スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

母ヒートのようです

2010/04/01 Thu 11:01

 
※本短編はブーン系小説ではなく、ほのぼの板の素直ヒートスレに投下されるはずだった
  新ジャンル系SS作品です。
  以下、シベリアへの投下に至った経緯含め、転載。




526 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 20:50:40 発信元:59.135.38.146
自分の使ってる携帯が永久規制に巻き込まれたっぽい
PC買う金もPSP買う金もなし
書きためてたやつ消すしかないかな

あー畜生



527 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 20:52:01 発信元:219.160.193.199
>>526
まて、ここに投下するんだ


528 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:11:10 発信元:59.135.38.150
>>527
ごめんなさい。実を言うと書きためてたのブーン系じゃなくて素直ヒートスレのSSなんです
フラストレーション溜まりまくりでつい愚痴をこぼしてしまいました

スレ違い甚だしいとは知りつつ、つい不満が口をついて出てしまって申し訳ないです


530 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:14:03 発信元:210.2.219.156
>>528
ヒートと男の代理のAAを・・・
新ジャンルスレの男は誰が適任かわからない


531 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:15:45 発信元:222.228.214.17
ドクオかモララーかなぁ


532 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:24:57 発信元:210.135.98.43
新しいキャラを作ってしまえば問題ないさ


534 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:30:36 発信元:210.135.98.43
>新ジャンルの男
基本いい奴で仲間思い、気配りがきいてちょいエロってイメージ
エロゲの主人公タイプ?
だとすると、個人的にはギコかジョルジュかな



ゴムフェラならドクオ一択


535 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:33:51 発信元:59.135.38.149
素直ヒートの山田は眼鏡男子的なイメージがあるので
自分の中ではアサピー適任かなと思ったりしてます



533 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:30:00 発信元:59.135.38.145
地の文オンリーだから、ここで投下しても大丈夫かな……

1レス完結の話をいくつか書いてるんで、

ここの住人の方が良ければ、素ヒースレに投下出来た序盤もまとめて

投下させていただきます



536 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:43:37 発信元:219.160.193.199
>>533
comeon boy


- - - - - - - -



619 :1/14:2010/03/31(水) 23:29:02 発信元:59.135.38.147
うちの母が喧しくて困る。

毎朝ご近所に響き渡る声で俺を叩き起こし、そのまま父のいる部屋へ向かっていく。

母は父に朝っぱらから甘えたいようだが、そうは問屋が卸さない。

父はいつも母が起こしにいくより先に起きて、抱きつこうとする母を冷たくあしらう。

それでも母は満足そうに、俺と父の朝食を作るために台所へ立っている。

今日の目玉焼きも半分焦げている。

父はそれに文句も言わず、焦げた部分を器用によけて食べている。

母はいつまで経っても料理が上手くならないと愚痴をこぼす。

父はそれを聞いて、焦げた部分までも残さずたいらげる。

母はニッコリ笑っている。俺には真似出来そうもない。





~母ヒートのようです~

 
 
621 :2/14:2010/03/31(水) 23:31:07 発信元:59.135.38.146
うちの母が喧しくて困る。

体重が2キロ増えたと言っては大騒ぎ。

ダイエット、ダイエットとお題目のように唱えている。

高校生の息子がいるにしてはプロポーションも崩れていないと思うのだが

母はそんな俺の言葉にも耳を貸さない。

父が仕事から帰宅すると、母は父にも太ったかもしれないと嘆く。

父はいつも通りの無表情で、そういえば確かに太ったかもなと、母の腹の肉を摘まんでのたまった。

とたん母は、悲劇のヒロインでも乗り移ったかのように

こんな私でもあなたは愛してくれますか!? と吠え始めた。

父はやや白けた表情で、はいはい愛してる愛してると母の頭をくしゃくしゃかき混ぜる。

母は父のその言葉が欲しかったらしく、以降母の口からダイエットという言葉は聞かれなくなった。



623 :母ヒートのようです 3/14:2010/03/31(水) 23:33:07 発信元:59.135.38.149
うちの母が喧しくて困る。

休日に、遅く起きた俺がリビングへ向かうと、両親がすでにソファを占領していた。

珍しく母が父の肩にもたれ、日曜の朝に特有の、あまり内容のない旅番組なんかを見ている。

父が母を甘えさせる姿はあまり見ないので、パンダでも見るような心持ちでドアの影から覗いていると

母が机の上にあったホットケーキ(これも珍しく焦げていないので、父が焼いたと推測)をフォークで切り取り

父の口へ向かってあーんしていた。

驚いたのは父がそれを受け入れたことである。

ビックリした俺がその場から離れようとしたのと、父が振り返って新聞を取ろうとしたのが同時だった。

父がホットケーキを咀嚼しながら気まずそうにしている。

俺も気まずくて顎をポリポリ掻いている。

母だけが余裕綽々で、元気よくおはよう! と挨拶している。

その間も、母は父の腕に自分の腕を絡めて離そうとしない。

朝からごちそうさまでした。



626 :母ヒートのようです 4/14:2010/03/31(水) 23:35:50 発信元:59.135.38.142
うちの母が喧しくて困る。

リビングの掃除を命じられ、仕方なくちんたら片付けていると、両親の若いころのアルバムを見つけてしまった。

恐らくは今の俺くらいの年齢だろう父と母が、あまり仲良くとは言えない風に写っている。

一緒に写っている女の人は母の友人だろう。となると写真を撮っているのは、父の友人の男友さんだろうか。

しばらくそのアルバムをめくっていると、俺は一つの事実に気がついた。

初めは母に対して素っ気なく、渋々写真に写っているようだった父が、写真の枚数を重ねる毎に、にこやかな表情になっているのだ。

そのアルバムの最後のページには、教室の中で泣きじゃくる母と、母と手を繋ぐ父の姿が写されていた。

繋いでいない方の手には、卒業証書らしき筒が握られている。

父と母の青春を、俺は知らない。けれどそれはきっと、そんなに悪いものではなかったのだろう。

俺もこんな青春送りてぇなぁ、とか思いながら床でゴロゴロしていたら、早く掃除しろと母に怒られた。



627 :母ヒートのようです 5/14:2010/03/31(水) 23:38:27 発信元:59.135.38.145
うちの母が喧しくて困る。

母が今夜の夕飯は焼き肉だという。俺は思わず安堵に顔を緩める。

母の作るご飯は、食べれなくないが食べたくはないという絶妙な味付けのものが多い。

だから、肉をホットプレートで焼いてタレをつけるだけの料理は、安全度が段違いに増すのである。

ただ、そんな焼き肉にも弊害はある。

油断すると母が、ホットプレート上の肉を全てかっさらってしまうのだ。

以前はそれで野菜しか食べれず、ずいぶんひもじい思いをしたものだが

今回は俺も母に当たり負けしないよう、充分に注意を払っている。

目をギラギラさせる親子二人を尻目に、父はエリンギやカボチャを淡々と焼いては食べ、その合間に自分の肉はきちんと確保している。

俺もいつか父のようになりたい。焼き肉をする度に俺は、そんな間違った憧れを胸に抱くようになっていた。



628 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 23:39:24 発信元:121.2.98.95
リズムがいい


629 :母ヒートのようです 6/14:2010/03/31(水) 23:41:08 発信元:59.135.38.148
うちの母が喧しくて困る。

ある日、俺が着替えを取ろうと箪笥をあさっていると、見覚えのない下着が出てきた。

尻の部分に漢と書かれた、唐草模様のトランクスである。

いつの間に紛れ込んだのか分からずいぶかしんでいると、母が俺の部屋へ来て、下着を新しく買ったと伝えてきた。

このセンスの欠片もない下着のチョイスは、母の仕業だったのだ。

そういえば母は昔から、世に数多いる母族のように、子供の年齢に合った服装を選ぶのが下手だった。

自分には比較的似合うものを選べるのだが、俺に服を買い与えようとすると

必ず変なバックプリントの入った服を着せたがるのである。

だって似合うじゃない、と母は言うが、アリエールのロゴが入った面白Tシャツなんか誰が好き好んで着るというのか。

思い返せば父は、服を買う時だけは母に任さず、下着もYシャツも自分で買っていたような気がする。

今度から俺もそうしようと誓いつつ、勿体ないので今日だけその下着を着ることにした。

何となく似合っているような気がしないでもないのが、妙に恐ろしかった。



631 :母ヒートのようです 7/14:2010/03/31(水) 23:45:07 発信元:59.135.38.143
うちの母が喧しくて困る。

これは、俺がまだ反抗期著しかった中学のころの話だ。

そのころの俺は、喧しい母も冷静沈着な父も、あまり好きではなかった。

二人がイチャイチャする度に俺はイラつき、八つ当たりすることも多かったように思う。

父は、思春期にはよくあることだと流していたようだが、母はそんな俺を見て心配していたようだ。

ある日の父が帰宅する前のこと、母が俺の部屋を訪ね、ごめんねと謝りながら突然俺のことを抱きしめてきた。

あまりのことに面食っていると、母は微笑みながら、父も好きだけど俺も大好きだよと、

それだけを言って部屋から去っていった。

思春期の男にする愛情表現とは思えないやり方だった。

その笑顔が、反抗期の俺にとっては面白くないものだったのも事実だが

後年、父にその時のことを言うと、流石は母さんだなと得心のいった顔で一人うなずくだけだった。

今なら俺にも理解出来るが、父にとっては母のその行動は、意外でもなんでもなかったらしい。

多分、俺が道を間違えずここまでこれたのも、二人のそんな関係があったからなんだろう。

実の両親のこととはいえ、俺は二人のことが羨ましくてしょうがなかった。



634 :母ヒートのようです 8/14:2010/03/31(水) 23:48:19 発信元:59.135.38.147
うちの母が喧しくて困る。

俺がまだ小学生だったころ、自分が好きな言葉というテーマで作文を書かされた。

作文の苦手だった自分は上手く書けずに、母に相談することに決めた。

母も作文は苦手だったようだが、好きな言葉を聞くと即答で「好きだ・大好き・愛してる」と返してきた。

そのまま父の職場に乗り込んで愛を叫びかねない勢いだったので、子供ながらに焦って止めたのをよく覚えている。

母にとっての好きな言葉とは、愛する人への興奮剤へと変わるらしい。

帰宅した父がちゃんと作文を見てくれはしたが、その時まで母の興奮は収まらず

父の耳元で母の言う好きな言葉を囁き続けていた。

今の俺なら、その晩二人がどうなったかは想像に固くない。

愛しあうきっかけが息子の作文というのも、父にとっては災難だっただろう。



636 :母ヒートのようです 9/14:2010/03/31(水) 23:52:04 発信元:59.135.38.143
うちの母が喧しくて困る。

もう一つ、小学生時代の思い出を話そう。

ある日、突然母が駅まで父を迎えにいこうと言い出した。

何故かと尋ねる俺に母は、愛する人を出迎えるのに理由はいらないと言い切った。

そのまま手を繋いで歩くこと十分、駅前に着き父を待つ。

定時に上がった父が、少し驚いた顔をして俺たちに出会ったのが、それから数分後。

その後、母は父と手を握って帰りたいと駄々をこねたり、父は父で子供に譲れと母を叱ったり、

折衷案として父が俺を抱き抱え、反対の手で母と手を繋ぐと言ったり、母がそれだと疲れるだろうと自分の言ったことを忘れて心配したり、

父が照れた顔で、俺だってたまにはお前と手を繋ぎたいと告白したり、母がそれに感激して公衆の面前で父に抱きつこうとしたり……。

そんな風な波乱があった。

馬鹿馬鹿しさここに極まれり、と言った感じだ。けれど当時の俺は、その状況をそれなりに楽しんでいたように思う。

げに恐ろしきは子供の順応の早さだろうか。いや、真に恐ろしいのは、母の父へ対する一途な思いだろう。

今でも枯れない母のそれには、頭が下がるばかりである。



638 :母ヒートのようです 10/14:2010/03/31(水) 23:55:08 発信元:59.135.38.142
うちの母が喧しくて困る。

我が家で脳を鍛えるゲームが流行っている。クイズ形式で脳年齢を割り出すゲームである。

普段はゲームをしない父母もこれには興味津々のようで、

特に母は俺がプレイする横からああでもないこうでもないと大変に煩わしい。

あまりに鬱陶しいので試しにやらせてみると、狙い違わず脳年齢60代という記録を叩き出した。

悔しそうな母を尻目に、父は余裕で脳年齢20代をキープし得意げである。

リベンジを誓って再挑戦する母にコツを教えようと、父が横合いから覗き込んでくるため、俺の居場所がなくなった。

しばらくDSは二人のものになりそうだ。諦めてモンハンの攻略に専念することにしよう。

その後、父との特訓によって母は、年齢相応の結果が出せるようになったらしい。

両手を上げてガッツポーズする母を、心なしか嬉しそうな父が横から見つめていた。



640 :母ヒートのようです 11/14:2010/03/31(水) 23:58:14 発信元:59.135.38.147
うちの母が喧しくて困る。

年に数回、いや十数年に数回かもしれないが、我が家の両親もまれに喧嘩をする時がある。

その時の惨状は語るも恐ろしい。

母は手当たり次第に辺りの物をひっ散らかし、父は父であの冷静さを保ったまま激昂する。

大抵は単なる行き違いが原因なのであるが、二人のどちらにも非がある訳ではないので

互いになかなか折れようとしない。見ているこっちの寿命が縮む思いだ。

こういう場合は、父が妥協して謝るのが常であるが、父も根が頑固なので

そこへ至るまでに最低三日はかかる。その間、我が家の空気は恐ろしくぎすぎすしている。

母も仲直りのきっかけを探しているらしく、父の妥協込みの謝罪を聞くと、毎回泣きながら謝っていた。

こういう喧嘩が、俺の見ただけで二度はあった。

母は、今よりもっと仲良くなるために喧嘩するんだよ、と言ったものだが

見ている方の胃が痛むようなあの喧嘩は、出来れば俺が家を出るまでは控えてほしいと思う。



643 :母ヒートのようです 12/14:2010/04/01(木) 00:01:28 発信元:59.135.38.144
うちの母が喧しくて困る。

母の友人が家を訪ねてきた。実に数年ぶりのことらしい。

週末で俺も家にいたので、友人さんから昔の母の様子を聞くことができた。

友人さん曰く、昔から母は父のことが大好きで、その病的なまでの愛情には時折閉口したそうだ。

その父も、母の愛に敗北して一児をもうけざるを得なかったことに、同情を禁じえないとも言う。

母は不満たらたらだったが、父もまんざらではなかったのではないかと俺がフォローすると

母の友人は、知ってる、だって男くんツンデレだもんね、と苦笑しながら言った。

最近どうもツンデレからデレデレにシフトしつつあると俺が言うと

友人さんは、あの男くんでも丸くなるのねぇと妙に感慨深そうだった。

その後は父が帰宅するのを待って、友人さんの旦那も交えてどこかへ飲みに出るらしい。

俺も同席したかったが、さすがにそれは無理だったようだ。当たり前である。

友人さんの旦那も父とは旧知の仲らしいので、その人からも何か話が聞ければ面白かったのだが。

ともあれ、友人との再会を果たした母がすごく楽しそうだったので、それはそれで良しとしよう。



644 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/01(木) 00:01:52 発信元:219.160.193.199
情熱的


646 :母ヒートのようです 13/14:2010/04/01(木) 00:05:05 発信元:59.135.38.146
うちの母が喧しくて困る。

我が家では、母の日なら母へ、父の日なら父へ、子供の日なら子供へという風に

それぞれの日にそれぞれへプレゼントを送る習慣がある。

理由は至極単純で、お祭り好きな母が、祝い事は多い方がいいと言って聞かないからだ。

そして今日は、件の母の日である。

俺のプレゼントは赤いカーネーションというベタな物だったが、父はいつまで経ってもプレゼントを渡そうとしない。

周到な父に限って忘れたなんてことはあるまい。どうしたのかと思っていると、父が俺に意味ありげな目配せをしてきた。

どうやらプレゼントは、息子のいないところでという趣向らしい。

気を効かせた俺が部屋を出て三十分後、二人の様子を見に部屋まで行くと、

顔を真っ赤にさせ、ニヤニヤほくそ笑む母と鉢合わせた。

聞いてもいないのに語りだしたところによると、父のプレゼントというのは

俺が部屋を出てから再び部屋を訪れるまで、背後から抱きしめる形でずっと母へ愛の言葉を囁く、というものだったらしい。

母は赤い顔を興奮でさらに赤くさせ、父がどんな甘い言葉で愛を囁いたか説明しようとする。

父はそんな母を気にも留めず、いつものクールな相好を崩さない。

安上がりなプレゼントで羨ましいと言うと、父と母両方に拳骨で殴られた。



648 :母ヒートのようです 14/14:2010/04/01(木) 00:09:09 発信元:59.135.38.147
うちの母が喧しくて困る。

何に影響されたのか、母が社交ダンスを習いたいと言い出した。

俺はあまり乗り気ではなかったが、父から好きにすればいいという許しを得て、翌日からさっそく習いに出かけたようだ。

案の定というか予想通りというか、母は習ったばかりのステップの練習台に、俺を使うようになった。

そして、その姿が多少は様になり始めたころ、母はダンス教室からドレスを借りてきて、父と一緒に踊りたいと言い出した。

父は踊れるはずがないと一端は断ったが、母が適当で構わないというので、仕方なしに一曲だけ踊ることに決めたようだ。

リビングのソファーその他を片付け、適度なスペースを作ると、母はノリノリで父の手を取った。

最初は母が父をリードするという、社交ダンスの儀礼から外れたハチャメチャな踊りだったが

何でもそつなくこなす父が早くもテンポと足運びを覚え、三十分後には

拙いながらも男側がリードするという基本が、きちんと出来るようになっていた。

母は父に身体を預けるようにして、俺との練習の時とは比べ物にならないほど心地良さそうに舞っている。

一時間ほどして、母は満足したらしく俺に曲を止めるよう言った。

母は潤んだ瞳で父を見つめ、父も無言でその目を見つめ返す。

俺は二人の舞台に水を差さないよう、聞こえるか聞こえないか程度の大きさで称賛の拍手を送った。








654 :母ヒートのようです:2010/04/01(木) 00:14:47 発信元:59.135.38.145
以上、投下終了です
本来ならスレ違いなところ、住人の皆さんの好意に甘えて投下させていただきました

いらぬ説明とは思いますが敢えて捕捉させていただきますと、

これは素直ヒートの女と男が結婚した後の生活を、二人の息子の視点から綴ったものです

よろしければ感想なぞいただければ、そして願わくばほのぼの板の素直ヒートスレに転載していただければ

これ以上のことはありません

ありがとうございました


656 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/01(木) 00:20:07 発信元:219.160.193.199
>>654
ヒートスレに宣伝してきました。
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/honobono/1258890691/116


658 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/01(木) 00:24:35 発信元:59.135.38.141
>>655
わざわざすみません、ありがとうございました

>>656
わがまま言ってすみません。これで書き込めないストレスも大分緩和されました

スレ住人の皆さん、本当にありがとう



660 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/01(木) 00:48:26 発信元:210.135.98.43
早速ヒートスレから来ました
GH! 宣伝の人もありがとう

>>650
これが上手いところでな
素直ヒートを見慣れてると、自然と頭の中に台詞が見えてくるんだ…
設定上、普段と違って強烈に甘々なせいで鼻血出そう


650 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/01(木) 00:10:40 発信元:219.160.193.199
乙です
会話文で読んでみたいな


651 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/01(木) 00:12:52 発信元:121.2.98.95
乙です、すらすら読める文章でした


652 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/04/01(木) 00:12:55 発信元:59.135.38.220

ヒートスレで見ていたから嬉しいんだぜ


 
総合短編(その他) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。