですわ」

/ ,' 3 「それもそうだな。では、我らも都に戻るとするか」

ζ(^ー^*ζ「……はい」



488 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 14/23:2010/05/18(火) 23:21:13 発信元:59.135.38.145
―――

/ ,' 3 「ふむ……見れば見るほど、余には子供の玩具にしか見えぬな」

(´・ω・`)「私もでございます。よもやこれが人を殺めうる威力を持つなぞ、娘が使ってみせるまで思いもよりませんでした」

/ ,' 3 「シェエラザードよ。お前はこのように危険な物を、どうやって作った?」

ζ(゚ー゚*ζ「はい。夢の娘がこれなる武器を分解する様を見て、何か有効に使える手立てはないかと、創意工夫して参った次第にございます」

/ ,' 3 「なるほどな……お主はもしかしたら、武器職人としての才も兼ね合わせておるのかもしれんな」

(;´・ω・`)「王様、父として不安になるようなことをおっしゃらないで下さいまし……」

/ ,' 3 「しかし、夢に見ただけの機器をこうして再現するなぞ、余人に容易く出来ることではないぞ」

ζ(゚ー゚*ζ「それは、私に協力して下すった職人様の力でございましょう。都に帰還した折には、王がお誉めになっていたとお伝えして差し上げれば、喜ばれるかと」

/ ,' 3 「ふむ、そうしよう。して、お前の言ったように、これを量産して女子供にまで持たせることは可能なのか?」

ζ(゚ー゚*ζ「今より技術が進めば、可能になりましょう。けれど、私にそのつもりはございません」

(´・ω・`)「それは何故だ、シェエラザードよ? このように強力な武器を持ってすれば、我らが国の安泰は百年保証されようものを」

ζ(゚ー゚*ζ「お父様。それはあくまでも娘らの世界の武器なのですよ? それが我々の手にあること自体が、そもそも良くないことなのです」

/ ,' 3 「勘違いするでない。元より余とて、女子供を戦に巻き込むような武器を作らせるつもりはないぞ」

ζ(^ー^*ζ「……はい、王様ならそうおっしゃって下さると、思っておりました」



491 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 15/23:2010/05/18(火) 23:26:08 発信元:59.135.38.147
(´・ω・`)「なればこれは、最早無用の長物ということか」

ζ(゚ー゚*ζ「家に着き次第、私が火にくべて燃やしてしまいましょう」

/ ,' 3 「うむ、それが良いな。それよりも……」ジロリ

(´・ω・`)「はっ……? 私めが、何か……」

/ ,' 3 「大臣、そちは戦における武器の心配より、己が弁を鍛えることを考えねばなるまいな」

(;´・ω・`)「……はい。今回のことで、私もそれが骨身に染みました。どうやら私の舌は、少々平和惚けしていたようです」

/ ,' 3 「理解しているのならば多くは言うまい。今後、今日のような無様を見せることのないよう、充分に精進してみせよ」

(;´-ω-`)「……畏まりましてございます」

/ ,' 3 「シェエラザード、お主も大義であったな。今宵そちがおらねば、今ごろ和平は成っておらなかったであろう」

ζ(゚ー゚*ζ「恐れ多い言葉を賜りまして、恐縮にございます」

/ ,' 3 「そちの働きに対し、余は褒美を取らせたいと思うが、何ぞ欲する物でもあるか?」

ζ(゚ー゚*ζ「……それならば、都までの短い間で結構ですので、このまま王の隣で馬を駆ることをお許しください」

/ ,' 3 「何じゃ、そのような物を褒美と申すか。欲のない娘よの」

ζ(^ー^*ζ「私には、過ぎた褒美にございまする……」

(´・ω・`)(……!!)



492 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 16/23:2010/05/18(火) 23:32:51 発信元:59.135.38.143
(´・ω・`)「……王様。私は少し、後ろの兵の様子を見て参ります」

/ ,' 3 「む? そうか?」

(´・ω・`)「はい。ここは二人でごゆるりと、帰路の旅をお楽しみ下され」

/ ,' 3 「そうか。では、頼む」

(´・ω・`)「……王様。今宵、娘を政敵へ渡さずにいて下すったこと、臣下としてではなく父として感謝いたしますぞ」

/ ,' 3 「そちに改めて礼なぞ言われると、おぞけが走るわ。良いから早くゆけ」

(´・ω・`)「佐用でございますか……では!」ススッ

/ ,' 3 「……あやつめ、変なところで変な気を効かしよる」

ζ(゚ー゚*ζ「それがお父様の処世術なのでしょう。私は、そんなお父様も好いてございます」

/ ,' 3 「そうか……そなたが言うと、それすらも美点に聞こえるから不思議よな」

ζ(^ー^*ζ「うふふ……なれば、和平の成った記念に、また一つ娘らのお話をさせていただきましょうか」

/ ,' 3 「おぉ、それは良い。そちの話で、あの殺伐とした空気の残滓をすすがせてくれ」

ζ(^ー^*ζ「はい、承知いたしました」



494 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 17/23:2010/05/18(火) 23:35:34 発信元:59.135.38.149
【幸せ】

ζ(゚ー゚*ζ「これなる娘のお話は、本来なら妹のドゥウンヤザードと二人で話すつもりであったお話です」

/ ,' 3 「ほぅ、そうか」

ζ(゚ー゚*ζ「その娘は、いつも愛した殿方と一緒におりました。話す時も物を食す時も、常に二人一緒でありました」

/ ,' 3 「ほぅ、して?」

ζ(゚ー゚*ζ「はい。これは愛しあう者同士が、片時も離れず一緒にいるという、ただそれだけのお話です」

/ ,' 3 「……何?」

ζ(゚ー゚*ζ「王様も、ご存知なのではありませんか? 愛したる者と同じ時間を過ごす、という幸福を」

ζ(゚ー゚*ζ「このお二人は、まさにその言葉の通り、寄り添うことの幸せを体現したかのようなお二人なのです」

/ ,' 3 「幸福……で、あるか……?」

ζ(゚ー゚*ζ「はい。このお二人は数ある娘らの中でも、五指に入るほど私の好きなお二人でございます」



496 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 18/23:2010/05/18(火) 23:38:34 発信元:59.135.38.141
ζ(゚ー゚*ζ「お二人の会話は、実に些細で和やかなものです」

ζ(゚ー゚*ζ「昨日何を食したか、や、何時何時にどこへ行ってきた、など、今までの娘らと違い、大仰なところなど一つもありませんでした」

/ ,' 3 「……」

ζ(゚ー゚*ζ「その姿はまるで、その些細なこと自体が幸福であると言っているように、私には思えました」

/ ,' 3 「それは良いな……うむ、実に羨ましい」

ζ(゚ー゚*ζ「はい」

/ ,' 3 「……余も一度、そのような想われ方をしてみたいものよ」

ζ(゚ー゚*ζ「え? 王は、このような恋路を経験したことがないのですか?」

/ ,' 3 「余は王族であるぞ? さような恋情とは、この齢に至るまで無縁であったわ」

ζ(゚ー゚*ζ「……では、お妃様とは?」

/ ,' 3 「……恋情と呼ぶには程遠い、半ば政略結婚のような形で結ばれたな」

/ ,' 3 「余からすれば、平民であるそちの方が経験豊かに思えるが、そちこそそのような浮いた話はないのか?」

ζ(゚ー゚*ζ「私のような若輩が殿方を選り好みしていては、悪評高くなりそこには住めなくなりまする」

/ ,' 3 「佐用か……」

ζ(゚ー゚*ζ「佐用でございます」



498 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 19/23:2010/05/18(火) 23:41:22 発信元:59.135.38.142
ζ(゚ー゚*ζ「……何やら、私と王様は似ているのでございますね」

/ ,' 3 「似ている? 一体どこが似ているというのだ」

ζ(゚ー゚*ζ「互いにこの齢まで恋情を知らず、そして互いに愛情に餓えていたところなぞ、そっくりかと」

/ ,' 3 「そちが愛情に餓えているとは、初耳であるな」

ζ(゚ー゚*ζ「……私とドゥウンヤザードは、父一人の手で育てられたようなものでございますれば」

/ ,' 3 「あの大臣にか?」

ζ(゚ー゚*ζ「はい」

/ ,' 3 「そちの母御は、どうしたのだ?」

ζ(゚ー゚*ζ「ドゥウンヤザードを産んだ際に、命を落としたと……」

/ ,' 3 「む……すまぬ、失言であったか」

ζ(゚ー゚*ζ「お気になさりませぬよう。私も、顔すら覚えておらぬお母様ですから」

/ ,' 3 「う、うむ……」



502 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 20/23:2010/05/19(水) 00:00:20 発信元:59.135.38.144
ζ(゚ー゚*ζ「思えば私の夢の娘も、母の顔を知らぬ寂しさから見た幻なのかもしれませぬ」

ζ(゚ー゚*ζ「長女として父親を助け、いずれは何処かの殿方の元へ嫁ぐしか孝行しようのない我が身が

      自身を憐れみ慰めるために、都合のよい出鱈目を作り上げたのでしょうか」

ζ(゚ー゚*ζ「だとすれば、私は自身で自身の糸を手繰る、糸繰り人形のようなものでございますね」

ζ(゚ー゚*ζ「私は、なんと滑稽な道化なのでございましょうか。どうか私をお笑いくださいませ」

/ ,' 3 「……シェエラザード。そのように己を卑下するでない」

ζ(゚ー゚;ζ「あっ……も、申し訳ございません。つい口が過ぎてしまいました……不快を感じたのであれば、謝罪いたします」

/ ,' 3 「良い。頭を上げい」

/ ,' 3 「シェエラザードよ、良く聞くがいい」

ζ(゚ー゚*ζ「は……はい」

/ ,' 3 「もしも仮にそちが言うように、娘の話が荒唐無稽な絵空事であったとしても、

     その絵空事によって、余や大臣、シュッドーダナ、ひいては我らの国の民が

     救われたことになんら変わりはないのだ」

/ ,' 3 「だから胸を張れ。己を馬鹿にする者あれば、得意の舌戦で切って捨てよ。下を向くなぞ、そちには似合わぬ姿なのだからな」

ζ(゚ー゚*ζ「……はい」



504 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 21/23:2010/05/19(水) 00:03:22 発信元:59.135.38.148
ζ(゚ー゚*ζ「……ありがとうございます。王の励ましは、私に取って大変嬉しいものでございました」

/ ,' 3 「そうだ、今のように悲しくとも笑ってみせよ。さすればきっと未来は明るいぞ」

ζ(゚ー゚*ζ「はい……そういえば、私めにとって、もう一つ嬉しいことがあったのを忘れておりました」

/ ,' 3 「む? それは何じゃ」

ζ(^ー^*ζ「はい。それは、会見の最後に、王様が私のことを、『余の愛した臣下である』と言って下すったことです」

/;,' 3 「むぅ……覚えておったか。余としては、忘れておって欲しかったことだが」

ζ(゚ー゚*ζ「王様。王様は先ほど私に、ご褒美を下さると言って下さいましたね。ならば、こうして

      隣り合わせに走ること以外に、今一つだけお願いがあるのですが」

/ ,' 3 「……何か嫌な予感がするが、言うてみよ」

ζ(゚ー゚*ζ「王がよろしければ、もう一度だけ、私めを愛していると言ってはくれないでしょうか」

/;,' 3 「む…むぅ……」

ζ(゚ー゚*ζ「もちろん、無理にとは申しませんが……」

/ ,' 3 「……分かった。これでそちへの恩が返せるとは思わぬが、それで良いならそちの気が済むまで言ってやろう」

ζ(゚ー゚*ζ「はい。どうか、宜しくお願いいたします」



505 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/19(水) 00:04:43 発信元:121.2.98.95
なんとまぁ


506 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 21/23:2010/05/19(水) 00:04:59 発信元:59.135.38.149
/ ,' 3 「あー……ごほん。では、申すぞ」

ζ(゚ー゚*ζ「……はい」

/ ,' 3 「シェエラザード。余はそちに絶大なる感謝をしておる」

ζ(゚ー゚*ζ「はい……」

/ ,' 3 「そちにはいくら感謝をしても、し足りぬほどじゃ。一国の長として、敬意を現そう」

ζ(゚ー゚*ζ「……」

/ ,' 3 「……そのように真顔で見つめるでない。何やら緊張して言いにくいではないか」

ζ(゚ー゚*ζ「申し訳ございません。小さき身の上の私では、期待で胸はち切れんばかりなのです」

/ ,' 3 「……ならば余は、その期待に見事応えて見せようぞ」

ζ(゚ー゚*ζ「はい……私の準備は、いつでも出来ております」



508 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ 23/23:2010/05/19(水) 00:07:31 発信元:59.135.38.144







/ ,' 3 「シェエラザードよ。余はそちを愛しておる」

/ ,' 3 「願わくば我が妃となり、この国の行く末を、共に見守ってはくれぬか?」

ζ(゚ー゚*ζ「!!」










509 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/19(水) 00:09:36 発信元:121.2.98.95
おお


510 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/19(水) 00:11:08 発信元:210.136.161.48
キター





511 :/ ,' 3 新ジャンル千夜一夜のようですζ(゚ー゚*ζ:2010/05/19(水) 00:15:33 発信元:59.135.38.143
以上、今回の投下は終了
次回、ようやっと最終回にございます

関連新ジャンル一覧

新ジャンル「幸せ」…http://www.kajisoku.com/archives/eid302.html

軍事マニアはググっても出て来なかった……蛇屋さんとこにあったと思うんだけどな

それと、冒頭でも言いましたが、シベリア連載のテンプレートを無視しまくってごめんなさい
重ねてお詫びいたします

そんじゃ、近いうちにまた来ます ノシ



512 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/19(水) 00:17:39 発信元:124.146.174.50
>>511
乙!楽しみにしてる


513 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/19(水) 00:17:53 発信元:118.15.55.19
川*` ゥ´)つ乙

最終回楽しみにしてます


514 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/19(水) 00:22:02 発信元:121.2.98.95
乙ー!!

連載ルールのテンプレだけど、長期な連載でも問題も発生していないし、
前スレでも言われていたように、もっと緩くしても良さそうだ



 ←(4)へ戻る  (6)へ進む→

 
  ↑ 千夜一夜 インデックスへ戻る


 
総合短編(ファンタジー・時代劇) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。