FC2ブログ
 
( ^ω^) プチ一レス短編祭り in 総合 ── お題 『おっぱい』


 
182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/16(日) 19:00:41.41 ID:rYAlaj3v0
●プチ一レス短編祭り●

お題は『おっぱい』

投下時間は『22時』

一斉に投下するということで決定しました


186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/16(日) 19:04:48.95 ID:rYAlaj3v0
一人で幾つも投下していいのか?


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/16(日) 19:09:16.65 ID:uZgih/4J0
一人、何作品でもおKってことでよろしいでしょうか?


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/16(日) 19:12:32.32 ID:uZgih/4J0
うん、いいな、いい、

勝手に決めちゃうぜ
何作品でもいいと


 
>>続きを読む・・・
総合短編(その他) | コメント(0) | トラックバック(0)
 
33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 12:36:02.80 ID:3U/qmzy40



  ('A`)もしも保守が無かったらのようです


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 12:37:06.72 ID:3U/qmzy40

('A`)「おい、ちょっと」

('A`)「そこのお前だよ、見てくれよ」

('A`)「ご覧の通り、総合だ」

('A`)「保守しかない、な」

('A`)「GWも終わったし、仕方のないこと」

('A`)「それは俺も解ってる」

('A`)「でも、俺考えちまうんだ」

('A`)「もしも保守が無かったら、って」




35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 12:38:05.66 ID:xREOw/JQ0
ほう


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 12:40:29.69 ID:3U/qmzy40

('A`)「保守が無かったら確かに不便だ」

('A`)「夜に立てた総合が昼間に落ちたら、次の夜に立て直さないといけない」

('A`)「もしかしたら、そのまま暫く総合が立たないかもしれない」

('A`)「ブーン小説は常に勢いのあるジャンルではないから」

('A`)「良くも悪くも、完成しているジャンルだから」

('A`)「それは解ってるさ。 嫌と言うほど、な」

('A`)「でも、俺が言ってるのは違うんだ」

('A`)「行為である『保守』ではないんだ」

('A`)「言葉である『保守』についてなんだ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 12:45:05.94 ID:3U/qmzy40

('A`)「保守って言葉は便利だよな」

('A`)「その一言を書き込めば、内容が無くても正当な書き込みになっちまう」

('A`)「俺も勿論、保守とだけ書いて書き込んだことがある」

('A`)「きっと、誰だってあるさ」

('A`)「保守は便利であり、必要不可欠」

('A`)「でも、俺、ふと思ったんだ」

('A`)「これって勿体無いよなって」
>>続きを読む・・・
総合短編(その他) | コメント(1) | トラックバック(0)
 
540 :(・∀・)は今回は自信があるようです:2010/03/31(水) 22:04:49 発信元:219.160.193.199

(・∀・)(今度のは完璧だ。文句は付けさせない!)

マタンキエフには自信があった。

彼が向かう先は、ブーン系小説総合案内所。
ヴィップグラードの雑居ビル3階にある事務所だ。
ここでは、ブーン系小説の新人発掘、批評、会誌の
発行などを行っている。

だが、ここのところは斜陽気味で、持ち込みを行う新人は
彼ぐらいになってしまった。

しかし彼は燃えていた。彼には倒すべき敵がいた。

それは、偏屈な編集長である。

彼が編集長と出会ってから一年くらいになる。


542 :(・∀・)は今回は自信があるようです:2010/03/31(水) 22:08:34 発信元:219.160.193.199
一年前のその日、マタンキエフは希望と期待に
胸を膨らませて案内所に向かった。

勢いよくノックした。
「入れ」と言われ、ドアを開けた。

夕暮れの窓をみながら、一人の男が立っている。
だが返事はなく、振り向きもしなかった。

(,, )「なんだ、ツケの請求か。明日にしてくれないか。
    無いものはないんだ」

(・∀・)「いえ、..........あの原稿の持ち込みを」

(,, )「そんな信販会社は知らん」

(・∀・)「いや、自分なりにいい作品が出来たんで、批評、
    あわよくば掲載なんて思いまして」

そこで男は我に帰って振り向いた。背の低い中年男。
どうやら彼が編集長らしい。



546 :(・∀・)は今回は自信があるようです:2010/03/31(水) 22:10:49 発信元:219.160.193.199
(,,゚Д゚)「何? ひょっとしてお前は、ブーン系小説を書いてきた、
    とでもいうのか?」

(・∀・;)「いや、そういうとこでしょ、ここ」

(,,゚Д゚)「もう滅びかかってて、読む奴も書く奴もめっきり減った、
    そんなブーン系小説をか?」

マタンキエフはカチンと来た。

(#・∀・)「そんな言い草ないでしょ!
     まだまだ好きな人はいます!」

.....しかし彼は、自分と同時期の同人がほとんど
雲散霧消してしまった事を思い出した。

(・∀・)「少なくとも....僕はそうです」

(,,゚Д゚)「とんだ物好きだな。どれ、お前の自信作とやらを見せてみろ」
 
>>続きを読む・・・
総合短編(その他) | コメント(0) | トラックバック(0)

母ヒートのようです

2010/04/01 Thu 11:01

 
※本短編はブーン系小説ではなく、ほのぼの板の素直ヒートスレに投下されるはずだった
  新ジャンル系SS作品です。
  以下、シベリアへの投下に至った経緯含め、転載。




526 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 20:50:40 発信元:59.135.38.146
自分の使ってる携帯が永久規制に巻き込まれたっぽい
PC買う金もPSP買う金もなし
書きためてたやつ消すしかないかな

あー畜生



527 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 20:52:01 発信元:219.160.193.199
>>526
まて、ここに投下するんだ


528 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:11:10 発信元:59.135.38.150
>>527
ごめんなさい。実を言うと書きためてたのブーン系じゃなくて素直ヒートスレのSSなんです
フラストレーション溜まりまくりでつい愚痴をこぼしてしまいました

スレ違い甚だしいとは知りつつ、つい不満が口をついて出てしまって申し訳ないです


530 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:14:03 発信元:210.2.219.156
>>528
ヒートと男の代理のAAを・・・
新ジャンルスレの男は誰が適任かわからない


531 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:15:45 発信元:222.228.214.17
ドクオかモララーかなぁ


532 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:24:57 発信元:210.135.98.43
新しいキャラを作ってしまえば問題ないさ


534 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:30:36 発信元:210.135.98.43
>新ジャンルの男
基本いい奴で仲間思い、気配りがきいてちょいエロってイメージ
エロゲの主人公タイプ?
だとすると、個人的にはギコかジョルジュかな



ゴムフェラならドクオ一択


535 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:33:51 発信元:59.135.38.149
素直ヒートの山田は眼鏡男子的なイメージがあるので
自分の中ではアサピー適任かなと思ったりしてます



533 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:30:00 発信元:59.135.38.145
地の文オンリーだから、ここで投下しても大丈夫かな……

1レス完結の話をいくつか書いてるんで、

ここの住人の方が良ければ、素ヒースレに投下出来た序盤もまとめて

投下させていただきます



536 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/31(水) 21:43:37 発信元:219.160.193.199
>>533
comeon boy


- - - - - - - -



619 :1/14:2010/03/31(水) 23:29:02 発信元:59.135.38.147
うちの母が喧しくて困る。

毎朝ご近所に響き渡る声で俺を叩き起こし、そのまま父のいる部屋へ向かっていく。

母は父に朝っぱらから甘えたいようだが、そうは問屋が卸さない。

父はいつも母が起こしにいくより先に起きて、抱きつこうとする母を冷たくあしらう。

それでも母は満足そうに、俺と父の朝食を作るために台所へ立っている。

今日の目玉焼きも半分焦げている。

父はそれに文句も言わず、焦げた部分を器用によけて食べている。

母はいつまで経っても料理が上手くならないと愚痴をこぼす。

父はそれを聞いて、焦げた部分までも残さずたいらげる。

母はニッコリ笑っている。俺には真似出来そうもない。





~母ヒートのようです~

 
>>続きを読む・・・
総合短編(その他) | コメント(0) | トラックバック(0)
 
886 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/22(月) 21:43:13 発信元:121.2.98.95
>>832
大変お待たせしました。今から投下したいと思います……が、
このままだと、このスレ内に収まりきらないと思うので、全部はできません。

( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです

書きためた作品は、「中編の書き忘れの補充」と「後編」に分類されます。
なので、いまから中編の書き忘れの補充だけを投下します。
後編は新スレになってから、いろいろ配慮をしたうえで、やろうとおもいます。


892 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/22(月) 21:49:59 発信元:121.2.98.95


( ´・ω・)「ただいまです」

< `∀´>「いやー、ペーパー使いまくったニダ」

( ^ω^)「(こいつ……! ペーパーは僕の自腹なのに!)」



( ´・ω・)「で、では……暗刻……暗黒編ですね」

( ^ω^)「ふふ……ビシバシ言ってやるお。だが、その前に」

( ´・ω・)「?」


   ( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです パート3

・前回に書き忘れていたことについて(キャラクター、ストーリー、推敲)
・タブーについて
・ラドンと某スレについて
・カラオケ現象について
・・まとめ――ブーン系と各分野との違いについて


 
>>続きを読む・・・
総合短編(その他) | コメント(2) | トラックバック(0)
 
661 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/21(日) 01:45:23 発信元:121.2.98.95

書き終わったので投下しまふ。
前後編から、前中後編に変更しました。
今回は中編の投下です。


662 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/21(日) 01:47:51 発信元:121.2.98.95





( ´・ω・)「ただいまです」

( ^ω^)「おっお。それじゃあ、次は作者としての楽しみ方を説明するお!」



   ( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです パート2


・作者入門の道
・AA
・ごく簡単な感情表現
・トリップ

 
                  
>>続きを読む・・・
総合短編(その他) | コメント(0) | トラックバック(0)
 
576 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/03/20(土) 22:58:42 発信元:121.2.98.95
前後編に分けて投下する。今日は前編。
ヴィップグラードという表現は、某リマスターからの影響です。


577 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/20(土) 23:00:05 発信元:121.2.98.95


シベリアの地にブーン系小説図書館が設立されてから、もうずいぶん経ったけれども、
この頃は来客数の減少が目立ってきたし、ヴィップグラードからの移民が
利用者のほとんどという現状のことを考えると、館長も一計を案じないわけにはいかなかった。

('A`)「え? ここでブーン系小説講座を開くんですか?」

( ^ω^)「そうだお。生粋のシベリアンを対象にした、小説講座だお!」

幸薄そうな唇のこの男――ここの館長は、息まいた様子で言い放った。

('A`)「はぁ……それは構いませんけど、経費は自分で払ってくださいね」

( ^ω^)「えっ」


   ( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです パート1


・ブーン系小説の定義について
・支援とさるさんについて
・乙と読者の楽しみ方について
・作品の分類分けについて

      


579 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/20(土) 23:03:07 発信元:121.2.98.95
会計の一言で、講座の費用はすべて館長の自腹という羽目になってしまった。
貧乏館長のポケットマネーでは、ろくな宣伝も出来ない上、
しかも割り当てられた講義室は、埃臭い倉庫の一角なので、期待感はまったく薄れていった。

('A`)「じゃあ頑張ってくださいねー」

(;^ω^)「おい! 一人くらい助っ人くれお!」

('A`)「みんな忙しいんです。あなたとは違うんです。一人でやってください」





 ~講義室~

(;^ω^)「なんだこれ。ここの連中は心もシベリアだお……」

垂れ幕も筆耕人でなく、自分で書いた稚拙な案内文。
路上の占い師のがよほど集客できるだろう。

開講して一時間経っても、
生徒がまったく訪れないので、館長はもう諦め顔で俯いていた。


581 :( ^ω^)図書館で講座が開講されるようです:2010/03/20(土) 23:06:47 発信元:121.2.98.95
(;^ω^)「こんなんじゃ、シベリアンにブーン系を認知させられないお……」

キィ。扉が開いて誰か入室したが、館長は愚痴に夢中で気付かない。

(;^ω^)「たしかに運営厳しいけど、でも、ちょっとくらい助けてくれてもいいじゃないかお……」

( ´・ω・)「あのー……」

(;^ω^)「投資と思って、ドカンと宣伝費払えお……。つーか集会室使わせろお。何この扱い」

( ´・ω・)「ええっと」

( ;ω;)「ここの司書達はほんと冷たいお! しかもなんで館長にトイレ掃除ばっかりさせんだお!」

(;´・ω・)「………(ここも大変なんだなぁ)」

( ;ω;)「おろろーん……隙間風が寒いおお……世間も、、、おっ? 扉が開いて………る……」

(;^ω^)「あ」


( ´・ω・)「ど、どうもこんにちわ……受講に来ました」


(;^ω^)「……………………はい」
 
>>続きを読む・・・
総合短編(その他) | コメント(0) | トラックバック(0)
 
207 :( ^ω^)は開拓使になるようです:2010/02/26(金) 10:49:16 発信元:219.125.145.86
北暦2010年


自然の気紛れか、定められていた運命か。

とある民族の住まう土地『VIP』では異常気象が続いていた。
ある学者は言った。


「この異常気象は正に我々を戒める『規制』だ」と。


208 :( ^ω^)は開拓使になるようです:2010/02/26(金) 10:52:45 発信元:219.125.145.54
( ^ω^)「ヤバいお! 新たな干ばつで鯖が落ちたお!」

('A`)「チッ、こっちはdatの海が荒れてやがる」


異常が異常を作り出す、最早無秩序というに相応しい状況。
そんな状態が続けば、当然とある意見が出てくる。

『移住』という話だ。


(#'A`)「このままじゃブーン系民族はおしまいだ! 何処かへ移住するべきだ!」
  _
(#゚∀゚)「お前は今まで先祖様が生きてきた土地を手放すというのか!」



主に対立するは、

ドクオ率いる移住推奨勢力と

ジョルジュ率いる移住反対勢力。


209 :( ^ω^)は開拓使になるようです:2010/02/26(金) 10:57:37 発信元:219.125.145.43
首長であるブーンは、ある決断を下した。


( ^ω^)「VIPを離れたい奴は離れるお」

(;・∀・)「しかし首長! それでは――」

( ^ω^)「この規制が終わるまで、の話だお。それと、モララー」

( ・∀・)「はっ」

( ^ω^)「規制に強いお前には、この二つ土地のパイプ役になってほしいお」

( ・∀・)「――承りました」


210 :( ^ω^)は開拓使になるようです:2010/02/26(金) 11:01:17 発信元:219.125.145.46
こうして、ブーン及び、移住推奨勢力は新たな土地を目指してVIPを離れた。
ブーン系民族の新たな門出だ。
 
>>続きを読む・・・
総合短編(その他) | コメント(1) | トラックバック(0)
 
474 :('A`)はカード発行人になったようです:2010/02/15(月) 21:19:52 発信元:220.98.213.242
シベリアの名所の宣伝をからめて一つ。


480 :('A`)はカード発行人になったようです:2010/02/15(月) 22:11:45 発信元:220.98.213.242
(ちょっと長いので三部に分けて投下。今日は第一部。)

ーーーー('A`)はカード発行人になったようですーーーーー

ここはシベリアカード発行所。訪れた観光客にヲッカと記念カードを手渡して歓迎する村営の施設だ。

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1257042070/

通常ここでは、現役を引退したような村の職員が応対するのだが、最近は若い人もいるとのことだった。

その若者の名はドクオ。若いのに雰囲気だけは年寄りくさい、との定評があった。


       ,,,,,,,,,,,,,,, ハッハッハ
       [,|,,★,,,|,]___
     ミ('A` 彡 / |     < よく来てくれた
  日⊂ へ  ∩)/ .|          歓迎する、ヲッカでも飲んでゆっくりしていってくれ
   i'''(_) i'''i ̄,,,,,,/ 
    ̄ (_)|| ̄.              

なんとなくぎこちなさは残るが、でもこれでもかなり慣れた方なのだ。

彼がカード発行人というある意味特殊な職業についたのにはいきさつがある。


497 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/02/15(月) 22:47:18 発信元:210.153.84.88
開拓史っぽいな
マッタリ感がシベリアにあってるのか
 
>>続きを読む・・・
総合短編(その他) | コメント(2) | トラックバック(0)
« Prev | HOME |