スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
763 :(`・ω・´)シベリアに夏が来たようです:2010/04/24(土) 19:44:18 発信元:202.229.132.2

シベリアの空を守るため、今日も今日とて空を飛ぶ。
シベリアで唯一、航空戦力を保有する基地でアラート待機、指令があれば後席のパイロットと要撃戦闘機に乗って、2番機とエレメントを組んで空へと駆け上がる。
高空から見るシベリアは息をのむ美しさがあるのだが、反面とてつもなく厳しい環境で、地上では今日もブリザードが吹き荒れ気温はマイナスもいいとこだ。


764 :(`・ω・´)シベリアに夏が来たようです:2010/04/24(土) 19:48:07 発信元:202.229.132.2

歳なのか最近はこの空もどこか寂しく、任務中にもかかわらず、心の片隅で退屈さを感じてしまう。
そんななかで、最近小規模な奇跡が起きていた。定期的にADIZに侵入してくる多用途戦闘機のパイロットが、実は俺の幼なじみで、しかもある時向こうから俺に話しかけてきたのだ。
以降、ADIZ侵入機が彼らの場合に限り、俺は退屈さを忘れることができるのだ。


766 :(`・ω・´)シベリアに夏が来たようです:2010/04/24(土) 19:55:52 発信元:202.229.132.2

侵入してきた国籍不明機に注意深く接近し、国際緊急周波数を使って呼びかける。
(`・ω・´)「警告、あなた方は我が国の防空識別圏に侵入している。速やかに退去せよ。こちらはシベリア空軍…」
警告に従い反転する2機から、無線が入る。
《よう、元気そうだなシャキン》
互いを目視できない距離、シベリアのローカルルールに基づき、僅かな時間のみ黙認されている会話。
(`・ω・´)「そっちこそな。相方も元気かい?」
 
 
769 :(`・ω・´)シベリアに夏が来たようです:2010/04/24(土) 20:00:13 発信元:202.229.132.2

《元気ですよシャキンさん》
(`・ω・´)「なによりだよ。そうだ、退役したショボンにかわって、新人を連れてきたんだ」
《こちらオブニエル2パイロット、TACネーム・フサです。どうぞよろしく》
《よろしくな、こちらエスパーダ1、モラだ》
《エスパーダ2、ギコ。よろしく》


774 :(`・ω・´)シベリアに夏が来たようです:2010/04/24(土) 20:05:49 発信元:202.229.132.2

狭苦しいコックピットにおさまり、冷たく厳しい大気を裂いていくなかでの、見えない友人との会話。互いに電波でしか繋がれないが、それでも十分に血の通った交流ができる。
(`・ω・´)「モラ、ギコ。実は報告したいことがあってな…」
言葉を繋げようとした瞬間、AWACSからの無線が飛び込んできた。
《オーカ二エーバより、緊急。tac32、私用無線を中止せよ…悪い知らせだ、我が国は宣戦布告を受けた》
(`・ω・´)「…」


775 :(`・ω・´)シベリアに夏が来たようです:2010/04/24(土) 20:07:58 発信元:202.229.132.2

《コード・アップルシャーベット発令。現在ADIZに複数の敵編隊が接近中。》
警戒警報ではなく、空襲警報が発令された。冗談や演習などではない。
(`・ω・´)「…了解。後席、データリンク」
《了解…よし、完了した》
AWACSとのデータリンクは正常に行われ、コクピットのディスプレイに必要な情報が表示される。


778 :(`・ω・´)シベリアに夏が来たようです:2010/04/24(土) 20:13:52 発信元:202.229.132.2

《オーカ二エーバより、セクター・ジントニックでの交戦を許可する。tac32、応援の到着後に一時帰投せよ》
(`・ω・´)「了解…聞こえるかモラ」
《ああ、感度良好だ》
(`・ω・´)「なあ、俺達は友達か?」
《勿論さ、勿論だとも》
(`・ω・´)「そうか、今までありがとう」
《礼はよせ、俺は命令に従うんだ》
(`・ω・´)「お互い様さ、俺だって軍人だ」
《ああ…残念だな》
(`・ω・´)「まったくだよ。じゃあな、お前さん方との会話、楽しかったよ」
《俺達もさ。あんたらとの会話は楽しかったぜ、それじゃあな》
断絶した交流。感傷に浸る暇もなく、AWACSと後席の指示に従い、アフターバーナーを使って急行する。
(`・ω・´)「オブニエル2、BVR準備」


780 :(`・ω・´)シベリアに夏が来たようです:2010/04/24(土) 20:21:20 発信元:202.229.132.2

なぜこんな事になってしまったのか?俺が知るわけがない。
戦争を始めるのも、大義名分を考えるのも、結局は政治家の仕事であり、民主主義国家ならば俺達軍人に命令を下すのは、国民の代表だ。俺達が知るわけがない。
ともかく敵は死に物狂いで航空優勢を確保しようとするだろう。長い1日になりそうだ。
(`・ω・´)「tac32、レーダーコンタクト」
甲高く断続的な電子音が、自分達に向けられた殺意を伝える。
(`・ω・´)「オブニエル1、ターゲットロック」
《オブニエル2、ロック》
(`・ω・´)「オブニエル1、FOX3」
「オブニエル2、FOX3、FOX3」


781 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/24(土) 20:24:23 発信元:61.126.208.181
ごくり


782 :(`・ω・´)シベリアに夏が来たようです:2010/04/24(土) 20:26:08 発信元:202.229.132.2

発射したアクティブ・ホーミング方式のミサイルが、彼方へと飛んでいく。
(`・ω・´)(今となっては報告もできないが…なあモラ、ギコ。俺、昨日娘が生まれたんだ。お前らに言ったら、なんて言ってくれるんだろうか?)
《前席、前方ミサイル》
(`・ω・´)「フサ、ブレイク!ブレイク!」
澄んだ青空と灰色の雲の上、チャフを撒き散らし、回避機動の強烈なGを体感しながら思う。


783 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/24(土) 20:27:54 発信元:220.24.86.153
AMRAAM?


784 :(`・ω・´)シベリアに夏が来たようです:2010/04/24(土) 20:31:45 発信元:202.229.132.2
寂しい空はモラ達によって楽しい空に変わり、楽しい空は殺伐とした空に変わったが、それでも相変わらず、シベリアの空はこんなにも青いのだ。
シベリアがシベリアであり続ける限り、俺は空を飛び続けよう。
彼らと出会えたシベリアを、そう易々と蹂躙させはしない。させるものか。

季節が夏に変わろうとする少し前、シベリアに戦争という名の、もうひとつの夏が来た。春の終わりと共に。








787 :(`・ω・´)シベリアに夏が来たようです:2010/04/24(土) 20:34:38 発信元:202.229.132.2
以上です、ありがとうございました。
情け容赦のない批評をお願いいたします。






788 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/24(土) 20:36:10 発信元:61.126.208.181
乙です
悲しい話やね...


790 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/24(土) 20:38:35 発信元:121.2.98.95

きついなあ……でもそれが軍人なんだよなぁ


791 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/24(土) 20:38:39 発信元:220.24.86.153
いや面白かった 文も上手いし内容や構成、書き方も上手いと思う

読みやすさという点から、
・会話文が連続するところは一行ずつあける
・横に長い部分は適宜改行する
を実行するといいかも


792 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/24(土) 20:41:21 発信元:43.244.33.47
乙ー。改行も独特でいいね、俺は好き


793 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/24(土) 20:47:12 発信元:61.126.208.181
モラを友達と思う事と、モラたちと「出会えたシベリアを、そう易々と蹂躙させはしない。させるものか。」といって
あくまで命令を固守しようとするーこれに矛盾を感じないところが彼の軍人たるゆえんなのでしょう。短いですが、
ドラマツルギーを感じる作品でした。

 
総合短編(バトル・アクション・厨二) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。