スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
( ^ω^) プチ一レス短編祭り in 図書館 ── お題 『真夜中』


 
70 :1レス投下:2010/05/16(日) 18:12:42 発信元:111.86.141.153
 
( ・∀・)「死ね」 
 
彼は私の顔を見るなりそう言った。 
3ヶ月ぶりに見た彼の顔はひどくやつれている。 
 
川 ゚ -゚)「…どうして?」 
 
彼とはこの3ヶ月間一切の連絡を行っていない。 
そんなことを言われる心当たりなど全くなかった。 
 
( ・∀・)「『どうして?』」 
 
私の言葉をそのまま返し、彼は何かを堪えているように俯く。 
 
(  ∀ )「どうして…」 
 
( ;∀;)「どうして何にも連絡してこないんだよクー!!
       クーなんて死んじゃえ!
       そして俺も後を追って死んで、天国でずっと一緒に暮らすんだ!!」 
 
そう言って彼は私に抱きつく。 
私は子供のように泣いている彼を撫でながら、 
 
川 ゚ -゚)「たかだか3ヶ月のアマゾン出張で…まったく…」 
 
ああ久々にお風呂に入りたいなと思った。


71 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/16(日) 18:15:30 発信元:59.135.38.143
なんぞこれwwww





77 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/16(日) 19:30:36 発信元:118.4.170.105
VIPで1レス祭りやるらしいからこっちでもやろうずwww


79 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/16(日) 20:21:47 発信元:210.169.94.225
やるか、一レス祭り!

お題安価頼む、誰か


82 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/16(日) 20:32:28 発信元:118.4.170.105
こっちはちょっと真面目路線で「列車」とか
もしくは安価>>85


85 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/16(日) 20:35:15 発信元:118.1.230.105
お題・真夜中


88 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/16(日) 20:37:01 発信元:61.198.170.84
お題は、真夜中!!

時間はどうしようか??


91 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/16(日) 20:40:03 発信元:118.1.230.105

>>88
真夜中だけに日付が変わってからというのはどうだろう


92 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/16(日) 20:43:11 発信元:210.169.96.18
それでは日付が変わったときに一斉投下という形で参りましょうか

お題は『真夜中』

それではみなさん、一レス短編をこぞってお書きくださいませ


 
 


 

228 :爪'ー`)夜渡り狐のようです:2010/05/17(月) 00:03:24 発信元:118.236.97.142
月が雲に隠れている良い夜だった。
僕はふらふら、部屋着のままで家を出た。
何とはなしに暗い方へ、暗い方へと足を向ける。

薄汚れた路地の間で立ち止っていると、小さな声が聞こえてきた。
小さく陰気な女の声だ。

('、`*川「おにぃさぁん、どこいくの?」

きょろきょろと辺りを見回すと、頼りなく揺れる白い手を見つけた。
植え込みに寄りかかるようにして倒れている、くたびれたスーツの女。
具合でも悪いのかと顔を覗き込むと、大分酒臭かった。

爪'ー`)y-「……お姉さん、こんなところで寝たら危ないよ」

女はきゃらきゃら笑って、イケメンね、素敵だわと漏らした。

爪'ー`)y-「交番まで送っていってあげようか」

僕は立てないほど泥酔した女を負ぶり、でたらめ案内をする女に任せて彼女を家に送り届けた。

首元にしがみついて離れない女を奥のベッドに寝かせて、僕も横に転がった。
女の部屋は分厚い遮光カーテンで色も判別できないほどに暗かった。

この部屋はいつも夜なのだ。
まだ真夜中だから僕は家には帰らない。

次の良い夜が来るまでは、ここが僕の草の宿。

だから早く帰っておいでよ。僕の新しい飼い主様。






229 :( ´ω`)は夜毎後悔するようです:2010/05/17(月) 00:07:39 発信元:118.1.230.105
( ´ω`)「またこんな遅くまで2ちゃんやってしまったお・・・」

( ´ω`)「本当はパソコンなんてしないで職安とかに行かなけりゃいけないのに・・・」

( ´ω`)「なのにいつもなにもせず先延ばし先延ばし・・・」

( ´ω`)「明日やればいいやで済ましてしまうお・・・」

( ´ω`)「今日一日なにしてんだお・・・」

( ´ω`)「そんなこと考えたくもない・・・」

( ´ω`)「・・・あぁ、目が冴えて眠れない」






230 :ζ(゚ー゚*ζ彼女は星空”管理”人のようです:2010/05/17(月) 00:08:12 発信元:115.39.110.69
キラキラと光る星は、パチンとはじけて消えた。

万年氷を使うところを、初雪でごまかしたのがいけなかったか。
それとも、宵闇の天蓋に縫い付けるときに、何度も朝日の針で刺したのが駄目だったのか。


ζ(゚、゚;ζ「ありゃりゃりゃ、マズったかな」

失敗に至る過程を考察することをしばし止め、そっと地上を見下ろしてみる。
大地にはりついた町は、昼の喧騒が嘘のように沈黙している。
そのかわりに川のたてる水の音と、虫たちのたてるかすかな声だけが、あたりを支配している。

ああ、この時間は本当に静かだ。
明かりの消えた家の住人は眠りについている。
明かりのついた家にいる者たちは、そもそも空なんて見上げないだろう。


ζ(゚、゚*ζ「……まあ、こっちとしては失敗がごまかせていいんだけどね」

予備の星を、天蓋に縫い付ける。
こんどははじけることがないように、ゆっくり慎重に夕日の光の針を動かす。


ζ(゚ー゚*ζ「よし、綺麗よ」

淡い青に輝く星が、嬉しそうにまたたく。私はその出来に満足してから、ふたたび地上に目を向ける。
誰かが窓を見上げて、「あんなところに星なんかあったっけ」と、言ってくれることを期待して。
たった一人でもいいから、気づいてほしい。
そして、たまにでいいから「今日の星は綺麗だな」と思ってほしい。
だって、それでこそ仕事ってのはやりがいが出るものでしょ?






231 :夜空の円盤のようです:2010/05/17(月) 00:10:46 発信元:122.22.110.171
僕たちは学園祭の準備で学校に泊まっていたんだ。
一夜のアバンチュールとか期待してたけどそんなものはなかった。
けど、それ以上の経験をしたのさ。

( ゜ω゜)「ぉぉぉおおおおおおお!?」

(:'A`)「な、なんだありゃ…」

見上げた空に輝く満天の星、その中で一際輝く大きな大きな銀色の円盤。
そこから降りる一筋の光。
その中にいるのは黒い髪の、黒い瞳の、きれいな、少女だったのだ。

川 ゚ -゚)「………」

(:^ω^)「宇宙人………?」

('A`)「なんて美しいんだ、ヴィーナスが空から舞い降りてきて僕の心は一瞬で盗まれていった。そう考えながら僕は射精した」

川 ゚ -゚)「2えhfそいt7くぃんbjrたskhんf」

川 ゚ -゚)「xcんjしあsぃsdりえ」

川 ゚ -゚)「んcxvjhぎあfkすりws8ろあ」

( ^ω^)「え…?」

そして少女は帰って行った。何もなかったかのように。
あの時何を言ったのかは分からないけれど、とても素敵な景色だったんだ。

('A`)「俺、宇宙飛行士になろう」






232 :ξ*゚⊿゚)ξ流れ星のようですζ(゚ー゚*ζ:2010/05/17(月) 00:17:56 発信元:111.86.141.152
 
真夜中0時。 
一軒家の屋根の上。 

ζ(゚ー゚*ζ「おほしさまー!」
 
幼い姉妹の頭上には無限の星空が広がっている。 
 
ξ*゚⊿゚)ξ「ながれぼし、こないかなー」 
姉妹が足をバタつかせていると、真下の扉が勢いよく開いた。 
 
(;^ω^)「何やってんだおー!危ないおー!!」 
 
玄関から飛び出してきた姉妹の父親は、屋根に向かって大声で叫ぶ。 
 
ζ(゚ー゚*ζ「あぶないってー」 
ξ*゚⊿゚)ξ「じゃーながれぼしみたいにおりよっかー」 
 
姉妹は手をつないで屋根の縁に立ち、 
 
ξ*゚⊿゚)ξ「ちゃんとうけとめてねー!」(;^ω^)「へ?」
 
ξ*゚⊿゚)ξζ(゚ー゚*ζ「「せーのっ!」」 
父親に向かって飛び降りた。 
 
( ゚ω゚)「おうふっ!」 
ζ(゚ー゚*ζ「ちゃくちせいこー!」 
 
仰向けに倒れた父親の上で姉妹は楽しそうに笑う。 
父親は流れ星を見ながら、娘達が大人しくおしとやかになりますようにと密かに願った。






233 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/05/17(月) 00:21:17 発信元:218.224.83.55
(;^ω^)「おー…帰るの遅くなったお。冷えるおー」

大分暖かくなってきたものの、真夜中はまだ肌寒い。

(;^ω^)「なんか冷えてトイレ行きたくなったお。公園のトイレ借りるお」

会社横の公園にある公衆トイレに入り用をたす。
しかし、スッキリし始めたところでこの公園に纏わる嫌な噂を思い出す。
この公衆トイレで夜中に不気味な声を聞いたという体験談が後を絶たないらしい。
その声は聞く人によってぜんぜん違うとのことで、複数の怨霊がひしめき合っているという噂が立っていた。

( ^ω^)「まさかね……」

とその時、背後から何か呻き声のようなものが聞こえた。チラリと後ろを見ると個室のドアが閉まっている。ガチンと鍵を開ける音の後にキィィとドアの開く音が続く。

(;゚ω゚)(ちょ…まじかお)

ビンビン嫌な気配を感じる。なんだ、この悪寒は……

「エモノだぁ」「久々のエモノだぁ」

違う声が二つ…やっぱりこのトイレには複数の霊が……

(´゚ω゚`)( ゚∋゚)「エモノだぁ」

「あ、あぁぁああっぁぁぁぁぁあああああぁぁぁッア――――――!!!」
                           リアル
僕はその夜、世の中には幽霊なんかよりももっと怖いものが現実には存在することを知りましたお。

おしまい






240 :1レス祭りに出遅れたー!:2010/05/17(月) 00:34:08 発信元:59.135.38.143
( ´_ゝ`)「弟者、腹減ったから何か作ってくれ」

(´<_` )「こんな時間にか」 <>

( ´_ゝ`)「あぁ。夜食だ夜食」

(´<_` )「食パンか冷飯ならあるぞ」

( ´_ゝ`)「食パンはトースター五月蝿いから妹者が起きる。冷飯は不味いからもっと嫌だ」

(´<_` )「兄者トーストしか食えないもんな。じゃあ素うどんでいいか?」

( ´_ゝ`)「おk」

(´<_` )「……あ、七味がない」

( ´_ゝ`)「タバスコならあったぞ」

(´<_`;)「……食うのは兄者だから、好きにすればいいが。一応止めておくぞ」

・・・

(;´_ゝ`)「まっず! うどんにタバスコまっずい!!」

(´<_` )「本当に入れたのか。さすが兄者だな」

(;´_ゝ`)「この不味さはアナリスク以来の衝撃だ……」

(´<_` )「俺は兄者がアナリスクを試していたことが衝撃だ」







241 :1レス祭りに出遅れたー!その2:2010/05/17(月) 00:35:27 発信元:59.135.38.150
川д川

川д川「……はい、どーもー。毎度お馴染みプリティ貞子ちゃんなんですけどもね」

川д川「え? 毎度お馴染みでない? そりゃそうだ」

川д川「私がこうして一人漫談なんかやるのは、あんたらスレ民がみぃんな寝静まった後ですからね」

川д川「そう、漫談。これ漫談なの。根暗だから相方が決まらなかった訳じゃあないからね」

川д川「貞ちゃんの漫談。略してさんま。なんつって」

川∀川「wwwwww」

川д川「……ハァ」

川д川「……どうせ誰も聞いてくれないし、帰ろっかな」

川д川「それじゃあ貞ちゃん、仄暗い水の底に帰りまーす」

川д川っそ「ってそれ、出演作品違うやないかい!」ビシッ

川д川「……一人ボケツッコミ。どう?」

川д川「……つまんない?」

川д川「……ごめん」







242 :親愛なる読者諸賢へ:2010/05/17(月) 00:41:01 発信元:222.149.135.78
 ^ω^)僕ら皆がもっているもの
/ ゚、。 /それは顔
('A`)それはブーン系唯一の実在

ξ゚⊿゚)ξ だけど画面の前のあんた
川 ゚ -゚) あんたには顔ってものがない

( ´∀`) 君は顔無しの出歯亀 
ミ,,゚Д゚彡読者という名の覗き魔
( ´_ゝ`)すごくスケベな透明人間


 lw´‐ _‐ノv顔なしさん 顔なしさん
(*゚∀゚)こっちで一緒に遊ぼうよ

(*‘ω‘ *)にらめっこしましょ

| ^o^ |笑ったら負けだよ

从´ヮ`从ト泣いたら負けだよ




あ、顔がないからわからない!('(゚∀゚∩







243 :ハガキ職人(゚、゚トソンのようです:2010/05/17(月) 00:44:37 発信元:118.1.230.105
ピ・ピ・ピ・ピーン!

(´・ω・`)「火曜VIP´s!」

( ´∀`)「モナー、ショボンの!」

(´・ω・`)( ´∀`)「モナションDEヒャッホー!」

AM1:00、ついに始まった!人気の深夜ラジオ番組「モナションDEヒャッホー!」
そしてわたくし都村トソンは常連ハガキ職人なのだ(゚、゚トソン「フヒヒ」

( ´∀`)「ラジオネーム、スカイハイ都村。モナーさん、寿司で例えるとガリの人、こんばんは」
(´・ω・`)「ぶち殺すぞ」

(゚、゚トソン(ククク・・・しょっぱなからわたしのネタ・・・流石だね)

(*´∀`)「モナナナ!相変わらずスカイハイ都村のネタは面白いモナ!」
(*´・ω・`)「まさかここでCO2排出権を持ってくるとはwwさすが目の付けどころがぶっ飛んでるわwww」

その後もわたしのネタは採用され続けた
(゚、゚トソン「ククク、また採用されまくっちゃった!」

(゚、゚トソン「深夜ラジオへの投稿こそわたしの生きがい!わたしそのもの!」

都村トソン35歳、いまだ無職!







245 :(,,゚Д゚)夜明けは、遠くにあるようです:2010/05/17(月) 00:48:06 発信元:115.39.110.69

(,,; Д)「―‐ぐっ」

体が悲鳴を上げるのを、無理やり押さえつける。
駄目だ。今だけは……今だけは倒れるわけにはいかなかった。


( ‐∀・)「いい加減にあきらめたらどうだい?
      『真夜中』は誰も拒まない。それが、たとえ君のような救いようのない愚か者でもね」

俺が生まれるずっと昔、この世界には昼と夜があったという。
空には太陽と月というものがあり、交代で世界を照らしていた。
それを奪ったのは、目の前に立つこの男――宵闇の化身。
決して明けない真夜中の世界を作り出した、元凶。


(,,‐Д‐)「俺は、『太陽』を手に入れる。
     それが、俺がしぃにしてやれる唯一の償いだ」

俺自身の血で濡れる剣を、握りしめる。
血が流れ過ぎてかすむ視界を、目の前で高らかに笑う男へと向ける。


( ・∀・)「では僕は、君に永遠の夜を与えてあげよう」

(,,#゚Д゚)「永遠の夜に沈むのは貴様だっ、モララーっ!!!」


手にした剣を掲げ、俺は駆けだした。
漆黒の空の向こうで流れ星が落ちるのが、見えた。







 →お題 『おっぱい』へ


 
総合短編(その他) | コメント(1) | トラックバック(0)
コメント
ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
イスカンダルへ旅立つどっくん

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。