FC2ブログ
 
716 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/14(月) 12:06:38 発信元:111.89.138.2
('A`)「ふぅ…腹一杯だ」

('A`)

('A`)(のど飴とふのりで腹一杯って複雑だな)

川 ゚ -゚)「うおっ! すげぇ息スースーする!」

ノパ⊿゚)「口で息すると口の中が寒いぞおおおお!」

川 ゚ -゚)クーにゃん☆は結婚したいようです

川 ゚ -゚)「それはさておき姉さん達は大丈夫だろうか…」

('A`)「まあ性格によらずしっかりしてるからな…シュールさんは。大丈夫じゃないか?」

川 ゚ -゚)「そうか…うむ、そうだな」

爪'ー`)y‐(そうだろうか…)

――――sideシュール――――

lw´‐ _‐ノv「ふーん♪ふふーん♪ふーんふーんふーんふーん♪」

( ・∀・)「何の歌ですか」

lw´‐ _‐ノv「米の歌」

( ・∀・)「あるんですかそんな歌が」


718 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/14(月) 12:07:42 発信元:111.89.138.2
lw´‐ _‐ノv「わが社の社歌だよ」

( ・∀・)(下らねぇ…)

o川*゚ー゚)o「ねぇモララー! モララーはお化け怖い?」

( ・∀・)「いや俺はあんまり…」

o川*゚ー゚)o「キューちゃんは怖いよー! 何かあったら抱き付いちゃうカモ…」

( ・∀・)「お断りします(AA略」

( ・∀・)「ていうか出るのか? まだまだ祠にはほど遠いだろうし」

lw´‐ _‐ノv「…」

lw´‐ _‐ノv「フラグを立てて見ては?」

(;・∀・)「ふ…フラグですか」

lw´‐ _‐ノv「そ、いかにもなフラグを出せば幽霊も出ざるを得ないんじゃないかな」

lw´‐ _‐ノv「さあ!」

(;・∀・)「…」

(;・∀・)「…え!? 俺がやるんですか!?」


719 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/14(月) 12:08:27 発信元:111.89.138.2
lw´‐ _‐ノv「もちろんだよ」

o川*゚ー゚)o「モ・ラ・ラー! モ・ラ・ラー!」

lw´‐ _‐ノv「モ・ラ・ラー! モ・ラ・ラー!」

(;・∀・)「ちょ…モララーコール止めて…」

o川*゚ー゚)o「モ・ラ・ラー! モ・ラ・ラー!」

lw´‐ _‐ノv「ヘィ! モ・ラ・ラー! モ・ラ・ラー!」

(;・∀・)「わ、分かりました! 分かりましたよ! だからコールを止めて下さい!」

―フラグ立て開始―

( ・∀・)「俺はこんな所に…いられない」

突然モララーが立ち上がり、そう言い出した。馬鹿な。こんな状況で一人になるなんて自殺行為だ。

o川*゚ー゚)o「モララー…嘘だよね、私達…いつまでも一緒って…」

( ・∀・)「…」


721 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/14(月) 12:09:25 発信元:111.89.138.2
モララーは答え無い。私は読心術何て学んでいないからモララーが何を思っているのかは分からない。
しかし私はモララーが迷っているように見えた。

lw´‐ _‐ノv「どうして…モララー…」

( ・∀・)「…変な事が起こり始めたのは、俺がお前らと合流してからだ。…悪いが無関係だとは思えない」

o川*゚ー゚)o「違う! 違うよ! だからそれは『幸せの多摩子さん』が…」

( #・∀・)「うるさいっ!」

o川;゚ー゚)oビクッ

( #・∀・)「なにがおまじないだ! なにが多摩子さんだ! そんな物は聞きたくない! …俺は帰らせてもらうからな!」

lw´‐ _‐ノv「モララー!」


722 : ◆XleuIgChlJnv :2011/02/14(月) 12:10:23 発信元:111.89.138.2
私の静止を聞かず、モララーは振り向かず行ってしまった。
…私はその後ろ姿に何か不吉な物を感じていた…

lw´‐ _‐ノv「無事なら…良いが…」
 
>>続きを読む・・・
総合短編(ギャグ・カオス) | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »