スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
151 :( ^ω^)の世界は黄昏ているようです:2010/03/26(金) 03:50:11 発信元:122.102.231.42

( ^ω^)「…………」

(´<_` )「内藤じゃないか。何をしてるんだ?」

( ^ω^)「流石……」


夜も深け、心もとない街灯の下に二人の男がいた。


(´<_` )「この辺りは治安も悪い。早く帰らないと危ないぞ」

( ^ω^)「おっぱぶ……」

(´<_` )「は?」

( ^ω^)「おっぱぶを、探してるんだお」

(´<_` )「内藤…………」


流石は哀れんだ視線を向ける。
欲にまみれた男を卑下しているのではない。

ありもしない幻想を抱いている男に同情しているのだ。




153 :( ^ω^)の世界は黄昏ているようです:2010/03/26(金) 03:54:22 発信元:122.102.231.42

現在、おっぱぶなどというものは存在していない。
それどころか、キャバクラも、風俗も何もない。
女性の権利がどうのこうのという政策の結果だ。

彼女らの仕事は汚い。女性の権利を侵害するものだ。
この素晴らしい演説に多くの女性が動いた。

( ^ω^)「……寂しいおね」

(´<_` )「ああ。ここもすっかり暗くなったな」

政策は成功した。
成功の結果がこの暗い道だ。

目に痛い色で道を照らしていた看板は消えた。
仕事を奪われた女達は路頭に迷った。

( ^ω^)「どこかにあるって聞いたお」

(´<_` )「まあ、いつの時代も非合法な場所はあるからな」

流石はタバコを口に咥え、火をつける。

 
 
154 :( ^ω^)の世界は黄昏ているようです:2010/03/26(金) 03:58:26 発信元:122.102.231.42

(´<_` )「次になくなるのは、こいつか……」


懐に手を入れ、小さなビンを取り出す。


(´<_` )「こいつだな」

( ^ω^)「ヲッカかお」

(´<_` )「酒もタバコもなくなったら、オレ達何のために働くのかねぇ」


彼がビンを振ると、中から液体の音が聞こえる。


( ^ω^)「ギャンブルとクスリのためじゃないかお」

(´<_` )「……違いない」


二人は笑いあった。




155 :( ^ω^)の世界は黄昏ているようです:2010/03/26(金) 04:02:15 発信元:122.102.231.42

(´<_` )「『クスリに手を染める市民達。その心の闇とは?!』
       ちんけなニュースのネタになるな」

( ^ω^)「今だって『男性の浮気率増加に迫る!』
       なーんていうネタをよく見るお」


金でその欲を発散させることができなくなった男達は妻の他に女を作る。
そして離婚する。

最近では、男女共に結婚の意思がなくなっているらしい。
とんだ少子化政策になってしまったわけだ。


(´<_` )「しかし、何で今さらおっぱぶなんて探してたんだ?」

( ^ω^)「……ボク、結婚するんだお」

(´<_` )「おお、おめでとう。しかし、それならなおさら探していた理由がわからんな。
       もう嫁さんのしか揉めないからか?」

( ^ω^)「それもあるお。
       でも、一番は……不安、なんだお」

(´<_` )「不安?」

( ^ω^)「ボクはあまりお付き合いをしたことがないお。まだ妖精だお。
       こんなボクが、彼女を……その……」


156 :( ^ω^)の世界は黄昏ているようです:2010/03/26(金) 04:06:44 発信元:122.102.231.42

言いよどむ内藤に代わり、流石が言葉を紡いだ。

(´<_` )「気持ちよくできるか。か……」

( ^ω^)「……そうだお。とても不安だお」


今の世の中、男女間の行為の話をするのはタブーとなっている。
何が普通で、何が特殊なのかもわからない。

二人が口を閉じると、音は全て消えてしまう。
肌を刺すような寒さが二人を襲う。


( ^ω^)「……寒いお」

(´<_` )「仕方ないな。少し飲んでもいいぞ」


そう言って差し出されたのはヲッカのビンだ。


( ^ω^)「いいのかお?」


酒だってタダではない。むしろ、増税につぐ増税で今では中々手が出ない代物だ。




157 :( ^ω^)の世界は黄昏ているようです:2010/03/26(金) 04:10:26 発信元:122.102.231.42

(´<_` )「ま、少し早い結婚祝いってことで」

( ^ω^)「おっおっ! ありがとうだお!」

(´<_` )「可愛い子なのか?」

( ^ω^)「とても可愛いお。ちょっとキツイけど優しいんだお」

(´<_` )「幸せにな」

( ^ω^)「家族のためにも頑張るお」


ヲッカを喉から胃へと送る内藤を見て、流石は小さく笑った。
目ざとくそれを見た内藤が首を傾げる。


(´<_` )「いや。やっぱり酒やタバコがなくなったって、
       ギャンブルとクスリのためだけに働く奴はいないな。と思ってな」


内藤は先ほどの自分の言葉を思い返す。
どちらも意識したものではなかった。



158 :( ^ω^)の世界は黄昏ているようです:2010/03/26(金) 04:18:07 発信元:122.102.231.42

( ^ω^)「そう、だおね」

(´<_` )「いやはや。家庭を持つ男は強いな」

( ^ω^)「流石も結婚すればいいお。モテモテなのは知ってるお」


背が高く、鼻筋も通っている流石は社内の女性に人気がある。
女性に不人気な男達は、あいつは風俗いらずだと僻んでいるらしい。


(´<_` )「……オレはまだいいよ」

( ^ω^)「何でだお?」

(´<_` )「うち、上にも下にも女がいるんだ。
       あいつらを見てると、何だか女に夢は持てん」

(;^ω^)「兄弟が多いと大変だおね」

(´<_` )「ま、いつかはするさ」

( ^ω^)「そのときはお返しをするお」

(´<_` )「期待せずに待ってるとするか」




159 :( ^ω^)の世界は黄昏ているようです:2010/03/26(金) 04:21:37 発信元:122.102.231.42

流石はタバコを地面に落とし、足で踏みつける。


(´<_` )「なあ、内藤。
       もう世界は黄昏始めてるんじゃないかと思わないか?」

( ^ω^)「何が言いたいんだお?」

(´<_` )「……いや、忘れてくれ。
       これから明るい場所へ走って行くお前に言うことじゃなかった」

( ^ω^)「おっ! ボクは走るのは得意だお!」


そう言うと内藤は手を広げて走りだす。
少し向こうにある街灯へ向かって走る内藤の背中を眺めながら、流石はゆっくりと足を進める。


(´<_` )「盛りはすぎた。後は下るだけ……なんてな」


小さく笑う。


( ^ω^)「流石ー。こっちくるおー」



160 :( ^ω^)の世界は黄昏ているようです:2010/03/26(金) 04:24:39 発信元:122.102.231.42

(´<_` )「あー。弟者だ」

( ^ω^)「おっ?」

(´<_` )「マイ ネーム イズ 弟者」

( ^ω^)「ボクはホライゾンだお! でも、ブーンって呼んで欲しいお!」


街灯の下で二人は改めてお互いの名前を知った。


(´<_` )「で? 何だ」

( ^ω^)「そうそう! あれを見るお」


内藤が路地裏の奥を指差す。




161 :( ^ω^)の世界は黄昏ているようです:2010/03/26(金) 04:27:50 発信元:122.102.231.42

(´<_` )「……バーか」

( ^ω^)「おっぱぶはなかったけど、バーはあったお」

(´<_` )「よく経営が成り立っているな」

( ^ω^)「凄いお。人間、やればできるんだお。
       だから今日は一晩中おっぱぶを探すんだお」

(´<_` )「は?」

( ^ω^)「弟者も探すお!」

(´<_`;)「ま、待て」

( ^ω^)「問答無用!」


内藤は流石の腕を掴み走りだす。


(´<_`;)「せめてオレにあわせろ!」

( ^ω^)「早くしないと夜が明けちゃうおー」



162 :( ^ω^)の世界は黄昏ているようです:2010/03/26(金) 04:31:01 発信元:122.102.231.42


(´・ω・`)「今日もお客さん、こなかったなー」


一件のバーから男が出てくる。


(´・ω・`)「ま、最近は一ヶ月二桁はくるようになったし、どうにかなるか」


男は表に出していた看板を下げた。

『黄昏 ~また朝はくる~』



( ^ω^)の世界は黄昏ているようです








163 :( ^ω^)の世界は黄昏ているようです:2010/03/26(金) 04:36:05 発信元:122.102.231.42


感想会の中、投下させていただきました。

お題
・おっぱぶ
・ヲッカ
・たそがれ


ギャグになりそうでならなかった。
こんな時間なのに支援、ありがとうございます。

ご意見などございましたらお願いします。


 
 
総合短編(日常系) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。