FC2ブログ
 
632 :571:2010/02/17(水) 23:06:19 発信元:210.233.171.53
( ーωー)「…………zz」

Σ( ^ω^)「……ん、あれ」

目を覚ましたとき、ブーンはとても不思議な感じがした
体がふわふわ浮かんでいるかのような、現実から浮遊した感じ
やがて、それが目の前の景色のせいだと気づく

目の前には荒野が広がっていた
草も、木も、山さえもない
ただただ広い、赤茶けた大地と、何故か左側でのびている線路が一本

ふと、気配に気づいてブーンは右隣を向く

(*-ー-)「……zz」

10歳になる娘のしぃだ
ブーンはホッと胸を撫で下ろし、その安らかな寝顔を見つめる

しかし、同時に何か不安も感じていた
一体何が不安なのか考えてみるが、何も思い当たらない
どうしても――

そうして、一つの重大な事実に気付き、思わず呟く

(;^ω^)「……何も覚えてないお
      ここは一体どこで、俺は何をしていたんだお? 」


634 :571:2010/02/17(水) 23:09:04 発信元:210.233.171.53
親も、親戚もわからない
友達も、娘がいるのだから存在するはずの妻も
記憶に残されていなかった

Σ(*゚ー゚)「ん、……うう」

しぃが目を覚まし、辺りをキョロキョロと見回す
そしてブーンに目を止めた
ブーンは若干緊張しながら、その顔を見つめ返す

(*゚ー゚)「お父……さん? 」

その言葉を聞いて、ブーンは安心した
もし娘が自分のことを忘れていたら、と一瞬考えてしまったからだ

ブーンはしぃと話し、状況を確認した
しかし何も覚えていないのはしぃも同じで、結局得られるものはなかった

( ^ω^)「ここは何なんだお
      線路があるってことは人がいるのかお? 」
      
ブーンとしぃは果てしなくのびる線路の先を見つめ
今度は逆に自分たちの後ろ側へのびていく方を確認する

意外にも、赤茶色の壁がすぐそばにあり、線路は途切れていた


636 :571:2010/02/17(水) 23:12:02 発信元:210.233.171.53
(*;゚ー゚)「大丈夫なの? お父さん」

青い顔をしたしぃをじっと見つめ、それからブーンは微笑んだ

( ^ω^)「線路ってのは駅まで続いてるもんなんだお、きっと」

もちろん根拠なんて無かった
ただ動かなくちゃいけない気がした

止まってはいけない――止まりたくない――何故か
その感情はどこから来たのか、ブーンにはわからなかった
 
>>続きを読む・・・
総合短編(ファンタジー・時代劇) | コメント(0) | トラックバック(0)
 
345 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/02/06(土) 23:29:33 発信元:122.102.231.42

( ・∀・)は育てられるようです



( ^ω^)「どこに向かってるんだお?」

('A`)「さあ」

ξ゚⊿゚)ξ「もう! しっかりしてよね。
      あんたがリーダーなんだから!」


勇者の一行は暗い森の中をのんびりと歩いていた。

パーティの編成は、一般的なもの。
体格のいい戦士に、魔法に剣術と万能型の勇者。
そして、可愛い女魔術師だ。


('A`)「適当でいいじゃん」




347 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/02/06(土) 23:32:27 発信元:122.102.231.42

ξ゚⊿゚)ξ「何であんたみたいな勇者のとこに、
      きちゃったのかしら」

('A`)「ヒント:家が近所」


その場で思いをぶちまけるツンに対し、ドクオはそれを面倒くさげに流すだけ。


('A`)「だいたい、別にオレ達が頑張んなくても、
   別の勇者が頑張ってるからいいんだよ」




348 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/02/06(土) 23:35:19 発信元:122.102.231.42

現在、世界には数多くの勇者がいる。
どこかの国が調べた結果によると、100人に1人は勇者らしい。

('A`)「オレ達はのーんびり旅してればいいの」


(;^ω^)「さすがにそれは……」

ξ゚⊿゚)ξ「ブーン! そんな奴放っておきましょ」


ツンがブーンの手を掴み、先へと進んで行く。


('A`)「そんなに怒ることかよ」


頭をかきながら二人を追いかける。




350 :いやあ名無しってほんとにいいもんですね:2010/02/06(土) 23:38:32 発信元:122.102.231.42

('A`)「ん? 何やってんの?」


すこし先に進んだところで、ツンとブーンが固まっていた。


( ^ω^)

ξ゚⊿゚)ξ


( ・∀・)


('A`)「…………え、いつのまに産まれたの?」


ξ#゚⊿゚)ξ「違うわよ!」

 
>>続きを読む・・・
総合短編(ファンタジー・時代劇) | コメント(1) | トラックバック(0)

勇者代行、のようです

2009/12/03 Thu 04:48

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/03(木) 00:16:35.06 ID:QkQLKmzDO
リリン、リリン。

――うるせえな。

リリリン、リリリン

――ギコさん、とってください。

――ぇあ?やだよ。事務の仕事じゃないの?

リリリン、リリリン、リリリン

――いいから。今手が離せないんです。

――ちっ、……たく。

ガチャ

(,,-Д-)「もしもし。こちら『勇者代行』ですけど。」



184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/03(木) 00:18:45.91 ID:QkQLKmzDO





勇者代行、のようです
 
>>続きを読む・・・
総合短編(ファンタジー・時代劇) | コメント(0) | トラックバック(0)
 
※タイトルがなかったので、勝手につけさせて戴きました。
 
563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/15(日) 05:33:51.85 ID:trbMBZ7Q0
 光が私を見ている。
 そんな風に勘違いしそうになるほど、夜の空に浮かぶまあるい月は輝いていて。暗く陰る
はずの景色は、溢れ、零れる落ちる月光によって照らされている。
 だからこそ。だからこそ、夜を照らす力強い光は、少しばかり私には眩しすぎて。
 
 小さい小さい私みたいな存在では、とても耐えきれるものではなくて。

lw´‐ _‐ノv「なんつ……って」

 風が吹きあがり、夜風が私を背中から押し出してきた。その勢いに逆らわず、風と一緒に
私は駆けだし始める。そして、駆けだした後に気付いたけど、私。

lw´‐ _‐ノv「裸足だった……り?」

 すぐさま足の裏に走る激痛にて、その場にすっころんだ。 
 無様に頭から地面に突っ込んでいった。
 
>>続きを読む・・・
総合短編(ファンタジー・時代劇) | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME |