スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
 
402 :川д川きみにとどけのようです:2010/01/29(金) 01:51:57.51 ID:3vlC+VJX0

僕の名はモララー。
大学2年生だ。

普通の家庭に生まれ、普通に勉強して、普通に進学した。
人生はそこそこ面白く、代わり映えのしない、それなりの毎日だ。

変わらない日々に不満はないものの、心のどこかで日常を壊してくれるような出会いに憧れている、そんな普通の健全な男だ。


ある秋の日、僕は町を歩いていて前から気になっていた定食屋に入ってみた。
普段は学食で事足るので、他の店には滅多に行かない。

でもその日は何となく気が向いて、何となくドアに手を掛けていた。

( ・∀・)つ ガラガラガラ

「いらっしゃいませー」

古めかしい扉を開け、落ち着いた店内に足を運ぶと存外若い声に出迎えられた。
店内は昼をだいぶ過ぎた時間の割には人が多い。僕は手近な席に座り、メニューを手に取る。



405 :川д川きみにとどけのようです:2010/01/29(金) 01:54:07.39 ID:3vlC+VJX0

(#><)「おいこら、ねーちゃん、この店は客に何てもの食わせてくれんのじゃ!」

メニューを手にした途端、あまりにテンプレートな台詞が耳に飛び込んできたので、僕は思わず顔を上げ、そちらを向いた。
その瞬間、僕の目に飛び込んできたのは──


川;д川「すみません、何か問題があったでしょうか」


( ・∀・)

僕の心を一瞬にして奪った女性の顔だった。


(#><)「何か問題がじゃねーよ、見てみぃ? この卵?」


       .||
(#><)つ◎「黄身にトドの毛が入っとるやないかい!?」


(;・∀・)「デカッ!!!」



 ~ 川д川きみにとどけのようです ~


 
 
406 :川д川きみにとどけのようです:2010/01/29(金) 01:56:16.23 ID:3vlC+VJX0

川;д 川( >< )

しまった、思わずつっこんでしまった。
難癖つけていた客と店員であろう女性の目がこちらを向く。

ここでとぼけるのも無理があるので、僕は続けるように促す事にした。

(;・∀・)「あ、すみません、どうぞ続けてください」

僕の言葉に店員さんと男は頷き、口論を再開する。
物分りの良い方々で助かった。

川;д 川(><#)

( ・∀・)「しかし……」

随分とひどい難癖をつける男もいたものだ。
あんなでかいゴミを店員さんが見落とすはずはない。

大方、店員さんが女性なのをいい事に、難癖つけてただで飲み食いしようとする不逞の輩だろう。




409 :川д川きみにとどけのようです:2010/01/29(金) 01:58:24.73 ID:3vlC+VJX0

       .||
(#><)つ◎「見てみぃ、このトドの毛。この店はこんなものを客に食わせるつもりなんかい!?」

( ・∀・)(大体、トドの毛って何だよ……こんなところにトドが──)

川;д 川「すみません、うちのブーンが粗相をしてしまい……」

( ^ω^)オウッ?

(;・∀・)「トドいたぁぁぁぁっ!!!」

( ^ω^ )川;д 川( >< )

(;・∀・)「あ、いやその、トド……昨日やっと届いたなー、年賀状ってその思いまして……」

再び続けるようにそっと左手を出して促す。
店員さんと男、それにトドは頷いて口論が再開された。
物分りの良い方々だ。



410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/29(金) 01:59:35.50 ID:gZDKqPLlO
そりゃ突っ込むわwwwwww


411 :川д川きみにとどけのようです:2010/01/29(金) 02:00:36.18 ID:3vlC+VJX0

それはそうとして……

(;・∀・)(いや、何でトドがいんだよ……)

( ^ω^)オウッ

件のトドは状況が飲み込めてないのか、店員さんの周りをドタドタと楽しそうに回っている。
あのなつきようからするに、ブーンと呼ばれたトドは店員さんのペットか何かだろう。
色々とつっこみ所はあるが、これであの店員さんが男の難癖を突っぱねる事は難しくなった。

川;д川 ヾ(><#)ノシ

( ・∀・)

平謝りする店員さんだが、男の言葉は次第にエスカレートしていく。
店員さんの悲しげな横顔に、僕はひどく胸が痛むのを感じた。

( ・∀・)(でも……どうしようも……うん?)




412 :川д川きみにとどけのようです:2010/01/29(金) 02:02:44.54 ID:3vlC+VJX0

僕は改めてトドを見やる。

( ^ω^)オウッ オウッ

ずんぐりとした胴体。
もっさりとした口。
短いながらも生えかけた牙。

どこからどう見ても──

( ・∀・)「ちょっと待った!」

川;д川「え?」

(#><)「あん?」

( ^ω^)オウッ

6つの目が一斉に僕に注がれる。
僕はその目に少したじろいだが、意を決して立ち上がり、2人と1匹の方へ向かう。




414 :川д川きみにとどけのようです:2010/01/29(金) 02:04:54.53 ID:3vlC+VJX0

( ・∀・)「そこのあなた、今トドの毛が入ってたと言いましたよね?」

       .||
(#><)つ◎「あ? 言ったがどうした? 見てみぃ、これを? どっからどう見てもトドの毛やないかい?」

川;д川「あの……」

何か言い掛けた店員さんを目で制し、僕はブーンと呼ばれたトドの方へ向かう。

( ・∀・)「なるほど、つまりあなたはそれはこのブーンの毛だと言い張るわけですね?」

( ^ω^)オウッ

(#><)「そうや、他におらへんがな」

( ・∀・)「なるほど。では何故それがトドの毛だとわかるのですか?」

(#><)「そんなもん見ればわかるがな。下町のムツゴロウさんと呼ばれたワイなら見間違えたりせんわ!」

( ・∀・)「ほう、ではその毛はトドの毛に間違いないと」

       .||
(#><)つ◎「くどいわ。こいつはトドとの毛や間違いない。ワイの命賭けたるわ」




416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/29(金) 02:06:45.69 ID:gZDKqPLlO
下町のムツゴロウ支援


417 :川д川きみにとどけのようです:2010/01/29(金) 02:07:06.43 ID:3vlC+VJX0

( ・∀・)「わかりました。それはトドの毛だと認めましょう。……しかしそうなるとおかしいですね」

(#><)「何がや? 何もおかしいことあらへんがな?」

( ・∀・)「そうでしょうかね? よく見てください、このブーンを」

( ^ω^)オウッ

(#><)「なんや、どっからどう見てもトドやないかい!」

( ・∀・)「……いいえ違います」


( ・∀・)「彼、ブーンは……セイウチです」


  ズバァァァン!!!

  ( ^ω^)オウッ?
     ||




418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/29(金) 02:09:14.79 ID:gZDKqPLlO
Ω ΩΩ<な、なんだってー!


419 :川д川きみにとどけのようです:2010/01/29(金) 02:09:16.94 ID:3vlC+VJX0

(;><)「な、なんやと……」

( ・∀・)「ご覧ください、この牙。短いながらもちゃんと生えてますよね?」

( ^ω^)オウッ
   ||

(;><)「ぐむぅ……」

( ・∀・)「この牙こそ、彼がセイウチである事の証です」

( ・∀・)「わかりますよね、あなたも下町のムツゴロウと呼ばれたほどの男なら?」

(;><)「クッ……」

(;><)「姉ちゃん」

川;д川「は、はい?」




420 :川д川きみにとどけのようです:2010/01/29(金) 02:11:26.29 ID:3vlC+VJX0
     ダンッ!
(;><)っ□「騒がせたな。釣りはいらんで」

( ・∀・)「……」

川;д川「……」

( ^ω^)オウッ

ガラガラガラッ...ピシャンッ!

(;・∀・)「ふぅ……」

何とか追い返す事が出来た。
あながち知識に自信を持っていた男だけにやばかったが、東町のムツゴロウさんと呼ばれた僕の前ではその知識が
かえって仇になったようだな。

川;д川「あ、あの……」

(;・∀・)「ああ、すみません、ついでしゃばった真似をしてしまって」

川;д川「いえ、その、でしゃばったなんて……」




422 :川д川きみにとどけのようです:2010/01/29(金) 02:13:43.76 ID:3vlC+VJX0

関係のない僕を巻き込んでしまって申し訳ないと彼女は言う。
でも、彼女が申し訳なく思う必要はない。

何故なら僕は……


川*ー川「ありがとうございました」

(*・∀・)


君の笑顔に恋をしたから。

僕はもう、君の関係者なのだから。




 ~ 川д川きみにとどのけのようです おしまい ~



( ・∀・)b「ちなみに、セイウチにも毛はありますよ」

( ^ω^)オウッ
   ||


 
総合短編(恋愛) | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。