スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
886 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 21:43:13 発信元:121.2.98.95
>>832
大変お待たせしました。今から投下したいと思います……が、
このままだと、このスレ内に収まりきらないと思うので、全部はできません。

( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです

書きためた作品は、「中編の書き忘れの補充」と「後編」に分類されます。
なので、いまから中編の書き忘れの補充だけを投下します。
後編は新スレになってから、いろいろ配慮をしたうえで、やろうとおもいます。


892 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 21:49:59 発信元:121.2.98.95


( ´・ω・)「ただいまです」

< `∀´>「いやー、ペーパー使いまくったニダ」

( ^ω^)「(こいつ……! ペーパーは僕の自腹なのに!)」



( ´・ω・)「で、では……暗刻……暗黒編ですね」

( ^ω^)「ふふ……ビシバシ言ってやるお。だが、その前に」

( ´・ω・)「?」


   ( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです パート3

・前回に書き忘れていたことについて(キャラクター、ストーリー、推敲)
・タブーについて
・ラドンと某スレについて
・カラオケ現象について
・・まとめ――ブーン系と各分野との違いについて


 
 
896 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 21:53:32 発信元:121.2.98.95
・前回に書き忘れていたこと(キャラクター、ストーリー、推敲)


( ^ω^)「暗黒編に入る前に、前回やり忘れていたパートの補充に入るお」

( ´・ω・)「やり忘れ?」

< `∀´>「講師として最低ニダw」

( ゚ω゚)「うるせーハゲ!! まずはキャラクターについてだぁあ!!」


・キャラクター


( ^ω^)「ブーン系でキャラといえば、おにぎりの具ほどに重要なものなんだお」

( ´・ω・)「そうな大事なんですか?」

( ^ω^)「最近は一般小説に近づいている趣も強いけれど、やはりブーン系は、
       キャラとキャラの掛け合い抜きには語れないと思うお。
       例えば、一般小説なら登場人物ナシでも進行できるものがあるお。
       でも、ブーン系でそれをやると、ただの横文字の一般小説になるんだお。
       キャラクターがいるからこそ、ブーン系はブーン系らしさを保てるんだお。
       地の文ナシでも、キャラの掛け合いだけで進行できるんだお」

( ´・ω・)「掛け合い……が重視されるんですか? ブーン系では?」


898 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 21:56:29 発信元:121.2.98.95
( ^ω^)「掛け合いも大事だお。でも、それよりキャラを生かす方が大事と思うお」

( ´・ω・)「キャラを生かす……ニダー君のような祖国万歳みたいな感じですかね」

( ^ω^)「だお」

< `∀´> ~♪


( ´・ω・)「キャラを生かすにはどうすればいいんです?」

( ^ω^)「手っ取り早いのはインパクトだと思うお。これは厳密には
       キャラを生かす、とは違うかもしれないお。
       でも、インパクトが強いキャラは作品全体を盛り上げてくれるんだお」

( ´・ω・)「インパクトですかぁ。どんな感じでしょう」

( ^ω^)「一例を挙げるお。「HIGH SCORE」という少女マンガがあるんだけど、
       これに出てくるキャラはどれもインパクトが強いお。
       主人公が世界一可愛い女子高生、しかし性格最悪の悪女という時点であれだけど、
       ちゃぶ台から手足が生えた守護霊が登場したり、長身イケメンが
       リボンしたり、しかも虫をいたぶり殺すのが趣味だとか……」

(;´・ω・)「意味わかんないキャラばっかですね……」

( ^ω^)「でも、とにかくキャラが生き生きしてるし、読んでて面白いんだお。
       ストーリーのほとんどない学園モノだけど、15年続いてるのは、やっぱキャラがいいからだお」


900 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 22:00:28 発信元:59.106.88.247
15年……だと……


901 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:01:41 発信元:121.2.98.95
( ´・ω・)「面白そうですけど、、、でも、僕の作りたい作品って、シリアス系なんです。
     あまりキャラのインパクト任せなのも、どうなのかなって……」

< `∀´> 「というか漫画のインパクトは参考にならんニダ」

( ^ω^)「視覚性によるインパクトは、ブーン系で表現できないこともないけど、
       現状では、たしかに難しいかもしれんお」

( ´・ω・)「どうすればいいんでしょう」


( ^ω^)「なら、キャラの行動の動機付けに重点を置くといいお」

( ´・ω・)「動機、ですか……」


( ^ω^)「そのキャラの行動に理由はあるのか? その目的にどんな意味はあるのか?
       そしてその目的、動機に共感できるものはあるのか……?」

( ´・ω・)「難しそうですね」

( ^ω^)「参考になりそうなURLをここに置いておくお」


 週刊少年Blog!! / キャラがたってるキャラ、たってないキャラの違い
 http://blog.livedoor.jp/hitokata/archives/29625255.html



903 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:06:05 発信元:121.2.98.95

・ストーリー


( ^ω^)「ストーリーはやっぱり大事だお。ノンストーリーの名作も
       ブーン系では多いけど、ショボッチ君の書きたいシリアスなんかでは、
       ストーリーの良し悪しは避けては通れない課題なんだお」

( ´・ω・)「ストーリーは作るの難しそうですね」

( ^ω^)「だお。ストーリーはポンポン作れるわけじゃないお。
       閃きと努力で苦心しながら作るものなんだお」

( ´・ω・)「どんな風に作ればいいんでしょう?」

( ^ω^)「僕もストーリーを作るのは得意な方じゃないから、ちょっと大層なことは言えないお。
       パート2の頭で挙げた講座モノを熟読したり、他作品見た方がいいお」

< `∀´>「丸投げニダ! ちょっとは努力するニダ! 何のためにウリがここに来たのか(ry」


( ^ω^)「そう思って、少しストーリーの作り方を教えてみることにするお。
       ただ、これはあくまで僕個人のやり方なんだお。自分に合った作り方を
       どうにかして模索してもらいたいもんだお」



905 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:09:08 発信元:121.2.98.95
( ^ω^)「日常の中の非日常。これが一番ストーリーの糧になりやすいお」

( ´・ω・)「どういうことでしょう?」

( ^ω^)「日常の中で"あれ?"って思ったり、感じたことをそのままネタにするんだお。
       これまた例を挙げるお。これは実体験なんだけど、充分に創作の糧になれるものだお」


 ある朝、目覚めて煙草に火をつけようとしたが、うまくライターが着火しない。
燃料切れかと、ライターをためつすがめつしてみると、そのライターは最低出力に設定されていた。
しかも、セロハンテープでツマミの部分をグルグル巻きに固定されていたのだった。
どうしてだろうか。誰がこんなことをしたのだ……?

( ^ω^)「導入部分としては、使える実例だお。さらに、もう一つ」


 ベランダで一服しながら、煙の行く末を眺めていた。
すると、煙草の煙はふわふわと上昇しながら、真上のベランダに干してある
布団にぶつかっては染み込んでいっていることに気がついた。慌てて僕は煙草を消すと、
申し訳ないと上の階の住民に、心の中で謝ったのだった。

( ^ω^)「この二つのネタを組み合わせると、最低出力に固定した犯人は
       上の階の住民だった、という簡単なストーリーが出来るんだお」

( ´・ω・)「なるほど」

< `∀´>「なんでわざわざ最低出力にするニカ? そのままライター捨てればいいニダ」


906 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:12:33 発信元:121.2.98.95
( ^ω^)「そう。こういう手法の場合、矛盾点なんかは出てしまうもんなんだお」

( ^ω^)「それに理由づけし――前項のキャラ付けもここで活かされ――
       付け加えたり削除したりして、ストーリーを作り上げていくんだお」

( ´・ω・)「わかった。その上の住民はヒステリーとか、狂人だったんですね」

( ^ω^)「それも一つの手。狂人はストーリー作りのエキスパートだお。
       とくにストーカーものなんかは、スリリングな展開も生みだせるからいいお。
       でも、あんまり頼り過ぎると陳腐になるんだお。キャラ付けも然り」

( ´・ω・)「苦労が多そうですね、ストーリー作りって」

( ^ω^)「でも、閃きでいいストーリー、設定がパパーっと出来ちゃうこともあるんだお」


< `∀´>「ていうか、そのストーリーは面白くなさそうニダ」

( ^ω^)「たしかに。ストーリーとしては掴みもイマイチだし、出来はよくない。
       だから、自分でどうにか斬新で面白いストーリーを作るといいんだお」

( ´・ω・)「うーん……うーん……」

( ^ω^)「これは自分で頑張ってほしいお。ストーリーはこのぐらいにして、次は推敲の話をするお」


909 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:16:35 発信元:121.2.98.95
・推敲

( ^ω^)「推敲とは、文章を何度も練りかえすことだお。
       ブーン系で言えば、投下前に読みかえして誤字脱字を直したり、
       表現を変えたり、情報の入れ忘れをチェックしたり……本当に重要なものなんだお」

( ^ω^)「こんなパート2の補充をやってるのも、推敲を怠ったからなんだお」

< `∀´>「ほんと講師失格ニダ」

( ゚ω゚)「うるせーハゲ!! 反面教師として受け入れやがれ!!」


( ^ω^)「推敲は、書いてから時間が経てば経つほど、いい効果が出るんだお」

( ´・ω・)「どうしてですか?」

( ^ω^)「創作時の熱が冷めて、客観的な眼で見ることが出来るようになるからだお」


( ^ω^)m9「つまり、一番いい推敲とは他人に見てもらうことなんだお!
        ブーン系でも、投下前に知人に作品を見せて推敲をしたという
        とんでもないプロ意識をもった作者が居たんだお!
        そこまでやれ! とは言わないが、それほど推敲というのは大事なんだお!」


< `∀´>9m「推敲しないと、これみたいに泣く泣く前回の補充とかする羽目になるニダw」


913 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 22:21:36 発信元:59.106.88.247
一晩経って冷静になってから読み返してみると
こっぱずかしくて全削除してしまう という落とし穴


917 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 22:24:38 発信元:219.125.145.87
深夜テンションのギャグだけは後から見直しちゃ駄目だよなwww


911 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:20:02 発信元:121.2.98.95
( ^ω^)「よし……前回の補充はこれで以上! これでも足りないという奴は
       参考URLを読みまくりやがれ!!」


( ´・ω・)「ついに暗黒編ですね……」

< *`∀´>「暗黒……ニダーもダークな力がほしいニダ」

( ^ω^)「では、まずは手軽な処から行かせてもらうお。第一幕。"タブー"ッ!!」


・タブー


( ^ω^)「逆手に取ったギャグでもない限り、やってはいけない行いというのが存在するお」

( ^ω^)「まずは作者の卑下、自虐、謙遜ッ! 投下前に"初投下ですので……"とか、
       "駄作ですが"なんていうのは以ての外だお。テンプレにも書いてあるお!」

( ´・ω・)「でも、ついつい言っちゃいそうだなぁ」

( ^ω^)「気持ちは分かるお。でも、読者の目からしたら、そんな作者公認の駄作なんて
       どういう風に読めばいいんだお? 批評だって、その作者のMAXの力で
       書かれた作品じゃなけりゃ、やる意義ってもんがないお」

< `∀´>「ウリは自虐なんてしないニダ! ウリの作品は最高傑作ニダ!」

( ^ω^)「ニダー君くらいの心構えが、投下時には合ってると思うんだお」


915 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:23:03 発信元:121.2.98.95
( ^ω^)「次に、支援が少ないと嘆いたりすること。投下中にやろうものなら、
       カチンとくる読者だって出てくるお。読者に支援を強制するのは
       作者の心構えとして疑問だお。読者も毎回支援が出来るわけじゃないお。
       作品に読みふけって支援できないこともあるんだし」

< `∀´>「これは分かるニダ。みっともないニダよ」

( ´・ω・)「投下中……は叩かれても仕方なさそうですね」


( ^ω^)「投下中に無駄話をして投下を遅らせるのもタブーの一つだお。
       しかもそれが原因でさるになろうものなら、読者のイラつきはMAX!」

( ´・ω・)「投下中は喋っちゃいけないんですか?」

( ^ω^)「そういうわけでもないお。ミスの補足や、投下中断の旨を告げたり……、
       まったく喋らずに再開と中断を繰り返すのも、読者は困惑してしまうもんだお。
       メール欄に言いたいことを書くのも、使える手段だお」

< `∀´>「でも、読者と話したいニダ!」

( ^ω^)「なら投下終了後に存分に語ればおk。やり過ぎも叩かれる原因になるけど、
       別にタブーではないんだお」


918 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 22:27:48 発信元:124.155.74.175
こんな定義にがんじがらめになって今のブーン系って面倒臭いな


920 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 22:28:53 発信元:58.88.223.62
定義というか慣習じゃないかな


924 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 22:31:17 発信元:124.155.74.175
>>920
そんなに無理してまでVIPに行く必要もないよね
ここなら叩かれる心配ないし

現にこんな講座をVIPでやってたらボロ雑巾のように叩かれてたと思う


919 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:28:26 発信元:121.2.98.95
( ^ω^)「トリップを付けっぱのまま、他作者のスレとかで書きこみまくる。これもタブー」

( ^ω^)「投下の迷惑、余韻のぶち壊しになる。誤爆はしょうがないお。
       でも、意図してやりまくれば、もう叩かれること山の如し」

( ´・ω・)「コテハンみたいに行動しちゃいけないってことですか」

( ^ω^)「それもあるけど、さっき言った迷惑って方が大きいお。
       コテハンだから何もかもしてオッケーってのも、どうかと思うが、まあ自己責任だお」

( ^ω^)「あとは感想をせがんだり、自作自演したり……これらはやっていることが
       バレたとき、むっちゃくっちゃ叩かれるお!! やめた方が懸命だお」

< `∀´>「自作自演とは情けないニダ! ウリはそんなことしなくても(ry」

( ´・ω・)「みっともないことはするな、てことですね」

・ラドンと某スレ


( ^ω^)「そして、もっとも伝えたい重要なタブー……それは、ラドンに触れてはいけないことだお!」

( ´・ω・)「ラドン?」

< `∀´>「怪獣ニカ?」


925 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:33:59 発信元:121.2.98.95
( ^ω^)「ラドンというのは、他作者の成功に嫉妬して、迷惑をかけまくる作者、人間のことだお」

( ^ω^)「語源は空気(作者)の中で、最も重い元素、といわれているお」

( ´・ω・)「そんな作者が居るんですか……」

( ^ω^)「前回に言った、作者のキャラクター性の弊害、がこれかも知れんお。
       哀しくてジェラシーする人、苦しむ人が出てきたんだお」

< `∀´>「(ラドン……ちょっとかっこいい響きニダ)」

( ^ω^)「迷惑をかける方法は様々だお。荒らし紛いのレスをしてきたり、煽ったり、
       某スレで誹謗中傷をしたり……実態が分からないだけに、不気味なんだお」

( ´・ω・)「某スレ……?」

( ^ω^)「ブーン系内の2chみたいなスレだお」

( ´・ω・)「???」

( ^ω^)「ブーン系のアングラな部分だお。正式名称は"( ^ω^)ブーンなようです"。
       ここでは多種多様な雑談が展開されてるけど、大部分は叩きなどの暗い話題なんだお」

< `∀´>「ほう……」


928 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:38:03 発信元:121.2.98.95
( ^ω^)「ブーン系内の食屍鬼街(オウガーストリート)だお。
       よく知らないままで近寄るのは危険だお。
       しかし、有益な情報があったりするのも事実。諸刃の剣だお」


(;´・ω・)「よく分からないです。結局、行っていいんですか、ダメなんですか?」

( ^ω^)「行くのは止めないお。でも、覚悟がないと傷つくことがある可能性が高いお。
       ラドンの温床地になっているし……失望することもある。けど、批評感想も盛んだし、
       それを進んで引き受けてくれる良い人にもたまに遭遇できるお」

< `∀´>「スピードワゴンニダ」

( ^ω^)「その時点での住民層によって雰囲気がコロコロ変わるスレだお」


( ^ω^)「話をラドンに戻すお」

( ^ω^)「まず、目をつけられても無視を貫き通す! 叩きに屈しない!」

( ^ω^)「そして、自分から喧嘩を売りにいったりしない!」

( ^ω^)「最後に、自分自身がラドンにならない!!」


( ´・ω・)「了解です」


931 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 22:39:41 発信元:59.106.88.247
ブーンなようです
ブーンのようです

( ^ω^)なようです
( ^ω^)のようです

( ^ω^)ブーンなようです( ^ω^)ブーンのようです
などのパターンあり



では最初の某は『な』と『の』のどっちだったのか?
という疑問が上がり誰かが最初の某を発掘してきたが
どっちだったか覚えてない


963 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 23:22:24 発信元:121.119.213.65
>>931
( ^ω^)ブーンなようです
http://www7.atpages.jp/~mesimarja/boon/exec/dat2html.php?dat=1153671380

これが最初のようです


932 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 22:39:41 発信元:124.155.74.175
ユウメイサクシャ(笑)もラドンの一種


927 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 22:37:12 発信元:125.0.141.194
でも本気の感想聞くなら某スレの方がいいときもあるよね


ズタボロに酷評された事もあったけどな…


933 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:41:02 発信元:121.2.98.95
( ^ω^)「読者の立場であっても……好きな作品、作者だからって
       煽ってくるラドンにレスするのはやめた方がいいお。
       結果、スレが荒れることがあるし、一番困るのは作者だったりするんだお」

( ´・ω・)「荒らし全般にいえることですね」

( ^ω^)「だお。完全スルーが一番の対策だお」

< `∀´>「フン。荒らしなんて全然怖くないニダ」

( ^ω^)「ふふ、ブリザードという、凶悪な荒らしを耐えてきたシベリアンの力強さに期待だお」


( ^ω^)「タブーについてはこれくらいにしておくかお。次からは別の話題だお」


・カラオケ現象

( ^ω^)「『2週間で小説を書く!/幻冬舎新書』で、カラオケ現象というのが出てくるお。
       それの説明をするお!」


カラオケ現象――カラオケに行くと、誰かが歌っているときに他のみんなはお喋りしたり、
        自分の歌いたい歌を選ぶのに没頭していて、歌声を聞くものはほとんどいない現状のこと。


( ´・ω・)「これが……どうブーン系と繋がるんです?」


936 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:44:56 発信元:121.2.98.95
( ^ω^)「その続きだお」

――小説の場合もそれと同じで、書きたい人はみんな書くことばかりに
夢中になっていて、他人の作品を読む余裕がない。
自分の書いた小説を読んでもらいたい、意見を聞かせてもらいたいと願っているくせに、
当の自分が他人の作品を真剣に読んだり意見を言ったりすることはあまりしないのだ。……
                            (『2週間で小説を書く!/幻冬舎新書』 p17より)

( ´・ω・)「はあ、なんとなく、繋がりは見えました」

< `∀´>「読んでもらいたいのは当然ニダ」

( ^ω^)「そう。作者なら自作品は読んでもらいたいと考えるお。でも、それはみんな同じだお。
       だから作品の感想が貰えないと嘆くぐらいなら、他人の作品を書くべきなんだお!」

( ´・ω・)「情けは人のためならず……とは違いますけど、それは巡り巡って、いい空気になりそうですね」

< `д´>「読んで貰えないなら拗ねちゃうニダ……」

( ´・ω・) ヨシヨシ

( ^ω^)「けど、スネてラドンに成り下がったりしちゃダメだお。
       あの作者はいっぱい感想貰ってるのに……とか僻んだりするなお。
       作者読みのせいだ、ブランド性だ、話題性だ……なんて、そんな苦しんだらいかんお」

( ^ω^)「作者として行き詰まりが見えたら、一旦、他の作品を読むといいお……
       作者は読者でもあるんだお。それを忘れたらダメだお」


940 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:47:37 発信元:121.2.98.95
( ^ω^)「引用元では、カラオケ現象の後に"小説を読まない人でも小説は書ける"と
       いう流れになるけど、ぼくは、読者として振り返ることが重要とも受け取ったお」

( ^ω^)「他の人の作品を読むのは、とても勉強になるし、新鮮な気持ちになれるお。
       AAの使い方にしても、文体にしても、ストーリー、キャラの立て方……。
       読者として楽しみ、そして同士として学ぶ。上達もできるお」

( ´・ω・)「わかりました。作品をいっぱい読みます」

< `∀´>「上達の早道ッ!?」

( ^ω^)「そして最後の項目。本講座のまとめだお」


・まとめ――ブーン系と各分野との違い

( ^ω^)「よく、ブーン系は劣化小説だの、生首小説だのと揶揄されるお」

( ´・ω・)「哀しいですね」

( ^ω^)「取っ付きやすいし、キャラとして使えるAAは用意されてるし、文章を書かなくても
       作品に成りうる。そりゃ、一般小説と比べたらはるかに書きやすい分野だお」

< `∀´>「でも読みやすいから好きニダ」

( ^ω^)「ありがとう。だから分かってほしいお。ブーン系はブーン系の良さがあって、
       決してバカにされたりするもんじゃないってことを」


943 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:50:12 発信元:121.2.98.95
( ^ω^)「一般小説を書く上での練習、踏み台なんかではないんだお。ブーン系は補助輪じゃない。
       色々な手法が使え、試すことが出来る。そして融合もさせられるんだお。
       今も新しい書き方はどんどん生まれているし、これからも発展していくお」

( ´・ω・)「はい」

< `∀´>「ウリもパイオニアになってやるニダwwwww」

( ^ω^)「だから、、、ブーン系ってのは、、、ブーン系ってのは……!!」


そのときちょうど扉が開いたので、館長の言葉はそこで止まってしまった。
現れたのは司書で、きわめて事務的な調子で口を開いた。

('A`)「お取り込み中すみませんが、もう閉館の時間ですよ、館長」

(;^ω^)「え、マジ?」

('A`)「はい」

< `∀´>「ってことは、ここで終了ニカ?」

( ´・ω・)「そうみたいだね」

・・ ・・
・・ ・・・
・・ ・・・・


946 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 22:51:38 発信元:58.88.223.62
あらあらうふふ


945 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:51:30 発信元:121.2.98.95
ショボーンビッチとニダーは、司書の案内のままに玄関の方へ歩いていった。
すでにほとんどの灯りは消えていて、目立つのは非常用扉の緑の蛍光という有り様だった。

( ´・ω・)「わぁ、もうこんな時間なんだ」

('A`)「はは、あの人の話は長いですから、こんな時間にもなります」

前を歩く司書は、乾いた笑い声をたてながら返答し、

('A`)「どうでしたか? 今日の講座については」

( ´・ω・)「えっと、勉強になりました」

< `∀´>「ウリの知識ならあれくらい当然ニダ」

('A`)「初めての試みですからね、身のあるものなら、続行も悪くないかな、と」

司書は正面玄関の前に立つと、振りむいて、

('A`)「しかしまあ、ブーン系で講座ってのも変な話だと思いますが」

< `∀´>「そうニカ?」

             


948 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:53:40 発信元:121.2.98.95
('A`)「ブーン系は講座にするような堅苦しいものじゃないでしょう?
   読んで楽しい。書いて楽しい。参加して楽しい。それだけじゃないですか」

('A`)「だから館長の試みには不安があったんです。需要があるのかってね」

( ´・ω・)「でも、館長さんはすごく熱心でしたよ」

('A`)「あの人はいつもああです。ブーン系の未来とかを、頭こねくり回して考えてる。
   また相手してやってくださいね。………では、次のご来館を待っております」

< `∀´>「ニダニダ(ブーン系の未来なんて、ウリの天下に決まってるニダ)」

( ´・ω・)「はい。それではありがとうございました」


('A`)「私と館長はブーン系に対する捉え方は違いますが……」

扉が閉まるその前に、司書は、最後に言葉を送った。

('A`)「共通している思いもあります。そしてそれは、私と館長だけの思いじゃない。
    "ブーン系に参加してくれる人が増えてほしい"……てことです。
    そのためなら、図書館はその人のバックアップをまったく惜しみません。
    いつでも、気軽にお立ち寄りください。よい夜を」





950 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 22:55:03 発信元:58.88.223.62
館長の鏡


951 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:55:19 発信元:121.2.98.95
..::..           。            ...         .....
           + , .. .              +          ’。  .......
 ,:‘. 。   .. . . :::  ' ,:‘.   , .. .    +  。  , .. .    +  . : :...
  ,   ,:‘.   ..           .   . .... ..   ..; ', . . :::  ' ,:‘.
                     ,   ,:‘.         ....
 。 ..     へ       o    。 o       o   。        ο      。
    ο 。/  \/丶/\         ゚。 o    *       ○  o  〇 。 o
      /   \ 丶 \  \ヘ   。    ゚   .     ο     。    ゚     。
    /    丶          \      ο      ο  。    ,.  ゚   ο


凍える夜道を、二人はとぼとぼと歩いた。

( ´・ω・)「ニダー君は作者目指す?」

< `∀´>「当然ニダ! ウリにはもう栄光のロードが見えてるニダ!」

( ´・ω・)「面白そうだけど、大変そうだよね作者って」

( ・∀・)「ぼくは読者のままでいいよー、こっちのが気楽だしね」

横合いから口を入れたのは、二人の同僚だった。

(;´・ω・)「わっ! いつからいたの?」

( ・∀・)「図書館でエロ小説探そうと思ったけど、もう閉まっててさ」

< `∀´>「ウェーハッハ ウリはお前みたいなバカを信者につけてやるニダ」


952 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 22:56:41 発信元:219.125.145.86
図書館でエロ本探し

俺にもそんな時代がありました


953 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:57:10 発信元:121.2.98.95
( ・∀・)「へーえ。頑張ってくれよ、ニダー君」

( ´・ω・)「うん、応援するよ」

< `∀´>「お前たちはニダーファンクラブの会員ナンバー、一番二番にしてやるニダ!」


( *・∀・)「それにしても読みたかったな、エッチいブーン小説。
      すっごい充実してるんだって。目録もいっぱいあってさ。ほら、こんな分厚い」

< *`∀´>「!! ちょっとそれ貸してくれニダ! し、執筆作業の勉強のために……」

( ・∀・)「だーめ。又貸しなんて許されないもーん」

<#`∀´>「ちょっとくらいならいいニダ!! さっさと見せる!!1」

(;´-ω-)「二人ともここで騒がないでよ……」


それから三人は、次はみんなで図書館へ行こうと、予定を立てたのだった。


              ***

 幕はしまらない。これからも、しまることはない。
観客が舞台に上がってくるのを、いつまでも待っている。

                        (後編 終)







958 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 22:58:53 発信元:121.2.98.95
あとがき

今作は、ブーン系の暗い部分や、蓋をさせられるような臭いところまで、
なるだけ扱おうとしましたが、これによってスレが荒れたりしたら、申し訳ありません。

また、今作によって、ブーン系を無理に枠の中に収めようとか、
がんじがらめにしようというつもりは一切ありません。
不愉快に感じた方もいらっしゃると思います。

ブーン系はとても幅広く、書き足りない部分はたくさんあります。
書きためツールのことも言及すべきだったでしょうが、万年メモ帳ニストのおれには不可能でした。
携帯での書きためも然り。

いろいろ不足した今作でしたが、これを読んで
ブーン系に興味を持ったり、参加してみようと思って頂けたら本当にありがたいです。

それでは、たくさんの支援、感想、乙ありがとうございました。






959 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 23:04:45 発信元:114.182.94.101
乙!
ちゃんと汚い所まで書いたのはいい着眼点だった!


960 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 23:09:42 発信元:59.106.88.247
乙。

書きためツールかい

総合テンプレにあったり玉兎の夢さんにまとめがある

電話なので携帯での書きためについて

アプリがなんやかんやあったりするけど
俺の電話はiモードとアプリ同時起動できないため、テンプレからコピペできなかったり
アプリからコピペで投下とかできないので結局メールに書きためてる

ただ、Q&AにもあるけどAUはメールからコピペすると
AAが妙なことになるので要注意


あとAAS Previewはマジ便利


962 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 23:17:09 発信元:121.2.98.95
>>960
なるほど、あとは個人用にしたらばを借りて執筆という
手段も聞いたことがありますね
>>931
「な」のようです


968 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/23(火) 00:52:15 発信元:210.136.161.108
投下をしていると、>>2とかに『投下する意味なし』とか、
『つまらないから止めろ』とか書き込まれるのを見かける。
これはラドンなのか?
荒らしにも見えるが意図が分からない。


971 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/23(火) 00:59:30 発信元:218.226.209.113
>>968
挨拶みたいなもの


970 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/23(火) 00:55:13 発信元:121.2.98.95
>>968
アンチSSのVIPPERの書き込みの可能性もありますね





 ←中編へ
 

総合短編(その他) | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
作者です。
投下前に紛らわしいことを書いてすみません><
この作品はこれで完結なんです。
ここら辺は全部、後編扱いでお願いします><
No title
>※1
∫ハ*゚ヮ゚ノル <把握したよ~!

∫ハ*^ヮ^ノル <目から鱗のお話が多くて、ためになりましたの巻。
          投下お疲れさまでした!

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。